高 密 町(高密路)

     大正6年(1917)頃の高密町の風景。この地域は中華人商店街の中心地であった。だがよく見ると,左側煉瓦造りの建物の壁に
     「古物商ー書画骨董」と白色で書かれている。その先の突き出し看板には「せともの」と平仮名で広告が出ている。また、道路の
     右側には、不鮮明だが「金物商」と突き出し看板が出ている。
     日本統治時代の早い時期から、日本人商人が中華人商店街の中に店舗を構えて活発に商売を営んでいたことを示す、数少ない記録
     写真である。 (これは山東町側から東向きに撮影した写真である。)

     この写真を子細に見ると、電灯線の引き込み碍子が建物の壁(写真の右上隅)に見られ、その先に外灯が写っていることに気づく。
     道路左側には電柱が敷設されていることから、この写真は、大正6年頃には日本守備軍民生部が一般商店に対して電気供給を開始
     しており、独逸当時のような街路灯ではなく、一般商店の店頭に外灯が設置されていたことを示す貴重な記録でもある。

                          ( 写真出典:高橋写真館 絵はがきより)




                  青島物語 ーー 続編  (その22)


                           【 平成26年4月 】

                   忠魂碑と青島神社、その他


1.前書き
 

 日本が青島で独逸軍を攻略したときの日本の内閣総理大臣は大隈重信であった。大正3年(1914)11月、日本が英国と連合を組み青島のドイツ基地を攻略した後、大隈総理大臣は中華民国に対して21箇条の要求を提出し数回にわたる外交交渉の後、独逸が持っていた青島租借権を独逸から譲渡することを認めさせた。
 しかし中華民国国民はこの協定を認めず、中華民国国内で反日運動が広がった。米国は、21箇条の要求が日本から出されるとこれに強行に抗議し、その後の日本と中華民国間に締結された諸条約に不承認の姿勢を明らかにした。 

 大隈重信の後を継いで日本の内閣総理大臣になったのは元帥寺内正毅であった。寺内は内閣総理大臣に就任する以前は朝鮮総督として憲兵警察制度を創始するなど、朝鮮の日本併合に大いに功績があり、それによって伯爵を授与されたのだ。

 山東半島における独逸の青島租借権を日本が確実に継承するために、寺内総理大臣は青島日本守備軍に、青島を工業都市として開発を進める事を示達した。日独戦役終了の翌大正5年4年(1915)、青島守備軍はモルトケ山(若鶴山)西部の埠頭区を日本人居住区に定め直ちに都市開発を進めるとともに、日独戦役で戦死した軍人の慰霊碑としての忠魂碑、日本人社会の精神的支柱となるべき青島神社の建設を開始した。
 大正6年(1917)に設立された青島守備軍民生部は、青島の工業都市化の方針を引き継ぎ、四方・滄口方面に日本工場を誘致したことは前話ですでに述べたとおりである。

 この忠魂碑および青島神社の建設に関しては、日本の進歩的学者の間で色々議論があったことを私は承知している。だが、これらの構築物が、青島で事業を営み生活した多くの人々にとって、忘れ得ぬ場所であったことも事実である。青島の郷土史の一部として、これらの建設記録を残しておくこととする。


2.忠魂碑

 日独戦役において、日本軍は666名の陸軍将兵、338名の海軍将兵を失った。これらの将兵の慰霊の追悼のために、大正5年(1916)3月1日、青島守備軍は砲撃戦の行われたイルチス山(旭山)の中腹に忠魂碑の建立を開始し、同年11月30日に竣工した。


                                         (図-1)建立直後の忠魂碑
 

 忠魂碑を支える基台は約400平米の石造り、その上に高さ約21米
 の荘重な忠魂碑が建てられていた。碑銘は初代青島守備軍司令官
 が揮毫したもの。

 
 この写真は落成直後に撮影されたもので、周囲には植樹が全く見当
 たらない。

      (写真出典:博文堂彩色絵はがきより)






