観海山から見た旧カトリック教会と小港方面

      大正6~8年(1918前後)頃に観海山から見た旧カトリック教会天主堂(左側白い建物)と独逸海外女子学校(黄色い建物)。
      道路は左から曲阜路とそれに交差する徳県路、少し離れて平度路である。同じ位置の写真が「続篇ーその12」に白黒パノラマ
      写真で掲載してあるが、比べてみると、数年の間にこの地区の一般民家の建設はかなり進んだように見受けられる。
      (下線文字をクリックすると「その12」に移動します。このページに戻るには、IEの「戻る」ボタンをクリックして下さい。)
      この写真の中の旧カトリック教会等の建物は昭和6年(1931)頃に全て取り壊され、昭和8年に現在の高層式カトリック教天主堂
      が新たに建設されるのだ。
      背景は小港とそれに接続する台西鎮であるが、この当時、この地域に住宅は殆ど見当たらない。画面右側の小港にはジャンク船
      の帆柱が多く見られ、当時の沿岸貿易の繁忙ぶりが推察される。 左側煙突は発電所。
                       [ 写真出典:青島で発行された絵はがきから。発行所は不明]




                   青島物語 ーー 続編  (その16)
                           【 平成25年9月 】


                 青島の上下水道と電気・電話の整備



1.前書き
 
 独逸は、当時の清国山東半島の膠澳地区を租借地として取得し、本国に勝るとも劣らない風光明媚でインフラストラクチャに優れた都市「青島」を、約15年の歳月をかけて建設した。日本は独逸との戦いに勝利した結果、独逸の青島に係る租借権を一時的ではあるが独逸から取得した。そして、日独戦役後の日本人・と中華人の流入人口に対応するため、更には青島に日本からの製造業を導入するために、日本は青島の持つ優れた都市環境水準の維持と向上にむけて投資を行ったのである。

 この期間におけるインフラストラクチャの建設経過を示す記録写真はほとんど入手できなかった。そのような写真は絵はがきの題材としては見向きもされなかったのであろう。以下、入手できた資料を中心に、上下水道と電気・電話の整備について記述する。


2.水源地の拡張と送水施設の整備

① 独逸統治時代の水源地
 青島はもともとはげ山の土地柄で、地質は堅くしかも降雨量が少ないので、独逸がこの地に入ってから水の確保に難渋した。最初は
 青島市内に井戸を掘ったが水質が悪く飲用に適しない。青島の東から嶗山にかけて河はあるのだが名ばかりで、雨のないときは水の
 流れが殆どなく河底が露出しているのだが、一旦雨に降られるとたちまち氾濫する状態で、上水道の水源としてはとても利用できな
 かった。
 そこで独逸膠澳政府は、市外東北部の海泊河の河原に数個の井戸を掘りその伏流水をポンプで汲み上げ、すぐ後ろの丘の貯水池に押
 し上げてここから市内に水道水を供給していたのだが、海泊からの湧水量は案外少なく1日800トン程度であったのでとうてい市中
 の需要を満たすことができなかった。さらに独逸膠澳政府は李村河の伏流水を利用することとし、拡張工事の結果大正2年(1913)
 には1日約4000トンの水を貯水山(後の若鶴山)上に設置した貯水池にポンプで押し上げ、ようやく上水道の水質不良・供給不足を
 解消できるようになった。

②日本統治時代の水源地
                                       (図-1)李村水道水源地ポンプ所
 日独戦役の終盤、独逸軍は李村のポンプ所を破壊したので、青島市内  
 への水道水の供給は大部分停止した。日本守備軍は戦役後直ちに送水
 施設の復旧工事に着手し、大正4年8月に工事を完了した。しかし、
 その後流入増加するする日本人・中華人の水道水需要の増大に応じき
 れなくなったので、日本守備軍はポンプ汲み上げ量を増加する工事に
 着手し、海泊河の汲み上げ量を1500トンに、李村河の汲み上げ量を
 5500トンにまで拡張したがこれでもまだ水道水需要を充足できず、市
 中の高台にある住宅では常に断水に悩まされていた。

 そこで日本守備軍民政部では、大正7年(1918)、李村河のさらに東
 部にある白沙河の伏流水汲み上げ用の井戸を掘削し、16インチ径の鉄
 製送水管を敷設するなどの工事を大正9年までに完了して、李村河と
 同量の5000トンの水道水の供給を開始した。これ以降、日本統治時代
 の水不足の問題はしばらく解消した。
       (写真は2014.2.19に追加)                 (写真出典:高知大学名誉教授瀬戸武彦先生ご提供)
                                     

3.住宅地開発と上下水道の敷設、塵芥の処理

 
明確な記録はないが、守備軍民政部は道路名標識を付与する地区では住宅建設に先駆けて道路工事に着工し、それと同時に上下水道管を敷設したと考えられる。この結果青島市内の区部(青島区、大鮑島区、埠頭区)ではほぼ全道路に上下水道が整備され、独逸統治時代に続いて、日本統治時代にも青島には東洋一の上下水道システムが維持・拡張されていたと思われる。ただ青島の給水量は、独逸統治時代と日本統治時代を通じて需要が供給を常に上回るという状態が続き、まさに綱渡り状態であった。

 これに対して、独逸膠澳政府による下水道幹線の設計・施工は将来を見越したきわめて優れたもので、日本統治時代、青島の市域面積は独逸統治時代に比して倍増したにも拘わらず、下水道幹線の補強工事は全く必要がなく、市内の防疫に大いに寄与したと記録されている。

