秋 の 旭 公 園

        秋色が濃くなった旭公園。独逸膠澳政府は紅葉する樹種を選ばなかったのか、色付いた木々は全て黄金色に輝いている。
            流れにかかる橋の欄干は随分としゃれたデザイン。   独逸が作ったのか、日本が架けたのか。

          彼方に見える車は馬車のようだが、よく見ると幌付き自動車で、運転手が前席に、乗客が後席に座っている。
                         この乗客はどんな貴顕紳士だったのだろう。

                   ーーーー    大正8年頃。青島の一風景である。   ----


             この風景は白黒写真に彩色したものであるが、さながら、カラー写真のような秋の描写の一齣だ。
                     ( 写真出典:山東風景写真帖 大正9年 青島守備軍鉄道部編纂)




                  青島物語 ーー 続編  (その21)


                           【 平成26年3月 】

                    青島の公園と海水浴場


1.前書き
 

 独逸は「アウグスタ・ビクトリア湾」に立派な海水浴場(イルチス海岸)を作り、海岸の裏手には海水浴専用ともいえる「ストランド・ホテル」を建設して、当時、清国各地に在住した欧米各国人を呼び寄せていた。
 しかし、独逸は正式な公園を1カ所も設置していなかった。勿論、イルチス山(後の旭山)の麓には広大な植物園があったが、それはあくまでも植物園であって一般人が出入りする公園ではなかった。

 日本が青島の統治を開始した後、おそらく大正5年前後に、青島守備軍民生部はこの植物園を「旭公園」と名付け、公園らしく整備を行ったと思われる。引き続き青島市内各地に5カ所の公園を増設した。
 一方海水浴場はについては、「イルチス海岸」を「忠の海」と名付け、引き続いて2カ所の海岸を海水浴場として開放した。

 次の地図は、大正4年に発行された地図の中から、青島中心部を切り抜いたものである。この中に、最初は公園の標識が全くなかったことが読み取れる。この地図にマウスを合わせると、青島守備軍民生部が設置した6カ所の公園が赤数字で、3カ所の海水浴場が青数字で地図上に表示されるので、マウスを動かしながら公園と海水浴場の概略の位置をチェックして欲しい。

   この地図には、旭公園、忠魂碑、青島神社が表示されていない。市場町には旧独逸の煉瓦工場がまだ残っている。埠頭区
   (花咲町ー武定路)近辺の日本人地区は、道路こそ図示されているが、住宅建設はまだ進んでいなかった。
   これは青島守備軍が独逸から青島の統治権を継承した翌年の、守備軍の都市計画が未着手だった頃の青島の地図だ。

                    (図-2)大正4年(1915)当時の青島中心部
 
                (地図出典:山口県 上山松藏 大正4年発行   青島 博文堂他 販売)

      お願い:この地図にマウスを合わせても数字が出ない場合は、ブラウザが「アクティブXコントロールの動作を制限」しています。
          その場合は一旦ブラウザを閉じて再度起動すると、画面下部に「ブロックされているコンテンツを許可する」というボタン
          が現れますから、それをクリックすると、数字が現れるようになります。


 一体、青島守備軍民生部はなぜこれだけ多くの公園や海水浴場を青島市内中心部に設置したのだろうか。

 大正6年当時、すでにあった公園は旭公園、海水浴場は忠の海だけであった。その頃、建設途中の日本人住居地域は上の地図の埠頭区にあった。この埠頭区から旭公園・忠の海へは3km以上あり、そこまでの交通手段は徒歩以外には殆どなかった。
 広場で遊びたい、海で泳ぎたい子供や家族にとって、3km以上の道のりを徒歩で出かける事は無理な話であったろう。

 だから、守備軍民生部は各地に公園・海水浴場を設置・開放したのではないかと考えられる。もっとも公園と言っても、旭公園以外の公園には木陰にベンチを置き、忠の海以外の海水浴場にはシャワー・脱衣施設があった程度だろう。


