測候所楼上から見た日本人居住区

  大正8年 (1919)頃に観象山上の測候所楼上から撮影されたと推定される、大変に珍しい日本人居住区のパノラマ写真で、右端は台東鎮、左端は市場
  地区である。これらの地区内の建物・施設の殆ど全ては、第1次日本統治時代に青島守備軍および日本民間人の手によって開発・構築された。
           

  この写真にマウスのポインターを合わせると数字が出てくる。それぞれの数字の場所を下に記載したので、皆様の記憶と合わせてそれぞれの場所の
  詳細を思い出していただければ有難い。

  ① 若鶴山山腹の青島神社社殿域    ② 青島日本高等女学校         ③ 花咲町(武定路)界隈で、この中に第一小学校があった。
  ④ 大港の防波堤     ⑤ 市場町界隈で、この中に壮大な市場建物があった。   ⑥ 膠州町・上海町の交差点付近にあった普済医院建物。

 なお、原画はAki (弟)が名古屋の骨董店で最近入手したもの。このパノラマ写真は約100年前に三船写真館が何枚もの写真を合成し印刷したもので、
 継ぎ目が目立ちしかも部分的に不鮮明な箇所があり、経年劣化のために全体としてコントラストの低い写真となっていたが、Tad (兄)が何とかここ
 まで修復した。

                    【 写真出典:三船写真館 青島名勝写真帖 大正9年(1920)発行 】




                  青島物語 ーー 続編  (その24)


                           【 平成26年9月 】

              
            日本が建設・維持した主要な青島の建物 ー 1


1.前書き
 

 青島における日独戦役は、東洋における20世紀の戦争史の中でまれに見る激烈な攻防戦となり、数千発の砲弾が日独双方から打ち込まれ、戦闘地域では地形が変わるほどの激烈な砲撃戦となった。特に日本側からの砲撃は独逸側の砲台・堡塁に集中し、独逸側は我慢しきれずに砲撃戦開始後約10日で降伏したのだが、砲台から1KM程しか離れていない青島の住居市域には日本側からの砲撃の影響が皆無に近かった事を我々は忘れてはいけない。

 それは、市街戦を避け青島市街への砲撃を命令しなかった青島日本攻囲軍神尾司令官の配慮と、同様に青島市街戦を避けるために早期降伏を考えた独逸膠澳政府ワルデック司令官の決断が期せずして一致したことにあったのだろう。青島の都市美が今日まで持続された基礎は、実はこの点にあったのだ。(この詳細は本編その8を参照)

 日独戦役終結後、青島日本攻囲軍は青島守備軍に編成を改め、さらに守備軍配下に民政部を設置して、青島を軍港・要塞都市としてではなく、当時の中華民国においては初めての産業都市としての整備を前提とした都市計画を策定し推進した。
  (この詳細は 本編その13その14 を参照)

    (青字をクリックするとそれぞれの該当ページに移動します。このページに戻るには、画面左上にある「戻る」ボタンをクリックして下さい。)

 以下、第1次日本統治時代に日本が独逸から継承し、あるいは日本が建築した主要な建物を、これまでの説明と重複する部分もあるが紹介する。これらの建物は21世紀の初め頃まで、それぞれに青島の重要な建物として利用されてきたものが多いのだ。


1.青島区内の主要な建物

 独逸統治時代、青島区には独逸人を中心とした西洋人しか居住することを許されなかった。僅かに、それら西洋人住居で働く中華人使用人だけが、それらの住居内に住むことを許されただけであった。

 第1次日本統治下では、西洋人・東洋人を問わず、建築基準に従って住居を建設する限り、どの地域で誰でも住居を構えることが可能となったのだが、青島区では日本人ですら高級役人、大会社幹部社員以外は経済的にここに住居を構えることはできず、大部分の日本人は大鮑島区又は新たに開発された埠頭区(市場区も含めて)の日本人居住区に住んでいた。日本人居住区には多くの一般中華人も住んでいた。

 青島区内の主要な建物は、独逸膠澳政府の建設にかかるものが多かった。

 ① 青島守備軍軍 司令部
                                      (図-1)   青島守備軍 司令部庁舎  

 旧独逸膠澳政府庁舎は、日独戦役後、日本青島守備軍司令部
 の本部として使用された。
 この絵はがき写真は、何らかの記念日に撮影されたものであ
 ろうか。屋上の日の丸旗の他、正面門前に2本の日の丸旗が
 交叉掲揚されている。

