観海山から見た谷公園と台西鎮方面方面

      大正6年(1918前後)頃に観海山から見た谷公園付近と、大変珍しい台西鎮の遠望風景。
      画面中央で左右に走る道路は大村町(安徽路)西側で、道路右端で大村町に交叉する浜松町(湖北路)。この頃、これらの
      道路はまだアスファルト舗装されていなかったようだ。
      画面右奥は台西鎮であるが、特別高等学堂と思われる建物を除くと、この頃台西鎮には建物は余り建てられていなかった。
      画面右奥に見える尖塔屋根は青島駅であろうか。画面左端には日本青島守備軍本部の建物が半分写っている。      
                    [ 写真出典:青島みやげ館発行の彩色絵はがきから合成した。]




                   青島物語 ーー 続編  (その17)
                           【 平成25年10月 】


                 日本統治下の青島における教育行政



1.前書き
 
 独逸も、そして日本も、それぞれに青島の統治を開始した後、直ちに教育行政の展開を始めた。その理由の一つはは自国民子弟に対する教育であったのだが、同時に現地中華人に対する教育も展開した。その実施内容は両国の間で違いがあるので、その相違点を比較しながら、主として日本の教育行政を振り返ってみることとする。
 

2.独逸政府の教育行政
 
 
独逸統治時代、青島には独逸人を中心として1905年には1232人、1910年には1642人の一般人が生活していた。この住人の30~50%は子弟であったと想定され、独逸膠澳政府としても子弟教育は緊急の課題であったろうと考えられる。

 既に1899年には民営で独逸学校が設立されたが、独逸膠澳政府は1902年にはビスマルク街(現江蘇路)に校舎を建てて総督学校の運営を開始した。その後子弟数の増加に伴って1905年に新校舎がウィルヘルム街(現太平路)に設置され、青島在住者以外に上海、北京、香港からの独逸人子女、更にはイギリス人、アメリカ人、ロシア人子女もここで学んだと記録されている。
 又、1905年には総督府実科中学校がプリンツ・ハインリッヒ街(現広西路)に設置された。
 これとは別に、各派教会がそれぞれ別個に小・中学生向けの学校を経営していた。

 独逸は清国政府と協議し、1909年に中華人を対象とした「青島特          (図-1)青島特別高等学堂校舎                                                                                                         
別高等学堂(独華大学ともよばれた)」を設立し、青島駅西南部地区
に広大な校舎を建設した。この高等学堂は修業年限が5年の予科と、法
政、農林(修業年限3年)、医科、工科(修業年限4年)の本科からなっ
ていた。学生数は1913年9月時点で本科生37名、予科生301名に達し
たという。

 この特別高等学堂は日独戦役終結後に廃校となり、校舎は日本守備軍
により教育に関係のない用途に使用された。

 租借地内の中華人子弟のための公立小学堂(小学校)が、1905年、
独逸膠澳政府によってまず台東鎮に開設された。その後租借地内の重要
地点に漸次小学堂が開設され、1914年には14箇所に小学校が設置され
ていた。


2.日本守備軍の教育行政
                                     
(図-1)青島日本人小学校開校式の挨拶
(1)日本人小学校の開設                  
                   
 大正4年3月(1915)3月、青島守備軍第1代司令官神尾中将は、
 日独戦役後に青島に流入する日本人子弟のために青島及び李村に
 日本人小学校を設置することを決定した。青島小学校は旧独逸総
 督府実科中学校の校舎を修理して使用した。その後も日本人子弟
 の増加は続いたので、葉桜町(現館陶路)分教室、並びに万年町
 (現江蘇路)分教室と舞鶴浜(現太平路)分教室が設立された。
 しかしこれでも引き続く日本人子弟の増加に対応しきれなくなり、
 青島市内における日本人小学校を2校とすることを大正6年に決
 定して花咲町(現武定路)に新校舎の建設に着手、大正7年4月
 に落成したこの新校舎を第1尋常高等小学校として開校し、旧青
 島小学校を第2尋常小学校と定めた。3校の分教室はこれに伴っ
 て廃止された。
                                       大正4年5月、開校式で神尾司令官の挨拶
                                     (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)

 また大正7年4月、四方地区で日本の紡績工場などの新設に伴って増加する日本人子弟のために、青島第1尋常高等小学校四方分校が
 開校した。
 なお、日本人小学校は青島以外に李村、張店、坊子にもあったことが分かっているが、文書記録は残念ながら残っていなかった。

                                      (図-2)青島第一尋常高等小学校

  大正7年に落成した第一尋常高等小学校。校庭面積は17,762坪で
  校舎は近世ゴシック式煉瓦造で建物総坪数は666坪であった。
  後年、運動場が拡張され1927年に13,100坪の大運動場が完成し、
  名実共に日本最大級の運動場となって、青島における各種の行事に
  利用されるようになった。
  一小には尋常科と共に高等科が設置された。

