その7

日独開戦(2)ーー
 攻撃開始-独軍降伏

 2012年 12月
                  

                 日独開戦(3) ーー ( 攻撃開始ー独逸軍降伏)


1.日本陸軍、本格的攻撃を開始

 独逸の青島要塞を攻略する任務を与えられた独立第18師団(師団長神尾光臣中将)は9月2日に中国山東省竜口に上陸、師団の一部は9月18日に青島郊外の労山湾に上陸し、9月25日までに山東省即墨を中心に師団本体を集結した。(詳細は図6-1参照)
 その後第18師団(以下攻囲軍と略称)はこの付近の独逸軍を排除、10月29日までに「孤山-浮山」を結ぶラインまでの地域(図7-1青線)を制圧して攻囲陣地とし、同時に攻城砲陣地を各所に構築して、正面より独逸軍要塞を攻撃することとした。
                                     (独逸軍要塞配置図は青島物語前編図20-1参照)
   〈青下線文字をクリックすると該当図に移動します。移動後このページに戻るには、画面ツールバーの戻るボタンをクリックして下さい。〉


                                     第18師団攻撃計画要図 (図 7-1)
 
①  10月30日、攻囲軍はさらに「四方-辛家庄」を結ぶ
 線(図7-1茶線)までを確実に制圧し、いよいよ総攻撃
 の準備を整えた。独逸軍は攻囲軍の動向を察知して、早
 朝より中央隊の後方に猛烈な砲撃を集中し、堡塁正面か
 らは機関銃による掃射が行われ夜半に至るも止まること
 がなかったが、攻囲軍はこの日は応射を控えた。

② 10月31日、神尾師団長は総攻撃の開始を命令し、孤
 山付近に設営された海軍重砲隊からの砲撃を皮切りに、
 全重砲隊が一斉に独逸軍砲台および堡塁に対して射撃を
 開始した。湾外の日本海軍艦船からも、攻囲軍に呼応し
 て砲撃を開始した。

 歩兵・工兵部隊は、攻城砲部隊の激烈な砲撃の下、独逸
 軍の陣地を攻略し、同時に交通壕の掘削にも集中した。
        (地図出典:大日本戦史第5巻より)




   大港付近石油タンクの火災 (図 7-2)                       被弾により火災を起こした造船所(図 7-3)



午前7時頃、攻囲軍の砲弾が大港付近の独逸石油タンクに          さらに攻囲軍の砲撃により、大港外側防波堤の先端に
命中し、黒煙は空高く上がり、やがて満天を覆うばかり           ある造船所が被弾し、黒煙を上げた。この写真右端に
に終日燃え続けた。総攻撃開始早々の戦果であったので           見える大型起重機は、オーストリア軍艦エリザベット
攻囲軍の意気はこれにより大いに上がったという。             号とともに、11月2日独逸軍自身により爆破された。
 (写真出典:特記するものを除き、日独戦役記念写真帖より)
                                         土嚢を積み上げた交通壕 (図 7-4)




③ 11月1日、攻城砲兵諸部隊は、前日に引き続き、独逸軍堡塁・砲台に対
 して砲撃を継続した。

  攻囲軍歩兵・工兵各部隊も進撃を開始し、同日夜までに東呉家村を含
 む第1攻撃陣地(図 7-1緑線)を攻略し、同時に交通壕の掘削・構築も
 一層進展した。



④ 11月2日より、攻囲軍は28センチ榴弾砲の据え付けを終え、いよいよ巨弾による砲撃を開始した。ただ、当日は風雨激しく、重砲
 攻撃は断続的に行われるだけであった。
  この天候状況を利用して、工兵部隊数名が中央堡塁外壕の鉄条網の一端を切り抜いて内部に侵入し、鉄条網の構造の偵察に成功し
 た。また、歩兵部隊第9中隊は小湛山堡塁付近の高地を攻撃、鉄条網を突破してこれを占拠し、以後の攻囲軍左翼の前進に大きく寄
 与した。


⑤ 11月3日夜までに、攻囲軍歩兵・工兵隊はさらに攻勢ををすすめ、予定線であった西呉家村・尤家庄付近の高地を経て浮山所に連
 なる第2攻撃陣地(図7-1赤線)を確保し,独逸軍の堡塁前に敷設された鉄条網防御戦の突破に向けて最後の準備に取りかかった。
 この日、大港内造船所前に係留されていた浮ドックの傾斜が見受けられたが、これも独逸軍が自身の手で爆破したのだ。


