大正4~6年 (1915~7) 頃の青島海岸部(舞鶴町ー太平路)パノラマ写真
 左側の大きな建物は青島守備軍司令部。中央部右側建物は日本人小学校。その後ろに時計台の尖塔。画面奥には測候所が見える。画面右の尖塔建物は独逸時代の監獄。この頃舞鶴町(太平路)の岸壁は万年町(江蘇路)で終わっており、万年町は旧青島区と旧別墅区の東西境界となっていた。なお、司令部背後にある観海山から測候所付近にかけて、当時、住宅がほとんど見当たらない。                   (高橋写真館絵はがきより作成)



                  青島物語 ーー 続編  (その14)
                           【 平成25年7月 】

                   日本統治下の青島都市開発-2



1.前書き
 
 第1次日本統治下(1915~1922)の青島都市開発に関して、これを経時的に記録した文書は殆ど見当たらず、写真としては開発完成後の建物や町並みを撮影した絵はがきがあるにとどまる。一般民間人の写真は全く入手できなかった。

 この期間の都市開発で、浮かび上がる疑問点は次の通りである。
 ・土地の取得・譲渡は誰が行ったのか。日独戦役後、青島に流入した日本人や中華人が、事情のよくわからない土地で、地主と土地
  の売買交渉を個別に行ったとはとても考えられないのだが。
 ・区画整理は行われたのであろうか。新しく開発された地区の建物は整然と配置されているところが多く、行政が予め土地区画を整
  理していたのであろうか。
 ・誰が建物を建造したのであろうか。新しく開発された地区での建物は4~8所帯が共同生活できる里院構造のものが多かった。とな
  ると、誰かがこれらの建物を建造し、それを賃貸したものと考えられるが、その誰かとは一体誰だったのであろうか。

 これらの疑問に答えられる事項について資料が入手できればそれに答えつつ、第1次日本統治下の青島の都市開発について振り返ってみることとする。


2.日本統治時代の土地政策

 独逸膠澳政府の土地政策は、土地の独占・投機を予防することを原則とした。そこで独逸膠澳政府は青島占領の当初において、中華人が所有する膠州湾の全ての土地を占領前の価格で買収し、街路、公園、埠頭、官衙、要塞等の建設に必要とする部分を官有とし、その他は政府が一定の最低価格を公示して、時には競売を行って一般に払い下げた。土地取得者は一定の期間内において、政府の許可を受けた使用計画を実行するものとし、この計画に反して土地を投機・転売し、又は土地を荒廃させたときは罰則を受けた。
 日独戦役で日本が勝利した結果、日本は独逸膠澳政府が保有していた「兵営その他の建築物及び軍需品などあらゆる一切のものを現在のまま日本に引き渡す」ことで青島開城条約が締結された。(独逸官有地の引き渡しについては明示的に記載されていないようだ。)

 日本守備軍は、土地政策に関しては独逸膠澳政府の精神に従い「日本官有土地貸し下げ規則」を公布して、土地の独占・投機を予防することに努めると共に、土地の借受人は借地を転貸しし又は借地権を他人に譲渡することを禁止し、土地を地上物件と共に他に譲渡する場合は、予め許可を受けるべきものと定めた。独逸から引き渡された土地も、この貸し下げ対象となったのであろう。
(この記述は、大正12年1月に、日本工業クラブで前青島守備軍司令官由比大将が行った講演を記録して、海外起業調査組合がまとめた報告書「青島事情-上編」に基づいて取り纏めた。)

