天主教堂(カトリック教会)

第9話

青島の本格的都市開発
(II)道路・建物建設-2

【2011年3月25日】


              青島の本格的都市建設

              (II) 道路・建物建設 -2



3.道路の仕様と構造

 独逸は青島の道路仕様を幹線道路と一般道路と大まかに区分し、ほぼ全ての道路に車道と歩道を設けた。歩道は車道の両側にそれぞれ設置され、街路樹が植えられた。
 青島区の道路はほとんど全てが幹線道路仕様で、車道の幅員は10~15メートル、歩道の幅員は3~5メートルである。大鮑島区の道路は一部を除き一般道路仕様で、車道の幅員は8~10メートル、歩道の幅員は3メートル前後である。
 車道は割栗石に真砂土を混ぜかまぼこ形に押し固める。傾斜の特に厳しい道路では、車道全面に舗石を敷き詰めて石畳とし、雨水による道路表土の流失を防いでいる。独逸租借時の当初、主要道路の完成写真を見る限り、車道表面をアスファルト舗装することは無かったようだ。

 車道と歩道は縁石で区分し、歩道は車道より一段高くなっている。縁石の基部の道路側に角石を敷いて流水溝とし、雨水がこの上を流れるようにする。流水溝の地下には上水道管・下水道管がそれぞれ埋設される。流水溝の所々に鉄製の窓を設けて雨水や汚水が下水道管に流れ込むようにしている。

 一部の道路では、流水溝に沿って敷石が配列されている。これは、当時青島の重要な荷物運搬手段が一輪車(独輪車)であり、その車輪の箍(たが)の鉄輪によって道路が損傷しないように設けられるものである。この敷石は、それを必要とする道路の両側に配列されている。

                                        縁石、流水溝及び敷石 (図 9-1)
       この写真は我々兄弟が1994年に青島を訪れた際、かつての生家の前
         の道路に残っていた縁石・流水溝・敷石を撮影したものである。

         1930年頃、一輪車は主要な荷物運搬手段であり、一人の男性が一輪
         車を操り、時には他の一人が一輪車を綱で引っ張り、あるいは驢馬
         が一輪車を引っ張るなどして、がらがら音を立てながら敷石の上で
         荷物を運搬していた。
         摩耗した敷石は、当時の物流システムの生きた証拠であったが、
         今は撤去されて跡形もない。

 その後、一輪車は二輪車(地排車「大八車」)に取って代わられるようになった。この車輪にも鉄の箍がはめられているので、道路損傷防止用に2列の敷石が約1メートルの間隔で配置された道路が多くなった。  

                                       2列配置された二輪車用敷石 (図 9-2)
      この写真は敗戦後の早い時期(1968年)に青島を訪れた日本人船員に
       よって撮影された。現在ではこのような敷石は全て撤去されたようだ。


       流水溝・敷石の形状は2枚の写真で異なるが、それは時々の青島支配者
       の道路基準の変更に拠るものであろう。


      この敷石を見ると、我が家にいた5人の車引きが、海外から到着した
       荷物を大港から我が家の倉庫まで、敷石上に轍の音を響かせ、かけ
       声をかけ乍ら大八車を曳いて帰ってきた情景を、おぼろげながら想い
       出す。




4.主要な道路・建物の建設事例

① 太平路付近(Kaiser Wilhelm Ufer)

 太平路は、独逸政府の道路計画上、最重要な位置を占める道路の一つである。青島湾に面する海岸線に護岸壁を建設し、その上に旧下青島村から桟橋まで一直線の道路を敷設し、道路沿いには主要な建物を建築し、更にこの太平路を見下ろす位置に独逸総督府を建設するという、実に壮大な計画である。この一連の工事は1905~7年にかけて順次完工したものと推察される。

                                  太平路岸壁と主要な建物群 (図 9-3)
  
