観海山から見た時計台と第二小学校方面

   大正6年(1917前後)頃に観海山から遠望した時計台と第二小学校方面の情景。この頃、すでに大量の日本人が青島に流入していたのだが、
   日本軍政部の厳しい住宅建設基準によって、魚山地区では日本人住宅はまだ建設が進行していなかったようだ。後年、この地区には日本人の
   高級住宅が次第に建設されるのだが、大正6年当時には住宅がほとんど認めらない。青島中学校もまだ見えていない。

   時計台(福音教会)付近は空地が目立ち、最初の日本人小学校となった後の第二小学校は、本館だけが画面中央に見えている。その時計台尖塔
   の彼方に大公島の島影がかすかに見えている。

                    [ 写真出典:彩色絵はがきから合成した。絵はがき発行者は不詳。]




                   青島物語 ーー 続編  (その18)
                           【 平成25年12月 】


                 山東省各地における日本人と小学校


1.前書き
 

 青島物語の主題が青島に限られがちなことはやむを得ないとしても、日独戦役後、多くの日本人が済南を含めて膠済線沿線の各地に入り、主として鉄道および炭鉱業務に従事したのだ。これに伴って日本人家族がこれらの各地で居住し、その子弟の教育のために小学校が設立され運営されたことの実態について我々は忘れてはいけないのだが、実情はとんどその記録が残されていない。

 大正8年(1919)2月から翌年8月まで、当時の内務官僚であった泉對信之助氏は青島軍政部民政局に勤務した。泉對氏はこの間に見聞した青島の都市形成の歴史や社会風俗を、「青島二年」という著書にまとめている。その著書は記紀風で、当時の青島における日本人の生活を語る資料としてはやや正確性に欠けるが、実はこの著書以外には当時の日本人の生活を語った記録が見当たらないのだ。
 泉對氏は大正8年9月に、2週間にわたって膠済線線および膠州湾沿岸の各地を見聞し、その著書の中に自らの見聞を散文的に記録しておられる。

 一方で、高知大学名誉教授瀬戸武彦先生は青島における日独戦役と独逸人俘虜問題について長年にわたって精細な研究を継続しておられ、中でも日独戦役前後の貴重な写真を収集し、「チンタオ・ドイツ兵俘虜研究」というホームページ上に発表しておられる。

 今ではほとんど存命しておられない、青島の都市形成初期にご苦労された日本人先輩の足跡をたどる一端として、ここに瀬戸先生の写真および泉對氏の著書に拠って、山東省各地における日本人の社会と小学校の状況を振り返ってみることとする。


2.万年町分教場  (旧独逸小学校、後の旧独逸女学校。後の日本小学校分教場並びに高等女学校仮校舎)

 独逸はビスマルク街(万年町、後に江蘇路)に小学校を建設して運用されたがやがて狭隘になったのでウィルヘルム街(舞鶴町、後に太平路)に新校舎を建設して独逸小学校はそこへ移り、旧校舎は総督府学校女子部として使用された。このことは瀬戸先生が収集さ
れた写真原画に注記されているので間違いない。
                                    (図-1) 日本人小学校万年町分教場


 この校舎は、その後日本人小学校の分教場として使用されたと
この写真を含めて記録があるのだが、これとは別に独逸女学校跡
地が日本人高等女学校の仮校舎として使用されたとの記述もある。

 おそらく、最初は小学校分教場として使用が開始されたのだろう
が、やがてここは女学校の仮校舎として共同利用されるようになっ
て、小学校分教場はこの後太平路と葉桜町に移設されるようになっ
たのであろうか。詳細をご存じの方はご教示頂きたい。

 なお、写真分教場の奥に時計台の尖塔が見える。
 現在、この場所には確か中国小学校が運営されていると思う。


                                     (写真出典:チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP より)

3.四方小学校
                                       (図-2)四方尋常高等小学校

 四方区には日本企業により多くの工場が建設され日本人家族が
増加したので、大正7年に青島第一小学校四方分校として設立さ
れ、大正12年(1923)に四方尋常高等小学校として独立した。

 (四方および滄口地区における工場建設並びに日本人社会につい
  ては、別途、章を改めて記述する。)

     (写真出典:”青島満帆” ブログ より)