 ここで青島の都市開発に関する上述の疑問点について、私(兄)の推論を紹介する。
① 独逸膠澳政府が官有していた土地の範囲。
   独逸が清国より租借した範囲には、四方、滄口、李村なども含まれているが、独逸膠澳政府が買収した区域は、後に独逸膠澳政府
   によって道路名が付与された区域、即ち青島区、大鮑島区、並びに埠頭区、別墅区、台西鎮及び台東鎮の一部ではないかと思う。
   日本守備軍は、この後、四方・滄口・李村の一部の土地を買収したようだ。
② 区画整理が行われていたのか。
   大鮑島区、埠頭区などの一部には、整然とした区割りに従って建物が建造されたと思われる地域がある。日本統治下でもそれらの
   地区では日本守備軍による区画整理に基づいて土地の払い下げ又は貸与が行われたのではないだろうか。
③ 誰が建物を建てたのか。
   埠頭区の建物は里院式構造、或いはアパート式構造のものが多く、それらは比較的集中して建造されている。これらの建物は、恐
   らく、資力を持った日本人又は中華人のディベロッパーが土地を取得し建物を建造した後、それを一般に賃貸したのではないだろ
   うか。
   宋 連威氏の著書「青島城市的形成」では「山東起業」と「青島土地起業」の2社名が挙げられているが、詳細は不明である。

この後、第1期、第2期の青島開発計画を回顧するが、必要に応じて「その13」に掲載している(図-1 日本統治下の青島開発計画)
参照頂きたい。【 青色下線をクリックすると(図-1)に移動します。このページに戻るには、エクスプローラー画面の戻る矢印をクリックして下さい。】


3.第1期 開発計画 -- 若鶴山周辺、小港周辺、船渠港周辺

i) 若鶴山山麓及びその前面地区
   この地区は青島神社の敷地開発、青島日本高等女学校の開校準備があったので第1期に選定されたのであろう。住宅地としての開
   発は、当初は余り進んでいなかった。ただ、台東鎮に繋がる若鶴町は重要路としてこの時期から開発・拡幅されたようだ。

ii) 小港周辺の地区 -- 中華人居住区域                    (図-1) 小港地区を見下ろすグーグル写真
   独逸統治時代の初期、ここには税関(海関)があった。大港が開港
   された後この税関は使用されなくなったようで、何棟かの政府建物
   があったようだが殆どが空地、この地域は「海関後(税関後地)」
   と永らく呼ばれていた。

   緑枠線で囲まれた地区が「小港地区」であるが、この地区は2006年
   頃まで全く再開発されておらず、建物も約80年前のまま残っていた。

   右図のグーグル写真は2000年5月に撮影されたもので、この地区が整
   然と区割りされており、四囲を住居部で囲み中央部に空地がある里院
   構造の住居が建ち並んでいることが判る。この地区は、たぶんディベ
   ロッパーが日本守備軍から土地を借り又は買い取って、類似構造の建
   物を建造し、分譲・賃貸したのではないだろうか。

   数字は次の地名を表している。
    ① 膠済鉄道線路     ② 早霧町(冠県路)
    ③ 小港町(小港路)   ④ 伏波町(邱県路)
    ⑤ 金郷町(金郷路)
   この中で②早霧町と③小港町は独逸時代に独逸名が与えられていた
   が、④伏波町と⑤金郷町は日本統治時代になって開発され町名が付
   けられた。

   なお、日本守備軍は小港を中心に中華沿岸貿易を促進する計画があったようで、それがこの地区の都市開発を第1期に設定した理
   由であろう。小港沿いの小港町は、計画通り沿岸貿易で随分と繁忙を極めていたと思われ、事実、先述の「青島事情-上編」によ
   ると「貸下地の1坪あたり権利代金」が次のように発表されている。
        小港町(小港路) 25円    中野町(聊城路) 15円    静岡町(山東路) 20円
        舞鶴町(太平路) 14円    若鶴町(奉天路) 12円    台東鎮(台東鎮) 10円

   1940年頃まで、小港の岸壁は小港町に接近していた。(ただ1945年以降、中国政府によって上図のように岸壁は埋立てられた
   ようだ。)その頃、この地区には日本人の小貿易業者を中心に約10所帯が中華人所帯の中で生活し、事業を営んでいた。
   また、早霧町(冠県路)は青島市内を大港につなぐ重要1級道路として開発され、道路の両側には中華人・日本人の商売人・小貿
   易業者・飲食店・旅館が立ち並んでいた。
  
