テレビ塔(元旭山山頂)

第8話

青島の本格的都市開発
(II)道路・建物建設-1

【2011年3月15日】
                  
              青島の本格的都市建設

              (II) 道路・建物建設 -1

1.前書き


 青島の都市建設は、どのような工程・どの程度の期間で進められたのだろうか。これに関する資料はなく、これを分析した論文も見あたらない。我々兄弟は、入手出来た各種の記録写真から、青島の都市開発は次の段取りで進められたものと推定する。
          道路予定地の開発 → 主要な建物の建設 → 上下水道の敷設 → 道路整備
 又、主要道路の整備が進行しだしたのは1905年以降であったろうと考える。

 次に強調しておきたいのは、青島の都市開発は多数の中国人労働者(当時は山東苦力「クーリー」とも呼ばれた)の働きがあったからこそ初めて可能となったということである。折に触れて、このことをしめす写真を紹介する。


2.道路予定地の開発と建物の建設

 独逸は都市計画と同様、道路開発についても自然の制約を征服し、利用し、あるいは逆用して、まず道路予定地の開発を進めた。自然の制約を受けた結果として、道路を開発に当たってはある程度まで地形や地勢の影響を受けている。
 青島は元来が丘陵や岩盤など荒れ果てた土地の上に都市を建設しようとしたので、凹凸あり、高低あり、曲折あり、傾斜の度が極めて大きい。従って道路を構築するに当たっては、まず道路予定地を開発することとした。

 岩山は時としてこれを切り開いた。岩盤はこれを切り崩して平坦にした。崩谷はこれを埋め、時にはこれをそのままにして公園予定地とした。極めて勾配の急な箇所は紆余し曲折し、くの字なりに曲がり曲がって次第に登るようにしている。海浜の砂地に道路を構築するためには、砂地を掘り下げて木材を並べ、角石を埋め、割栗石を敷き、それに真砂土を混ぜて基礎としている。 
                                                (この記述は「青島二年」に準拠した。)

 なお、道路予定地とは都市計画に基づいて開発されるもので、位置、幅員、勾配などの作業は概ね完了しているが、歩道及び上下水道はまだ工事されておらず、路面の整備もまだ行われていないものをさす。


                               岩山を切り開いて道路予定地を開発 (図 8-1)



  写真は不鮮明だが、独逸人兵士の監督下、中国人労働者
   (山東苦力)が急斜面で作業している様子が見られる。

  この当時、建設用の土木機械は全くなく、作業は全て中
  国人労働者の肉体労働によって行われた。

              撮影時期不詳

      写真は ”青島今昔記念写真帳“ より







                             ハインリッヒ皇太子夫妻が道路予定地を視察 (図 8-2)



   ハインリッヒ皇太子夫妻は膠済線開発式典に臨席
    したが、その際に青島各地を視察した。

   この視察地名は不詳であるが、おそらく軍事施設へ
    の道路であろう。この写真から、この当時の道路
    開発予定地の施工状況がよくわかる。

           撮影時期:1898年






                                 山側の道路開発予定地 (図 8-3)


   遠方に完工した建物が見られるが、山側の道路
    予定地は法面、電柱設置は施工されているもの
    の、歩道、縁石工事は進んでいないので、上下
    水道工事は未完と思われる。

   撮影はおそらく下の写真と同じく1905年前後で
    あろうかと推測される。










                                 建造成ったプリンツハインリッヒホテル(図 8-4)



   建物は完工し独逸国旗を掲揚しているが、道路は未整備の
    プリンツハインリッヒホテル。青島中央部といえども
    上下水道工事の敷設済みを示す、道路縁石はまだ施工されて
    いない。


   この状況では道路は完工したとは言えない。

    この写真の撮影時期は(図 8-5 ~8- 6)の写真と同時期
    と思われ、たぶん1905~1906年頃であろう。





                                太平路岸壁建設のための軽便レール (図 8-5)


  (図8-5)に見える建物は、徳華銀行で、その奥にプリンツハイン
   リッヒホテルが見える。


  太平路岸壁建設のために軽便(トロッコ)レールが敷設された
   事を示す資料はこの写真だけであり、貴重な記録である。

   
上下水道の建設がどのように進められたかは不明だが、おそらく
   岸壁建設と平行して進められたのであろう。


       (出典:人民美術出版社発行 "青島旧影” )




                             小青島(加藤島)から撮影された太平路風景 (図 8-6)

   左の黒い建物は「プリンツハインリッヒホテル」
    その右は「徳華銀行」で、いずれも建設中と思
    われる。道路工事を伴う海岸の護岸工事が進行
    していないことに注目されたい。
    総督府の建設はまだ着工されていようだ。


   徳華銀行は1906年に、プリンツハインリッヒホ
    テルは1907年に完成しているので、この写真も
    おそらく1905年前後に撮影されたのであろう。

   この写真から、青島太平路の道路建設及び上下
    水道工事は、は1905年頃にはまだ完成してい
    なかったと思われる。

                    



 これらの写真から判断されることは、総じて青島の市街は、都市計画に従って道路予定地が先に開発され、次に道路予定地に沿って建物が建造されたようだ。この段取りがあったからこそ青島の市街は、この後都市計画の目標に沿って、機能的に且つ美しく構築されることとなったのであろう。

                       【 本編は第9話に続く。】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。