観海山から見た時計台と第二小学校方面

   大正6年(1917前後)頃に観海山から遠望した時計台と第二小学校方面の情景。この頃、時計台(福音教会)付近は空地が目立ち、最初の
   日本人小学校となった後の第二小学校は、本館だけが画面中央に見えている。その時計台尖塔の彼方に大公島の島影がかすかに見えている。
   魚山付近にはまだ建物が立っていなかった。海岸沿いの蝸牛桟橋には、当時も後年も、5基の橋脚基礎が裸で並んでいた。

                    [ 写真出典:彩色絵はがきから合成した。絵はがき発行者は不詳。]




                  青島物語 ーー 続編  (その19)
                           【 平成26年2月 】


                     李村地区 ーー あれこれ


1.前書き
 

 青島に住んだ人であれば、「李村」という地名を必ず聞き知っているはずだ。だが、その李村に足を伸ばしたことのある人はほとんどいないだろう。

 李村は即墨に通ずる交通の要衝である。九水の景勝地に足を伸ばそうと思えば、李村を経由しなければならなかった。だが、李村地区には農業以外にはこれといった産業はなく民家も少なく、しかも鉄道が通っていなかったので、青島にいる日本人にとってわざわざ李村へ足を伸ばす理由が特になかったのだ。我々兄弟が青島にいた頃二人はともに小学生であったので、李村に出かけることは全くなかった。

 前号(その18)で、膠済線沿線に住んでいた日本人の生活状況を取り上げた。その際、私(兄:Tad)は何とかして李村にも触れたかったのだが、そのときは参考文献が全く手に入らなかった。ところが、国会図書館蔵書の中に青島軍政署李村出張所が編集し青島新報社が大正5年に発行した「李村要覧」が「近代ディジタルライブラリー」としてダウンロードで閲覧できることを、1ヶ月程前に弟(Aki)が知らせてくれた。

 私は早速これをダウンロードした。ところが、この要覧は本文363ページ、付図2ページの大労作で、ダウンロードするPDFが185駒もあるのだ。それをせっせとダウンロードし印刷して目を通したのだが、この中に写真は1枚もない。実は、李村地区の写真は青島軍政部や日本新聞社の記録として、あるいは絵はがきとしても1枚も見当たらないのだ。

 だがこの要覧の内容は素晴らしいもので、李村地区の地勢、風土・風俗・生活、行政、経済、農林・農業、商業、漁業、工業、交通などの各分野について詳細に分析・記録している。山東省の政治・経済史研究者には、是非この要覧を一読して欲しいものである。

 私はこの要覧を基にして、李村近辺地区のあれこれを物語風に纏めたいと思う。

 {追記}本編は最初2月9日にアップロードした。ところがその直後、高知大学名誉教授 瀬戸武彦先生より、李村地区の当時の情報
     として「山東鉄道旅行案内(青島守備軍民政部鉄道部1921年発行)」及び関連する写真をご提供頂いた。ご提供頂いた貴重
     な資料に基づいて、早速本編の一部を修正・追加して再アップロードする。
     ここに瀬戸先生のご高配に厚くお礼申しあげる次第である。  (2014.2.19)


2.李村地区の地理・地勢

 第一次日本統治時代において日本守備軍が「李村政区」と定めた地域は、旧独逸膠澳政府が清国より租借した地域の中で、東及び北は白沙河を区分線として即墨県領に接し、西は
膠州湾に望み、東南は黄海に面し、西南は浮山ー              (図19-1) 李村政区図
孤山の線で青島政区に接している。

 その李村政区面積及び所有区分は次の通りで
あった。

 民有地   37,904町歩   97.1%
  内(耕地     7,194町歩  18.4%)
   (山/荒蕪地  30,710町歩  78.7%)
 官有地   1,145町歩    2.9%
  合 計  39,049町歩   100.0%

 李村政区では、総面積の約80%は嶗山山脈に
覆われ耕地面積に乏しい。嶗山山脈の西側は嶗山
山脈の岐脈が走り、この岐脈の間のやや広い平地
に村落・耕地があって、李村政区の人口・農業の
大部分はこの地域にあったが、いずれも人口少な
く貧村であった。