2.旭公園 (地図上にで示す)

                                      (図-3)  旭公園の桜並木道
 


 独逸膠澳政府が、岩肌の露出した荒蕪地を緑陰の濃い青島に転換
するために、当時の植林技術の粋を集めてイルチス山の麓に樹木園
として30万坪、果樹園として1.3万坪の植物育成試験所(植物園)
を設置したのが、 この旭公園の前身である。


 この植物園には世界各地から170余種、20万本を超える樹木花卉
が集められ園内に植えられているが、中でも日本から2万本の桜が
取り寄せられており、青島が日本の統治下に入った頃には桜樹も十
分生育し、春の花盛りには桜雲十里の感があったという。
 

                                      (写真出典:高橋写真館絵葉書 )


                                              
(図-4)旭公園内の小西湖
 大正5年3月には、植物園内にある旭山山麓に忠魂碑の建立を開始
し11月30日の竣工目標で作業が進んでいたので、守備軍民政部は忠
魂碑の落成に合わせて、植物園を公園とするための造園整備を行っ
たのであろう。

 公園内には池ありまた散策路ありで、四季に咲く花々と折々の変
化する風情に、遊客は常に絶えなかった。
 園内に2旗亭あり、花を愛でつつ一献を傾けるに適したとか。

 この公園は中華民国統治時代に「第1公園」と呼ばれた。現在は
「中山公園」と呼ばれている。


                                     ( 写真出典:青島日本中学校 校史 )

3.若鶴公園 (地図上にで示す)
                                         (図-5) 若鶴公園

 この公園は登州路沿いにあって、第一次日本統治時代の終わりに
作られたものらしく、実はこれまでの所、文書による記録が残って
いない。
 僅かに一部の地図にその名が微かに印刷されていることと、ただ
1枚の写真が残されているのみである。

 若鶴山前の日本人住宅増加に対応して建設されたのか。

 私(兄)は冬にこの公園に遊びに行ったところ、この池が凍って
いて、スケートを楽しんでいる人々を見た記憶がある。

 この公園は中華民国統治時代に「第2公園」と呼ばれた。        (写真出典:中村與資平記念館別館 ブログより

                                       


4.新町公園  (地図上にで示す)
                                        (図-6)新町公園

 この公園は新町界隈にあり、大窯溝にあった旧煉瓦工場跡地及び
それに繋がる丘陵の日本人地区(市場町、中野町、新町など)の開
発と同時に建設が進んだのであろう。

 この地区は住宅が密集し、空き地や広場が殆どなかったので、こ
の公園では近所の子供が集まっては遊んでいた。

 公園では水が湧き出して池となり、子供の水遊びに好適な場所で
あった。

 この公園は中華民国統治時代に「第3公園」と呼ばれた。


                                    (写真出典:守備軍鉄道部編纂 山東風景写真帖)

5.深山公園   (地図上にで示す)
                                  (図-7)深山公園  (左側に公園の緑樹が見える)
 文書記録は数点残っているのだが、写真が全く見当たらなか
った、謎めいた公園。最近になり、弟が古書市で以前に購入し
た絵はがきの束の中からこの絵はがきを発見した。
 これは珍中の珍である。

 大正7年発行の「青島要覧」には次のように記載されている。

  森林的に作られたる小公園にして深山町と静岡町に挟まれ
  正方形をなす。盛夏、緑陰の納涼、甚だしくよし。
 (この場所は肥城路と中山路の交差点付近で、斜め向いの屋根
  の尖塔のような形状が特徴的。道路は未舗装だ。)

 この公園は中華民国統治時代に「第4公園」と呼ばれたが
後に取り壊され、跡地に中国系銀行が建設された。            (写真出典:下村洋行絵葉書部発行 彩色絵はがき)



