海軍桟橋の先端から撮影した舞鶴浜通のパノラマ写真

  大正8年 (1919)頃に海軍桟橋の先端から撮影された、舞鶴浜のほぼ全域をカバーした写真で、類似の条件で撮影された写真は他にないといえるほど
  珍しい写真である。
  
  この舞鶴浜通の建物は独逸時代に建築されたものばかりで、第1次日本統治時代、この区域には新規建設された建物はなかったと推量される。当時の
  守備軍民政部が、青島の都市美を維持するために厳格な建築基準を施行していたことを、その成果とともに正当に評価すべきであろう。

  この写真が撮影されたとき、桟橋の先端に廻瀾閣はまだ建設されていなかった。
  また、後年この景色の中にランドマークとしてそびえ立っている ”カトリック教会” の尖塔も、この年代にはまだ存在していなかった。

              
     このパノラマ写真は三船写真館が発行した「青島名勝写真帖」から借用したもの。今から100年前の写真はガラス乾板に撮影されたもの
     であるから、画像の接合は容易ではなかっただろう。事実このパノラマ写真は5枚以上の写真を接続したと思われ、接続部分の歪みが認
     められた。しかもこの写真は2ページにまたがって印刷されており、2ページの中央部分は上下にずれていた。そのパノラマ写真を見や
     すく修正して掲載したのだが、部分的に修正傷があることはお許し頂きたい。

                 この記録写真を後世に残した、写真家「三船秋香氏」に敬意と謝意を表する。
  

                  【 写真出典:三船写真館 青島名勝写真帖 大正9年(1920)発行 】




                  青島物語 ーー 続編  (その25 )


                           【 平成26年12月 】

              
          日本が建設・維持した主要な青島の建物 ほかー 2


1.前書き

 青島日本守備軍及び民政部は、その統治期間中、青島区については新規に建物を建設することなく、その景観を維持するにとどめ、都市開発を山東町(現在の中山路・徳県路交差点付近から北段)及び市場地区、埠頭区、並びに四方・滄口区に重点を置いてきた。

 これらの地区における道路開発・住宅建設に関しては、実は写真記録が多くは残されていない。ここで掲載する写真は数少ない民間の記録写真で、主に三船写真館発行の「青島名勝写真帖」を中心にしてとりまとめた。

 ごく最近、国会図書館の「近代デジタルライブラリー」の中に、青島守備軍が編集・発行した「青島軍政史」があるのを発見した。この軍政史は全5巻、2000ページを超える大記録である。軍務記録が大半であろうかと思いつつ目を通したところ、何と軍務記録はごく一部であって、大部分は青島復興のための行政記録、経済・社会活記録及び関連諸統計であり、私達兄弟にとってはまさに宝の山であった。

 また、千葉在住の福田様がわざわざ国会図書館まで出向かれて、インターネットでは入手できない軍政時代の青島地図をコピーして送り届けて下さった。有難いことである。

 これらの貴重な資料を基にして、第1次日本統治時代の青島の開発記録をとりまとめることとする。




1.台西鎮地区
                                     (図 25-1)台西鎮地区 主要道路建物地図
 a. 住宅地域

 第1次日本統治時代における台西鎮地区の都市計画は、青島駅西部に
 主として中華人の居住地区を建設する事としたが、この地図が発行さ
 れた大正8年(1919)前には、道路計画は整備されていたものの住宅
 建築が着工されたばかりであったようだ。

   (この地図にポインターを合わせると番号が表示されます。)

 ④ 独逸統治時代に建設された中華人住宅地区
 ⑤ 青島守備軍が中華人住宅地区として、まず道路を建設した。

 やや見にくいが、道路を示す線が細く表示されているものは独逸時代
 にすでに建設されたもので、線が太く表示されているものは青島守備
 軍が建設したものである。

 b. 主要な建物

  憲兵隊本部庁舎
 ② 青島駅舎 (駅前に公園があった。)

 これらの建物は、それぞれに尖塔屋根を有していたので、上のパノラ
 マ写真の左側にそれらしい屋根を微かに認めることができる。

 なお独逸統治時代には、青島駅構内から海軍(青島)桟橋にまで
 90度に湾曲して鉄道線路が敷設されていたが、大正8年頃には地図
 に示すとおり、日本守備軍により撤去されていた。              (地図出典:青島市街図 久松閣 大正8年発行)

