八幡山(観海山)山頂から撮影された、山東返還直前、大正10年(1921)頃の青島湾風景。
ここに見える建物の殆ど全ては、獨逸統治時代に建設されたものばかりだ。
日本統治時代、左手の魚山地区に一般住宅はまだ建設されていなかった。
画面左手奥に、三角形の大公島が微かに見える。

これだけ広大で美しい100年前の青島湾の着色パノラマ写真は、他にはないだろう。
(青島で発行された彩色絵葉書3枚(発行者不明)を合成して作成。)


【平成27年8月 最終回】

青島物語 ー 続編

歴史の陰の "埋 め 草"
 


1.前書き

 大正3年(1914)8月15日、日本は独逸に対して最後通牒を発し、戦闘状態に入った。同年11月始めの青島郊外での烈しい砲撃戦の後、
大正3年11月7日、青島獨逸膠澳政府は日本攻囲軍に降伏し「青島開城規約」が調印されて、日本による青島の統治が始まった。
 日本による統治がこれより8年間続いた後、大正11年(1922)6月2日、青島は中華民国に返還された。

 この「青島物語ー続編」は、日本による8年間の青島統治の歴史に関する我々兄弟の覚え書きとして、平成24年(2012)7月から3年間、27回にわたりまとめ上げて来たものである。
 「青島物語」を取り纏めてきた3年の間に、青島統治の歴史本流の中に埋もれているいくつかの秘話に出会った。それらは誰かが取り上げなければ、おそらく永久に忘れられてしまうだろう。その秘話の中でも我々が特に記憶にとどめたいものを「歴史の陰の埋め草」として本編の最後に記録することとした。

            これは我々の先輩が青島に生き、青島に係わってきた歴史の秘話である。



2.日本で有終の美を飾って引退した「青島港の浮きドック」

                                     
   (図-1)青島の新しい浮きドック

 もう7年も前のこと、弟(Aki )が恒例の古書店巡りで獨逸時代に青島
 で発行された絵はがき(図-1)を見つけてきた。この絵はがきはドイツ
 統治時代、日本人が済南から日本宛に発送したもので、切手が今でも
 貼付してあったら、この絵はがきは珍品になっていたであろう。

   実は、現在存命する元青島在住者で、青島港に「浮きドック」が
   あった事を直接見聞した人は多分一人もいないと思われる。

 そこで記録を調べて行くと、独逸膠澳政府が青島港の外側防波堤の先        【 写真出典:青島 Max Grill 百貨店発行絵はがき】
端に造船所を作っていたこと、その造船所にこの写真の「浮きドック」が
配備されていたことが判明したのだが、このような大きな構造物がどのような経緯で青島港に配備されたのか、文書記録は全くなかった。

① 青島港で現地組立された「浮きドック」
 兄(Tad) は時間にあかせてインターネットで検索した所、Deutsche Bundesarchiv(ドイツ連邦文書記録)の中に、この浮きドックの
 建造記録写真を10数点見つけた。それぞれの写真には説明と撮影年月が記録されていたので整理した結果、この浮きドックの構造部品は
 全て独逸本国から青島へ船積みされ、1906年の青島港の完成に間に合うよう、1904-1905 年にかけて青島港の外側防波堤の一部を構成
 する岸壁砂浜で組み立てられたことが分かった。その経緯は「青島物語ー第18話」に詳細を記録してあるので、興味のある方は左青文字
 をクリックすると当該ページに移動するからご覧頂きたい。
         (なお ”第18話” からまた現在のページに戻るには、画面左上の<戻るボタン>をクリックして下さい。)

 独逸膠澳政府は、青島港で使用した小型軍艦・船舶の建造・修理にこの浮きドックを使用したほか、清国向けに数隻の小型軍艦を建造し
 たようだ。

 1914年に始まった青島での日独戦役で、独逸膠澳政府は青島港の機能が日本軍に利用されないようにするため、数隻の船舶とともにこの
 「浮きドック」を青島港湾口に沈没・擱座して青島港を閉塞した。
 かくして「浮きドック」は建造後10年もたたないで、その寿命を独逸膠澳政府みずからの手により一度縮められたのだ。

