舞鶴浜と海水浴客

   この絵はがきは、海軍桟橋から舞鶴浜を撮影した写真に彩色を施して作成したものであろう。信号山頂には戦火で破壊された信号所が
   日本軍によって再建されていた。その麓には旧独逸膠澳政府の建物があり、日の丸旗が掲揚されて青島日本守備軍本部となっていた。
   そのすぐ右には時計台(福音教会)の尖塔が見える。右手やや奥の山麓には迎賓館(旧独逸膠澳政府長官公邸)が見える。舞鶴浜通に
   は、右から旧ハインリッヒホテルと、1棟おいて白く見える旧ツェントラルホテルが並んでいるが、この頃この地区には日本の手によっ
   て 建物は増設されていなかったようだ。
   第一次日本統治時代に入ると、舞鶴浜は海水浴場として利用されるようになった。

   この絵はがきの発行時期は、彼方の旭山山麓に忠魂碑が見えるので、大正7~8年ごろであろう。
                         [ 写真出典:博文堂発行 彩色絵はがき]




                  青島物語 ーー 続編  (その20)
                           【 平成26年2月 】


                  青島における近代工業の展開


1.前書き
 

 大正3年(1914)の日独戦役後、日本は独逸より青島の租借権を一時的に継承した。当時の日本内閣総理大臣は寺内正毅(元帥陸軍大将)であったが、寺内総理大臣はすでに青島を中華民国に返還せざるを得ない状況を予想し、その上で
    租借権以外の旧独逸権益を全て獲得するとともに「21箇条」で獲得した「特殊の地位」を確保するという目的に向けて、
    済南も含めた膠済線沿線地帯全域と青島を併せた一帯に日本の経済的基盤を作り上げる
という狙いのもとに、大正5年(1917)に青島守備軍の組織下に民政部を設置してその任に当たらせることとした。

 民政部の市街地整備・拡張計画の基本は、当初は「市街地を大港方面に拡張しここに商工業地区を建設」して日本人街を作り上げ日本人の活動の根拠とするものであったが、後に青島の東北にある台東鎮と、さらにその北部にある四方・滄口までを包括する「大青島」を目指すようになった。

 そのために日独戦役後大量に流入した一旗組を排除し、着実に経済活動を営む日本人の進出と製造業の定着を推進するための企業誘致策として、青島のインフラの本格的整備と工場立地に適した土地を貸し下げる事に力を入れたのである。

 この日本政府の方針に対応して、特に多くの日本の紡績会社が四方・滄口地区に進出した。

   (注)この見解は、「東アジアと半島空間:山東半島と遼東半島」(思文閣2002年発行)の中の、桂川光正氏(大阪産業大学教授)
      の所論である。



2.台東鎮における工場・製造業

 大正4年3月、青島日本守備軍は主として日本企業の工業立地を促進するために都市開発計画を策定し、主に工場区域として次の通り発表した。
      台東鎮南西地区ーー第1期      大港隣接区ーー第2期      台東鎮西地区ーー第3期

 この計画に基づいて、日本企業はまず台東鎮西地区に進出し、若鶴町(後の奉天路・吉林路)沿いに工場を建設し操業を開始した。
引き続いて大港地区へ進出し、弥生町(後の昌邑路)沿いに工場建設・操業が展開した。
 大正7年(1918)に青島守備軍民政部が発行した「青島要覧」には、都市計画発表後青島に進出した主要な企業・工場施設が紹介されている。残念ながら、これら企業の写真はほとんど入手できなかった。幸い、昭和5年前後に出版された「青島案内」に詳細な青島詳細地図が掲載されており、その地図にも台東鎮・大港地区で操業している企業名が記載されているのでそれを図示する。

                 (図-1) 台東鎮地区で操業していた企業の分布
























          (地図出典:青島案内付図-部分  ただし発行所、発行年月ともに記載がない。古書市で入手したもの)

  ・鈴木糸廠  --  山東省各地より繭を集め絹織物製造
  ・東亜油房、山東化学工業所、三井油房、泰利商会、湯浅洋行、東和油房 -- 山東各地より落花生、牛脂等を仕入れ搾油


                                           (図-2)大日本麦酒工場
                                       
  ・大日本麦酒(株) --  独逸経営の麦酒工場を買収し、麦酒
                醸造経営(青島麦酒、後にサッポロ
                ビール、アサヒビールの醸造販売も
                行った。)

                



                                       (写真出典:青島案内ー日華社 1938発行)