⑥ 11月4日、攻囲軍の連日の砲撃により独逸軍各砲台・堡塁はほとんどが何らかの被害を被っており、特に掩蓋のない砲座は多く破
 壊され、砲撃を停止した模様であった。加えて独逸軍は、日本攻囲軍上陸以来約1ヶ月に及んで砲撃を続けたため弾薬も次第に欠乏
 して、この頃より独逸軍の砲撃は次第に散発的となってきた。

   イルティス砲台の破壊された砲座 (図 7-5)                       砲弾で破壊された小湛山堡塁 (図 7-6)












  この日、日本攻囲軍右翼小隊は海泊河を渡り独逸軍海岸堡塁に接近、午後9時頃、青島水源地ポンプ所の敵情偵察に赴いたが、独
 逸軍の不意を突いてポンプ所を攻撃し、独逸兵23名を捕虜としてとらえ、ポンプ機械室の自爆装置を未然に解除した。これにより、
 この後青島が陥落した際に、程なくして青島市内への水道水の供給が可能となったのだ。
  さらに攻囲軍右翼は小湛山堡塁の前面に肉薄した。
                                        独逸軍が自ら爆破した台西鎮砲台 (図 7-7)



⑦ 11月5日、攻囲軍はさらに独逸軍堡塁下に迫り、塹壕や突撃壕の掘削は
 一層前進した。 日本攻囲軍の一斉攻撃はいよいよ間近となった。

 夜9時頃、台西鎮砲台は独逸軍自身の手で爆破された。
 





⑧ 11月6日、攻囲軍右翼の歩兵・工兵隊は海泊河を越え、塹壕・交通壕を作って独逸軍海岸堡塁にさらに接近した。独逸軍は最初機
 関銃射撃で防戦したが、攻囲軍野戦重砲隊から堡塁に向けての間断のない砲撃により、独逸軍は堡塁の火線に止まり得ず、掩蓋内に
 隠れあるいは後方に退却した。また、独逸軍ルンブラー型飛行機は、この日、上海方面に脱出した。

⑨ 神尾司令官は7日払暁を期して攻囲軍各歩兵・工兵部隊に一斉に突撃命令    イルチス砲台を占領した中央隊(第56連隊 )(図 7-8)
 を発したのだが、すでに前日午後に各部隊は独逸軍堡塁に近接し鋭意偵察を 
 強行していた。
  7日午前1時40分、第2中央隊左翼大隊は中央堡塁に突入してこれを占領
 した。さらに中央隊左翼隊の別小隊は小湛山北堡塁を攻略し、中央隊右翼
 隊は台東鎮東堡塁を占領した。
  中央堡塁を突破した第2中央隊はさらに攻撃を進め、イルチス砲台、ビス
 マルク砲台を占領し、ここに日本攻囲軍は独逸軍青島防衛線の中央を初めて
 突破し分断したのである。
  右翼隊の攻撃目標である海岸堡塁は、しばらく頑強に抵抗していたが、
 午前7時頃に降伏した。
  第1中央隊工兵小隊は独力で台東鎮堡塁を攻略、引続き進軍を進め、午前
 6時頃にモルトケ山砲台を占領した。
                   ( 写真出典:朝日新聞 ”青島戦記” )
 
 独逸軍は午前6時30分、気象台上に白旗を掲げ全軍降伏の意を正式に表明するとともに、ヤーメン・団島・会前岬およびビスマルク山南北の各砲台を自らの手で破壊した。


2.日独戦役における日本海軍の活動

 8月23日、日本が独逸に宣戦布告の後、日本海軍第2艦隊は膠州湾海域の作戦に従事することとなった。第2艦隊は巡洋艦4隻、駆逐艦3隻、一等海防艦3隻、掃海艇8隻その他から構成されていた。 第2艦隊はは26日膠州湾外に到着し、司令長官加藤定吉中将は無線をもって独逸に対して膠州湾封鎖宣言を発表をした。
 
 独逸海軍の主力はこれより先すでに青島を離脱しており、第二艦隊が膠州湾を封鎖した段階で港内に停泊していた軍艦は、墺艦エリザベット、独逸砲艦2隻、駆逐艦1隻程度で、残余は小型艦船にすぎなかった。

