青島物語 -- 続編 (その26)
                           【 平成27年3月】


            日本が開発した金融産業地区と台東鎮工場地区

                 (上の地図にポインターを合わせると、主要な地区・建物などが表示されます。)


                       前 書 き

  
ドイツ膠澳政府はその都市開発を大鮑島区の北側まで(上の地図上で緑線で表示)とし、その境界線より北側では港湾・鉄道施設
  及びこれに付随する建物を建築しただけで、居住用建物は全く建設されていなかった。生産施設といえば、独逸人の嗜好を満たす
  ためのビール工場だけであった。

  
これに対して青島日本守備軍は、独逸膠澳政府が開発した青島区・大鮑島区の建物には殆ど手を触れることなくそのまま維持した。
  一方で
獨逸が都市開発を進めなかった大鮑島区北部の広大な地域に、日本守備軍は「金融産業地区」「一般住宅地区」「台東鎮工場
  地区」「四方・滄口工場地区」を建設した。

  獨逸統治時代、青島は「軍港・要塞・貿易都市」であったのだが、日本統治時代、青島は「工業・貿易都市」として大転換を遂げ
  たのだ。その期間は、日独戦役終了時の1914年11月から日本が中華民国政府に山東返還を行った1922年12月までの、僅か8年間
  なのだ。(獨逸の青島租借期間は16年であった。)

  
台東鎮工場地区及び四方・滄口工場地区の開発については、本編(その20 青島における近代工業の展開)で取り上げているので、
  ここでは「金融・産業地区」及び「日本人居住区」の開発について取り上げることとする。
    (青色下線部分をクリックすると “その20“ に移動します。このページに戻るには、IEの左上にある「戻る」ボタンをクリックして下さい。)


                 【 地図出典:青島案内付図-部分  ただし発行所、発行年月の 記載はない。




 1.金融産業地区・埠頭区

 金融産業地区とは、大まかに言って堂邑路・館陶路に沿って設立された、金融機関、貿易商社、建設業者、商船会社、中小専門輸出入業者などが密集した地区を指す。

         (以下の「丸数字」は上の地図の番号と対応していますので、適宜、参照して下さい。番号順は一部で前後しています。)

 ① 郵便局 ③堂邑路
                                    (図26-1)郵便局 及び所沢町の主要な企業
  当時、通信手段は郵便が主であり、金融・輸出入商社のように海外か
  らの情報を緊急入手する必要がある場合には、郵便局の近くに社屋を
  構えていたようだ。

  主要な企業は郵便局と並んで、所沢町(堂邑路)の東側(右側)に社屋
  を構えていた。郵便局から順に、朝鮮銀行、江商、伊藤忠、三井物産
  が並び、道路一筋隔てて横浜正金銀行と続く。
  三菱商事は市場1丁目に事務所があった。
  
  ここで、当時における輸出入取引決済について考えてみる。

  清国末期以来、1949年に中華人民共和国政府が樹立されるまで、
  中国には統一された国内通貨は一度もなかった。また国内全域に
  支店網を有する全国的規模の銀行も存在せず、中国国内の遠隔商
  取引決済には「錢莊」と呼ばれる小規模の金融業者が介在していた。    (写真出典:山東鉄道旅行案内 民政部鉄道部大正10年発行)

  このような環境の下で、青島と海外の取引はどのような決済手段で行われていたのだろうか。おそらく、唯一青島に支店を設置してい
  た横浜正金銀行を通じて日本-青島間の取引決済は行われていたのであろう。日朝間貿易には朝鮮銀行が介在していたのであろう。
  その他、日昇銀行、青島銀行(いずれも日系)、正隆銀行、龍口銀行(いずれも日支合弁)、中国銀行、山東銀行、東莱銀行(いずれ
  も支那系)の銀行がこの当時に存在したと記録に残っているが、どのような機能を果たしていたのであろうか。
  中華民国固有の錢荘とともに、この当時の各種金融機関の役割を分析した研究論文があってもよいと思うのだが、私は残念ながら今ま
  で見たことがない。

  次の欧米系銀行が青島に支店を設置していた。
           ・獨亜銀行  ・香港上海銀行  ・麦加利銀行   ・露西亜銀行

  (本件に関しては「戦後の青島=青島埠頭局1915年発行」「青島要覧=青島民政署編1918年発行」にかなり詳細な記述がある。)