  ・山東葉煙草 -- 山東省で産出された原料を葉煙草 に加工           (図-3)台東鎮工場風景
  ・青島燐寸、東魯燐寸、山東火柴 -- マッチ製造
  ・山東製軸公司 ーー マッチ軸木の製造
  ・日本金属工業所、戸田商会鉄工場、天徳鉄工所
        -- 金属加工業
  ・青島骨粉製造所 -- 牛骨粉製造
  ・青島製缶 -- 缶詰?
  ・和田製材所 ーー 各種木材製造
  ・亜細亜石油会社、スタンダード石油会社
  ・新隆洋行工場、長瀬青島工場、丸葵合資工場、灰塚精白所
         -- 職種不明 
                                  (写真出典:山東風景写真帖 青島守備軍鉄道部 大正9年発行)


 金属加工業者の一部は、四方にあった青島守備軍鉄道部工場が必要とする金属加工の下請業者であったようだ。
 台東鎮では上記の会社以外に小規模工場も操業していた。一例として、我々の叔父が麦桿真田の漂白工場を老松町(後の寿光路)で操
 業していた。


3.青島市部における製造業者
                                     (図-4)青島製粉と小港への鉄道引込線
  ・青島製粉
  
   山東省各地で産出される小麦の製粉工場。伏波町
    (後の邱県路)にあった。

    工場前の鉄道は小港の引込線で機関車が見える。その
    手前の空き地はかなり広く、写真右手前にあった広場
    では、原木を大きな鋸で板挽する職人が二人一組で作
    業をしたり、戎克船ロープの手編み職人3人が組にな
    りが道具を使って作業をしていた。

    我が家はこの付近にあり、この広場は我々の遊び場でも
    あった。夏にはアカシアの葉が繁り涼しかった。

                                  (写真出典:山東風景写真帖 青島守備軍鉄道部 大正9年発行)


                                          (図-5)大連製氷 全景
 ・大連製氷                    
    製氷・冷蔵・清涼飲料水の製造。三日月町(後の宝山路)で大きく
    操業していた。青島で唯一の製氷工場。

    牛肉・鶏卵・魚類・果物などの冷蔵・冷凍などを幅広く手がけた。

    我が家から三日月浜へ遊びに行く途中、この工場の傍を通った。
    ここも我々の遊び場の領域内であった。

         



 ・信昌洋行
    青島駅近くで独逸人が操業していた石けん製造工場を買収し、日独
    戦役締結の翌大正4年(1915)から製造を開始していた。


                                        (写真出典:青島案内ー日華社 1938発行)

 大倉組
    山東省内の農家で飼育されている鶏卵を集積して、卵粉を製造する事業を開始した。この卵を集積・加工する事業はその後さら
    に隆盛となり、青島の輸出品目の上位三位に入る程の成長を遂げる。



4.四方・滄口地区における工場用地の取得・拡張  
                                      (図-6)四方駅 近辺図

  青島日本守備軍は大正7年(1918)から、本格的な
工場区域のための土地取得・拡張を開始した。

 まず台東鎮西側の高地から土砂を採取し青島大港北側
を埋め立て約45万坪の土地を造成し、この土地を膠済鉄
道沿線の未開発地域の四方と接続することにより、四方
を中心とした工業区域の拡大を進めた。この土地開発は
「青島2年」の著者泉對氏の見聞によると、大勢の苦力
がトロッコを押して海岸線を埋め立てていたとのことだ。
図中の「苦力収容所」とは彼らの宿舎の事であろうか。

 この地図では埋め立て部分が明らかでないが、地図右下
の「大日本紡支店」と記入されている部分などは、やがて
埋め立てられ、工場敷地となったのであろうか。



 青島守備軍は、さらに四方の北部にある滄口で約300万
坪の土地を購入し、工場用地として主に日本企業に開放し
た。日本企業の誘致策として、購入した土地を廉価で日本
企業に貸与した。

 都市計画の面では、市街の活動中心地は青島市場および
若鶴山の正面を含む埠頭区、並びに四方・滄口方面に拡張
され、そこに日本人地区がが形成され、活発な経済活動が
展開された。
                             (地図出典:青島案内付図-部分  ただし発行所、発行年月の 記載はない。)
 青島日本守備軍によるこの都市計画が、独逸膠澳政府に
よって設計され建設された青島湾に臨む青島区の都市美を後年まで維持することを可能にした主要因であった事を、余談ではあるが、ここに強調しておきたい。

              (滄口地区の地図が入手できなかったことは残念だ。)


5.四方における主要な工場群

① 日本守備軍鉄道部 四方工場                     (図-7) 鉄道部四方工場 全景

独逸山東鉄道は四方に附属工場を持っていた。日本守備軍は
民政部の中に鉄道部を設け膠済線の輸送力を増強する方針の一
環として、旧独逸山東鉄道の附属工場を拡張することとした。

