神尾山(信号山)から見た福音教会 (時計台)

         大正8年頃に神尾山(信号山)から見た福音教会(時計台)付近の風景。この写真は白黒写真に彩色したものと思われる。教会の背後には
         建物が殆ど見られなかった。ここに見られる道路は、
アスファルト舗装してあったのだろうか。
         画面左手に小青島(加藤島)が見えるが、それと重なる建物は青島第2小学校である。青島桟橋にはまだ廻瀾閣がない。

                     [ 写真出典:「山東風景写真帖」青島守備軍民政部鉄道部編纂 大正9年(1920)3月発行]


                    青島物語 ーー 続編  (その15)
                              【 平成25年8月 】

                    日本の民政開始と道路整備について



1.青島の民政開始
 
 日独戦役による青島のインフラストラクチャ被害を応急に処置した日本青島守備軍は、青島の都市経営を軍政から民政に移管して、日本が独逸から継承した経済権益を確保・増強するための措置を講じた。
 大正6年10月、守備軍は次の通り組織を改定した。民政部初代長官には法学博士秋山雅之氏が就任し、軍務を除く一切の業務を管掌した。

                    ー陸軍部
          |ー 司 令 部 ー|      |秘書課
  青島守備軍 ー |         ー民政部 ー| 総務部 (中学校、高等女学校、農事試験場、林務所、屠獣場、その他)
          |               | 管理部 (港務所)
          |ー 陸軍諸部隊        | 財務部 (発電所)
              (歩兵大隊・憲兵隊)  | 土木部 (道路事務所、水道事務所)
                          | 民政署 (青島、李村、坊子)ー(小学校、公学堂、日語・支那語学校)
                          |法 院
                          |病 院 (青島病院、四方・李村・坊子・張店等の各医院)
                          |測候所
                          |囚禁場
                          |巡補教育所
                          |鉄道部 (汽車課、工務課、採鉱課、埠頭事務所、その他)
                          |逓信部 (業務課、野戦郵便局 その他)
 
 民政部の機能は多岐にわたり、これらの業務を担当するために日本政府各省から多数の役人・職員が派遣されてきた。


2.民政部設置の目的

 当時、日本では寺内正毅陸軍大将が内閣総理大臣であった。寺内内閣は日独戦役後の青島経営に関して大きな関心を持ち、青島の中華民国への還付も想定される事態の中で、独逸から継承した経済権益を現実に確保する方法を講じたいと閣議でも決定していた。守備軍民政部はこれを実行するための組織として設置されたのであろう。
 
 具体的には、青島を単に日本製品の輸出市場として或いは青島近辺の一次産品の日本への供給地とするだけではなく、この地に日本企業を導入して工業基地として定着させようとした。民政部は、民間企業を青島に誘致するためのインフラストラクチャ整備に本格的に着手するための、またそれら日本企業に整備した土地を貸与・分譲するための具体的組織として設置されたのであろう。子弟教育関係にも大きな関心を示した。

 日本民政署が大正7年(1918)に発行した「青島要覧」には、日本が青島統治を開始した初期段階に徒手空拳で一攫千金を夢見た輩も、民政部の活動に伴って逐次駆逐され今やその影を殆ど没するに至り、遠大な志望と莫大な資本を投じ百年の長計を画く者がようやく多くなってきたと記載されているのも、この間の事情を物語るといえよう。

 民政当局の市街地整備・拡張計画の基本は、当初は市街地を大港方面に拡張しここに商工業基地を築いて日本人活動根拠地とするものであったが、後には計画を拡張して台東鎮・四方・滄口までを含めた「大青島」の建設を目指した。
 
 さらに民政部は、山東鉄道沿線も民政部の管轄範囲に加え、山東省全体の経済的経営という課題にも取り組もうとしたようだ。


3.道路の整備と充実
 
 ① 道路に日本名を付与

  日本守備軍は、青島の開城と共にまず戦闘で損傷を被った道路をまず修復すると共に、大正3年(1914)12月、それまで独逸名で
  あった道路名を全て日本名に改めた。以下にその一部を紹介するが、この道路名は大正11年(1922)12月に中華民国に返還されて
  以降、さらに中華名が付与されたので、便宜上、中華名も併記する。

      独逸名        日本名   中華名         独逸名         日本名   中華名
    Kaiser Wilhelm Ufer    舞鶴町   太平路        Diederichs Str.      赤羽町   沂水路
    Wilhelm Strasse  不入斗(いりやまず)通 青島路        Kronprinz Str.       浜松町    湖北路
    Prinz Heinlich Str.    佐賀町   広西路         Irene Str.        久留米町   湖南路
    Friedrich Str.       静岡町   山東路(南)       Schantung Str.      所沢町    山東路(北)
    Bismark Str.       万年町    江蘇路         Albert Str.        大村町   安徽路
           (この項は「青島埠頭局大正4年発行:戦後の青島」による。)

 ② 道路の拡充・整備

  独逸が青島を統治していた当時、青島市街には約100路の道路があったが、その中で明確な路名標識を有する道路は75路であった。
  日本が青島を統治した後、日本人・中華人が大勢青島に流入して住宅が不足となった。さらに、青島を商業都市から軽工業都市に転
  換するには住宅数の拡充が必要であるとの方針から、青島守備軍(後には民政部)は大鮑島北部地区(旧埠頭区)、小港地区、後に
  台西鎮・台東鎮地区に日本人・中華人のための住宅地を開発することとし、そのためにまず道路の整備を進めた。
  この結果、日本が中華民国に青島を返還したとき、全ての道路は230路以上となり、その中で明確な路名標識を有する道路は196路
  に達した。   (この項は「宋連威著:青島的城市形成」による。)