 この庁舎は、建設後約1世紀にわたり、各世代の行政府・軍
 司令部として使用されてきた。

 この頃、庁舎前の道路はまだ舗装されていなかったようだ。

      【写真出典:みやげ館発行 彩色絵はがき】


 ② 青島守備軍 民政部
                                     (図-2) 青島守備軍 民政部庁舎         

 旧独逸膠澳政府裁判所は、第1次日本統治時代には守備軍
 民政部庁舎として使用され、青島の都市行政を一括して所
 管した。

 この民政部庁舎は司令部庁舎の斜め向いにあった。

 日本各省の役人が2~3年の任期で勤務していたようだ。

      【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】






 ③ 青島守備軍 憲兵本部
                                    (図-3) 青島守備軍 憲兵本部庁舎

 旧独逸膠澳政府警察本部庁舎が、守備軍憲兵本部庁舎となった。
 庁舎は青島駅に近い浜松町(湖北路)にあった。

 憲兵隊は行政警察・司法警察を任務とし、民政部の指揮下で将校
 以下約180名、それに中華人の巡補約100名が警備に当たった。
 青島市内及び近郊に10数ヵ所の派出所があったが、それら派出
 所の写真は全く残されていない。


    【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】





 ④ 青島駅舎

                                    (図-4) 青島駅舎と千葉公園
 青島駅舎は独逸膠澳政府により建造されたが、駅舎周辺は荒涼
 として手が加えられていなかった。

 大正4年 (1915)、日本軍臨時鉄道連隊はそれまで未整備で
 あった青島駅前に小公園を設置した。この後この小公園は千葉
 公園と呼ばれ、引き続き民政部の手によって整備が行わた。

 この写真が撮影された大正8年頃には、駅前の公園化はかなり
 進んでいたように見受けられる。

    【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】




 ⑤ 青島守備軍 民政部鉄道部

                                      (図-5)青島守備軍 民生部鉄道部庁舎
        

 この建物は、旧独逸膠澳政府統治時代には独華大学の校舎で
 あった。

 日本守備軍は独華大学を廃校とし、その校舎を民政部鉄道部
 庁舎として利用したのだ。

 日本守備軍が独華大学を廃校したことについて、日本人識者の
 中に非難する人がある。しかし日本守備軍は大学教育に代えて
 多くの中華小学校を設置した。この時期に大学教育を続ける事
 と普通教育を広げる事と、どちらが適していたのだろうか。

   【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】



 ⑥ 青島病院 総合診察棟建設
                                      (図-6)青島病院 総合診療棟
 青島病院は旧独逸野戦病院であって、日独戦役後しばらくは
 主に守備軍野戦病院として利用していた。大正6年、民政部の
 設置に伴い守備郡管轄下を離れ一般病院となり、内地から若手
 医師を迎え、さらに大正8年(1919)には総合診療棟を新たに
 建設し、診療科は9科目、外来患者は毎日平均400名を超える
 ほどの利用者があった。
 当時治療費は全額有料自費であったが、日本人の貧困者で関係
 官庁の証明を有するものに限り施療患者として無料治療を受け
 られた。

 なお、この期間中青島病院とは別に、広島町(広州路)に伝
 染病患者を治療する広島町分院があった。
 また新町(清平路)に新町分院が設置され、主にこの付近の
 特殊婦女の検疫、および中華人の診察を行った。
                                      【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】 
 その他、四方・李村にも日本民政部の管理にかかる医院がおかれていた。


 ⑦ 普済医院
                                         (図-7) 普済医院                                                       
  

 中華人の外来患者増加に伴い、大正8年(1919)に民政部は
 膠州町(膠州路)に中華人を主に診察する普済医院(2階建)
 を設置した。

 この医院の運営に関しては殆ど記録が残っていないが、
  「宋 連威 著:青島城市的形成」
 の中では、この「普済医院」が日本統治期における重要な建築
 物の一つとして指摘されている。

 このページのパノラマ写真 もご参照頂きたい。

      【写真出典:山東鉄道旅行案内 】




 ⑧ 青島市民会
                                          (図-7)青島市民会

 独逸統治時代、この建物は海員会館(Seemannshaus)として
 使用され、中華訳語では水師会館とも呼ばれた。
 
 第1次日本統治時代、この建物は「青島市民会」として使用され
 青島在住邦人の親睦を深める目的をもって社交的団体として設立
 された。
 会館は西洋式3階の大建物であったと記録されており内部内に
 は次の施設が設置され、クラブとして運営された。
    新聞・雑誌縦覧室、玉突場、演芸場、武道修業場
    囲碁・将棋室

 なお、最上階は実業協会に貸与され、事務所・商品陳列所とし
 て使用された。

 この建物は、山東省が中華民国に返還された後は「青島日本          【写真出典:高橋写真館 絵はがき】
 居留民団」屋舎として長く使用された。
                                      

                            

2.教育施設

 青島における教育制度・教育施設は、当時の内地の水準に比べると格段に高かったようだ。広大な学校敷地、建物はいずれも煉瓦造2階建て以上、蒸気暖房が完備していた。新進気鋭の教師が内地から派遣され、上級学校への進学率は内地学校に引けをとらなかったと言われる。それぞれの学校の校歌は、いずれも気宇壮大であった。