                                         (図-2)忠魂碑前の階段
                               

 上の写真より数年後に撮影された写真と思われ、植樹が成長して
 いる。

 この場所には、中学生・女学生、あるいは小学生、そして後には
 軍人達が年に1~2回、集団で長い石の階段を上って慰霊に訪れ
 ていた。

 旭公園から10数分、坂道を登って訪れる場所ではあるが、公園の
 ような華やかさとは異なり、粛然とした雰囲気であった。
 
      (写真出典:”青島満帆” より)





                                      (図-3)旭公園の桜並木より眺める忠魂碑

 忠魂碑は旭山の中腹にあったので、見通しの良いあちこちの場所
 から、その慰霊塔を眺めることができた。

 この写真では、旭公園の桜並木の間から忠魂碑を眺めることがで
 きる。


 海軍桟橋から舞鶴町(太平路)方面を撮影した絵はがきをよく見る
 と、旭山の中腹に忠魂碑が見えることがある。

     (写真出典:青島写真帖 昭和16年刊行 より)



3.青島神社

 大正4年 (1915) 、青島守備軍は青島に神社を設置することとしてモルトケ山(若鶴山)西側山腹を社地と定め、大正5年に敷地約6900坪の地均し工事を進め、大正6年(1917)5月に青島守備軍司令官から工事開始の正式認可を受けた。
 大正7年5月には地鎮祭を執行したのち社殿その他の建物の建築工事を開始、翌大正8年、建築工事は無事に完成した。
 青島神社は天照大神、大国主命、明治天皇を祭神に迎えて鎮座した。


                                     (図-4) 建造直後の青島神社社殿
 
 青島神社は若鶴山の中腹を開き、そこに鳥居、拝殿、幣殿、本殿
 からなる荘重な社殿で構成されている。

 建造直後の写真を見ると、社殿は完成しているが植林はまだ疎らで
 社域はなんとなく寒々とした感じである。

 しかし、青島神社は若鶴山の中腹に設置されたので、青島大港など
 膠州湾沿岸、ならびに青島日本第1小学校やその付近の日本人住居
 区を一望できる、素晴らしい眺望に恵まれていた。

     (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)






                                     (図-5)建造後ほどない頃の青島神社正面
 青島神社を正面から見ると、高さ約15米・幅約10米の石造大鳥居と
 その両側にそれぞれ大型の石灯籠が並び立っていた。

 大鳥居に続く参道は坂道で、両側には桜の若木が植樹されていた。
 参道を登り切ると、この写真には写っていないが広場があり、その
 先には社殿に繋がる100段余の石造階段が見える。階段を登りきる
 と社殿前の木製鳥居が見える。

 建造後間もなくに撮影された写真と思われ、この頃社域全体はまだ
 完成に遠かったように見受けられる。

   (写真出典:”青島満帆ブログ” より)




                                      (図-6)建造10年(?)後頃の青島神社



 おそらく建造後10年を過ぎた昭和初年代に撮影された青島神社であ
 ろう。大鳥居の周囲に石造・木製の柵が設置され、参道両側の桜が
 大きく成長している。


 現在存命する元青島在住者には、この頃の青島神社の情景が記憶に
 残っているであろうと思われる。

    (写真出典:”青島満帆ブログ” より





 青島神社の例祭は4月であった。桜の開花と重なって、この頃の            (図-7)桜満開の青島神社
 青島神社は参詣と観桜で人出が賑やかであった。平生は大鳥居の
 両側に木の柵が立てられていたが、この時期にはその柵が取り払
 われ大勢の人が出入りしていた。
 
 この桜並木には露店が立ち並び、子供達は露店で駄菓子や玩具を
 親にねだったものである。

 この写真をよく見ると、中華人が何人も出入りしている。戦後、青
 島では日本人が威張っていたなど言う人があるが、この写真を見て
 当時の日本人と中華人の交流状況の一端を知って欲しい。

   (写真出典:青島で発行された彩色絵はがき 発行者不明)




                                       (図-8)祭礼で石段を練り上がる神輿


 青島神社は国策に沿って建立された神社であった。

 しかし、青島に在住する日本人の多くににとって、青島神社は
 「我らの鎮守様」であった。例祭では益都路など日本人街にある
 商店を中心にして、若い衆による神輿が奉納され、100段余りの
 石段を威勢よく駆け上がる風景が見られた。

