信号山公園

第6話

煉瓦製造所と大窯溝

【2011年 2月24日】
                  

                       煉瓦製造所と大窯溝

                  ---建築資材がほとんどなかった青島---



1.青島( 膠澳 )に建築資材はなかった?

 独逸が青島を占領した19世紀後半、青島 (膠澳)は山東省の僻地であった。それは一般人の家の建築資材を見れば明らかである。ほとんどの家が、壁は石で組み上げられ、屋根は藁で葺かれていたのだ。周囲の山を見ても柱材にするような木は見あたらない。ましてや板材を切り出せるような太い木は全く見あたらない。ここ青島で家を建てるには、膨大な量の小石を集め、それを気の遠くなるような作業で積み上げて壁構造を造り、土(と漆喰)で壁の表面を仕上げ、おそらく即墨などの都会へ出て柱や板を求めて屋根組を造り扉を取り付け、藁で屋根を葺いたのであろう。

 下の2枚の写真には、独逸将兵が青島の民家を訪問したときの情景が撮影されている。彼等はこれらの家を見て、どのような感慨に打たれたであろうか。




    比較的裕福と思われる民家 (図 6-1)

  建物の壁、塀も全て小石を積み上げて造られている。
  白壁はおそらく漆喰仕上げ、屋根は藁屋根だが、一部に
  瓦が使われているようだ。
  独逸将兵がこの家を訪問・視察している。

  これは比較的裕福な民家と思われる。






                            貧しい民家 (図6-2)

                       建物壁は石造り、屋根は藁葺き、扉は何で
                           出来ていたのだろうか。


                       独逸将兵に応対してる婦人達の服装が、当時
                           の中国人の生活水準を示している。




2.石材と煉瓦で建物を建造することに決定

 木材の大量現地調達が困難である状況に直面して、独逸総督府はまず石材で建物を構築することを考えた。その実例は信号山頂に建設した信号所建物で、第5話で紹介した信号所
(図5-5)の写真を拡大してみると、建物がほとんど非定型の石材だけで建造されていることが判る。



                                   信号所建物-部分(図6-3)

                                 建物構造材及び壁材共に非定型の石材
                                       で組み立てられている。




 しかし、非定型の石材で建物を組み立てることは決して簡単ではない。そこで独逸総督府は建物構造材は定型石材で、壁材などは煉瓦で建物を建設することとした。  (後年、煉瓦は建物構造材としても使われる。)

 最初に建築された大型建物であるイルティス兵舎及びビスマルク兵舎は、いずれも基礎構造及び柱構造部分に花崗岩を、壁部分その他に煉瓦を使用した荘重な建築物であった。 (第5話 図 5-10、図 5-11 参照)
 石材の調達は、青島自体が花崗岩の岩盤上にあることから、青島各地で石材の切り出しが行われた。煉瓦は新たに建設された青島市内の煉瓦製造所で造られた。


3.煉瓦製造所の建設 --- 「大窯溝」

                                    青島西部地図(1910年頃) (図6-4)

 独逸は青島西部にある小港付近の窪地を流れる河溝のほとりに煉瓦製造所を建設した。(右図青色で河溝が示されている。)この煉瓦製造所は1899~1900年頃に建設されたと思われ、青島の都市早期建設のために大量の煉瓦と赤瓦を提供することになった。

 又小港付近のこの周辺には港湾建設、道路予定地開発、及び建物建設のために数千人の中国人労働者とその家族が集まった。この地域は欧州人と中国人とが入り交じるので、各種の商売人が続々と集まり、これら労働者や商売人のために煉瓦工場の南部に薪や柴を売る市場が自発的にできあがり、この市場の周囲には多くの露店や屋台食堂が出現して、次第に賑やかになった。

 この場所はこの後「劈柴院(ピツァイユァン)薪売り場」と呼ばれるようになった。また、煉瓦製造所が河溝の付近にあったことから、この製造所は「大窯溝(ダヤォゴゥ)」と呼ばれた。



   青島で最初に設立された 煉瓦製造所 (図 6-5)

   この煉瓦製造所はディードリクセン社と呼び、
    大鮑島の北部にある窪地に設立された。


   正確なことは不明だが、日本で発行された独逸
    租借時の青島市街地図に同製造所名が記載され
    ているところから、同製造所は独逸租借中は操
    業を継続していたと考えられる。


   工場周囲の煉瓦用と思われる原土は、この地域
    の北東部にある台地から削土したのであろうか。

        (この写真は2011.3.5に追加掲載)



 大窯溝で生産される煉瓦工場以外に、独逸は青島北部の孤山と沙嶺庄にも機械式煉瓦生産工場を建設し、以て青島都市建設に必要な建材の供給を充足した。
    (この項の記述は、おおむね、「青島的城市形成」に準拠した。)


 「劈柴院」はこの後商売人が店舗を建設し、市場が形成されるようになった。やがてこの名前は消えたが「市場路」として生まれ変わった。
 (現在では、中山路、北京路、河北路、天津路に囲まれた街区を「劈柴院」としているが、この街区は煉瓦製造所からかなり
  離れていること、また独逸総督府が青島区として開発を予定していたこの地域で、非公認の薪売りを容認したとは考えにく
  いことから「劈柴院」は青島区・大鮑島区外の窪地であった市場路付近にあったとする「青島的城市形成」の所論が正しい
  だろう。)

 煉瓦製造所は日本が青島を占領した後撤去され、窪地・河溝も埋め立てられて住宅開発が進み、やがて日本人が多く住み着くようになった。後に日本市場が建設された。しかし「大窯溝」という地名は口伝えに残り、5叉路(山東路、市場路、堂邑路、済南路、冠県路)交差点付近が永くこの名前で呼ばれた。


4.柱材・板材の供給

 青島付近では木材の確保ができなかったので、独逸は柱・板材を供給するために、原木を中国国内あるいは海外から購入し、これを青島市内で木挽きして柱材又は板材に加工した。

                                  工事現場での木材の木挽き (図 6-6)
 この原木の木挽きはその後も民間でずっと継続し、1945年に日本が敗戦で青島から引き揚げるまで、このような木挽きが街頭や空き地で散見された。


 なお、原木は小港の一部で海水に浮かべて貯蔵されていた。子供達がこの原木に上がって、その原木(丸太)を足で回しながら遊んでいた情景を想い出す。




                                 


                       【本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。