6.千葉公園   (地図上にで示す)                      (図-8)千葉公園

 大正7年発行の「青島要覧」の記述をそのまま引用する。

   青島駅前の広場にある小庭園なり。鉄橋の破片にて作ら
   れたる園名碑の裏面に「大正4年3月臨時鉄道連隊」の
   文字刻まれたり。

 おそらく、青島守備軍の計画外で作られた、もっとも古い公園
であろう。なお、写真中の人物は高橋写真館の店主と思われる。



 この公園は中華民国統治時代に「第5公園」と呼ばれたが、
早々に取り壊され、跡地に建物が建設された。
                                      (写真出典:高橋写真館発行 絵はがき



7.大村公園  (地図上にで示す)
                                   (図-9)  大村公園 (俗称:谷公園)

 この公園は、青島の崩れ崖を活かした緑地として独逸時代に
作られた、アルバート街(大村町)に挟まれた芝生の遊歩道で
あった。

 「青島要覧」にも紹介されていない程のこぢんまりとした小
公園だが、第2小学校の児童はここを谷公園と呼び通学の帰路、
しばしの遊び場として欠かせない場所であった。
 後年、公園の両側にはアカシアが繁っていた。
 

 この写真にも高橋写真館店主と思われる人物が佇立している。

 この公園は中華民国統治時代に「第6公園」と呼ばれた。


                                     (写真出典:高橋写真館発行 絵はがき



8.忠の海  (地図上にで示す)
                                     (図-10)日本統治下初期の 忠の海

 忠の海(独逸名イルチス海岸)は、独逸時代には当時の清国に
居住した外国人にとって、夏季の高級な社交場であったようだ。
だが、独逸時代から日本時代の初期にかけて、忠の海が遊泳する
人たちで賑わう写真を見かけることはなかった。

 その頃、忠の海とは何だったのであろうか。
 民政部鉄道部が大正10年に発行した「山東鉄道旅行案内」の
記事で、当時の事情を紹介する。

  湾内の水は殊の外穏やかである。海に面して一大避暑
  海岸旅館と多数の脱衣小屋がある。この旅館は1904年
  の建設で、中には舞踏室、応接室、読書室、食堂など
  行き届いた設備があり、独逸時代、この建物は舞踏会            (写真出典:高橋写真館 絵はがき)
  などに使われ、青島には欠くべからざる交際場となっ
  ていた。これを利用して来集者の吸収に努めたので、
  毎夏東洋各地から来る避暑外人の数は1500人を下らなかったという。

  現在ではこれほどの盛況はないが、毎夏外人の招致に意を尽くすので、今なお1000名内外の外人が来遊する。8月に入って挙げら
  れる海水浴場開きの盛観は格別で、花火の打ち上げや脱衣小屋の装飾に全市の人が浮かれ出る。

 この文章を見ると、独逸時代に引き続き日本統治時代の初期にも、忠の海はどうやら欧米人を中心とした夏季の休暇を楽しむ贅沢な社交場であったようだ。

 一方で今から100年前の成人日本男子とっては、泳ぐことは褌を着用して水練することであり、水辺で遊ぶことは子供のすることであったのではないだろうか。やがて日本人が泳ぎを楽しむようになると、守備軍民生部は忠の海では外人の習慣に従って何人も「海水浴衣」を着けねばならぬと定めた。同時に民政部は、専ら日本人成人のためにそして子供達のために、忠の海とは別に舞鶴町と早霧町の海岸に海水浴場を設けた。



9.舞鶴浜 (太平路海岸) (地図上にで示す)
                                     (図-11)舞鶴浜に遊ぶ日本人達
 海軍桟橋(青島桟橋)の西側の浜に、主に日本人に向けての
海水浴場が開設された。名付けて「舞鶴浜海水浴場」という。

 前掲の山東鉄道旅行案内には、日本人向けの海水浴場に関して
痛快な一文があるので紹介する。

  舞鶴町と早霧町(三日月町)との海岸の海水浴場は一・二の見
  張船を置き、仮設の脱衣小屋を設けるに過ぎないが、ここでは
 「褌一つ」で軽快に遊泳することができる。

