桟 橋(旧海軍桟橋)

第7話

青島の本格的都市開発
(I)都市計画

【2011年3月5日】
                  
              青島の本格的都市建設

                (I) 都市計画

1.前書き


 1898年から1899年にかけて、独逸は青島を租借後の各種法的整備、兵舎建設、並びに青島の都市開発計画の策定を進めたが、1900年に入ると青島総合都市計画を発表し、これに基づいて青島の本格的な建設に着手した。
                             

  19世紀末の青島風景(図 7-1)

 この写真は将来青島の中心となるべき観海山(総督府山)から青島湾にかけての傾斜地の全容である。おそらく魚山(現在の小魚山公園)から撮影されたのであろう。草木はほとんど見あたらない。

 手前に見える建物は清国衙門兵営で、奥の方には天宮后のシンボルである2本の門柱が微かに見えている。衙門兵営の右方には下青島村の民家も見える。

 海浜の奥に方に桟橋が見える。

 独逸は1900年から僅か10年で、この何もない傾斜地に、絵のように美しい青島を造り上げたのだ。

 独逸という国の構想力と実行力には驚きを禁じ得ない。





2.青島の都市計画                            1900年策定 青島全体計画図 (図 7-2)
                                                 「出典:青島城市的形成」 
  
 1900年に独逸政府は青島の都市計画を策定し、この計画に従った建設が進められることになった。


   右の計画図中、鉄道予定路線は赤で示されている。この中で①の
   路線はイルティス砲台、ビスマルク砲台への軍事物資輸送路線かと
   思われるが、結局、この路線は実現しなかったようだ。
   ②の小港引き込み線、③の大港引き込み線は実現され、この後、
   青島が貿易港として発展する大きな原動力となった。

   ④は独逸総督府で、建物の形状が黒ではっきり示されている。⑤は大
   鮑島区で、道路計画図が示されている。

   青島駅の西側については、台西鎮を含め、計画図は示されていない。
   同様に、この段階では台東鎮も計画されていなかった。


  言うまでもないことだが、この計画図には軍事施設は全く表示されて
   いない。
 


 青島は山東省の最西端、膠州湾の入り口にあって、嶗山山脈が黄海に走り出した先端に位置している。従って至る所に丘陵が起伏しており、しかも三面が海に面していて、平地は極めて少ない。その大部分は丘陵か傾斜地になっており、あちこちは崩れ谷になっている。平地も多くは岩盤である。岩種は花崗岩が最も多く、安山岩、玄武岩がこれに次ぐ。

 独逸は青島市街を建設するに当たり、まず以て大港、小港の位置を定め、次に鉄道路線と停車場の位置を定めた。同時に、青島政治の中心となる総督府庁舎の位置を定めた。これらの根本的な施設の配置を前提に、全青島市街の配置を計画したのである。

 この10年計画で、独逸は青島を二つの地区に区分した。青島区、大鮑島区がこれである。
 青島区は欧米人の居住地帯・商業地帯であり、併せて主な官公庁、大銀行、会社、商店などの所在地であった。10年後、この地区は青島を象徴する緑の樹木と赤屋根の風光明媚な景観地区となる。
 大鮑島区は中国人地域である。この地区は、欧米人地区である青島区と港湾地区に繋がる幹線道路としての中山路(山東路)に囲まれた、中国人の商業地帯かつ住宅地帯である。
                【 第6話 青島西部地図(1910年頃)(図6-4) も参照のこと 】
 
 なお、この計画の実行中の比較的早い段階に、埠頭区(港湾地区)および別荘区が出現する。
 埠頭区は欧米人、中国人共同の商業地帯で大鮑島区の北に位置し、やがて青島貿易の中心地となる。
 別荘区は青島区の東南にあり、山々を背景にして、南には匯泉海岸(忠の海)や湛山を控え、匯泉角(会泉岬)からは遠く大公島、小公島などの島影が望める。この地は山光水色を集めた風光絶佳な地帯として、後年、各国からの富裕層が匯泉海岸で夏期休暇を楽しみ、あるいは湛山で別荘を建てる(八大関)こととなる。

 青島の都市開発の進行に伴って、自らの土地・建物を売却して移住させられた中国人、並びに都市開発の為に山東各地から職を求めて青島へ流入して来た中国人等のために、この計画では予定されていなかった居住地として、数年後、まず青島市東部には台東鎮が、程なく西部には台西鎮が建設されることになる。

 今、この地区制度を青島の地位、地形、地勢、地質等に照らして考える時、いかに独逸が天然自然を制し、利用し、逆用することに巧みであったことが明らかである。青島市街を、計画当初の設計図とその後の発展を比較するとき、いかに当初の理想が遺憾なく実行されているかが明らかとなる。

 そしてこのことは必ずしも地区制度だけではなく、道路、建築物、緑化に関しても同じことが言えるのである。

                               (この項の記述は、概ね泉對信之助著「青島二年」に準拠した。)


                        【本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。