4.膠済線周辺の日本人と小学校
                                          (図-3) 膠済線沿線地図
 



 日独戦役の結果、日本は独逸の青島租借権と独逸膠膠政府が所有していた全て
 資産を継承・接収した。これに伴って、日本青島守備軍は膠済線・関連施設及
 び炭鉱・鉄鉱山を操業するために、これらの施設のある地区に日本人技術者を
 守備軍兵士とともに移住させた。技術者は家族を伴っての移住であったから、
 主要な地区には日本人小学校が建設された。
 これとは別に一般民間日本人が各地に入り、日本人や中華人を対象にして商売
 をしていた。

 以下の説明文は、原則として泉對信之助氏の著書「青島二年・済南まで」から
 原文に即して記載する。地区によって情報内容に精粗があるが、それは原文に
 よるものである。

   地図出典:泉對信之助著 青島二年 より
        原図では、地名は右書きで小さい文字で表示されていたので、主要な地名に
        ついては文字を大きくし、左書きに改めた。
        一部に右書き名が残っているが、その地区はこのホームページで紹介しない
        ので、原図のまま残したものである。






① 膠州
                                          (図-4) 膠州停車場
 膠州は膠州府の府庁所在で、その頃の人口は27,000人であった。古
 くからジャンク貿易の中心地であったが、貿易港青島の出現によっ
 てだんだん重要度が減ったという。

 この頃膠州にはきれいで新しい建物が多かったのだが、泉對氏によ
 れば、これらの建物が多くの中華兵の宿舎になっていたとのこと。

 当時膠州にいる日本人人口は45人、戸数は30戸であったが、軍人・
 役人等の官衙関係者が大部分でで、一般日本人は僅かに3戸で売薬
 商、歯科医と牛肉商、日本人小学校はなかった。

    (写真出典:チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会HP より)



② 高密

 高密には高密県公署があり、中華人中学校もあった。貧弱ではあ          (図-5) 高密守備隊兵舎
 るが、高密神社も祀られていた。

 統計によると、高密には日本人の戸数は116戸、人数は268人で
 あった。菓子屋、古物商、理髪店、写真店が各1戸、売薬業、仲
 買商、材木商が各2戸のほか、料理店3軒、飲食店1軒、それに
 酌婦が5人いるが、それ以外は官公衙関係者及び守備隊兵士だけ
 だという。

 高密の日本人小学校は高密守備隊兵舎の一部を借用しており、生徒
 数は43名で3学級に分かれている。10月半ばに新校舎の建築に着
 手するとのことだ。
     (写真出典:チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP より)



③ 坊子
                                         (図-6)坊子停車場
 
 坊子は落花生、豆、及びたばこ葉の主要集散地であった。付近には
 坊子炭鉱があり、これらの物資の輸送のために坊子停車場はなかな
 か規模が大きかった。
 
 坊子には守備軍民政部の坊子民政署が、アカシヤの林の中に設置さ
 れていた。
 なかなか立派な坊子神社も祀られていた。

 フランス人の宣教師による天主教会があり、中華人女子学校が併設
 されていて、25人ほどの女子生徒が勉強していた。

    (写真出典:チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP より)

 



                                        (図-7)坊子尋常高等小学校
 坊子には日本人が1006人、戸数は399戸で、膠済線沿線では済南に
 次いで日本人が多かった。
 その人口構成は教員を含む官衙関係者が268人で、家族婦女子が
 520人もいた。炭鉱勤務者は53人、その他様々な商売人が104人
 いた。いわゆる特殊婦女は49人もいた。

 坊子には新設の尋常高等小学校があった。
  (ただし、教員数、児童数に関しての記述はなかった。日本人
   戸数から考えると数百人の児童がいたのだろうか。)

    (写真出典:チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP より)



④ 濰県
                                        (図-8) 濰県停車場
 濰県は濰河の両岸にまたがって広がり、濰県公署の所在地であっ
 た。濰河は、その昔、太公望が針のない釣り道具で魚を釣りなが
 ら、名君からの招聘を待っていたところだとか。伯夷叔斉の古跡
 もあったのだそうだ。
 区域内では天主教堂が布教活動を行っていた。

 濰県停車場の付近に日本人の住居が集まっており、当時、日本人の
 人口は113人、戸数は53戸であった。日本人の大部分は軍人・官衙
 関係者で、残るところは売薬商が5人、貿易商が2人、宿屋3軒に料
 理屋2軒、酌婦が5人であった。