 (図-10)の写真はいささか不鮮明だが、砂浜で親子が泳ぐという
よりは遊んでいる様が見受けられる。(褌はよく分からない。)

 彼方の海軍桟橋(青島桟橋)にはまだ廻瀾閣が設置されていない。
ここは加藤島(小青島)を遠望できる風光明媚な海水浴場であった。      (写真出典:青島発行絵はがき  発行者不明)


10. 三日月浜 (冠県路沿い) (地図上にで示す)
                                    (図-11) 船渠港に接した 三日月浜
 

 三日月浜海水浴場を地図で見ると、船渠港と小港工場群の間に
挟まれたごく狭小な海岸である。


 しかし花咲町(武定路)を中心とした日本人地区に近いことから
最盛期には芋を洗うような混雑ぶりが写真に記録されている。ボー
ト遊びのできる海水浴場はこの三日月浜しかなかったようなので、
ここは日本人に愛された海水浴場だったといえよう。




                                      (写真出典:"青島満帆”ブログ より)

                                  (図-12)青島塩業の煙突と塩の山が見える 三日月浜
 右の写真には、遠景に青島塩業の煙突が見えるが、その手前に
白く見えるのは、一部をアンペラで覆われた再製塩工場の塩の山
である。この再製塩工場はこの後も長く操業していた。


 三日月浜は船渠港に接近していたせいか、後年この浜には石炭
殻が捨てられたようだ。この浜は我が家から近く、時々足を延ば
して出かけた遊び場所だったが、浜を歩くと踏みつけた石炭殻が
がさがさと音を立て、裸足で歩くと足裏が痛い程だった。

 そんな次第で私の記憶にはこの写真のような賑わいは全くない
のだ。

                                    (写真出典:青島発行絵はがき  発行者不明)

10. 独り言

 日本でも中国でも、青島は「ドイツの模範的植民都市」として、そのヨーロッパ風の景観を旅行業者によって喧伝されている。確かに、青島の基礎的な都市計画と建設は独逸によって行われた。だが、ドイツが青島を占領して以来青島が日本統治の手から解放されるまでに約50年の歳月があり、独逸の統治は最初の約18年だけなのである。その後の政府の都市政策によって、青島区と別墅区の建築は大いに進んだのだが、青島の緑の樹々と赤い屋根の景観は1945年頃まで維持されてきたのだ。

 その景観維持のための厳しい都市政策は、青島日本守備軍そして守備軍民政部によって独逸膠澳政府から継承され、施行されたのだ。その上、民政部が欧米人の招致に努力していたらしいことは、民政部鉄道部が発行した「山東鉄道旅行案内」の「忠の海」に関する紹介記事からもうかがい知れる。

 その後の中華民国政府もその都市政策を継承した。素晴らしい都市インフラも中華民国政府によって維持されてきた。
 また、青島の治安は常に良かった。

 だからこそ、各国の高官・富豪は安心して八大関に豪壮な別荘を建てたのだろう。それらの建物が、現在の青島では観光スポットになって、旅行者を引き寄せているのだ。

 時代は下がるが、私達兄弟は保護者の同伴もなく、小学生1年から中華人街を通って往復3km余を徒歩で通学していたが、不安を感じたことは全くなかった。
 私(兄)は道すがら出会った空気銃を持った中華人中学生に頼んで、迎賓館付近へ鳥撃ちに連れて行って貰った事を覚えている。弟は一人で旭山に登ったし、団島にあった友人の父親の会社を訪問したこともあったという。

 昭和13~4年頃、私(兄)は小学校への往復で時々広西路(佐賀町)を通ったが、そこには欧米人の住宅が何軒かありその中の独逸人の女の子と、話はできないながらも顔見知りになったことを微かに覚えている。
 青島区には白系ロシア人のレストランやパン屋があって、そこへ連れて行って貰うのが贅沢な楽しみであった。

 悪いことばかりを訴えられる日本だが、青島では良いことも随分やってきたことを、日本人は自信を持って思い出そう。



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。