 第二艦隊は、膠州湾封鎖とともに、陸軍本隊の上陸に先立ち青島海域における機雷除去のため掃海作業に集中した。この作業は独逸砲台射程内の危険な作業で、数隻の掃海艇を失った。しかしこの掃海作業により、労山湾への陸軍部隊の早期上陸が可能となった。さらに第2艦隊は、イギリス海軍戦艦とともに、海上封鎖と独逸砲台の攻撃を行い、陸軍部隊の攻囲作戦を側面から支援した。

 日独戦役の期間中、日本海軍第2艦隊は巡洋艦1隻、駆逐艦1隻、掃海艇4隻を失った。


3.独逸軍降伏

 かくして、当時の新聞の表現を借りるならば
   「我が軍が竜口上陸以来、月を閲すること二、日を経ること六十、攻城に着手してより十日、総攻撃開始後八日の大正3年11月
   7日の払暁をもって、全独墺軍は撃破せらるるに至った」
のである。

 11月7日午前9時20分、独逸軍軍使は白旗を掲げて台東鎮に待ち受けていた日本軍と会見、さらに同日午後4時モルトケ兵舎で日本軍全権委員と独逸軍全権委員とが会合し、席上独逸軍全権委員は無条件で青島を日本に開城することを申し出た。さらに両軍全権委員が協議の上、本条約10条よりなる開城協約書が締結された。引き続いて9日に詳細が協議され、関係書類の授受および詳細手続きがすべて完了した。
 9日の会合では、日本攻囲軍神尾司令官と独逸軍ワルデック司令官が10日に会見することを約したが、独逸側よりこの会見に参加する独逸将官の帯剣を許されたい旨の懇請があり、大正天皇陛下のご聖旨によって、捕虜としてでなく将士としての会見が許されることとなった。11月10日午前10時、両軍司令官はモルトケ兵舎で相まみえた。
                                         青島攻囲軍の入城閲兵式 (図 7-9)
 11月9日、日本軍攻囲司令部は浮山山麓よりモルトケ北兵営に移動した。
 11月10日、加藤第二艦隊司令長官は、膠州湾の海上封鎖を解除した。
 その後17日、司令部はさらに青島市内の旧独逸総督府に移動した。

 11月14日、独逸ワルデック司令官以下13名の幕僚は、沙子口より日本の
 軍用船に乗り門司へ出発した。

 11月16日、日本軍および英国軍は総督府前において入城閲兵式を開いた。
 司令官神尾中将は幕僚将校、各外国観戦武官らとともに騎乗して青島路と
 広西路の交差点の南側に北面して立ち、各部隊は広西路を西から東に進み
 総督府前で司令官神尾中将に対し「頭右」にて分列行進を行った。
       (写真出典:”写真通信” 大正3年12月号)




                            独り言

 「日独開戦」の記述は、青島都市形成の郷土史的記録として、できるだけ事実の記録に努めた。日本近代史に関しては、なるべく触れないとするのが一般の傾向であるようだが、青島形成の歴史を伝える「語り部」がまもなく全員この世を去る時期を迎え、忘れ去れないようにと兄弟二人で物語としてまとめるものである。

 この部分をとりまとめるに当たって主に参照した記録は次の通りである。
      大日本戦史 第5巻 「青島戦役」 勝尾信彦 著    東京 三教書院発  昭和13年11月 発行
      青島戦記             山口信夫 著    大阪 朝日新聞社  大正4年1月 発行

 ここに掲載した写真の多くは次の記録写真帖から引用した。
      日独戦役記念写真帖    三船秋香 撮影編集    青島 三船写真館  大正4年4月 発行

                                   モルトケ砲台廃墟における三船秋香氏(右から2人目)
 なお、この写真を撮影した三船秋香氏は、俳優三船敏郎氏の
父君で、氏は青島戦役中、当時としては数少ない従軍写真家と
して、新聞社の従軍写真家が撮影していない場面の貴重な記録
写真を数多く撮影した。この写真帖は国会図書館にも保存記録
がないので、きわめて貴重な資料であろうかと思う。

 右に三船秋香氏の写真を掲載するが、三船美佳氏(タレント
で三船敏郎氏の息女)も、ここに撮影された約100年前の祖父の
写真を、おそらく目にされたことはないであろう。

 それにしても、弟はこのような稀覯本をよくも探し出したも
のと驚き、且つ感謝している。




 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。