 守備軍民政部鉄道部庁舎
 この庁舎は上のパノラマ写真の最左端にある、旧独華大学校舎である。

 (①~③ の建物は前話で掲載しているので、ここをクリックして写真をご覧下さい。ここに戻るにはIE画面左上の”戻るボタン”をクリックして下さい。)

  避病院
 青島守備軍は、この地で毎年発生する細菌性流行病(コレラ、腸チフス、赤痢など)の患者を隔離治療するために、台西鎮に避病院を建
 設した。地図で見る限り、かなり広大な敷地に建設されたようだが、残念ながら、写真は全く見当たらなかった。

 ⑦ 屠獣場
                                         (図 25-2)屠獣場
 青島の租借後、独逸膠澳政府は現地の劣悪な衛生環境を改善
 するために上下水道・医療施設の充実とともに、食肉衛生の
 安全確保のため、1902~1907年にかけて大屠獣場を建設し
 た。ここで処理された食肉は単に青島の食肉需要を充足した
 だけではなく、その後、ロシア極東地域、フィリピン、本国
 独逸に対する重要な輸出品目の一つとなっていた。

 日独戦役終結後、屠獣場は業務を停止していたが、戦役締結
 の翌年1月から守備軍の直営事業として運営が開始され、戦
 闘に伴う施設の復旧工事、並びに屠獣、製氷・冷蔵、検疫な
 どの一連の業務は、同年6月に完全に回復した。
 ただ、日本本土への輸出は、当初検疫上の問題が生じたこと
 もあって中々増加しなかったが、軍政から民政に移行した大
 正6年頃には検疫問題も解決し、特に軍用を中心として日本
 への牛肉輸出量が増大した。                              (写真出典:”青島満帆” より)

 青島で処理される生牛は主に河南省、山西省、四川省、直隷省
 等から山東鉄道で運送されてきた。内陸から輸送されてきた生牛の多くは、この後山東牛として生牛のままロシア極東地域等に輸出され
 るようになった。

  発電所
                                                (図 25-3)発電所
 日独戦役においてこの発電所は日本軍の砲撃対象となり、煙突・建物は破壊され、青島へ
 の電力供給は全て停止となった。

 戦役後、青島守備軍が調査の結果、砲撃被害は小煙突・建物に留まり、発電施設の被害は
 軽微であったので、獨逸捕虜の中から元発電所職員を招致して修理に当たらせ、同時に送
 電線路の補修も開始した結果、戦役終了後8日目にして青島守備軍本部、民政部、野戦郵
 便局等への送電が再開できた。さらにその1週間後には、下水排水用ポンプに給電を開始
 した。

 発電再開当時の出力は500KW足らずで、独逸統治時代に家庭灯火電力はごく一部の家庭
 にしか供給されていなかった。

 守備軍は、獨逸が準備していた1,000KW発電機の据え付けを三井物産(株)に請け負わせ
 戦役終了の翌大正4年5月に着工し10月末に完工した。そこで翌11月、守備軍は青島発電所
 給電規則を改正し、「給電線の通過する付近に限り公私の需要に応じて電気を供給する」
 こととしたのである。これに伴って、翌大正5年12月末に電灯供給戸数は2004戸に、10燭
 換算の使用電灯数は27,110灯となった。

 独逸統治時代、街灯が設置されたことが喧伝されているが、その電気街灯設置数は僅かに
 72灯(弧光灯:アーク灯)であった。守備軍は街灯を順次増設し、大正6年9月末現在の  (写真出典:日独戦役記念写真帖
 街灯数は628灯(電灯)に達したと記録されている。                        三船写真館 大正4年発行)

 電線は順次市内各所に敷設された。なかんずく、中華人地区に対しても十分な配慮が払われ、大鮑島区は勿論のこと、遊内山灯台の電気
 点灯に際して台西鎮中華人区内に電線を通過して架設した。小港の各灯台の電気点灯に際して小港周辺の中華人区内への電線を架設、若
 鶴兵営への電線架設とともに台東鎮中華人区内への電線も架設した。