                                 ( 地図出典:李村要覧  黒点は地名を有する集落 )


                                       (図-2)  嶗山 山頂付近の奇岩  



 だが、嶗山は奇峰・幽谷の景勝に富んでおり、古来文人墨客がこの地
 に杖を曳き、哲僧賢人がこの地に居を定めたとのことだ。

 嶗山の主峰である「巨峰」は標高1,133m、山肌は花崗岩が露出し、随
 所に奇岩・怪石が屹立している。

 この山の黄海側山腹には古くから道教寺院「太平宮」が建立され、多く
 の僧が修行を続けてきた。



                                      (写真出典:山東風景写真帖 青島民生部鉄道部 刊行)



                                         (図-3) 九水 -- ある景勝


 嶗山の西側山麓にある柳樹台付近から、白沙河沿いに景勝「九水」が
 ある。この景勝は古くから文人墨客の訪れた場所で、河沿いの景勝地
 に「一水・二水・・・九水」と順次名を付け、岩肌に詩句を印刻して
 景勝を様々に楽しんでいたようだ。

 夏季、せせらぎを耳にしながら、林間を逍遙し、風景を愛でるのが贅沢
 な風流であったのだろうか。




                                     (写真出典:山東風景写真帖 青島民生部鉄道部 刊行)




                                    (図-4)独逸膠澳政府保養所 メッケレンブルグハウス


 
 独逸膠澳政府も膠州湾地区の租借後、嶗山の絶景に着目して道路を開き
 登山路を設け標識を設置し、案内書を発行した。山間にある随所の寺院
 を利用して旅宿にあて、数カ所に別荘・保養所を建設して将兵の慰労・
 休養の場所とした。

 独逸統治時代にはこの地に来遊するする中華各地の欧米人も少なくなか
 ったという。              




 
                                       (写真出典:Deutsche Bundesarchiv)


 嶗山山脈から流れ下る河川は白沙河をはじめとして9河川あったが、いずれも乾期には河水はほとんど流れないのに、雨期になると河幅は数百メートルに達し、時としては付近の集落が水没することもあった。このために付近の農作物の被害は甚だしかったが、一方でこの氾濫によって上流からの肥沃な土壌が流れてきて沿岸の耕地に沈殿する利点もあって、流亭付近の一部の土地が肥沃なのはこれによるものであるとのことだ。


3.人口・風俗

 李村政区のどの僻地にも、いやしくも耕作可能な土地があれば村落が形成され農耕が行われていた。(図19-1の黒点を参照)独逸膠澳政府が日独戦役直前の大正3年(1913)に実施した調査によれば、現地人人口は約71,300人で戸数は17,145戸、面積に比して人口は過疎であった。このほかに主として独逸人が55人この地に居住していたという。

 日独戦役終結後、日本青島守備軍は同年11月に調査を行ったところ、現地人の人口は約52,900人に減じたが、戦役で避難したと思われる人々は戦役終了後直ちに帰来して、大正4年12月調査では人口は98,879人にまで増加した。

 この戦役直後、日本守備軍は日本人が青島市内に住居を構えることを許可しなかったので、大連などから押し寄せた一旗組の日本人数千人は李村へ大量に来集し一時は宿泊する家すらない状態になった。しかし同年の大正3年11月、青島守備軍が日本人に青島に居住することを許可したので、これら日本人は一挙に青島市内へ移動し、大正4年には日本人は500人程度にまで減少した。欧米人は1人も復帰しなかった。

 この地域は山東半島の僻地であったので、教育もほとんど行われていなかった。そのために文字を読める人がきわめて少なく、所によっては全員が文字を解しない村落もあった。このため、独逸膠澳政府は告示を通達するために平易な文章で使用したがそれでも周知されなかったので、官吏が通訳を伴って村落を巡回し、口頭で告示の周知を図ったという。日本守備軍は告知の周知徹底のため、憲兵が現地人官吏・通訳を伴って村落ごとに示達したが、無教育のせいか理解力は低かったという。