 ① 青島中学校                               (図-8) 青島中学校 校舎
 

 大正6年(1917)2月青島守備郡は軍令をもって青島中学校の
 設立を公布し、旭兵舎(旧イルチス兵舎)内に仮校舎を設置し
 た。初年度の入学生は第2学年生20名、第1学年生90名で、和服
 姿で入学したという。生徒達が制服・制帽で通学したのは入学
 1ヶ月後のことでであった。同年6月に民政部が設立され、全
 ての学校は民政部が管理することとなった。
 
 大正7年、旭兵舎内に寄宿舎が設置され、膠済線沿線を始めとし
 中華各地からの少年達も青島中学校に入学した。

 大正10年(1921)6月、前年に建築を開始した新校舎が落成し
 た。この校舎は桜ヶ丘校舎と呼ばれ、約5万平方メートルの敷地
 内に総建坪約4千平方メートル、煉瓦造2階建の日本国内にも
 まれに見る広壮な校舎であった。
 

 建設後1世紀を経た今日でも、この校舎は大学として活用         【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】
 されている。                            
                                     

 ② 青島高等女学校
                                       (図-9) 青島高等女学校 校舎
 
 大正5年(1916)4月、青島守備郡は軍令をもって青島高等女
 学校を設置することとした。万年町(江蘇路)にあった旧独逸
 女学校を仮校舎とし、初年度1年生から3年生まで67名を受け
 入れて授業を開始した。

 大正7年(1918)若鶴山山麓に新校舎が落成した。

 なぜ、女学校が中学より早く設立され、立派な校舎も建造され
 たのだろう。女学校設置令を公布した当時の第2代守備軍司令
 官大谷中将は、よほど粋な人物であったのだろう。




                                          【写真出典: ”青島満帆” より】



 ③ 青島第二尋常高等小学校
                                    (図-10) 建設当初の独逸総督府学校

 独逸膠澳政府は、明治38年(1905)に総督府学校を建設し、
 独逸人子女向けの中等教育学校として開校した。

 学校が落成した当時の写真を見ると、校舎は丘の上に建てられ
 ているだけで、道路らしい道路とて見当たらず、ましてや学校
 を囲む塀は全く見当たらない。

 日本統治が始まった頃、この学校の表門が面する佐賀町(広西
 路)は地図に記載されているのだが、裏門が面する湖南路は
 地図上に明示されていないものもあった。

 これらの点から推察して独逸時代、この近辺は未整備で、学校
 に塀はなかったのではないだろうか。                  【写真出典:青島で発行された独逸版の絵はがき】

                                   (図-11)大正8年当時の 第二青島尋常小学校
 

 大正4年(1915)青島守備軍は旧独逸総督府学校を青島日本
 小学校として開校し、230名の児童を受け入れた。その後急激
 に就学児童が増加したので、まず万年町(江蘇路)にあった旧
 独逸女学校跡を小学校分校として開設した。

 それでも増加する児童が収容できかったので、万年町分校を閉
 鎖して舞鶴浜(太平路)と葉桜町(館陶路)に分校を設置した。

 その後も就学児童の増加が大幅に見込まれたので、守備軍民生
 部は大正6年(1917)に埠頭区の花咲町(武定路)に小学校の
 新設を決定した。

 なお、この写真に見られる石塀は、新たに建設される第一小学
 校の工事に合わせて、守備軍民政部によって整備されたものと
 推量する。                               【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】



 ④ 青島第一尋常高等小学校

                                   (図-12)大正8年当時の 第一青島尋常高等小学校  
 大正7年(1918)4月、花咲町(武定路)に青島第一尋常高等
 小学校が新築開校した。敷地面積は約18,000坪、校舎建坪は
 約700坪であった。同年5月の児童数は尋常科生750名、高等科
 生87名、合計837名であった。

 大正11年(1922)には約13,000坪の敷地を購入し、運動場の
 拡張に充てることとした。この運動場拡張工事はこれから5年
 後の昭和2年(1927)に竣工した。
 これにより同校の敷地は日本一広大なものとなった。

 第一尋常高等小学校の開校に伴って、舞鶴浜分校と葉桜町分校は
 廃校となり、前者は私立幼稚園に、後者は私立青島学園にそれぞ
 れ払い下げられた。なおこれより先、万年町分校は青島高等女学
 校の仮校舎としてしばらくの間使用された。

 大正7年現在、青島市内の上記二校の小学校の他に、台東鎮に分       【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】
 校が、李村に小学校があった。その他、膠済鉄道沿線の淄川炭鉱、
 張店、坊子、青州並びに高密にも第一小学校の分校があったと記録
 されている。