 ⑨ 海軍防備隊
                                       (図 25-4) 海軍防備隊基地


 この施設は元来独逸海軍が水雷艇庫として使用していた。
 
 日独戦役後、日本海軍は主力艦隊を日本に帰国させ、編成替え
 を行ってここに海軍防備隊を設置し、小型巡視艇などを配置し
 て港湾の防備に当たらせた。


    (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)







2.青島市内中央部地区

 a. 主要な地区区分
                                      (図 25-5) 青島市内中央部地区
    (ポインターを地図に合わせて数字を読んで下さい。)

 ・青島区 (青線で囲んだ範囲)
  旧欧米人居住区であるが、日独戦役後は誰でも居住できるよ
  うになった。しかし建築基準が厳しく、家賃も高かったので
  欧米人、日本人上級役人・会社幹部が主に居住した。

 ・中華人居住区(茶線で囲んだ範囲)
  主に中華人が居住する地区で、大鮑島区、台西鎮、小港の
  周辺である。中華人と直接取引を行う日本人小貿易商など
  もこの地区に居住し営業を行った。

 ・市場地区 ー (日本人居住区 赤線で囲んだ範囲)
  独逸統治時代にはここは窪地で河溝が流れ、かつ煉瓦製造所
  があった事から ”大窯溝” と呼ばれていた。日独戦役後ここ
  は青島区部に接した地区であったことから、青島守備軍は
  ここを日本人居住区と定め、最初に開発を進めた。
  日本人小売商店街、及び遊興・飲食街が中心であったが、中
  華人小売商店もここで多く営業していた。

 (獨逸煉瓦製造所時代の様子を見るにはここをクリックして下さい。
  ここに戻るにはIE画面左上の”戻るボタン”をクリックして下さい。)

 ・埠頭区 ー(日本人居住区 緑線で囲んだ範囲)
  独逸統治時代は埠頭区と呼ばれていたが、主要道路が敷設
  されていただけで、住宅は殆どなかった。
  この地区は市場地区と、後に工場地区となる台東鎮地区に
  隣接していたので、日本人経済中心地区、及び第一小学校
  を中心とした日本人住宅地区として急速に開発された。
  勿論、中華人小売商店もこの地区で営業していた。



 b.建物・道路                              (地図出典:青島市街図 久松閣 大正8年発行)

          (以下に紹介するの建物写真は "前24話” に掲載されていますので、ここをクリックしてをご参照下さい。)
                     (ここに戻るにはIE画面左上の”戻るボタン”をクリックして下さい。)


  青島守備軍司令部 (写真省略)

  明治39年(1906)に獨逸膠澳総督府として完工した。建物は豪壮であるが、それ以上に、この建物周囲の地形と道路の配置が、背後の
  八幡山(観海山)から舞鶴濱(太平路)まで、見事に左右対称に均衡をとって設計されている。(上図参照)
  
  青島日本第二小学校 (旧独逸総督府学校) (写真省略)
  福音教会 (略称:時計台)       (写真省略)

 これら2棟の建物の所在地は厳密に言うと青島区ではなく、別墅区に分類される。従って建築基準は青島区より更に厳しい。従って第1次
 日本統治時代には、この地区で一般住宅が建設されることはあまりなかったようだ。

  青島病院 (旧独逸膠澳政府野戦病院)  (写真省略)

 この病院は軍政時代には陸軍野戦病院として使用されいたが、民政時代に入ると一般病院となり一般市民患者を多く受け入れていた。
 この地図には、民政時代になって建設された総合診療棟が示されている。

 久留米町 (湖南路)
                                      (図 25-6) 久留米町 (湖南路) 
 独逸統治時代、久留米町は大村町(安徽路)とともに住宅地と
 して開発が進んだ。日本統治時代にも、日本高級官僚や大会社
 幹部はこの界隈に居住していたと思われる。

 ただ、何故かこの頃の久留米町を紹介する写真は日本の記録に
 ないので、独逸版絵はがきで紹介する。

 交差点を左右に走る道路は静岡町(山東路南段)で、道路を前方
 に湖南路を進むと坂道を上り、守備軍司令部の前に出る。
 アーク灯の街灯が道路の中央にあるのが面白い。


                                    (写真出典:青島で発行された独逸版絵はがき)
  馬関町 (曲阜路)