   2011年に我々兄弟が青島を訪れた時、この小港地区はすっかり再開発され、高層住宅群に生まれ変わっていた。

iii) 船渠港地区
   船渠港地区は大港に近く、中華人を中心として商業地区として開発される予定であったが、実際には早霧町(冠県路)の延長とし
   て、また第2期の花咲町(武定路)付近に含まれて開発が進んだようだ。


4.第2期 開発計画 中野町、市場町、花咲町地区 -- 日本人居住区域

 大量に流入する日本人にとって、日独戦役直後からの借家の不足と家賃の高騰などの住宅問題はきわめて深刻であった。そのために、日本守備軍は旧埠頭地区を中心に、主に日本人向
けの住宅・事業用地開発を推進した。                 (図-2) 日本人居住区の都市開発

 まず三業種指定地域として中野町(聊城路)地
区の開発が行われた。ここには大鮑島区に繋がる
丘陵地帯であったが、開発に伴い日本人の生活に
必要な各種の職業店舗が集中し、表通りとなった
中野町は日本人商店街を形成した。
  ①中野町写真(図-3)参照

 これに対して、中野町地区西側はかつて独逸煉
瓦工場のあった窪地であり、ここには生活物資
を商う市場商店街と一般住宅街が形成された。
  ②市場町写真(図-4)参照

 さらに、静岡町(山東路)の延長に当たる所沢
町(堂邑路)及び葉桜町(館陶路)は主に日本系
の銀行・会社・商社街として開発が始まった。
 ④所沢町(堂邑路)郵便局写真(図-5)参照
 ⑤所沢町開発中写真 (図-6)参照

       (図-3)中野町風景                        (図-4)市場町界隈

    中野町界隈は日本人商業・居住区としてもっとも                中野町地区に続いて、旧煉瓦工場跡地が日本人向け
    早く開発された。この左側背後の地区は新町で、                商業・居住区として開発された。正面の湾曲した町
    三業種の指定地域(遊郭)があった。                     並みは賑町(陽穀路)で住宅と小規模商店が混在。
     (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)          左右方向は市場三丁目で、大型商店が並んだ。
                                     (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)


     (図-5)所沢町(堂邑路)交差点                  (図-6)葉桜町(館陶路)

   この交差点は五叉路で、山東町、市場三丁目、所沢町、             所沢町を北進すると葉桜町に繋がる。この地区は後に
  早霧町、済南町が交叉する重要な場所である。右手方向             商工会議所や銀行などの事務街として発展するのだが、
  は市場三丁目、正面方向は所沢町、左手方向は早霧町、              大正4~6年頃はまだ空地であった。
   後方向は山東町と済南町である。この交差点付近は旧煉瓦             余談だが、道路中央を歩く人物は、この絵はがきを作成
  工場の地名をとり、この後永らく「大窯溝」と呼ばれた。             した高橋写真館の館主らしい。同館発行の絵はがきには
  右角にある建物は日本が大正6年に建設した郵便局で、              同じ人物が屡々現れるのだ。
  後に堂邑路郵便局と呼ばれた。                           (写真出典:高橋写真館発行絵はがき)
    (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)


 第1次日本統治時代における、青島神社予定地の前にある花咲町(武定路)付近の市街地を記録する写真は全く見当たらなかった。この地区は日本人居住区の中心部で、青島神社、青島高等女学校、第一小学校、加藤幼稚園などが相次いで建設されたほか、個人病院も多く開設された。
 この地区の開発を推し量るために、2001年8月2日に撮影されたグーグル写真を掲載する。(図-2)と見比べて頂きたい。

             (図-7)花咲町(武定路)・青島神社界隈のグーグル写真  (2001.8.2 撮影)


























 緑枠で囲われている地区は、恐らく第1次日本統治時代に開発された建物がそのまま残っていた思われる。土地の区割りは整然とし、建物の一部は恐らく里院式構造であっただろう。2013年現在ではこれらの地域はさらに大きく大きく再開発されている。