  なお、堂邑路には銀行・商社が軒を連ね青島経済で重要な位置を占めていたが、全長は僅か数百メートルという短い道路であった。


 ② 市場(勧業場とも呼ばれた)
                                       (図26-2)市場 及び 市場町3丁目
  日独戦役後暫くの間、生鮮食料品を取り扱う「魚菜市場」は
  独逸時代に引き続いて治徳町(徳県路)と濰県町(濰県路)の
  交差点から北の方にあり、店舗数は約70店であった。

  守備軍民政部は、大鮑島区に接する煉瓦工場跡地を日本人居住
  区と商業区とする目的で都市開発を進め、堂邑路の郵便局が落成
  すると局裏に広大な公設市場の建設に着手し、大正7年(1918)
  11月に完工した。
  建物は写真に見られるように中庭のある「ロの字型」2階建てで、
  1階には中華人を主とした魚肉・野菜店舗が並び、2階には日本
  人により各種の日用雑貨が販売されていた。

  この公設市場の裏側(市場町1丁目・2丁目)には実に様々な
  小売店、旅館、理容店等の店舗が民家とともに50店以上密集していた。  (写真出典:山東鉄道旅行案内 民政部鉄道部大正10年発行)

  この市場の前の市場町3丁目(市場3路)を右へ進むと電気館(活動写真館)があり、更に進むと階段があってこれを登りきると中野
  町(聊城路)に出た。

 ④ 中野町、 新町

 第1次日本統治時代の中野町(聊城路)の写真は今日まで1枚も見出せなかった。獨逸統治時代、この道路は大鮑島区から埠頭区への幹線
 道路であったのだが、日本統治時代には青島神社前に住む日本人が市場へ買い物に出かける時は必ずと言ってもよいほどここを通るので
 中野町は大変賑やかな日本人商店街であった。


 ”新町” といえば、中野町の東側にある、青島守備軍によって強制的に集合新設された「遊郭」地区の総称でもある。大正8年(1919)に
 発行された「青島案内 高橋源太郎=東京久松閣発行」は、この「新町遊郭」を次のように紹介している。

  大正3年11月、青島が陥落するやおびただしい邦人が諸方から渡ってきたが、この種の稼業に一攫千金を期するするものも多かった。
  当時は陥落早々の際とて諸般の秩序も整わず、市中至る所に娼家が散在していて、戦後の乱雑気分が充満していた。
  しかし追々と秩序も回復してきたので、日本守備軍は今の芝罘町・膠州町あたりに斯業者を移転させたが、それでもなお日本人・支那
  人の普通商家と軒を並べるという不体裁を極めていた。
  一方青島は次第に健全な発達時期に入って人口も増加し邦人居住住宅も不足してきたので、とうとう守備軍は新たに遊郭を新設し、そ
  こに斯業者を集中させる事とした。
  遊郭の新設と言えば立派に聞こえるが、その実、外観内容ともに所謂植民地式で、遊郭気分を味わうによほどの距離がある。二・三の
  料亭はその建築が華美宏麗であって聊か内地人の目を引くに足るが、その他の多くは言うに足らない。
  大正7年(1018)12月現在の調査によれば、芸酌婦を有する料亭78,席貸11,芸酌婦を有しない飲食店36であった。

   新町遊郭の写真は ≪青島物語 続編 その25≫ に掲載している。
    (青色下線部分をクリックすると “新町の写真“ に移動します。このページに戻るには、IEの左上にある「戻る」ボタンをクリックして下さい。)


 ⑤ 新町公園 
   新町公園は、本編上で何度も紹介しているので、ここでは地図上に新町公園の位置を示すにとどめる。


 ⑥ 青島病院新町分院
                                         (図26-3) 普済医院
  青島病院新町分院の写真はこれまで全く目にすることがなかった。
  この分院は、海泊町診療所と葉桜町診療所を大正5年に統合しこの地
  に設立したもので、診療科は芸妓酌婦の検黴・入院と中華人の一般
  診療・入院を行ったが、中華人の外来患者が毎日100名を超える状態
  になったので、次の通り中華人の診察を分離した。

  普済医院

  守備軍民政部は新町分院の中華人外来患者の増加の対処するために、
  大正8年、森町分院の構内に2階建ての医院を建設し、中華人を対象
  とした診療・入院施設を建設した。
  この頃にはすでに日本人私立病院が市内各地に設立されていたが、病
  院規模においてこの普済医院を超えるものはなかったから、守備軍の
  現地人保健に関する関心の高さを評価してよいだろう。
                                     (写真出典:山東鉄道旅行案内 民政部鉄道部大正10年発行)