  さらに民政部は物資集散を促進するために、青島に集合する下記の道路を整備した。中でも四方街道はこの地域に日本製造業を誘致す
  る目的もあって、幅員を6mから一等道路の(車道幅15m)に拡張した。
   ・四方街道  ・李村街道・  閏家山街道  ・浮山後街道  ・湛山街道  ・台西鎮街道

  また李村を拠点として下記の地区に接続する道路網も整備した。
   ・東呉家庄  ・沙子口  ・張村  ・柳樹台  ・九水  ・王埠庄  ・流亭  ・仙家塞  その他
          (この項は「青島民政署:青島要覧」による。)

 ③ 道路の舗装 ーー アスファルト舗装は日本が開始した

  研究者の論文で、道路のアスファルト舗装は独逸膠澳政庁が行ったとするものがあるが、これは誤りである。青島民政署が大正7年
  に発行した ”青島要覧” には、「中央車馬道はマカダム式構造に係わる」と記されている。この点は高知大学名誉教授瀬戸武彦先生
  が、独逸膠澳政府時代には道路はアスファルト舗装されていなかったのではないかとの私の疑問に対して、夙にマカダム方式による
  砕石舗装を指摘しておられた。今更ながらに、先生の慧眼には敬服する。

  独逸膠澳時代に、青島の道路が非舗装であったことあることを示す写真が数点あるのでそれを下記に紹介する。

                                            (図-1)舞鶴町(太平路) 風景

  舞鶴町はその後の太平路である。この写真の右側建物は、当時の日本
  総領事館で、建物西側の不入斗通(青島路)を隔てて、プリンツ・ハ
  インリッヒホテル等が立ち並んでいる。

  独逸統治時代、この道路は第一級の目抜き通りであったが、道路表面
  にはアスファルト舗装の痕跡もない。

  なお、写真で人力車に対面する人物は高橋写真館館主と思われる。

      (写真出典:高橋写真館発行絵はがき)



                            
                                           (図-2)佐賀町(広西路)風景

  佐賀町も独逸統治時代には重要道路であったが、ここにもアスファルト
  舗装の様子は見えない。

  左手に見える建物の中で、中央よりやや黒く見えるのは旧膠澳郵便局
  (後の日本野戦郵便局)である。

  これらの写真は、日本統治時代初期に撮影されたものと思われる。

    (写真出典:高橋写真館発行絵はがき)





                                         (図-3)所沢町(山東路北段)の雨後風景




  日本第1次統治開始直後、所沢町の下り坂付近を日本軍が行進している情景。
  雨上がりで水たまりが道路上にできているているのだが、この状態は明ら
  かに非舗装道路に特有の情景である。

    (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより




 独逸統治時代に道路の舗装状況をを記録・説明する資料は見当たらなかった。恐らく当時は、自動車、特に乗用車が一般に全く利用されていなかったので、アスファルト舗装は必要がなかったからであろう。

 「宋 連威:青島的城市形成」によると、第1次日本統治時代の後期には100輛余りの自動車が、日本高級役人や大会社幹部の間で利用されるようになったと記述している。これが舗装道路を必要とする理由の一つになったのであろう。
 又、「泉對信之助:青島2年」によると、「幹線の車道は割栗石に真砂土を混ぜ、それを蒸気ローラーで押し固めた上に大抵はターで塗り固めたものである」との記述もある。泉對氏の記述は、独逸時代のことか日本時代のことか、いずれを指すのかが明らかでないのだが、同氏の青島滞在が大正8~10年であったことから推察すると、同氏が自ら見聞した事を記録したのかも知れない。

 これらのことから、自動車利用が広がった第1次日本統治時代の後半から、幹線道路のアスファルト舗装が始まったものであると推量され、次の写真から見ても「道路舗装は日本統治時代から始まった」とほぼ断定的に言えるようである。

                                        (図-4) 雨中の所沢町(山東町北段)風景


   (図-3)とほぼ同じ位置から撮影された所沢町下り坂付近の雨中
  の情景。この写真では、道路は明らかにアスファルト舗装されて
  おり、左手の人力車の影はアスファルト舗装路面に反射している。
  このようなことは砕石路面ではあり得ない。

    (写真出典:青島今昔記念写真帖 博文堂 大正10年発行)

  ただ、この写真以外に、道路の舗装状況を明瞭に示す写真は余り
  見当たらなかったのが残念である。




3.独り言

 我々兄弟の記憶によると、昭和13~16年当時、青島市街では旧青島区及び旧大鮑島区の道路は殆ど全てアスファルト舗装、市場1路~3路も全てアスファルト舗装されていた。それ以外の地区では、奉天路、館陶路、堂邑路、冠県路など幅員の広い一等道路は舗装されていた。その他の道路に関しては砕石道路が大部分であったが、全ての道路に歩道が整備され街路樹(アカシヤ、プラタナス)が植えられていたように思う。

 当時は、道路工事のためにマカダム式3輪ローラーが動いていたのを記憶している。ただ、当時は現在と異なりアスファルト舗装と言ってもタール分が多かったせいか、夏になると舗装路面が柔らかくなり自動車タイヤのパターンが窪んでいるのを見たことがあった。


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。