  ① 川崎町(益都路) ここは、この地区における日本人商店街の中心地であった。 写真は下の(図-8)
  ② 若鶴町(奉天路) この道路は台東鎮・四方・滄口へ繋がる街道として日本統治時代に拡幅整備された。道路沿いには中小会社
    ・商店が立ち並んでいた。 写真は下の(図-9)
  ③ 青島神社本殿跡地。このグーグル写真撮影当時にはTVアンテナが立っていたが、このアンテナは後に太平山に移設された。
  ④ 旧青島第一日本尋常高等小学校の大グラウンド。
  ⑤ 上海路(上海町) 邱県路にあった我が家から青島神社に参詣するにはこの道を上がり、第一小学校沿いに下って参詣道へ進ん
    だものだ。当時は勿論歩いて行くか、家族が揃うときは二頭立て馬車で行った。
  ⑥ 花咲町(武定路) この道路は主要道路で、南へ下がると中野町地区に繋がるのだが、記録写真は全く見当たらなかった。
  

       (図-8)益都路(川崎町)                   (図-9) 奉天路(若鶴町)

  この写真は、青島神社前の日本人居住区を示す数少ない写真            この写真は若鶴町を記録する唯一の写真だが、撮影時期は
   の1枚だが、撮影時期は昭和13年頃である。(図-2)地図の            これも残念ながら昭和13年頃である。写真右方向に若鶴山
  「③」位置に該当する商店街で、青島神社の祭礼にはこの地区            (貯水山)がある。この当時でも道路の中央に街路灯があ
  から神輿が出て賑やかであったそうだ。                      ったのは驚きだ。
  (写真出典:青島土産館発行 “青島写真帖”)                 (写真出典:青島土産館発行 “青島写真帖”)



5.第一次日本統治期間中における都市開発の成果

                              (図-10)日・独統治下における青島の都市開発状況比較
                             (緑枠内:独逸時代の青島市域。その外側の赤色範囲が日本統治時代の開発区域 )
 欒 玉璽氏の著書「青島の都市形成史」によると、
1915~1919年の5年間に青島市街の建築面積は58,867
坪に達したが、これは青島の総建物面積の68%を占めたと記載されている。この記述が正しいとすれば、18年間の独逸統治下に建造された建物面積より、第1次日本統治時代の5年間に建造された建物面積の方が多かったと言うことになる。
 
 勿論独逸はその統治時代に、都市としての土地の基礎開発、道路整備、上下水道整備などを先行実施しており、建物面積だけで単純比較することはフェアではないと思うが、それにしても青島を単に商業都市として発展させるだけではなく、軽工業都市として展開するための人口流入を前提として、日本人・中華人を共に対象とした住宅建設を行ったことには、それなりの評価を与えることができると思う。

 右図の緑枠の外側における赤印は、日本統治下における住宅建造のエリアを示すもので、上記の建築面積58,
867坪には恐らく地図外の李村、四方付近の住宅建設を含めているのであろう。

 青島では、独逸の建物に比して日本の建物の建築基準は貧弱だったとの批判が多くあるが、見逃してはいけないことは、当時日本が青島で適用した建築基準は独逸が大鮑島区の中華人建物に適用した基準をそのまま採用したものであって、ことさら建築基準を引き下げたものではないということである。
 旧青島区及び旧別墅区における建物は、日本統治下   
においても独逸の建築基準をそのまま採用しており、     【資料出典:”世界飛び地領土研究会” HPより借用 一部加筆】
後年、青島が緑樹赤瓦の美しい都市として広く認めれ
られたのは、第1次日本統治時代においても日本為政者が旧青島区及び旧別墅区の都市美の維持のために植樹に力を尽くしたこと、そして独逸時代の厳格な建築基準をそのまま踏襲したことにあると思う。

 それよりも、独逸統治時代には一般中華人は旧青島区で住居を持つことができなかったが、日本統治下では青島全域で地区ごとの建築基準に従うことを前提として、各国人が住居を構え営業することができたことを強調したい。事実、主に日本人区とされた花咲町(武定路)地区、市場町地区、或いは中野町(聊城路)地区でも中華人は商売を営んでいたし、主に中華人区とされた小港地区或いは早霧町(冠県路)沿いには日本人が中華人の中にあって旅館、貿易業、食堂を営んでいた。


 


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。