 ③ 葉桜町と薄雲町の交差点
                                       (図26-4)葉桜町・薄雲町の交差点
  これは葉桜町(館陶路)と薄雲町(莱州路)の交差点である。この
  2本の道路を先に進むとやがて平行になり、これらの道路の間に、
  主要な日本企業の社屋・店舗が軒を並べていた。

  ところが、この地区にあった企業名の明らかな写真は全く見当たら
  なかった。
  この写真で交差点角にある建物は、別の地図から推察すると中華企
  業と思われ、次いで山東起業(株)、1区画おいた次が青島学院
  実業学校(後の商業学校)の校舎ではないかと思われるのだ。




                                    (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)

 ⑧ 青島学院実業学校

  冒頭の地図で見ると⑧の位置に青島学院があり、別の地図から見ても写真のこの建物は青島学院と推察される。

  青島学院は、大正5年、吉利平次郎氏が馬関町(肥城路)にあった青島日本基督青年教会を教室として、日本人青年を対象とした夜間
  英語学校としてが創立された「青島英学院」がその出発点であった。大正6年、英語に加えて簿記・日本語を組み入れて学院の名称を
  「青島学院実業学校」に改称するとともに、中華人との共学を開始した。初年度の入学生は290人でその中50人が中華人であった。
  その後生徒数の増加に伴い馬関町教会は狭くなったので、青島守備軍と折衝の結果、青島第一尋常高等小学校の設立に伴って廃校とな
  る青島小学校葉桜分校の払い下げを受けたのだが、その校舎がこの写真に写っているのであろう。
  大正9年には生徒数は832人に達し、授業が始まる午後6時半頃になると学校周辺の道路は通学する生徒で溢れるほどであったという。

  吉利氏は、大正9年4月、かねてより計画していた全日制私立商業学校を開校した。初年度の入学生は60名であったがその半数の30名は
  中華人であったという。


 ⑦ 葉桜町・花咲町に交叉する呉淞町
                                       (図26-5) 呉淞町界隈
  呉淞町(呉淞路)は中野町(聊城路)とともに、獨逸統治時代に
  埠頭区の主要道路として開発されていたのだが、日本統治時代に
  入って本格的に道路建設、都市開発が行われた。

  全くの推察だが、右角の3階建て建物は「鈴木洋行」で、その先に
  見える看板は「東洋印刷所」と記載されている。

  

  なお、この呉淞町を正面方向に進むと、花咲町(武定路)に繋がる
  交差点に出た。呉淞町を手前に戻ると葉桜町と交叉した。

  この一帯には大小の邦人会社・商店が密集していた。

                                     (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)


 ⑨ 青島取引所
                                       (図26-6)広壮な外観の青島取引所
  大正9年(1920)、日本守備軍の発令により物産(落花生実、落花
  生油)と、錢鈔・証券を取引物件とする取引所が設立された。

  この取引所の建物は鉄筋コンクリート3階建で総建坪数は約3千坪、
  工費は銀47万元余、金10万元余を要したという。このような多額の
  資金を投じて建設された豪壮な取引所は、一体何の目的を持って設
  立され青島経済の発展にどのように貢献したのか、残念ながらその
  点に触れた報告書も研究論文も目にしたことがない。

  青島守備軍は、何故、青島取引所を設置したのか。

  記録によると、獨逸統治下の明治35年(1902)、青島港からの落花
  生実の輸出量は僅か2万トン内外であったのが、欧州方面の需要が増
  加して、日独戦役前年の大正2年(1913)頃には輸出量が100万トン
  を超えていたという。                         (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)
  日本統治下に入ると搾油技術の向上により東和公司、三井油房、東洋
  油房等の各社が青島に工場進出したので、落花生実とともに落花生油
  の輸出も急速に増えた。山東省における落花生の耕作面積も増加したが、内陸部からも青島港からの輸出に向けて入荷量が増大してき
  た。(青島案内:昭和8年版による)
  このような状況では、落花生の市場価格が商売上手な中華人仲買人などによって乱高下し、安定した落花生実の取引や落花生油の生産
  に支障が生じたと推測される。おそらく、安定した供給と市場価格の維持のために、取引所を経由したこれらの価格形成を青島守備軍
  が企図したのであろう。
  取引所に「錢鈔」取引が同時に設置されたのは、中華民国国内で地域により異なる貨幣相場の調整と取引上の信用付与がその目的であ
  ったのではないかと推察する。
    (注:以上はTad (兄)の個人的見解である。なお「錢鈔」とは現在日本では死語であり、中国語では「古い紙幣」程度の意味が与
       えられているに過ぎない。)