  馬関町は静岡町(山東路南段)と交叉し、独逸統治時代にはこの坂を        (図 25-7) 馬関町・静岡町の交差点 
  上がった所に獨逸カトリック教会があった事などから、馬関町は
  獨逸市街の中心地であったようだ。 

       (ポインターを画面に合わせて下さい。)
 
  この建物は、独逸時代は「ハンブルグ=アメリカ汽船」の社屋で
  あったが、第1次日本統治下では「天和薬房」が経営していた。
 
   この建物について獨逸統治下の記録はない。

   日独戦役後間もなく、ここに日本基督教会、日本基督教青年会が設
  立された。
  吉利平次郎氏は、その教会牧師との協議で教会礼拝堂を使用して、
  大正5年4月(1916)「青島英学院」(夜学のみ)を設立した。
  この英学院は ”青島学院商業学校” の前身であった。
  
  獨逸カトリック教会

  この教会は独逸統治時代に建設された。

  第1次日本統治時代中もこの教会は存続していたにもかかわらず、その
  活動に触れる記録はなく、かつその写真もこの絵はがきを除いて全く
  見られなかった。
  
  この絵はがきで注目すべき点は、馬関町の坂道はまだ舗装されていない
  事だ。  
  後年に発行された馬関町(曲阜路)の記念写真や絵はがきを見るとこの坂道   (写真出典:青島で発行された彩色絵はがき 発行者不詳)
  は石畳で舗装されている。

  1930年代にこの教会は撤去され、2塔屋根を持つカトリック教会聖堂が新設された。



  深山町 (河南路) ーー 三船写真館

 この道路は、第1次日本統治時代になって山東町(山東路北段)        (図 25-8)深山町 と 三船写真館
 とともに、商業地区として発展した。

 深山町で最も有名な店舗は ”三船写真館” であった。館主は
 三船秋香(本名:徳造)で、日独戦役時、日本最初の個人従軍
 写真家として貴重な写真記録を出版、戦役後も青島の復興記録
 を写真帖として発行した。

 獨逸膠澳政府は公的記録として写真を撮影し、それは今日でも
 "Deutsche Bundesarchiv” に保存され一般の閲覧に供されて
 いる。
 これに対して、日本はその統治期間中の行政記録写真を残して
 いない。そのような中、三船写真館が発行した記録写真帖は
 青島の歴史を回顧する上で得がたい貴重な資料となった。
                

 三船写真館は大正15年に青島での営業を停止した。          (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)
 一家は大連に移り、 ”スター写真館” を開業した。この後三船は
 満州各地の風景写真帖を発行した。



  山東町(山東路北段)
                               
       (図 25-9) 山東町  (山東路北段)

 
独逸統治時代、山東町(山東路北段)は中華商人街の中心部で、
 道路両側には商店が建ち並んでいた。

 日本統治時代に入るとこの地域に日本商人が入り込み、この先の
 所沢町(堂邑路)、葉桜町(館陶路)とともに日本人経済区を
 形成した。

 大正6年以前には、山東町でも舗装されていなかった。

    (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)






 
 北京町 (北京路)                         (図 25-10) 北京町  (北京路)


 北京町と隣接する天津町は、独逸統治時代、輸出入業者が
 軒を並べ、繁忙を極めた。

 日本統治時代に入ると輸出入業者は所沢町方面に移動し、
 ために街頭は寂寞として昔日の面影がなくなったという。
 


   (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)







            ーーーこれから紹介する青島北部の地区は、ほぼ全域が日本人によって開発された。ーーー


  所沢町(堂邑路)と新郵便局 
                                    (図 25-11) 所沢町(堂邑路)と新郵便局
 
 


 この場所は5叉路で、画面後部方向は山東町、正面方向は
 所沢町(堂邑路)、右方向は市場町三丁目、左方向は早霧町
 (冠県路)、左斜め後ろ方向は済南町(済南路)である。
 

 右角の建物は新郵便局で、佐賀町(広西路)の野戦郵便局
 から郵便業務を全て移設してきた。

 この郵便局に隣接して所沢町沿いに
   朝鮮銀行、伊藤忠商事、三井物産、江商、正金銀行
 が立ち並んでいた。



                                   (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)