   (写真出典:日独戦役記念写真帳 ー 三船写真館発行 より)




⑤ 青州

 青州には益都県公署が置かれていた。古くより絹繭の産地として            (図-9) 青州停車場
 有名であり当時も臨淄とともに多量の絹繭を算出していた。付近
 の金嶺鎮には日本が管理する鉄鉱山があった。

 青州の日本人人口は106人で戸数は41戸。ただ各種の商売が営ま
 れており、貿易商が9軒、石炭商・材木商が各2軒、売薬商が2軒、
 履物商が1軒、質屋が1軒、料理屋が1軒であった。この地区には
 近くの張店に炭鉱もあったので、鉱山や絹繭を相手にした日本人商
 売人が多くいたのであろうか。

    (写真出典:日独戦役記念写真帳 ー 三船写真館発行 より)



⑥ 張店

                                        (図-10) 張店停車場

 張店停車場は淄川炭鉱、博山への鉄道支線分岐点として、膠済線で
 は最重要の停車場であって最大の操車場を有していた。

 そのような土地柄から、張店には張店病院、妙心寺、屠獣場があ
 り、中華人向け小学校を併設している独逸系の天主教堂もあった。

 
 張店駅の近辺は、道路も建物も全て日本式であった。

 張店は済南・坊子に次いで日本人が多い町であった。中華人の
 人口が200人前後で戸数は50戸ばかりでったのに対して、日本人
 は人口が664人、戸数は144戸であった。
        (写真出典:チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP より)


 日本人は各種の営業を営んでおり、湯屋、洗濯屋、質屋、古物商、
 洋服屋、呉服屋、時計屋、運送屋、医師、女髪結、遊技業と広範に        (図-11) 張店尋常小学校
 及んでいる。貿易商14店、雑貨商6店もあった。
 さらに、飲食店が3軒、料理店が8軒、宿屋が3軒あり、これに応
 じて芸妓3人、酌婦14人、仲居1名がいた。
 按ずるに鉄道中継駅として、金嶺鎮鉄鉱、博山炭鉱、淄川炭鉱など
 この付近に広く在住する日本人を相手とする商売が繁盛していたの
 であろうか。

 張店尋常小学校が新設されているが、児童数、学級数等についての
 詳細な記述はない。
 
         (写真出典:チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP より)



⑦ 博山

                                        (図-12)博山停車場
 博山は風光明媚の地であるが、陶磁器・ガラスの原料が産出され
 るので、古くからガラス製造業が発展していた。
 この地では現地人が古来の手法で石炭を採掘していた。独逸が洋式
 工法で炭鉱を開発したものを、日独戦役後日本がその炭鉱を接収し
 て操業を続けていた。この軍政部民政署が経営する博山炭鉱以外に、
 この地では民間日本人が経営する石炭商が29軒あった。
 日本人人口は381人で戸数は131戸であった。

 博山尋常小学校があったが、校舎は民家を3棟借り上げ、2棟を教
 室に1棟を職員室に充てていた。児童数は不詳であった。

     (写真出典:日独戦役記念写真帳 ー 三船写真館発行 より)
                                  


⑧ 淄川炭鉱                                  (図-13)淄川停車場

 淄川には淄川県公署があった。独逸により新規に開発された炭鉱を
 日本が接収し操業していた。立派な病院が併設されていた。

 日本人人口は485人で戸数は140戸。ただし人口のほとんどは官衙・
 炭鉱関係者とのことであった。

 淄川尋常小学校があったのだが、建物・職員数・児童数についての
 記録は不詳である。

     (写真出典:日独戦役記念写真帳 ー 三船写真館発行 より)



⑨ 周村                                    (図-14) 周村停車場 
 市街中心地は周村城内にあった。付近には中華人が経営する大型の
 製糸工廠があった。

 周村駅を警備・運営する憲兵・官衙関係者を中心にした日本人は、
 駅付近の日本人街に住んでいた。日本人人口は65人、戸数は27戸で
 あったが、売薬商、貿易商が各6軒、菓子屋、請負業、女髪結、宿
 屋業、料理業もが各1軒あった。
 日本人小学校はなかった。

    (写真出典:日独戦役記念写真帳 ー 三船写真館発行 より)