 山東は儒教発生の淵源であり聖賢の遺蹟の多いところであるが、当政区では儒教は影響力なく、道教の道廟が45カ所、仏寺は5カ所があるが、いずれも厄除けなど迷信的に利用されるだけで、信仰をつなぐに至っていなかった。

 山東省人は一般に性格が強い(勁悍)と言われるが、李村地区の現地人は貧しい農民が多かったせいか、従順で質素勤勉、衣類は常に同じ綿服を長く着用し、容貌は垢面であるがそれを恥じる様子もない。農期になると男女老幼の差別なく早朝から夕暮れまで畑に出て耕作に従事していた。

                                    (図-5)甘藷を切って乾燥している風景    

  李村政区における大部分の農民の食事は、冬期は朝夕2食で
 その他の季節は3食であった。食物は四季を通じて1日に平均
 して2斤半から4斤(約1.5~2kg)の甘藷を主食とし、これに
 粟、豆、高梁、小麦等を混食していた。甘藷を輪切りにして干
 したものを収穫期以外は食していた。副食は自家栽培の大根類
 の塩漬け、白菜、韮、茄子などに豆腐を混ぜた煮物であった。
 小麦粉で作った饅頭(まんとう)、獣肉、魚肉は一般農民とって
 は容易に口にすることのできない高級食品であった。茶を喫す
 る習慣はほとんどなく、僅かに九水付近には地元の竹の葉を煎
 じて飲む風習があった。

 酒類は、粟・黍で作られた黄酒を購入するか、あるいは干し甘藷
で作った自家製の地酒が大部分で、老酒を飲用する者はほとんどい       
なかった。                                 (写真出典:日独戦役記念帖 三船写真館 刊行)


4.産業 ( 農業・漁業 ・その他 )

 李村政区における主要産業は農業であって、副業として僅かに果樹栽培、一部に漁業に従事する者があるだけであった。

 農業作物の主なるものは、土地が痩せているので、甘藷が生産高の過半を占めていた。これに次いで粟、大豆、落花生、小麦及び梨が生産されていた。その他雑穀、果実、野菜等が生産されていたが、これらの総生産額は銀86万円余りであった。この生産高を李村政区管内の人口に割り当てると、1人当たり年8円、1日換算銀貨2.2銭で銅子児3枚程度に過ぎず、甘藷1kgを購入するのがやっとという程度であった。他に若干の副業があるとしても、当政区の農民の生活程度がいかに低かったかを想像することができよう。

 漁業は沙子口及び滄口で操業されていた。沙子口の漁師の人数は盛期には1,200人程、漁場は沙子口湾から潮連島付近までで、網漁及び釣漁を主とし、漁獲物の一部は生食されるも大部分は塩乾物に加工され、内陸部にまで供給された。漁獲高は年額6万円余りとのこと。
 滄口の付近は遠浅のために漁獲高少なく、漁師は1200人程とみられるが、ほとんどが農業を主とし漁業を副としていたとのことだ。漁獲高は2.5万円程度であったと推定されている。

 農業・漁業以外に見るべき産業としては、かつて独逸人により大規模な煉瓦工場が操業されていたが、日独戦役後は操業を停止し建物・煙突が残るのみであった。まもなく、日本人によって煉瓦製造は再開された。

 この後、青島守備軍民政部はこの付近の土地を買収し、日本の紡績会社を誘致して次第に紡績工場建設を展開するのであるが、大正5年現在では、李村政区に見るべき製造業はまだ操業していなかったようだ。


5.行政全般                                  

 大正3年(1914)11月、李村に李村軍政署民生部が設置され、李村政区全般を管理した。分掌業務は内務、外務、警務、衛生、経理の5課で教育は内務課が担当した。警務は憲兵隊が担任し、9カ所に派出所が設置された。

 地方行政は憲兵派出所が監督し、実務は各村に現地人首事数名を任命し、村の世話役とともに村務に当たらせた。地方の保安業務は
李村政区に12区の保安団を設置し、地方の名望家を団長に任命し、各村の壮丁をもって保安の任に当たらせた。