 ⑩ 三日月浜と青島製塩(株)
                                     (図26-7)三日月浜海水浴場と青島製塩

  上掲の地図で明らかなように、三日月浜は青島神社前に住む日本人地
  区 から数百メートルを隔てるだけであったので、公共交通機関が全く
  なかった大正時代には、この地区に住む日本人にとって三日月浜は手
  近な海水浴場であったに違いない。

  三日月浜の陸側に見える建物は青島製塩(株)の再製塩工場とその煙
  突である。

  元来、膠州湾における製塩は、この湾岸に住む中華人が偶然に開発し
  た天日製塩で、その製塩業は膠州湾内一帯に広がって多くの中華人が
  製塩に従事し、山東塩は青島から各地への重要な輸出品となった。
  ただ、製造法が粗雑であったので、食用・工業用としてそのまま利用
  するには不適であったが、早霧町(冠県路)にあった青島製塩(株)は、   (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)
  この原塩を一旦海水又は真水に熔解しそれを熱処理して結晶体の塩に精
  製して、日本、朝鮮、ウラジオストック方面に食料用・工業用として輸出していた。工場建物の前に白く見えるのは野積みされた原塩
  の山である。


 ⑪ 早霧町と青島海事協会
                                    (図26-8)青島海事協会と早霧町を隔てて青島製塩

  日本統治時代に入ると日本内地との来往が急増して、青島区、大鮑
  島区及び市場近辺から大港への人物の往復並びに物品の搬送のため、
  早霧町(冠県路)は繁忙を極める道路となり、この道路沿いに数軒
  の日本人向け旅館が早くに開業していたほどであった。

  早霧町を隔てて青島製塩(株)のほぼ真向かいに(財)青島海事協会の
  建物が見える。この協会は大正4年(1915)に日本船員の慰労施設と
  して開所されたのだが、関係者の努力により、大正9年頃には
   ・内外船舶の検査、仲裁鑑定
   ・会員の慰労施設としての食事・宿泊・娯楽・医療施設
   ・会員以外(学生・軍人)の食事・宿泊提供
  と「青島海事協会」として幅広く公益活動を展開していた。
                                      (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)
  なお、この頃の早霧町はまだ未舗装のようである。道路は右側通行で
  物資運搬は苦力による大八車のみ、その轍痕が道路にはっきりと残っている。珍しく1台の自動車が見えるが、これも右側通行だ。
  右側に植樹された街路樹がまだ若々しいことから判断して、歩道縁石の敷設を含むこの早霧町の道路工事は日本守備軍が行ったのであ
  ろう。


 ⑫ 膠海関 (中華民国税関)
                                   (図26-9) 船渠港に面して中華民国旗を掲げる膠海関

  青島港に輸出入する全ての貨物(一部例外はあったが)には関税が
  掛けられ、その関税は獨逸統治時代、日本統治時代を通して清国
  (後に中華民国)の関税収入となっていたことを論ずる研究者は殆
  ど見当たらない。だが実は、青島の貿易量(輸出量)が増大するほ
  ど、清国(中華民国)の関税収入は増加することとなっていたのだ。

  独逸膠澳政府は、青島租借開始の当初、租借地全域を自由貿易区と
  することで清国と協定した。すなわち、全ての輸入貨物は租借地内
  にあるときは無関税で、租借地境界を越えて貨物が移動する際に、
  清国側の関税を課することとした。

  しかし、境界における繁雑な事務・障害で清国商人から苦情が続出、
  しかも密貿易抑止に手間がかかりすぎるので、租借開始8年後の       (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)
  明治39年 (1906) 年初より、自由貿易区域を青島港隣接地に狭めた。
      (上掲地図の青矢印で示す点線の範囲内)
  しかもこの税関設置協定には「支那内地より独領膠州に来たりたる支那の商品又は生産品にして、青島より他所に船積みせられるとき
  は輸出税を徴収し、支那内地より来たる原料を以て独領膠州において製造したる輸出商品の納めるべき関税は後に定めるべし。)と定
  めてあり、独領膠州は決して自由貿易区ではなかったのである。膠海関業務は独逸人が行うこととし、関税収入の20%を独逸膠澳政府
  が受領することと定められていた。

