その9

日独戦役 ーー
 日本と中華民国(1)

  2013年 2月
                  
                   日独戦役 ーー 日本と中華民国 (1)


 大正3年8月27日、日本は独逸と国交を断絶した。その後日本軍は9月2日に中華民国山東省龍口に上陸し山東半島を南下、10月31日より本格的な砲撃戦が開始され、11月7日に独逸軍は日本軍に対して無条件降伏した。

 この日独戦役は日本と独逸の間の戦闘だったが、実はその戦場は中華民国であったのだ。この戦闘期間の前後、現地中華民国人(以下華人と略称する)はどのような影響・被害を受けたのか。また中華民国は日独領国に対してどのような外交交渉を行ったのか。日独戦役の結果、中華民国国内でどのような影響があったのか。
 日独戦役の戦後処理の結果、中華民国国内では民衆運動が起こり、それが日本ー中華民国の関係悪化させる一因となったのだが、日本の高校日本史教育ではそのことを取り上げず、それにふれる論文も最近では殆ど見当たらない。

 我々兄弟は、青島郷土史の一部として、収集した資料の中から日独戦役に係わる日本と中華民国の関係をまとめてみた。もとよりこれは学術論文ではない。あくまでも老残者の繰り言として、寛大なお気持ちでご覧いただけると有り難い。
    (このページの編集にあたっては、主に「大阪朝日合資会社 青島戦記 大正4年発行」を参照させて頂いた。)


1.龍口に上陸した日本軍と華人

 大正3年9月1日、芝罘(チーフー)港の西方にある龍口には少数の日本人がいた。彼らは日本軍上陸の報に接して電報局に出掛けて情報を入手した後、龍口商務総会へ出向いて、日本軍の宿舎準備等の交渉を始めた。これより先、現地の中華民国警備隊はいずれかへ引き揚げていた。

 9月2日、日本海軍は陸戦隊を編成して龍口海岸に上陸した。陸戦隊は在留邦人が準備した宿舎に入り、無線通信施設を設置して本隊との連絡を開始すると共に、近隣の状況偵察に取りかかった。陸戦隊に引き続いて上陸した陸軍工兵隊は海岸に桟橋の構築準備に入った。
 また陸軍主計官は直ちに龍口商務総会におもむき「日本軍は独逸軍と戦闘するのであって華人にはいささかも危害を及ぼすものでないこと、日本軍は厳格に規律を保持するので安心して欲しい」旨の掲示を掲出すること、物品は全て日本人商人および華人商人から購入すること、さらに日本軍の軍需品・糧食等の運搬について華人を雇用することの協議も始めた。

 龍口は人口僅か700名あまりの新しく開発された小市街で、その後この地に上陸した日本軍本隊の各機関が必要とする家屋、並びに将兵の宿舎を確保するには少なからざる困難があった。だが、商務総会関係者の協力および以前から当地に在住していた数名の日本人の努力により、なんとか必要とする家屋・宿舎を確保できた。

                                       (図 9-1) 龍口海岸で日本軍の糧秣を運ぶ華人


 龍口に上陸した日本軍は、上陸後激しい暴風雨に襲われ兵員移動・軍需品
 等輸送に難渋を極めたが、物資輸送に応募してきた多数の華人の協力を得て
 次第に山東省を南下して即墨に向かった。

       [写真出典:日独戦役記念写真帖 三船写真館発行]




                
                                       (図 9-2)労山湾軍需品集積所に集まった華人


 9月18日、日本軍は青島郊外の労山湾に上陸し、ここを本格的な軍需物資の
陸揚げ・集積所と定め、海浜に重桟橋を構築し、兵器・軍需品輸送のための手押
式軽便鉄道を敷設した。この軽便鉄道敷設およびそれを使った兵器・軍需品輸送
のために大勢の華人が長期に雇用された。

      [写真出典:日独戦役記念写真帖 三船写真館発行]




                                       (図 9-3)龍口と労山湾からの軍需品輸送が合流
 
 龍口からの軍需品は左側の道路を一輪車で輸送されてきたが、おそらく数日
間徒歩での輸送であっただろう。これに対し労山湾からの軍需品輸送は右側の
手押式軽便鉄道によるのだが、軽便鉄道の輸送距離は100Kmに近く、これまた
数日間の連続手押し輸送であっただろうと思われる。

 日独戦役では、日本軍が第一線の砲兵隊陣地に砲弾をトラック輸送した以外
は、ほとんど全ての輸送は華人により行われた。
 日英軍の馬匹輸送は写真で記録されているが、華人の馬匹輸送の写真は見当
たらなかった。
 
      [写真出典:日独戦役記念写真帖 三船写真館発行]



                                     (図 9-4) 滄口駅における軽便鉄道の軌道積み込み風景



 日独戦役後、軍需物資輸送のために敷設された軽便鉄道軌道は撤去されたが
その軌道は全て華人の手により取り外され、膠済線滄口駅で貨車に積み込まれ
日本に戻された。

      [写真出典:日独戦役記念写真帖 三船写真館発行]