6.教育

 清国時代、青島地区・李村地区は山東半島の辺境であったためか、公の教育機関はなく、僅かに私塾が低い内容で教育を行っていた。

 独逸膠澳政府は現地人の教育に重点を置き、10年程(1905年頃から)年月を掛けて17カ所の村落に小学校に相当する修学年限5年の蒙養学堂を順次官費で設立、教員には俸給を支給、教科書・学用品も全て官費支給した。特に李村蒙養学堂には高等科を設置し、他学堂の優秀な生徒を選抜入学させ、卒業者は青島にあった高等学校礼賢書院等に入学させる規定があった。日独戦役開戦直前、学堂生徒数は約1000人あったという。このほかに、欧米各派教会が併設した学校が4校あった。

 日本青島守備軍民生部は、青島政区・李村政区の現地人教育内容の統一を図りつつ、李村政区では独逸政府が蒙養学堂を設置した17カ所に修学年限5年の公学堂を設置し、検定試験に合格した現地人教員37人をもって、日独戦役終了翌年の大正4年より初等教育を開始した。初年度の生徒数は425人と少なかったのは残念だが、これは戦役直後であったことと、各地に私塾が開設されていたことによるものとのことだった。


7.李村
                                         (図-6)李村民政部出張所
                                      
  独逸膠澳政府は、租借当時、ここに膠澳政府分署、警察、病院、農事
 試験場などの行政機関を配置していた。また、租借地内の主要集落及
 び嶗山・九水方面の景勝地への道路をこの李村を起点として開発した。
 だが、日独戦役に際して独逸膠澳政府はそれらの政府施設を自らの手
 でことごとく破壊した。

 青島日本守備軍は独逸が破壊した建物を修復し、李村に民生部出張所
 の他、憲兵分隊、郵便局、病院を設置した。

 大正4年末当時、李村の人口は僅か1,243人で戸数は236戸であった。

 一般日本人の定住人口は478人で、その職業は農場、請負業、雑貨店、      (写真出典:高知大学名誉教授 瀬戸武彦先生ご提供)
 飲食店など、この付近の軍人・役人を対象としたごく限られた人数で
 あった。ここに定住する日本人家族の児童のため小学校が設立され、
 教員2人と裁縫科女教員1人が配置されていた。                                      
 


                                           (図-7)李村農事試験場


 また民政部は李村に農事試験場を設置してこの地の農業の改良も進めた
 ほか、日本人個人経営による国武農場もあった。

 梨は李村政区の主要物産の一つで、梨林は李村付近に集中しており、開
 花期には一目千本また千本の趣があったという。梨の移出最盛期には、
 滄口と沙子口の港は梨の山で埋められた。これらの果実は主に江蘇方面
 に仕向けられたとのことだ。



                                       (写真出典:高知大学名誉教授 瀬戸武彦先生ご提供)


                                      (図-8)軽便鉄道東李村駅 軍需物資集積場

 日独戦役時は、李村から南の青島要塞にかけてが日独戦役の主戦場であ
 ったので、この付近に5万人近くの日本軍人が集中していた。日本軍は
 嶗山湾から即墨を経由して李村から沙子口に至る軽便鉄道を敷設して軍
 需物資の輸送を行うとともに、東李村に軽便鉄道駅を設けここに一大軍
 需物資集積場を設置した。

 この軽便鉄道は、日独戦役後の大正4年2月から、李村ー滄口間に限り
 一般旅客及び物資の輸送を有料で開始したが、同年10月末をもって
 その営業を停止した。


                                       (写真出典:日独戦役記念写真帖 三船写真館 刊行)



                                       (図-9)李村 露店市場のに賑わい

 太陰暦2,7の日には、李村河原で李村市が開催された。遠近から集まっ
 た1万人を超え露店数も1千を超える程の盛況で、医療、家具、農具、
 飲食物はもちろんのこと、およそ日常生活に必要な品物はすべてこの市
 で売買されたとか。
 年末の市はもっとも盛況で、露天の数は1500、人の数は3万に及んだ。