⑩ 済南
                                     (図1-15)新済南停車場(膠済線終点駅)
 済南は膠済線終点である新済南駅を除き、青島守備軍民政署の管轄
 外で、済南日本領事館が済南における日本と居留日本人の権益保護
 を行っていた。
 ただ、周村・張店・博山・淄川・青州地区の鉄道・鉱山沿線で働く
 日本人の権益保護は済南領事館の管轄外であって、済南領事館の隣
 にあった済南民政署で行われていた。

 従って「青島2年」の著者は、済南における日本人の事情について
 の記述はなかったのだが、領事館、居留民会、済南尋常高等小学校
 及び同附属幼稚園について紹介程度に触れていたので、それら施設
 の写真を3葉、以下に掲載するることとする。


                                     (写真出典: チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP  より)


5.青島以外の山東省における日本と日本人
                                   (図-16)済南居留民会立 済南尋常高等小学校

 青島に生まれ育った日本人は、青島での豊かな生活を思い出して懐
旧にふける。だが第一次日本統治時代に膠済線沿線とその近辺の鉱山
で働いていた官衙関係者や一般民間人は、青島とは比較にならない厳
しい生活環境と対中華関係の中で働き生活していたのだ。
 山東省各地の日本人の置かれた環境をまとめて振り返ってみよう。


・山東省における日本の権益について
  日独戦役終了後、日本は独逸が山東省に持っていた租借にかかる
  全ての権益を継承するとの立場をとっていたが、当時の中華民国
  政府(袁世凱大総統)は日本の主張を認めず、その結論は第1次
  世界大戦講和条約の締結まで持ち越されることとなった。
                                    (写真出典: チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP  より)


                                      (図-17) 済南日本居留民会
  それまでの間青島を含む日本の山東省における権益として、日本
  の主張である「独逸が有していた青島の租借権と独逸膠澳政府の
  資産の継承」及び「膠済線とそれに附属する諸鉱山の所有と操業」
  は日本に属するものとし、膠済線から一定の範囲にある土地を附
  属地として日本の管理下に置いていた。

  だが、中華民国政府は日本のこの方針に常に反対していた。山東
  省のこれらの地で、一部の中華人は排日行動を繰り返し、特に周
  村では排日の機運が激しかったそうだ。その環境の中で日本人は
  生活していたのだ。

・日本と中華民国政府との関係
  青島から済南までの線路の保安と運用、並びに諸鉱山の操業のた      (写真出典: チンタオ・ドイツ俘虜研究会 HP  より)
  めに青島守備軍憲兵隊、鉄道・鉱山技術者とその家族が膠済線の
  主要停車場並びに鉱山に居住していたことは上述の通り。
  それらの日本人は鉄道・鉱山に附属した狭い範囲だけでは居住できないので、中華民国政府支配下の土地に日本人の住居を設置す
  ることが多かった。そこで各地に民政署職員(官衙関係者)が配置され、中華民国現地政府機関と常に折衝することとなった。ま
  た、日本人子弟の教育のために各地に尋常小学校が設置され、その教員も現地に居住していた。
  このような環境の中、日本人が鉄道・鉱山附属地から離れて中華民国管轄地に入るには、日本憲兵隊が発行する証明書が必要な場
  合があったという。


6.独り言

 第一次日本統治時代における山東省内陸部の日本人の生活環境や仕事ぶりを記録した資料はほとんどなかった。写真については建物を除き全く入手できなかった。中でも李村民政署に関する記述・写真をこれまで目にすることができなかったのが残念だ。

 厳しい環境の中で、日本の方針に従ってこれらの土地で苦労された日本人先輩のご苦労には頭が下がる思いがする。
 特に、軍・民政署あるいは会社の庇護を直接受けることなく、個人でこの地で商売を営んでおられた方々、なかんずく個人で中華人を相手として貿易商やら雑貨商を営んでおられた方は、日本政府の方針とは関係なく、自らが中華語を話し自らの努力で中華人の信用を得るという厳しい商売を進めていたのだ。
 私は、このようにして個人で奮闘された日本人商売人の努力を高く評価したい。これらの人たちの努力があったからこそ、この後も続く厳しい日華関係の中でも、日本の商品が中華民国で売れていったのだと思う。

 その努力をされた人たちこそが、実は我々の親の世代の方々なのだ。



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。