  大正3年(1914)年、日独戦役終結時、日本は独逸膠澳政府より膠海関業務を接収し、本国の訓令に基づいて膠海関業務を青島守備軍
  が行うこととし、関税収入も青島守備軍が収納することになった。しかし中華民国政府と日本政府の協議の結果、大正4年9月1日に膠
  海関に属する官有財産、押収前の文書及び事務全部を中華民国側に引き継ぐこととし、軍が管理していた関税収入は所要経費を精算の
  上、中華民国に返却された。ただ、税関事務は日本人税関長の下で日本人が処理することとなり、獨逸膠澳政府との同条件で、青島守
  備軍が税関収入の20%を収納することとなった。

  第1次日本統治時代日本が青島で展開した生産事業は、その大部分が中華民国原産の材料を加工して青島から輸出したものであるから、
  関税率は不詳であるものの輸出税を支払ったことは、協定の定めにより容易に想像できるところである。第1次日本統治時代ですら、日
  本企業の青島における経済活動の収益の全てを、日本が独占したのではなかったと言っても間違いないようだ。


 ⑬ 青島港(大港)
                                (図26-10)第1埠頭と第2埠頭の中間から眺めた青島港

  この位置から青島港を眺めると、第1埠頭・第2埠頭と
  もに倉庫が建ち並んでおり、左側の第1埠頭には鉄道貨
  車が停車していることも見受けられる。
  上掲の地図を参照すると、写真に撮影されたこの範囲は
  自由貿易区域内であることがわかる。

  青島港内の輸送手段も苦力に引かれた大八車であること
  がこの写真から見て取れる。青島港内の苦力による労務
  を専業的に提供する業者として「山東運輸(株)」があった。       (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)
   
同社は「苦力収容所」を台東鎮に保有すると広告に記載
  しており、これは苦力宿舎のことであろう。

  なお、輸出入関税は中華民国政府の収入であったが、港務に付随する業務は青島守備軍 (後に守備軍民政部)が管理するもので、これ
  に付随する「トン税、灯台税、港税」も青島守備軍が収納するところであった。

  この写真が撮影されたと推定される大正8年当時、青島ー神戸航路に貨客船を配船していた船会社は次の通りあった。
          日本郵船株式会社     大阪商船株式会社    原田汽船株式会社
  この当時青島-神戸航路に配船されていた貨客船は総トン数が1.900~2,500トンとその後に就航した新造船に比べると小さく、写真内
  の第2埠頭に停泊している貨客船を見ても当時の船が小型であったことが判る。

  大阪-青島航路以外に、この当時すでに青島-大連、青島-仁川、青島-上海の定期航路が日本の船会社によって運航されていた。更に台
  湾の高雄-大連間にも日本の船会社が定期船を配船し、途中、基隆・福州・上海・青島に寄港していた。
  
  当時の青島-神戸間の船賃は次の通りで、案外と高かったように見受けられるが如何だろうか。
       一等 69円    二等 46円   三等  23円 (各等級ともに3泊4日分の食事代込み)
  因みに三等船室は大部屋で、満員時には一人当たり毛布1枚程度のスペースに、男女ともに雑魚寝する状態であった。

       (なお、殆ど全ての船会社は金融商業地区内の膠海関よりに社屋を構えていた。)


 ⑭ 大港車站 (山東鉄道 大港駅)
 
  青島港から膠海関を経て港外へ出ると、目前に大港車站(大港駅)がある。青島港から山東鉄道経由で済南訪問へ向かう旅行客は必ずこ
 こから乗車する便利な場所であるが、実は青島市内にいる一般日本人官吏・将兵や会社員・商人もよくこの鉄道を利用していたようだ。

 この頃すでに青島市内名は数十台の乗用車があったようだが、それらは司令部の上級将校、民政部の上級役人、あるいは大会社の幹部社
 員が利用できるだけであって、守備軍の一般将兵や民政部の一般官吏、並びに市内の会社・商店の職員達は.青島港、四方・滄口の工場な
 どへ出向くときは青島車站や大港車站をよく利用したものだと「青島2年」の筆者(民政署役人)はその著書の中で記述している。