 
 あの当時、青島神社例祭は日本人社会の重要な行事であった。

      (写真出典:”青島満帆“ブログ より)






4.宗教各派

 第1次日本統治時代には、日本から神道系及び仏教系の布教者が来住し布教活動を続けていたが、格式ある布教所・寺院を建立するには至っていなかったようだ。

 基督教系教会は、独逸統治時代から日本統治時代にかけて、引き続き布教活動を進めていた。
 中華系宗教は特に積極的な寺院は青島市内にはなかったようだ。

 青島市内における、主な宗教布教活動を以下に列挙する。 (青島民政署 大正7年(1918)発行:青島要覧による)

① 神道系    金光教(濰県町-濰県路)    御岳教稲荷教会(中野町-聊城路)   実行教稲荷教会(祝町-旅順路)  
         天理教(直隷町-河北路)

② 仏教系    本願寺(黄島町-黄島路)    東本願寺(平度町-平度路)      真言宗(芝罘町-芝罘路)
         臨済宗妙心寺(舞鶴町-太平路) 日蓮宗(直隷町-河北路)       曹洞宗(大村町-安徽路)
         
③ 基督教系   天主堂(麻布町-曲阜路)     福音教会(万年町-江蘇路)      瑞西同善教会(上海町-上海路)
         伯林教会(上海町-上海路)   亜米利加教会(上海町-上海路)    耶蘇聖教堂(膠州町-膠州路)
         中華基督教長老会(北京町-北京路)    日本組合基督教青年会(馬関町-肥城路)

④ 中華系    天后宮ー海神信仰(舞鶴町-太平路) 



5.独り言

 青島で生まれ青中を卒業し東大を卒業し東大教授になった日高六郎氏はその著書「戦争の中で考えたこと」の中で、早期の青島神社と忠魂碑の建立は、青島の租借権を日本が独逸から確実に継承するための国策そのものに過ぎなかったという。私もその通りだと思う。

 日高氏は忠魂碑は大きすぎたという。私も確かに大きかったと思う。だが独逸はただ一人の2代目総督イェシケのために、目立つ場所である太平路海岸に立派な顕彰碑をを立てていた。日本はどちらかというと控えめな旭山山腹にその場所を選び、日独戦役1000人を超える戦死者に対してそれにふさわしい慰霊碑を建設した。1年に1~2度、我々二小の生徒は遠足のように揃って忠魂碑にお参りをしたものだが、その場所の静かな雰囲気に囲まれて厳粛な気持ちになったものだ。


 日高氏は、青島神社の祭神は日本の神話の人物と明治天皇であり、中華人はそのような祭神を持つ青島神社に違和感を持っていたという。私も、神道(青島神社)が宗教であるとすればその通りだったろうと思う。

 だが、教義・経典もなく、開祖もおらず、説教師も説教を説く会場もない神道(青島神社)が、果たして宗教であり宗教施設であったろうか。我々日本人が神社に参詣しお祈りするとき、何らかの教義を信じ経典を唱えているだろうか。そうではないだろう。我々は神社という何か大きなものの前で、自分の安全と幸せを祈っているだけだ。それは何も神社でなくてもよく、大きな岩、大きな木、あるいは山でもよいのだ。高山に登ってご来光を拝むのと同じ気持ちなのだ。

 当時の青島において、青島神社は日本人社会の中心にある鎮守様でもあった。当時子供であった我々にとって、お祭りが来て青島神社の露店で買い物をするのが待ち遠しかった。


 日本は青島で大きな忠魂碑と広大な青島神社を建立したのは確かだ。だが日本は、独逸が建造した巨大な要塞群を戦闘で破壊した後、決してこれらを再建することはなかった。日高先生にも是非同じ著書で、このことに触れて頂きたかった。


 青島神社と忠魂碑の歴史を調べている間に、私 (兄)は自然尊崇とも言うべき日本人の宗教観に改めて触れた思いがする。



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。