  市場町2・3丁目(市場二・三路)と新市場

 新郵便局と並んで、市場町3丁目(市場三路)に新市場が建設さ      (図 25-12)  市場町三丁目(市場三路)と 新市場  
 れた。二階には日本人小売商が多く店を開いていたが、一階
 には生鮮食料品を中心とした中華人商人が多く開店していた。


   独逸時代には、中華人を含め市内住人は大鮑島区より
   南側に集中していたから、当時の魚菜市場は濰県町
  (濰県路)の四方町よりに、多くの露天商を集めて開
   かれていたのだ。


 なお、市場町三丁目を正面方向に進むと丘陵があり、その上
 に中野町、新町という遊興・飲食店街があった。



                                  (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)



                                  (図 25-13) 市場町二丁目から賑町を眺める



 この市場の裏側には多くの日本商店街が並んでおり、この
 地区はまさに日本人居住区であった。


 右の写真は市場町二丁目(市場2路)から賑町(陽穀路)を
 撮影したもの。僅か4~5年の間に、旧煉瓦工場が軒を連ね
 た商店街に、よくも生まれ変わったものだ。

 





                                    (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)


  薄雲町(莱州路)と 葉桜町(館陶路)
                                   (図 25-14)薄雲町(莱州路)と 葉桜町 (館陶路)
 
所沢町(堂邑路)を北進するとこの交差点に出る。

 左側は薄雲町(莱州路)で左側の鉄道線路沿いに直進すると
 大港駅前に出る。

 右側の道路は葉桜町(館陶路)で、この道路の両側には青島の
 主要日本企業が店舗を構えていた。

 大正9年、日本守備軍の発令で官営の "青島取引所” が葉桜町
 に設立された。取引物件は「落花生実、落花生油、錢鈔、証券」
 であった。  (正面建物の保有企業名は不詳)
 
   



                                     (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)

  青島病院新町分院  (写真未入手)

 日本人居住区の人口増に対応して、軍政部は新町に「青島病院新町分院」を設置した。この病院は一般診療科の他に、この地区における
 酌婦・遊女の検疫を行う専門診察科も設置されていた。

 新町分院は日本人とともに中華人の受診を受け付けていたが、中華人受診者の増加に対応して、分院構内の一角に中華人専門病院を設立
 した。この病院は「普済病院」と呼ばれた。 (図 25-17)参照。


 ⑭ 中野町(聊城路)、新町東・西通り(清平路・臨清路)

 獨逸膠澳政府は大鮑島区と埠頭区を丘陵部で結ぶ道路として、”Lazarett Weg"と、これに連なる ”Prinz Wilhelm Strasse" を建設した。
 前者は日本統治時代になると ”中野町"、後者は ”若葉町” と呼ばれたが、日本守備軍がこの地域を開発するまで、道路の両側は ”茫々と
 した草地であった” と記録されている。

 中野町(聊城路)に関しては、第1次日本統治時代の写真は全く見当たらなかった。この町は "市場地区” を見下ろす丘陵上にあり、か
  つ幹線道路であった事、更に丘陵からの階段を降りれば ”そこは青島市場” という事で、商店街として繁盛していた。


                                       (図 25-15) 新町界隈の遊郭

 新町東・西通り(清平路・臨清路)は、日独戦役後に流入し
  青島各地に乱立した飲食・遊興業者を統制する目的で、守備
  軍がこの地区を三業(料亭、待合、置屋)の指定地域と定め、
  1年以内に全ての関係業者をここに移動させたという経緯で
  生まれた、いわゆる遊郭地区である。

  建物外観は青島の建築基準に従っているので他の建物と大差
  はないが、この2本の町並みに何十軒もの三業業者が立ち並
  んでいたそうだ。
  写真の道路は新町東通りであろうか。

   


                                     (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)


  呉淞町(呉淞路)
                                    (図 25-16)  呉淞町  (呉淞路)
 

 この道路は獨逸統治時代に作られた。市場地区と埠頭地区の
 境界にあり、所沢町(堂邑路)と交叉しているために商業地
 域として中規模の輸出入業者、旅館、印刷業、家具店などが
 店舗を構えていた。

 当時としては珍しい3階建ての建物がみえる。

    (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館 大正9年発行)