 それだけ便利に使われた大港車站だが、何故かこの駅の当時の写真が見当たらなかったことは残念だ。



2.日本人居住区


 ⑮ 花咲町  ⑯ 青島日本第一尋常高等小学校
                                    
(図26-11)青島日本第一尋常高等小学校

 上掲の地図で「金融・産業地区」と「台東鎮工場地区」に挟まれた一帯
 は、日独戦役後に日本守備軍が日本人のために開発した住宅区域である。
 少数ではあるが、中華人もこの地域に住んでいた。

 この区域の日本人が青島市場へ出て買い物をしようとすると、必ず通る
 のが花咲町(武定路)であったが、この花咲町の写真も全く見当たらな
 かった。強いて探せば、第一小学校の正面から撮影した写真の玄関前の
 道路がそれだが、この付近の住宅状況などはその写真に写っていない。

 第一小学校は21万円余の経費を投じて建設されただけあって、正面から
 見た校舎は偉容といわざるを得ない。尖塔が特徴的である。
 大正7年5月調べでは、尋常科・高等科合わせて837名の児童が在学して   (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)
 いた。因みに同じ時期、第二小学校の児童数は576名であった。


 ⑰ 川崎町
                                     
(図26-12)  川崎町付近であろうか。
                                  
 この日本人住宅地域において、川崎町(益都路)が商店街として発展し 
 たのだが、この時期のこの付近の写真は全く手に入らない。

 後の時期に撮影され題材も不適とは思うが、青島神社の鳥居が見える
 歴史の一齣として、あえてこの写真を川崎町付近として取り上げた。
 兵士が行進している通りは宮前通(章邱路)である。
 この写真から見ると、川崎町の入り口付近は2~3階建ての建物が軒を
 連ねて並んでいる。中々盛況な商店街だったのではないかと推察する。

 後でも触れるが、この写真から見ると青島の日本人住宅は一戸立てはなく
 集合住宅に複数の家族が住む事が多かったのではないかと思われる。


                              (写真出典:歩兵第6連隊第2次山東出兵記念写真集 朝鮮毎日新聞社 昭和4年発行)


 ⑱ 若鶴町
                                     (図26-13) 台東鎮工場地区内の若鶴町

 第1次日本統治時代に入って、若鶴町(奉天路→遼寧路)は「台東鎮工
 場地区」および「四方・滄口工場地区」に繋がる重要な産業道路となっ
 たのだが、住宅地域内を通るこの頃の若鶴町の写真は入手できなかった。

 ただ、住宅地を通り越して台東鎮工場地区内を通る坂鶴町の写真が入手
 できたので、それを掲載する。

 この写真から見ると、住宅地区を離れた若鶴町は工場地区でも道路の両
 側に街路樹と縁石のある歩道が作られている。電柱は架線の状況から判
 断して、電力線と電話線がともに架設されている。道路の下部には上下
 水道管が敷設されていることは言うまでもない。              (写真出典:山東鉄道旅行案内 民政部鉄道部大正10年発行)
 これが100年前の外地、青島で日本人が建設した工場・道路の情景だっ
 たのだ。


 ⑲ 青島日本高等女学校
                                    
   (図26-14) 青島日本高等女学校  


 ここに掲載する女学校の写真は、校舎が2棟撮影されているのが珍しい。
 殆どの写真は、手前の校舎を撮影して「女学校」としているが、他の
 1棟は別棟の校舎であるのか、あるいは寄宿舎なのであろうか。

 「青島要覧」によると大正7年3月現在の生徒数は152名であるとの
 ことで、生徒数に対して何と広壮な校舎だったのか。
                                        





    
                                     
                                     (写真出典:山東鉄道旅行案内 民政部鉄道部大正10年発行)



 ⑳ 青島神社
                                   (図26-15) 社殿建造直後の青島神社

           
 青島神社は、海外各地で建造された神社の中で一・二を争う
 壮大な規模を持つと言われていた。

 同社は大正7年に起工され大正8年10月に竣工したのだが、
 この写真で周辺の神域はまだ工事中であったとのこと。
 それよりもこの写真から、山麓の日本人居住区の様子が分か
 らないかとよく見たのだが、青島製塩の煙突以外には、これ
 と言って特徴的な建物が見つからないのが残念だ。




   


                                  (写真出典:青島名勝写真帖 三船写真館大正9年発行)