3.舞鶴浜界隈
                                   (図-13)舞鶴浜通りの建物群
この写真に見られる建物は、独逸時代から長らく
このままの姿で舞鶴浜通り(太平路)の景色を
飾っていたのだが、これらの建物が第1次日本統
治時代、何に使用されていたのか文書記録が見当
たらず、私のホームページでも意識的にそのこと
に触れないようにしてきた。

ところが、大正8年に発行された
「青島案内:高橋源太郎著 仙波子之助発行」
の中に、これらの建物群の明確な記録があったの
で、ここに原文を引用して紹介することとする。
  (画面をポインターで触れると、番号が現れる。)               【写真出典:三船写真館発行 青島名勝写真帖】

 ① ② 旧ツェントラル・ホテル
  この建物は舞鶴町にあり 「グランド・ホテル」と改称され、現地人は大飯店と称するもので、これに東隣する新館とともに、青島最大
  の洋式旅館である。海水浴場の「海濱ホテル(ストランド・ホテル)」とともに大阪ホテルが経営するところである。
       (東隣する 新館② がいつ建設されたのか未確認。あるいは、第1次日本統治時代に建設されたのか?)

 ③ 旧プリンツハインリッヒ・ホテル
  舞鶴町にある独逸時代の旅館である。階上階下を合わせて約40の客室および、大食堂、読書室、舞踏室等が設けてあり、青島におけ
  る大建築の一つである。目下、階下を偕行社(陸軍将校クラブ)に充て、階上を官吏の宿舎に使用している。

    なお、このホテルに関して、東京に在住される福田様から次の質問メールを頂いた。
      1920年(大正9年)の手紙を手に入れました。その封筒と便箋に ”海沿大飯店:Pension Seaside” と記載があり調べまし
              たが解りませんでした。また、青島舞鶴町との記載がありました。
    これから推察されることは舞鶴浜通りのホテルと言うことだが、グランドホテルは ”海沿大飯店:Pension Seaside” と読んだ記
    録は全くないので、旧プリンツハインリッヒ・ホテルが大正9年頃には民間に払い下げられ、”海沿大飯店:Pension Seaside”
    として営業を開始していたのではないかと返事申し上げた。
    あるいは階下の偕行社部分はそのままにして、階上の宿舎部分を ”Pension Seaside" と呼んでいたのであろうか。

    この点について情報をお持ちの方はお知らせ頂けると有難い。

 ④ 旧獨亜銀行
  一名徳華銀行と言ってその創立は1898年であった。この銀行で特に注意すべき事は「獨逸膠州湾総督府の中央銀行として、常に官金を
  取り扱っていたこと」、「膠州湾その他の支那開港場においてメキシコドル銀貨、同ドル券に相当する銀行券発行の特権を持っていた
  こと」等であった。
  戦役後、日本に押収されて着々整理を実行した結果、公金を除く他の支那人・欧米人の個人預金は早くに払い出して終わった。
  現在銀行は閉鎖され、この建物は民政部土木部および水道事務所として使用されている。
                                             (本項は 2014.10.23 に追加改訂)


                        ≪ 本ページは次号に続く ≫

3.独り言

 第1次日本統治時代、守備郡民政府が建造した公共建築物は主として学校であるが、これらはいずれも当時の日本の学校建築基準に比べて遙かに雄麗であった。これらの学校には、第二小学校(旧独逸総督府学校)も含めて、学校敷地の全域を囲む立派な塀が建設されていた。
 これに対して独逸膠澳政府が建造した施設には、写真で見ると学校は勿論のこと兵営を含めて、敷地全域を囲む塀が設置されていなかったように見受けられる。
 なぜ日本守備軍民生部が、学校施設にだけ塀を建設したのか、理由は不明だが興味のある事実である。又、後から開校した花咲町の小学校が「第一小学校」、日独戦役後の翌年から授業を開始していた佐賀町の小学校が「第二小学校」と命名されたのはなぜだろうか。

 次に、太平路にあった日本総領事館は、第1次日本統治時代には総領事館としては全く使用されずに、民政部の一部局庁舎として利用されていた事が確認できた。これが総領事館になったのは、青島が中華民国政府に返還されて以降のことである。

 今回のページを編集するに当たって主に参照した資料は次の通りである。

       ・戦後の青島      青島日本守備軍民生部埠頭局  大正4年(1915)発行
       ・青島要覧       青島日本守備軍民政署     大正7年 (1918)発行
       ・山東鉄道旅行案内   青島守備軍民生部鉄道局    大正10年(1921)発行
       ・青島名勝写真帖    三船写真館          大正 9年(1920)発行
       ・青島城市的形成    青島出版社 (宋 連威著)      (1998)発行
       ・青島案内       高橋源太郎著   仙波子之助(久松閣:東京) 大正8年(1919)発行 (追加)


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。