 日本軍は青島港の機能を早急に復旧するために、他の沈没船舶        (図-2)日本軍が引き揚げた「浮きドック」
 とともにこの「浮きドック」を戦役終了の翌1915年に引き揚げ
 その機能を修復して、戦利品として海軍省の管理下に入れた。
 右の写真は、日本軍が「浮きドック」を引き揚げ、その機能を
 修復した1915-6 年頃に撮影した珍しい写真である。
 この時期、この写真以外に青島港の「浮きドック」を撮影した
 写真は他になく、なによりもこの「浮きドック」がどこへ行っ
 てしまったのか、その存在を物語る記録すら全く見当たらなかった。       【写真出典:写真通信 青島陥落号 1915年発行】

③ 新三菱神戸造船所に繋留・使用されていた「青島の浮きドック」
 ある日のこと、弟が古書市をあさっていた所(図-3)の絵はがきを      (図-3)新三菱神戸造船所内で稼働中の浮船渠
 見つけた。絵はがきの左上隅には
    <港内に巨体を浮かぶ三菱造船所大浮船渠>
 と記されている。この絵はがきは、ある父親が自宅子供宛に「この大
 きな船で四国へ行くのだ・・・」との趣旨で、昭和4年5月1日に発信
 したものである。
 この絵はがきを見た弟の第一感はこれが青島にあった「浮きドック」
 ではないかと言うことで、早速この絵はがきを購入したのだが、残念
 ながらその予感を裏づける記録はその時には何もなかった。

 ところが幸運は続くもので、弟がよく訪れる図書館に「新三菱神戸           【写真出典:使用済み絵はがき】
 造船所五十年史(昭和30年8月発行)」が展示されていたので早速
 閲覧した所、本文15ページ及び年表125ページに下記の通り掲載されていた。
                                     (図-4)黄海を曳航中の「青島の浮きドック」

    ・大正7年(1918)10月15日  海軍からの借用浮船渠 
    (第三船渠)軍艦富士に曳航され神戸着。

    ・日獨戦争の戦利品16,000屯の浮船渠を海軍省より借り受け
     第五岸壁船溜に定繋して、大正8年(1919)2月開渠式を
     行い船舶修理能力を一段と増強した。

                                      【写真出典:”新三菱神戸造船所五〇年史”より許諾を頂き掲載】
                                     
 「青島の浮きドック」は、1千数百キロメートルも黄海を曳航されて神戸に到着したのだ。当時としてまさに快挙だったに違いない。
 かくして「青島の浮きドック」は新三菱神戸造船所で少なくとも大正8年から昭和30年までの約37年間、「浮船渠」として稼働していた
 ことが確認できた。
 現在存命する元青島在住日本人の、おそらく誰もが見たこともない「青島の浮きドック」の足跡にたどり付けたことで、我々兄弟は躍り
 上がらんばかりに嬉しかった。

④ 有終の美を飾って引退した「青島の浮きドック」
 昭和30年以降、この「青島の浮きドック」はどうなったのであろうか。
 失礼も顧みず兄は、三菱重工業株式会社神戸造船所様に昭和30年以降の「浮船渠」の動静についてお尋ねした所、ご親切に次の通りの
 ご返事を頂いたので、原文のまま紹介させて頂く。

    ◆「16,000トンの浮船渠」について
      海軍省から借用しておりました同船渠は昭和29年(1954)6月、国から買い取り弊社の所有となりました。
      その後、船舶の修理・改造工事量の減少に伴い、生産体制の見直しを図り、昭和63年(1988)1月25日に
      引退式の神事を行い、2月上旬に弊所から離岸して広島県江田島に回航され、解体処分をしております。