すなわち、敷地面積は4倍、建物面積は1.6倍に拡張された。

従業員構成も大幅に変わった。
独逸時代には少数の独逸人と200人余りの中華人で運営されていた。

日本時代の大正11年(1922)には、日本人は261人、中華人は
1591人が勤務していた。




      (図-8)鉄道部四方工場 内部情景             (図-9)鉄道部四方工場 機関車組み立て














独逸時代には車両の応急修理がこの鉄道工場の主な目的で、修理部品は独逸本国から既製品を輸入して使用していた。

日本時代の後期には、この四方工場では車両の修理・改造、あるいは機関車や客車の新造は勿論、現地の民間工場では作れない鋳鋼製品の製作も引き受けていた。写真を見ると、多くの中華人工員が機関車組み立て作業に当たっているように見受けられ、日本人から中華人への重要な製造技術の移転が進んでいたようだ。

 なお、工場構内外には、職工養成所、小学校、病院、クラブ、宿舎、運動場などもあった。

(写真出典:高知大学名誉教授瀬戸武彦先生のご提供。  資料出典:大阪産業大学教授桂川光政先生の研究報告「占領期における山東権益の獲得」)


② 内外綿株式会社
                                       (図-10) 内外綿 四方工場                       
本社は大阪。大正5年(1916)に青島における最初の日本の
紡績会社として四方庄に工場を設立、綿糸の製造を開始した。

工場敷地は約11万坪、工場建坪は約1万8千坪。各種製糸機械
の他、2基の自家発電機を設置していた。

昭和7年当時の従業員は日本人78人、中華人4050人。

同社の中華社名は「内外綿紗廠」であった。


                                   (写真出典:高知大学名誉教授瀬戸武彦先生のご提供)


③ 大日本紡績株式会社
                                    (図-11)大日本紡績 四方工場

本社は大阪。大正8年(1919)、四方庄に四方工場を  
設立。綿糸、綿布の製造を開始した。

工場敷地は約9万坪、工場建坪は約2万6千坪。

昭和7年当時の従業員は日本人97人、中華人4000人。

同社の中華名は「大康紗廠」であった。



                            
                                     (写真出典:青島案内ー日華社 1938発行)


④ 合資会社孤山窯廠

創立の経緯は不明だが、元独逸人が経営していた孤山及び沙嶺庄の煉瓦工場を日本人が買収して操業を開始した。
昭和7年の「山東案内」によると、孤山工場は煉瓦年産1千万個、沙嶺庄工場は100万個で、これらは主に青島の建築用として使われたとのこと。後にに耐火煉瓦、土管、タイルも製造していた。
写真は入手できなかったが「山東鉄道旅行案内」によれば、両工場の煙突は膠済線列車の車窓からよく見えたとのこと。



6.滄口における主要な工場群

 滄口における日本企業、特に紡績業の進出は第1次日本統治時代に始まり、その後日本が青島の租借権を中華民国に返還した後も活発に進んだ。


・山東窯業株式会社
 
 大正7年(1918)創業。中華民国北・中部における当時唯一の日本企業が経営する耐火煉瓦製造業者であった。博山近辺の炭鉱から産出される優秀な粘土を主要材料として年産3百万個の耐火煉瓦を製作した。他に建築用の煉瓦・瓦、外装タイル・モザイクタイルなども製造した。
 工場敷地は1万5千坪、建坪は1800坪であった。


・富士瓦斯紡績株式会社
                                  (図-12)富士瓦斯紡績 滄口工場

本社は東京。(現富士紡)
大正10年(1921)滄口に初めて日本の紡績工場を設立。
綿糸・綿布の製造を開始した。

工場敷地は約13万坪、工場建坪は約1万坪で、紡績機械の
他に自家発電機も設置していた。

昭和7年当時の従業員は日本人50人、中華人1500人。

同社の中華名は「富士紗廠」であった。


                                     (写真出典:青島案内ー日華社 1938発行)



・国光紡績株式会社                          (図-12)国光紡績 滄口工場
本社は長崎。(同社は昭和18年に倉敷紡績と合併)
大正12年(1923)滄口工場が操業し、綿糸・綿布を製造
した。

工場敷地は約14万坪、工場建坪は約1万9千坪。紡績機
械の他に自家発電機も設置していた。

昭和7年当時の従業員は日本人50人、中華人は1700人。

同社の中華名は「宝来紗廠}であった。


                                      (写真出典:青島案内ー日華社 1938発行)

7.後書き

 100年前の四方・滄口地区における個別日本企業の進出の経緯と稼働状況をや写真を収集することは容易でなかった。そこまで苦労して、なぜ、これらの資料を集めたのか。一つには我々の青島に対するノスタルジーがあるが、それ以上に、我々の親世代がほぼその一生をかけて築き上げた青島の都市・経済が、中国青島の都市形成や経済発展にどのような影響を与えたのかを知りたかったからである。