                               (図26-16) 若鶴山から眺めた日本人居住区
 ところが(図26-12)と同じ「山東出兵記念写真
 集」の中に、若鶴山山麓の日本人居住区を比較的
 明瞭に撮影した写真があったので、その部分を切
 り取ってここに掲載する。
 この写真は、(図26-12)の反対方向から宮前町
 (章邱路)を撮影しており、大鳥居も写っている。
 写真の左上隅の建物は第一小学校である。
                             (写真出典:歩兵第6連隊第2次山東出兵記念写真集 朝鮮毎日新聞社 昭和4年発行)
 この写真に写っている屋根を見ると、それぞれの家が
 一戸建てとはとても考えられない。おそらく各戸は
 二階建てでしかも家と家の間には隙間がなく、共同住宅が多かったのではないだろうか。この写真以外に、第一次日本統治時代の青島神
 社前の日本人居住区を撮った写真は見当たらなかった。

 青島区内で独逸人によって建てられた家々は広い庭の中の豪壮な一戸建てが多かったが、中華人街である大鮑島区をはじめとして、市場
 地区、中野町・新町地区その他地区の殆どの建物は、これまで掲載した写真に見られるとおり、軒を連ねた煉瓦造り二階建てであった。
 
 若鶴山(貯水山)の山麓付近には、日本の各宗派仏教寺をはじめとして各種宗教団体の堂屋が建てられていた。



3.後書き

 本編の編集に当たっては、主に次の文献を参照した。

        ・戦後の青島       青島埠頭局         大正4年発行
        ・青島軍政史 全五巻   青島守備軍         大正6年発行
        ・青島要覧        青島民政署編 巌松堂書店  大正6年発行
        ・青島案内        高橋源太郎著 久松閣    大正8年発行
        ・青島名勝写真帖     三船写真館(青島)     大正9年発行
        ・山東鉄道旅行案内    青島民政部鉄道部      大正10年発行
        ・歩兵第6連隊第2次山東出兵記念写真集  朝鮮毎日新聞社  昭和4年発行
        ・青島案内 昭和8年版  日華社(青島市)      昭和8年発行

 今のところ、青島守備軍民政部の統治記録を見いだすことができなかったのが残念である。第1次日本統治時代に青島の経済・社会が真に発展を遂げたのは、実は民政部による統治が行われた時期であったのだが。

 青島守備軍民政部による公式統治記録・資料についてご存じの方は是非ご教示頂きたい。



4. 独り言 

 第1次日本統治時代における青島の経済・社会の発展状況を調べるにつけ、様々な疑問が胸中に浮かんできた。


  ・日独戦役終結後、青島守備軍はただちに青島の都市開発の着手しているが、誰が都市計画を起案し着手命令を出したのであろうか。

  ・青島都市開発に必要な資金はどこから支出されたのであろうか。
     破壊された山東鉄道の修復、青島港の沈船引き揚げ・港湾修復、青島北部地区の道路・上下水道敷設等に要した費用は、決して
     少額ではないと思うのだが、その所用資金はどのように調達されたのだろうか。

  ・日本各地から青島へ流入した企業・団体・個人は、どのようにしてそれぞれの生活根拠となるべき土地・住宅を取得したのか。
     資力のある企業・団体はともかく、徒手空拳に近い状態で青島に移住した日本人は、どのようにして住宅を確保したのか。

  ・農業を中心とした一次産業品の集散は現地仲買人・卸業者等の手により行われていたが、供給・価格の安定についてどのような経済
   政策がとられていたのだろうか。
     落花生実を中心とした青島取引所の設立は誰が起案したのだろう。
     又、本編では取り上げなかったが、第1次日本統治時代中に漁業安定化のために日華漁業者・卸者を組合員とした水産組合が
     設立され、小港南部に仲買人によるせり場が建設された。一体誰がこのような事業を起案したのだろうか。

 ・青島を本国製品の無関税販売市場としたのではなく、現地産品の加工・輸出地区として製造業者を青島に誘致したのは誰なのか。
     東アジア各地における欧米植民地・租借地の産業政策と比較するとき、日本が青島で施行した産業政策はこれらと余りにも違い
     があったと思うのだが。


 今となれば、昭和初年代に青島で生活し産業・商業活動に従事した人々は存命しておられないので、お目にかかって当時の事情を拝聴することもできず、高齢者(85歳、83歳)である我々兄弟には、古資料を探して上の疑問を解決する時間的余裕もない。残念だ。
 
 


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。