  写真中、学校前の人物は通学児童と見受けられる。学校前の道路は
  まだ舗装されていないようだ。

       (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)


                                       (図-3)青島第二尋常小学校
  旧独逸総督府実科中学校を修理して第二尋常小学校校舎とした。
  一小とは異なり、校舎の壁は全て花崗岩で覆われている。屋根裏
  階まで含めると4階建ての荘重な建物。
  二小には高等科は併設されなかった。
  独逸総督府実科中学校が竣工したときの写真では、校舎は丘陵上に
  あって運動場及び校庭を囲む塀はなかった。
  一小の建築工事に前後して、二小の運動場の整備と校庭全域を囲
  む塀の設置工事が行われたのであろう。

      (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)
  (上掲2葉の写真はいずれも大正7~8年頃に撮影されたものと思われる。)


                            
                                      (図-4) 青島小学校の共通校章
      青島の小学校では男子児童用の学帽校章は各校で共通で
      あった。児童を識別するために、一小は白線一本、二小
      は白線二本を帽子に巻いて見分けることとした。


       (写真出典:弟が持ち帰った校章現物を撮影)


(2)青島日本高等女学校の開設
                                     (図-5)青島日本高等女学校新校舎

 青島守備軍第2代司令官大谷中将が、青島における高等普通教育
 として最初に着手したのは青島日本高等女学校の設立であった。
 
大正5年、青島高等女学校は旧独逸女学校跡に設立され、大正7年
 若鶴山山麓に新校舎が落成し、女学校は新校舎に移動した。

 写真では全校生徒が体操を練習しているが、これによると開校初期
 において制服はまだセーラー服ではなかったようだ。
 
    (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)



(3)青島日本中学校の開設
                                        (図-6)青島日本中学校新校舎
 青島守備軍第2代司令官大谷中将の命令で、青島日本中学校は
 大正6年、旭ケ丘(旧独逸イルチス兵営跡地)に開設された。
 開設当初の制服は、冬服は紺色詰襟、夏冬は鼠霜降詰襟であった。
 大正10年、旧独逸自動車廠跡地に建設中であった新校舎が落成し、
 桜ケ丘校舎と呼ばれ全校生徒が新校舎に移動した。
 新校舎の敷地は15,892坪、校舎の延坪数は1,936坪で、当時の日本
 においてはまれに見る堂々とした外観と設備を有していた。
 校舎内に寄宿舎があり、主に膠済線沿線の生徒がここに寄宿した。

      (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 HPより)
  (上掲2葉の写真はいずれも大正10年頃に撮影されたものと思われる。)



                                        (図-7)青島日本中学校の校章
     青島中学校の制帽は黒羅紗地丸帽で当初には白線を巻いていなかっ
      たが、大正11年には白線3本を付けるように改訂された。この後大正
      15年には太い白線1本を付けるように再改訂された。

        (写真出典:弟が持ち帰った校章現物を撮影)


(4)私立青島学院の設立

 鹿児島県出身の吉利(よしとし)平次郎氏は、日本人と中華人の共学実現の念から私立青島学院を設立、昭和20年の敗戦までの30年の間に少なくとも1万人以上の卒業生を送り出した。この中で中華人の卒業生総人数は不詳であるが、彼等が戦時中も戦後においても民間レベルにおける日華関係の友好維持向上に及ぼした功績は少なくない。学院創立初期の足取りをたどってみることとする。

・青島英学院の設立
  大正5年4月、馬関通(肥城路)にあった青島基督教青年教会を      (図-8)青島学院実業学校があった基督教会    
 教室として、日本人青年を対象とした夜間英語学校が開設された。
・青島学院実業学校へ改称
  大正6年4月、英語に加えて簿記、日本語を教科に組み入れて、
 学院の名称を「青島学院実業学校」に改称すると共に中華人との
 共学を開始した。初年度新入生290人の内中華人は50人であった。
 当時、日本の経営下にあった山東鉄道の若い社員の多くがここで
 学んだ。
・校舎を葉桜町(館陶路)へ移転
  生徒数の増加に伴い馬関通教会教室は狭隘となったので、青島
  守備軍軍政部と折衝の結果、大正7年、廃校となる青島小学校
  葉桜分教場の払下げを受けることとなった。

・青島学院商業学校の設立
  青島学院実業学校の生徒はその後増加し、大正9年の生徒数は     馬関通角の右上にある建物が青島キリスト教青年教会であった。
  832人、授業が始まる午後6時半頃になると学院周辺の道路は     (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正10年 発行)
  通学する生徒でふさがるほどであったと言う。            
  吉利平次郎氏は、かねてより計画していた全日制私立商業学校を大正9年4月に開校した。初年度の新入生は60名であったが、
  そのうち30名は中華人であった。大正10年の青島学院の総生徒数は更に増加して963人となった。
  吉利氏が念願してきた全日制日中共学の商業学校は、この年に初めて形となって第一歩を踏み出した。
         (残念ながら、青島学院葉桜町校舎及び校章の写真は入手できなかった。お手持ちの方は是非拝借させて頂きたい。)