  青島日本第一小学校 (写真省略)

  日本でも一・二を争うほどの広大な敷地と建物を持つ小学校であった。地図で見ると判るように、学校のグラウンドの前に傾斜地があ
  り、この土地を購入して数年後には更にに広大なグラウンドを建設し、青島における日本人居留民の全体行事の開催に備えた。


  小港地区  (写真なし)

  小港地区は、日独戦役後も戎克船による沿岸貿易が活発であったので、小港沿いには戎克船員相手の商店が建ち並んでいたが、この地
  区全体としては荒蕪台地であったようだ。

  守備軍はここを中華人居住区として開発するために、早くから道路建設と区画整備、上下水道の敷設ならびに電線架設を進めたので、
  この地区には大港に繋がる早霧町(冠県路)とともに、急速に中華人住居が増加した。

  又中華人と直接取引する日本人貿易商、大港を出入りする日本商人向けの旅館、輸出入商品の運送・保管を取り扱う日本運送業者や通
  関業者なども、この地区に店舗を構えた。
  この地区は、中華人居住地区の中に最も多く日本人が居住し、営業を展開した場所であったと言えるだろう。



3.日本はどのように土地開発を進めてきたか

 青島における日独戦役が締結したのは大正3年(1914)11月である。日本はただちに軍隊の編成を青島攻囲軍から青島守備軍に切り替えたが、息つく間もなく流入する大量の日本人に対して住居と職業の場所の提供に迫られた。その解決策の一つが、大鮑島区に隣接する窪地とその上部にある丘陵地の宅地化であった。この窪地には獨逸の煉瓦工場があった。

 かねてより我々兄弟は、日本守備軍がどのようにこの地区の開発を展開したのかを知りたかったのだが、その関連資料を中々入手できなかったので、入手した写真からの類推を、誤りがあればお許し頂くと言うことで、この青島物語の編集を進めてきた。
 ところががつい最近、国会図書館に青島守備軍がとりまとめた「青島軍政史5巻」があることを知ったので、取り急いで全巻に目を通したところ、かねてよりの疑問であった煉瓦工場のあった窪地と隣接する丘陵地の開発記録を発見した。

 そこで、「中野町・新町地区」の土地開発が、どのような作業工程のもとにどのような工期で達成されたかを以下にまとめてみよう。
 計画範囲は、(図 25-5)で示す ⑬ ⑭ の地区である。

      開発計画名称 ”上の煉瓦工場付近市街地工事”
                                         (図 25-17)   新町公園
    工 事 名 称        起工年月日     竣工年月日
  ・下水新設         4年 9月18日    4年10月30日
  ・道路新設         4年10月10日    5年 2月10日
  ・路面並びに水道新設    4年11月 2日    4年12月22日
  ・一般車道新設       4年12月28日    5年 2月10日
  ・遊園地新設        5年 3月17日    5年 4月10日
  ・道路延長及び一部改築   5年 5月16日    5年 4月25日
  ・遊園地植樹        5年 3月17日    5年 4月10日
  ・埋め立て市街地新設    5年 5月17日    5年11月10日
  ・道路接続         5年 6月18日    5年 6月30日
  ・2間道路新設       5年 8月12日    5年 8月12日
  ・汚水管延長        5年 9月15日    5年10月 4日
  ・雨水管新設        5年11月16日   6年 3月26日
                                    (写真出典:山東風景写真帖 守備軍民政部鉄道部 大正9年発行)
                                          背景の建物は普済病院と思われる。


 簡単にとりまとめると、青島守備軍は大正4年9月に「上の煉瓦工場付近市街地工事」を起工し、道路の新設と平行して水道・下水道を
 新設、更に遊園地を新設・植樹し、既設道路との接続を完了して、大正6年3月、起工後1年6ヶ月で市街地工事を完了した。

 この後、一般民間人がそれぞれに建築基準に従って住居・事業用の建物を建設するのだが、それらの努力の成果が(図 25-11)から
(図 25-17)に示されているのだ。新設された遊園地は新町公園と改称され、すでに子供達は公園の池で遊んでいる。