 ご返事によると「青島の浮きドック」は新三菱神戸造船所(現在の三菱重工業株式会社神戸造船所)で70年もの長きにわたり「浮船渠」
 として多くの船舶修理に使用され、最後は神式の引退式でその功績を讃えられ見送ってもらったのだ。
 青島でこの「浮きドック」を組み立て、そして戦役という悲劇でこの「浮きドック」を自らの手で沈没せざるを得なかった独逸人関係者
 は、戦後その「浮きドック」が日本で再度の生命を与えられ70年も稼働した後、引退式によって有終の美を飾られたことを、その当時に
 果たして想像できたであろうか。

 「三菱重工業株式会社神戸造船所様」のこのような行き届いたご配慮に対し、現在存命する元青島在住日本人の一員として我々兄弟は
 ここに厚くお礼申し上げる。


3.徴発された「プリンツハインリッヒ・ホテル、ストランドホテル」

 日独戦役の終了に際して締結された「青島開城規約」では、青島における獨逸の資産について「全ての官有財産、艦船及びこれに属する諸物件は現状のまま現在位置で日本軍に引き渡すもの」と定められた。これにより在青島独逸人の個人財産は青島日本守備軍の接収の対象外となった。しかし個人財産であっても、戦役中にそれが獨逸軍用として使用された場合は、その財産は青島守備軍に押収された。
 
 青島の統治開始後、青島守備軍は各種事務庁舎の不足、職員宿舎の不足を補うために、一般独逸人から事務所・建物の譲渡・貸与を求めるべく折衝を始めた。この折衝は可成り順調に進んだようだが、中には所有者が俘虜として日本に収容されていたり、青島を離れた者があったりして折衝が難渋した場合があった。更に、建物を青島守備軍に譲渡・貸与することを拒否する者もあった。そこで青島守備軍は「必要やむを得ざるものは徴発によりその需要に供する」として、大正5年までに16件の建物を徴発した。
 この後大正6年に、この中の3件は青島守備軍及び日本私人による原所有者からの購入となったと、青島軍政史に明細が記録されている。

 徴発した物件の賠償について、青島軍政史は次のとおり記録している。
    徴発に対しては賠償を与うるを原則となすも、我が軍は獨逸の先例、満州における日露戦争の先例、及び今回の欧州戦役の
    実況に鑑み、徴発家屋に対し概ね非賠償主義を取りたり。

「プリンツハインリッヒホテル、 ストランドホテル」徴発の理由
 軍政施行とともに、第1次世界大戦中にもかかわらず青島に来遊する内外紳士の数が増えるようにになった。特に夏季、極東唯一の海水
 浴場があると言うことで避暑のため多数の外国人が青島に来遊した。
 そこで青島守備軍は、これら来遊者の需要に応ずる設備を提供するために日本企業を勧誘して、従来よりある「ホテル建物」を所有独逸
 人より借り受けさせるべく努めたが、所有者は頑としてこれに応じなかったのでやむを得ず「プリンツハインリッヒホテル」及び「スト
 ランドホテル」を青島守備軍の宿舎及び療養所用として徴発した。
 青島守備軍は、すでに押収家屋として青島守備軍がその一部を使用しいた「ツェントラルホテル」の残部とともに、それらのホテルを日
 本ホテル業者に貸与して、青島で洋式ホテルを経営させる命令書を発行した。
   :この一連の経緯は「青島軍政史」に記録されているが、ホテルの徴発が何時行われたのか、実行日時が記録されていない。軍政期間中の記録であるから、
      主として大正4年~5年(1915~16)に実行されたと思われる。

② 「グランドホテル」の営業開始
 「大阪市西区 株式会社大阪ホテル」は青島守備軍から2通の命令を受け
 取った。                               (図-5)  忠の海を臨むストランドホテル
 (同社はすでに「青島グランドホテル」として営業権を設定していた。)

 一通は「ストランドホテル」を青島守備軍療養所として経営することを
 命ずるもので、療養室の設備は純洋式とし室内装飾・備付器具・寝具等
 は療養者の使用に適当すべきものを備え付け、談話室・休憩室・食堂・
 娯楽場等の設備を完全になすこと。療養室中、軍において必要なき部分
 は軍の許可を受け経営者において適宜の用途に使用する事を得ると定め        【写真出典:高橋写真館発行 絵はがき】
 ていた。                                      