(5)青島支那語学校(原名のまま)
 この学校は日本人の中華語学習のために守備軍軍政部が開設した。簡易な北京官話と時文を教習するもので、修業年限は2年であっ
 た。教室は、当初大正4年2月に元独逸総督府学校内に開設され、その後青島市民会(民団会館)に移設され、さらに大正6年には青
 島公学堂に移動した。入学生は役所・学校あるいは会社員・店員などで、大正7年現在、卒業生は96名、在学生は155名であったと
 いう。

(6)中華人向けの教育
 ・公学堂(小学校)
  独逸政府が中華人児童の教育を行った公立小学堂は、日独戦役の終結と共に一旦廃止となった。守備軍軍政部はその翌大正4年3
  月から「公学堂」と改称して児童教育を再開し、主要な12地方に逐次公学堂を開設した。
     修業年限は5年  教科内容は、修身、中華文、日語、地理、歴史、算術、理科、体操、図画手工、農業、商業
                   (女子は縫紐を加える)
    公学堂における教科内容は、中華国民学校と同程度であるとのこと。
  日本統治時代の公学堂の総数は記録が不詳である。ただ、青島市内の公学堂の活動状況は次の通りでった。
     青島、台東鎮、薛家島、施溝、瓦屋荘、溝北頭、南屯、辛島、台西鎮   以上9箇所
     学級数 46学級   職員数 34名   児童数 663名

(7)中華人子女向け私立教育(大正7年調査)
 ・明徳中学校    米国長老教会が設立した修業年限4年の、4学級46名の生徒を有する寄宿舎つきの中学校。
 ・礼賢書院     瑞西同善教会が設立した中学部のみの学校で、生徒は46名であった。
 ・淑範学院     瑞西同善教会が設立した中華人女子向け、修業年限6年の小・中学校。生徒は24名であった。

(8)欧米人子女向け私立教育(大正7年調査)
 ・独逸学校    独逸総督学校の後身で、学校経費の一部は中国に在住する独逸人の寄付によって運営された。青島在留独逸人の
          子女教育を行う予科3年、本科3年の私立学校。生徒は男子49名、女子37名で全員独逸人の子女であった。
 ・天主教女学校  主に英・米人子女の中等教育をおこなうもので、現在生徒数は80名。運営経費の不足分は天主教会が補助する。


                         ≪ 本項はこれで終わり ≫



   (注)本項編集のために参照した資料は次の通りである。
      ・新刊 青島要覧           青島民政署編        巌松堂同書店  大正7年発行
      ・青島日本中学校校史         青島日本中学校校史刊行会          平成元年発行
      ・消えた学院「青島学院」の30年を追う 米村秀司 著        ラグーナ出版  平成23年発行
      ・青島をめぐるドイツと日本(3)-ドイツによる青島経営  高知大学瀬戸武彦教授 高知大学学術研究報告 第49巻
      ・「ドイツと青島」          高知大学瀬戸武彦教授   チンタオ・ドイツ平俘虜研究会 HP より
      ・独日の植民地支配と近代都市青島の誕生 山口大学 張 玉玲 著 山口県立大学学術情報 第2号



3.独り言

 日本統治下の青島における教育行政は大きくは独逸統治時代と変わらないが、決定的な相違点の一つは、独逸膠澳政府は中華人に対する高等教育に重点を置き「青島特別高等学堂(独華大学)」を設置したが、日独戦役後、日本はこの学堂を廃止したことである。
 一方で日本が新たに展開した教育行政は、日華共学の理想を掲げて吉利平次郎氏が個人で設置した「青島学院」の諸活動を、青島守備軍軍政部・民政部が、運営資金、教育施設・用地の提供、教員の派遣などの点で支援を提供したことである。

 日本が青島における独華大学を廃止したことに関連して、当時の青島における日本の教育行政を非難する青島出身の日本人学者がいることを承知している。それもたぶん妥当な所論であろうが、私はいささか異なる見方を持つ。

 1919年、第一次世界大戦の講和条約として締結されたヴェルサイユ条約に対して不満を持った中華民国及び中華人の反日運動により、青島に居留する日本人の社会的・経済的生活はきわめて困難な状況に直面していた。そのような逆境の中にもかかわらず日中少年の共学をひたすら念じ、青島学院を徒手空拳で設立し、30年にわたって日華共学を推進し、およそ一万人に上る卒業生(内中華人生徒は3000人程度であったろうか)が戦中・戦後の日華・日中の友好交流にどれだけ貢献したであろうかと考えるとき、吉利氏のご苦労と吉利氏を直接・間接に支援した当時の関係者のご配慮に、ただただ、私(兄)は謝意を表し物故された皆様のご冥福を祈るのみである。




 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。