 これらの写真は、青島守備軍が市街地工事を開始してから僅か約4年後に撮影されたものである。



4.道路の舗装、その他

 この物語(後編 その15)で、青島の道路にアスファルト舗装 (ター道路)を行ったのは獨逸でなく日本であることを写真で説明した。
          ここをクリックすると該当ページに移動します。元に戻るには "IE画面の戻るボタンをクリック " して下さい。

 最近、国会図書館で発見した「青島軍政史」には、青島守備軍が行った道路舗装実施状況が記録されているので、それを紹介する。

                                     (図 25-18) 舗装された山東町(山東路北段)
 ター道路の完成:独逸時代に半成のまま中止せし下記道路をター道路に
         完成す。(原文通り)


   道 路 名      延長距離     道 路 名    延長距離
 万年町(江蘇路)    900m    忠海町(南海路)  120m
 治徳町(徳県路)    100m    司令官邸道路    559m
 久留米町(湖南路)  1,122m    佐賀町(広西路)  228m
 舞鶴浜通(太平路)   1,013m    熊本町(日照路)  122m
 静岡町(山東路南段)  878m    その他大港埠頭    各所
 山東町(山東路北段)  491m
       




                                     (写真出典:青島今昔記念写真帖 青島博文堂 大正10年発行)
                                           (図 25-9)と比較して下さい。

 この記録から見ると、守備軍は青島区の主要道路と大港埠頭道路をター舗装したことが明らかとなった。ただし、その他の地区の道路に関しては、軍政時代には舗装されなかった。民政部が青島の行政を管掌するようになってから、引き続いて道路舗装が行われたと推量されるが、残念ながら、記録を発見するに至っていない。

 なお、独逸膠澳政府は全ての道路に歩道を設け、歩道と車道の境界に縁石を敷いたとされいるが、守備軍の記録によると埠頭区の道路に関しては水道・下水道は敷設されていたものの、縁石が敷かれていなかった道路が少なくなかった。(例:中野町、呉淞町)
 守備軍は「市場地区」「埠頭区」「小港地区」の市街開発を進めた際に、獨逸が縁石を敷設していなかった道路は勿論、守備軍が開発した道路名を有する道路の両側には、全て歩道と縁石を敷いたようだ。

 この点に関する文書記録はないが、守備軍が開発した市街を撮影した記録写真帖などを見ると、全て歩道が設置され縁石が敷かれている事が写っている。街路樹も植えられている。

                          ≪ 本編は更に続く ≫


5.後書き

 今回、主に参照した資料は次の通りである。

  ・青島軍政史   青島守備軍軍政史編纂委員会編纂   陸軍省 昭和2年(1927)出版
  ・青島守備軍下の食牛開発  河端正規著   立命館大学人文科学研究所紀要 (82号) 
  ・青島名勝写真帖   三船秋香編集    青島 三船写真館 大正9年8月発行
  ・青島市街図    久松閣     大正8年発行



6.独り言

 ここで取り上げている、青島における日本守備軍の市街化記録は、今から約100年前の話である。
          
 今から100年前、日本の都市・住宅はどのようであっただろうか。言うまでもなく当時の日本の都市では木造建築が主で、上下水道は殆ど未整備、歩道や街路樹のある道路も殆どなかった。

 そのような時代に日本から遠く離れた青島で、上下水道完備・道路の両側に歩道があって街路樹が植えられ、市内中心部にはター舗装された道路があるような近代都市開発と、煉瓦造りで耐火性能に強い住宅建設を、日本青島守備軍と民間日本人が短期間に完成させた事は、今でも想像を絶する。驚嘆する。

 現在でも日本では、歩道はなくましてや街路樹もない道路は、大都会でもざらにあるではないか。

 一体誰がこのような計画を、日独戦役直後の短期間に計画したのだろう。都市計画を実行するには他額の資金を必要とするが、その支出を誰が承認し、どのように資金を調達したのだろうか。

 100年前、土木建設重機など全くない時代、工具と言えばつるはしとシャベル、運搬具と言えば天秤棒ともっこだけの時代に、中華人作業者を使いその作業者のための住居まで建設し供給しながら、青島の市街化計画を短期間に達成した我々の父母・祖父母の世代の先輩の熱意と努力に、我々兄弟はは心から ”ご苦労様でした” と敬意を表する。 


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。