 他の一通は舞鶴濱「プリンツハインリッヒホテル、ツエントラル 
 ホテル」の洋式旅館としての経営を命ずるものであった。  (図-6)ツェントラルホテル、及びプリンツハインリッヒホテルの新・旧2棟
 旅館の型式は純洋式とし、模範的高等旅館として専業すべく、
 客室は全室洋式とて第一級旅館施設・備品を備え付け、談話室・
 休憩室・食堂・娯楽場等の設備を完全になすものと命じている。
 更に客室中3室を軍の専用に供すること、また軍将校クラブ用
 として洋風設備2室を常時の用に供することも定められていた。
                                      【 写真出典:三船写真館が発行  "青島名勝写真帖" 】
 このようにして「青島グランドホテル株式会社」は旧ホテルを次の通り改名して営業を開始した。(大正6年からと思われる。)
     旧ストランドホテル           →  ストランドホテル
     旧プリンツハインリッヒホテル新館    →  グランドホテル本館
                   旧館   →  グランドホテル東館
     旧ツェントラルホテル         →  グランドホテル西館

③ グランドホテルグループの評価
 「青島案内」(久松閣 大正8年発行)によると、青島の旅館には設備を洋式にしたものに「グランドホテル」があり、数年来の営業で
 日本人も歓迎するが、主として欧米人を顧客とすると記している。
 更に山東鉄道旅行案内(青島守備軍鉄道部 大正10年発行)によると、忠の海に面する「ストランドホテル」は一大避暑旅館で、獨逸時
 代には青島に欠くべからざる交際場となっており、毎年東洋各地からの避暑外人数は1,500人を下らなかったという。現在ではそこまで
 の盛況はないが、8月に入っての海水浴場開きの盛観は又格別で内外人の往来は頻繁であり、今なお1,000名内外の外人が来遊すると記し
 ている。
 この当時、欧州ではまだ第一次世界大戦が続いている最中であっただけに、その中でのこれだけの人数の外人が青島へ来遊したたことに
 は、グランドホテルグループの及ぼした影響が大きかったものと評価できるであろう。


3.欧州戦線へ送り出された多数の山東苦力
                                      (図-7) 四方駅近くの "苦力収容所"
 四方・滄口地区における日本紡績業者の工場展開を調べている時、当時
の地図中に「苦力収容所」と記載された構築物があることに気がついた。
右にそこで掲載した地図の一部を再掲載するが、その頃、この構築物は
大港北部から四方にかけての海岸線埋め立てに従事した中華人労務者向け
の宿舎であろうかと推測していた
 (青線をクリックするとその部分に移動します。閲覧後直ちにこのページに戻る
   にはその画面左上の「戻るボタン」をクリックして下さい。)

その後入手した資料によると、この構築物は英国及び仏国がヨーロッパ戦
線の物資運搬向け中華人労務者を送り出すための、一時的宿舎であった事
が分かった。                              (地図出典:青島案内付図-部分 発行所・発行年月の 記載なし。)

 以下、各資料に従って可能な限り原文を引用し、「苦力収容所」の実情を調べてみよう。

① 「青島案内 -- 久松閣 大正8年発行 165ページ~」
 英国政府は戦地の人足を山東の苦力に求めようとして、大正6年2月にまず威海衛(山東半島北部の英国租借地)を募集の根拠地としたが
 種々の事情で威海衛の設備を滄口近辺に移し、これらの苦力をここから輸出した。
 苦力の募集には主として宣教師が携わり、何でも月手当が12円、出発に際して家族扶助料が20円、戦地で負傷したら75円、死んだら
 150円というのだからたいした人気で、われもわれもと募集に応じた。仏国も英国に倣って同年8月から募集に取りかかった。