 たとえば、第1次日本統治時代に、四方・滄口において4社の紡績工場が設立された。その紡績工場では275人の日本人と11,250人の中華人が、主として山東省で栽培された綿花を原料として綿糸・綿布を生産し、中華国内及び海外に販売していた。
 この状態を、日本が中華民国の主権を侵害し、青島において中華資本を排除して独占的に紡績業を営み利益を独占し、中華民国の労働と天然資源を収奪したとする見方が強い。我々青島在住者の気持ちの中にもそのような気分がないとはいえない。


 確かに日本は青島で中華民国の主権を侵害し、紡績業を通じて利益を独占したことは間違いない。だが、それだけであろうか。我々の親世代は、青島で経済・社会的に悪逆の限りのみを尽くしてきたのであろうか。


 青島における日本経済の進出を、政治史的観点に止まらず経済史的観点から分析・研究された中国人研究者「欒 玉璽氏」(関西大学大学院博士課程修了)は、彼の膨大な研究論文「青島の都市形成:1897-1945 ー市場経済の形成と展開ー(思文閣出版 2009年発行)」の中で次のように述べている。重要な見解なので、長文であるがほぼ原文通り紹介する。




・青島における日本紡績業と青島近代工業の関係

 青島においては日本紡績が進出するまでは、近代企業はほとんど存在していなかったために、日本資本の企業は全ての領域で独占的に存在するようになった。青島の有利な工業立地条件に加え優位な経営条件の下で、綿業紡績及び他の産業は飛躍的な発展を遂げた。このように青島に進出した日本企業は、他とは比較にならぬ程大きな利益を確保したのである。
 他方、日本企業が投資を開始して以降、青島は近代工業都市の様相を呈し始めた。つまり、青島の工業化が日本資本の基礎の上に始まったといえる。もし日本資本が進出しなかったら、青島は現在のような商工業都市としての繁栄を見ることができなかったかもしれない。この意味で、青島における日本紡績業の発展と青島の近代工業は明白な相互依存関係にあったのである。(前掲書172頁)

・青島紡績業の労働者構成とその管理

 日本紡績業の進出はまず上海へ、次いで青島へと集中した。上海と青島は社会的・文化的背景はもとより経済的条件も異なるため、両地域での労働者の構成や労働管理方式についてはかなり相違が見られた。
 上海では日本国内の紡績業と同様に女性労働者が多数であったが、青島ではそれと対照的に男性労働者が多数を占めていたし、上海の日本紡績業では労働者の直接雇用管理制度とともに請負管理制度が混在していたのに対して、青島では当初から労働者の直接雇用管理制度が導入されていた。
 青島の日本紡績業では、直接雇用管理制度の実施によって熟練労働者・技術労働者を含めて必要な労働力を安定的に募集できただけではなく、教育水準や理解力が比較的低い新規採用労働者に対して、組織的な育成や技術教育もできるようになった。さらに日本紡績業に特有な労働者寄宿制度、労働者福祉制度としての医療・教育・食堂・体育保健・クラブ施設なども当初から整備されていた。(前掲書:175頁)

・技術労働者の育成とその影響

 日本紡績業の青島進出とともに、先進的技術が移入されてきた。生産現場の技術者が全て日本国内から派遣され、彼らは現地工場の設備、原材料、労働条件にの下での生産技術の革新、新製品の開発と同時に、日本国内工場で開発された新技術も青島へ移転・定着させていった。これらの技術の有効利用のために、青島の日本紡績業では様々な手段を通じて多くの男性労働者の組織的な養成・訓練が実施され、多数の技術労働者が育成された。これら技術労働者は紡績業だけではなく、他の製造業においても大きな役割を果たしていた。
 以上のように日本紡績業の青島進出は、青島の工業発展を直接に誘発したばかりではなく、その合理的労務管理制度や技術労働者の定着とあいまって、青島の企業経営及び経済的・社会的発展に多大な影響を残すことになったといえる。(前掲書:206頁)




8.独り言

 欒氏は膨大な資料を渉猟読破してこの見解に到達されたのであろう。その結論は決して感情的に発せられたもではなく、史実に基づいた実証的な結論であると思う。

 それだけに、この研究論文を目にしたとき、我々兄弟は、30歳代半ばにして骨を埋めるつもりで青島に移り、その後20数年間労苦を積み重ねながら中華人と商売をしてきた親たちの顔を思い出し、親たちが青島に残してきた足跡を思い起こした。そして敗戦後日本に引き揚げてから後の親たちの辛酸を思う時、今も胸迫るものがある。

 我々の親たちは、そしてその世代の青島在住日本人は、何かを青島に残してきたのだ。
 きっとそうだと思い、以て瞑する事としよう。




 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。