 日独戦役において、中華民国国内の日本軍の兵器・軍需物資の大部分は、日本軍に雇用された華人に労力によって輸送された。極端に言えば、華人の協力・労力なくしては、この日独戦役は成立しなかったかもしれない。

 誤解してはいけないのは、この華人による輸送役務等は日本軍による「徴発(物資・労力を強制的に取り立てること)」ではなく、日本軍と華人の間で合意の上で締結された役務契約によって行われたもので、その対価として軍票が支払われたのある。上に紹介した4枚の写真には、銃剣を所持した日本軍人が全く写っていないことも、この運送業務に「威力監視」が必要でなかったことを示しているといえよう。

 日独戦役中、山東省における日本軍と現地華人の関係は敵意に満ちたものではなく,相互にごく普通に接触が行われたものと考えられる。


2.日独戦役における軍票の使用

 軍票とは「軍事手票」の略称で、戦時、日本軍が現地において軍費として支払う本邦通貨の代用証券である。軍費として支払われた軍票に対し本邦通貨への引替請求がある場合には、現地の場合、軍師団または兵站経理部で支払うべきものと定められている。

 日独戦役においては軍費としての軍票の発行額は約1,180万円であったが、戦闘の期間が短かったので実際に支払われた軍票は約300万円であった。支払われた軍票は請求により銀または邦貨と引き替えたほか、軍政署における各種出納の軍票受け入れ、山東鉄道の汽車賃、郵便局における切手代支払いなどの諸方策を実施したため至る所で円滑に流通し、戦役後しばらくは山東省における主要通貨として使われるほどであった。最終的には上記軍票使用額は全額が銀または邦貨に引き替えられた。
   (本項は神戸大学電子図書館システムより「中外商業時報1942年4月18日号」を参照してまとめた。)

 20世紀初頭の山東半島では主要産業は農業であり、この当時の華人の一般的な生活水準は率直に言って貧しかった。農産物以外に現金収入がなかった当時の華人にとって、この運搬業務は想定外の臨時収入となっただろう。
 何人の華人がこの運搬業務に携わったかは統計がないが、仮に5,000人が1ヶ月働いたとすれば、延人員は約150,000人となる。これらの華人には軍票で労賃が支払われた。1人/日の労賃を50銭(実際はこれよりも少なかったと思う)とすれば、延べ人員150,000人の労賃は75,000円と計算される。輸送期間などは2ヶ月程に及んでいるので、実際にはこの倍程度の労賃が支払われたのであろうか。
 

3.日独戦役による華人の被害は?

 日独戦役において、華人の人的被害および住居の被害については、各種記録を調べても殆ど記述がない。青島市街区域に関しては、すでに説明したように建物被害は殆どなかった。戦後に撮影された台西鎮の写真にも被害は認められない。台東鎮についても建物被害の記述は見当たらなかった。

 しかし、日独交戦区域の華人住居には多少とも被害があったようである。具体的には(図 7-1)「第18師団攻撃計画要図」に示すように、独逸軍からは青線と赤線に挟まれる範囲にある日本軍に砲弾が撃ち込まれ、日本軍からは赤線前後にある独逸軍砲台・堡塁に砲弾が撃ち込まれた。なお、台西鎮砲台付近の華人住居にも被害があったようだが、台西鎮の住居に砲撃被害は及んでいなかった。
  〈下線文字をクリックすると(図 7-1)に移動します。このページに戻るには、移動先画面ツールバーの戻るボタンをクリックして下さい。〉

                                        (図 9-5)北台東鎮村住宅のの砲撃被害


特に華人住居に大きな被害があったのは台東鎮堡塁付近の住居であったよう
で、朝日新聞社大江素天従軍記者の「従軍記」には次のような記述がある。
 「占領したモルトケ砲台から市街の方を一瞥し、大急ぎで台東鎮へ下りる。
  北の部落は我が砲弾のため破壊され、一として完全な家屋はない。」

     [写真出典:青島戦記 大阪朝日新聞社発行]

 注:この写真中、下側左右に散髪風景および入浴風景があるが、これは戦役後の日本軍人
    風景 として 挿入されたもので、本題とは直接関係はない。




 砲撃による華人の人的被害は、日本軍が雇用していた運送関係従事者に関しては、独逸軍砲台からの着弾距離の範囲外で手押し式軽便鉄道等により軍需品を運搬していたので、被害はまずなかったものと考えられる。
 ただ、独逸軍砲台・堡塁、並びに日本軍砲兵陣地の付近にあった住居は上述のように砲撃被害を被っており、これらの住居に居住していた華人は事前に避難したことと考えられるが、被害者は皆無ではなかっただろう。被害者の少なかったことを願うばかりである。

                         (本項は次回に続く)



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。