 付近の棗園、流亭、華陰でも市が開かれたが、それらはとても李村の市
 の盛況には及ばなかったという。




                                         (写真出典:Deutsche Bundesarchiv)

8.滄口
                                        (図-10)滄口の戎克船
 滄口は嘗て膠州湾の小商港で大小戎克船の出入りが多く、清国の海関が
常置されていた。この地には十数軒の問屋があって、果物、白菜、塩豚な
どの戎克船による沿岸交易が盛んであった。だが独逸膠澳政府によって膠
済線が敷設され青島を中心とした交易が拡大するにつれ、滄口における戎
克船の沿岸交易は次第に減少したが、それでも独逸租借当時ここには青島
海関の分局が設置されていた。

 日本統治下に入った大正4年現在、滄口には憲兵派出所、海関分局、並
びに公学堂が設置されていた。この当時の人口は現地人が503人、戸数115
戸の小村落であった。戎克船による交易は、船が砂浜に接岸して荷物の上げ
下ろしをするという不便なものであったことも影響して、独逸統治時代に引
き続き次第に衰退した。                            (写真出典:高知大学名誉教授 瀬戸武彦先生ご提供)

 当時滄口では一般日本人60人が個人屠殺業、飲食店、雑貨店等を営んでいた。

 これより後、滄口に隣接する地区は日本民政署により土地が買収され日本各社が経営する紡績工場が次第に操業を開始するのだ。だが日独戦役直後の大正4年当時には、旧独逸山東鉄道会社が金嶺鎮の鉄鉱石を使う製鉄所を設立しようとして準備した、滄口の東北部にある約百万坪の空地がそのまま残っていただけだった。滄口南部の孤山にあった独逸人経営の煉瓦工場は日本人に引き継がれ操業を開始したところであった。


9.沙子口

 沙子口は李村政区の東海岸にあり、夏期は漁業が盛んで、果実もここから国内各地に移出されていた。付近海岸では寒天草が多くとれ、寒天も製造されていた。規模は滄口に及ばないが古くから戎克貿易港でもあった。付近では花崗岩がほとんど無尽蔵に産出され、青島の建築用石材の大部分はこの地で産出された。ここの石材は大連や上海にも移出されていたという。

 独逸統治時代、この地に青島海関の分局と警察署が設置されていた。日独戦役の際は日本軍はいち早くこの地を占領し、日本軍の碇泊司令部、兵站部、海軍航空隊などが設置された。さらに大量の兵器・弾薬・軍需物資を安全に輸送するために嶗山湾から即墨、流亭方面を回って沙子口に至る軽便鉄道線路が敷設された。

 日独戦役後、ここに憲兵派出所、青島海関分局が設置された。大正4年12月現在、沙子口の現地人定住人口は87人、戸数は31戸であった。ただ夏期になると漁業に従事する漁師が各地から来集し、一時的には1000人を超える程になった。
 この頃、一般日本人64人がここに居住し戸数は13戸、職業は漁師、石工、飲食業等であった。夏期漁業が盛んなときは、日本人漁師170余人がこの地に寄留したという。


10.独り言

 「李村」という地名は「即墨」とともに、なぜか、母親の口からよく聞いた。幼い頃の印象として、「李村」には何か別世界でもあるのかと感じていた。その感じ方は今でも微かに私の記憶に残っているのだが、さて100年前の「李村」を調べるとなると、資料はごく最近まで全く手に入らず、その意味で「李村」は私にとっては夢の国であった。

 今回図らずも「李村要覧」を入手して、李村が山東半島の僻地であったことを知り、少なからず愕然とした。大正4年以降のこの地区に関する資料が全く手に入らないので断定的にいえないが、おそらく滄口近辺を除いて、「李村」近辺の僻地的状況は日本敗戦の頃まで続いていたのではないだろうか。

 結局、私の母親が「李村」「即墨」などの地名を口にしたのは、我が家にいた現地従業員の出身地を呼んでいたのであろう。我々兄弟が青島を離れてすでに70年近くとなるが、最近になってようやく、古い夢から覚めた思いである。

 


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。