 しかし、台東鎮地区・台西鎮地区には無名道路が多く、これらの地域における上水道システムの整備はなかなか進行しなかったようだ。守備軍民政府はこの状態への対処として、上水道に関しては20箇所の共同水栓や数箇所の共同洗濯場を設置した。
 これら道路名のない道路・地域では恐らく下水道工事も遅れたと思われ、独逸統治時代と同様、水洗便所の設備のない家に対して屎尿用の鉄桶を各戸に配置し、3日に一度屎尿を汲み取る制度が日本統治時代にも存続していた。これら屎尿は台西鎮へ運搬の後所定の集中下水口に廃棄され、空になった鉄桶は洗浄され石灰乳で消毒して各戸に戻された。

 
塵芥の処理のために、各戸は個別に又は共同で、所定の塵芥箱を設置することが求められた。守備軍民政部は塵芥処理のために業者を指定し、その業者には2班の作業班が設置された。そのうちの1班は19台の塵芥車で受け持ち区域を定めて、3日に1回、塵芥箱内の塵芥を収集した。他の1班は16組に別れ、1日に1回以上、街路及び開渠の掃除や雑草の除去に当たった。これらの塵芥は一旦塵芥中継所に集積された後、さらに台西鎮の指定塵芥捨て場に集められ、可燃物と不燃物に区分の後、可燃物は焼却され不燃物は石灰乳を散布して堆積処理された。

上述の通り屎尿・塵芥処理には請負衛生組合が指定され、各戸より一定の掃除費を徴収して業務を行わせた。請負組合は運搬具として屎尿車82台、塵芥車19台、小車16台を備え、苦力200人、馬匹55頭をもってこれらの業務に当たったのであった。


4.家庭用電気の供給開始

 独逸統治時代、電気の供給は遅れていた。当初、発電事業は民営であったが、人口少なく電力事業も限られていたために電力需要が少ないので、多大の投資に対して収入が伴わず営業収支が常に欠損となり設備投資が続かず、独逸膠澳政府の軍事的施設への電力供給不足が生じた。このため独逸膠澳政府は電力事業を直営としたが、それでも独逸統治時代の末期における実働発電能力は僅かに600KWで、800KWの発電機が増設工事中であった。このような環境の下、当時の青島の電力は軍事施設及び大港造船所施設に提供されたのみで、一般家庭への電力供給は行われておらず、僅かに主要道路で街路灯が点灯していただけであった。

                                    (図-2)独逸海員会館とその前にある変圧器

    海員会館(Seemannhaus) の向いの歩道の角に塔状の構造物
     があるが、これが独逸膠澳政府規格の変圧器である。この付近
     に特に目立った電柱はない。恐らく、変圧器頭部に電力線が架
     設されているのだろうが、独逸統治時代には民生用に電気は供
     給されていなかったので、給電用電柱は必要なかったのであろ
     う。この形式の変圧器は、日本統治時代にも使用された。

     なお、この海員会館は日本統治時代には「青島市民クラブ」と
    して使用されたが、青島返還後は「青島日本居留民団」の建物
    として使用された。


    (写真出典:青島アドルフ・ハウプト社発行記念写真帖
           高知大学名誉教授 瀬戸武彦先生ご提供)





 日独戦役後、日本守備軍は戦闘で破壊された発電施設を早急に修理し供給を回復してその運営を民政部財務部に移管した。民政部は発電機の増設に努め、一般家庭への電力供給と同時に産業部門への電力供給を開始した。その結果大正7年(1918)には「電灯は10燭換算63600灯」(約1140KW)が、「電動機は90基1924馬力」(約1400KW)が使用されていた。日本統治時代の末期には、設置された発電機は4基、発電能力は5000KWに達し、市中への電力供給は勿論のこと、四方・滄口に設立された工場への電力供給も開始された。

                                       (図-3)天津町の電柱・電信柱


    独逸統治時代、この天津町のように電話用の電信柱が道路の一方
    の歩道に立ち並んでいた。(ここでは左側)。日本統治時代に入り
    電気の民生供給開始と共に、主に鉄製の給電用電柱が反対側の
    歩道に立てられだした。(ここでは右側)

    なお、独逸統治時代、天津町・北京町は輸出入業の中心地であっ
    たが日本統治時代に入ると輸出入事業の中心は山東路・館陶路・
    堂邑路方面に移った。




                                   (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)


5.電話の普及                                (図-4) 独逸時代電話局の交換手

 独逸統治時代、電話は主に軍用に使用され台数も僅少であり、
 交換機は広西路の電報局内に設置されていた。当時の電話機は
 磁石式で、電話機の磁石発電機のハンドルを回し、その信号で
 交換手を呼び出す磁石式電話機を使用していた。

                                     (写真出典:「青島旧影」 北京 人民美術出版社)

 日本統治時代の初期にも磁石式電話機が使用されていたが、その利用を拡大するために、民政部は大正9年までに電話局を堂邑路に新設し、受話器を持ち上げれば交換手を呼び出せる共電式電話機に切り替えた。切り替えの当初加入者は800回線程度であったが、青島経済活動の活発化と共に加入者が急増し、青島が中華民国に返還された大正11年(1922)には電話加入者が2000回線を越えていた。

  (このページの参照資料は「青島要覧:青島民政署大正7年発行」及び「青島案内:日華社昭和8年発行」他である。)


6.独り言

 青島の供給電圧は200ボルトで、気のせいか電気がよく漏電していた。我が家の2階に上る階段には照明灯用の電気スイッチがあったのだが、雨の日にはその付近の壁を触ると何となくびりびりと感じることがあった。

 日本とは異なり、変圧器は電柱上ではなく、道路の交差点角の歩道上に設置されていた。雨上がりのあと弟は数人の友達と手をつなぎ、先頭の子供がおずおずと鉄製容器の変圧器に手を触れると全員がびりびりと感じながら遊んだ記憶がある、とのことであった。



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。