 山東鉄道が取り扱った欧州行きの苦力は英国行きが79,340人、仏国行きが8,266人という多数に達した。

 募集に応じた苦力はひとまず収容所に入れられて、ここで初めてホントの入浴をする。身体検査に合格した者だけが乗船と言うことにな
 る。弁髪を切り落とし、新しい服を着せてやるので、平生は汚い苦力も見違えるほど立派な男ぶりとなり、互いに顔を見合わせてニコニ
 コしている。係員は一人一人の写真を撮り、出納簿を作ってやり、誰は幾らの小遣いで送金はいくらと何から何まで世話をする。
 一船に何千人と乗船するのだが、それぞれにベッドがあって、その上に10人に1個の浮き袋まで備えてあった。このような大仕掛けの苦
 力輸送も船舶の払底で仏国は大正7年2月限り、英国は同年3月限りで中止となった。

 大正8年になってからボツボツ青島に送還される苦力があるようになった。帰来した苦力はたいてい100~200円の銀貨を貯金していたの
 で、所謂錦を飾って故郷に帰ったのである。彼らの感想が中々面白い。彼らの第一印象は欧州文明でもなければ戦争の惨禍でもない。
 一番怖かったのは獨逸飛行機の爆弾投下で、これには彼らの仲間もだいぶ殺されたと言って、今なおその場にいる思いで語る者もいた。
 彼らが感心してうれしがっていたことは、月々一定の給金と家族扶養料がもらえ、日々の労働は規則的で一定時間以上にわたらないと言
 うこと。又、女と賭博には不自由しなかったと言っているし、人情には変わりないと付け加えて喜んでいた。

② 「苦力募集に関する取り締まり -- 青島軍政史 第2巻 71ページ~」
 大正6年(1917)1月以降英国は(仏国は3月より)、山東において苦力を募集し欧州に輸送するため、その収容所を李村管内滄口に設置
 した。収容所経営者は警察的の取り締まり機関を設け収容所内の取り締まりを行っていたが、時々収容所内の者が所外滄口部落に立ち入
 り住民と争闘することがあったので、経営者に一切所外に外出させないよう取り締まりを強化させた。
 これら苦力の中には往々にして馬賊的な不逞の徒が混入し、旅費手当を受領するや直ちに逃亡する事を企て、時には徒党を組んで脱走す
 る者もあった。このように滄口付近の治安を妨害される事もあったので、経営者になお一層の取り締まりの厳格化を求めるとともに、わ
 が憲兵に収容所内を巡視させ、その監視に当たらせた。
 因みに、英国が募集して欧州に向けて出発させた苦力数は、大正6年1月~9月の間で 33,873名 であった。

③ 戦場における物資輸送労務者について
 日本青島攻囲軍は、日独戦役期間中、大勢の中華人を兵器・物資輸送に傭役した。その人数はどの程度であったのか記録がないが、一度
 に何万人も働かせることはなかったと思われるし、賃金も英仏に比べると決して高くはなかったと思われる。しかし、日本青島攻囲軍は
 それら中華人を戦場で働かせたことはなく、全て後方輸送に限っていた。従って、日独戦役期間中、物資輸送に携わった中華人の死亡は
 一例も記録されていないのである。
 これに対して、英仏が募集し欧州戦線荷送り込んだ物資運搬輸送苦力は戦場労役が前提で、事実死亡者があったと帰国者は語っている。 
 この戦場安全面への配慮の違いが、取り上げられることのない青島での日本統治の歴史秘話の一齣であり、記録のために文献を基にして
 紹介した次第。


4.後書き

 いわゆる「山東返還」によって、日本による統治は終わり、青島はこれから15年にわたる中華民国による統治下に入る。その期間にも我々の両親を含む日本人先輩は、ある人々は引き続き青島に留まり、ある人々は新たに青島に移り住んで、中華民国の人々の中で事業展開の夢を追っていた。
 その時期の青島の展開を「青島物語ー第3編」として引き続き取り纏めて行きたいと考えている。

 ただ、何分にも中華民国統治期の青島については資料が乏しく、我々兄弟も後期高齢者の最後期に突入している。どこまでこの物語をまとめられるか不安もあるが、何とか頑張って次の物語を掲載したいと念じている。

                           青島物語 - 続編
                        お わ り

                                      
平成27年8月 Tad & Aki
 


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。