   主な建物は左から順に “ツェントラルホテル” “プリンツ
    ハインリッヒホテル” “徳華銀行” である。

   背後に信号山が見える。

  この写真を第8話の「小青島から撮影された太平路風景
   と比較すると、岸壁の工事進捗状況がよくわかる。

  (第8話の写真に移動した後、直ちにこの写真に戻るには、
   IE 画面左上の「戻る」ボタンをクリックすること。)





                                    太平路から見た建物群 (図 9-4)



    太平路上から道路沿いの建物群を眺めると、手前から順に
    “ツェントラルホテル” “プリンツ ハインリッヒホテル”
     “徳華銀行” と並んでいる。
   建物向側にはイェシケ記念碑が建っている。

   太平路の路面には、歩道縁石、流水溝が認識できる。

   車道表面がアスファルト舗装されているとは認められない。






② 沂水路(Diedrichs Weg) と基督教堂(時計台)
                                     沂水路と時計台 (図 9-5)


   沂水路は別名「領事館路」と呼ばれるほど、総督府に近く
   格式の高い領事館建築が立ち並ぶ、重要な道路である。

   基督教堂は1910年に落成した、比較的後期に建築された
   建物である。


  この道路の車道表面もアスファルト舗装されているとは認め
   られない。





                                     蘭山路と鉄道駅舎 (図 9-6)


③ 蘭山路(Hohenzollern Strasse) と鉄道駅舎                                   

   蘭山路は鉄道駅舎に繋がる重要道路。道路中央には街灯
    が設けられている。


   歩道縁石や流水溝は整備されているが、車道の表面は
    どう見てもアスファルト舗装されているとは思えない。







④ 安徽路 (Albert Strasse)と谷公園               道路工事完成前の安徽路と谷公園 (図 9-7)                                 
  

    崩れ谷を公園として利用した安徽路の界隈。

   建物建築はほぼ完成したようだが、道路工事は未完成で
    ある。











                                 道路工事完成後の安徽路と谷公園 (図 9-8)

  上の写真とほぼ同じ場所でやや高い位置から撮影した写真。

  道路完成後、この界隈は素晴らしい環境に包まれた住宅地
  帯に変貌したことが判る。

  ここでも、独逸人の構想力と美意識の素晴らしさを感じ
  させられる。

  我々兄弟は、小学校の帰途、よくこの公園で遊んだ。






5.後書き

 独逸は1898年から道路建設を開始し、1907~8年頃に、青島市街の主要な道路・建物の建設を終えたと伝えられる。この期間に建設された道路は75本に及ぶが、それぞれにまず道路予定地を開発し、そこへ上下水道管を埋設することから始まって、膨大な個数の道路用各種石材を花崗岩で製作し、それらを敷設する。最後に車道の表面を整備する。
 青島における75本の道路全体の建設工事及びそれらの基礎工事を考えるとき、独逸人の総合計画性と執念、そしてそれらの作業を黙々と遂行してきた多数の中国人作業者の労苦に、今更ながら深い感慨を覚える。

 しかし、自動車交通がそれほど予見されていなかった当時に、歩車道を分離し、かつ幅員の広い道路を建設した理由は何であったのだろうかとも考える。

 又、研究者は青島の道路は早くからアスファルト舗装されていたと説くが、写真から判断する限り、主要道路といえどもアスファルト舗装が施してあったとは見受けられない。当時、自動車が撮影された写真はほとんどないのだ。
(アメリカですら道路の舗装が本格的に開始されたのは1910年以降である。)

 これらは、もはや、解くことのできない疑問なのであろうか。

 道路工事・上下水道工事そのものの記録写真は、色々探した結果、ようやく2点だけ入手できた。これは「第8話」及び「第11話」に掲載してあり、いずれも「人民美術出版社刊 ”青島旧影” 」より引用したものである。深謝。(平成24年10月追記)



   注)高知大学名誉教授瀬戸武彦先生より、この当時の舗装に関して下記の通りご意見を頂きました。

  
  道路はきちんとした舗装(例えばアスファルト舗装)ではなく、馬車・人力車の車輪が深い轍とならない
    ような簡易舗装(例えばマカダム舗装)だったのはないでしょうか。

   
(なおマカダム舗装とは砕石を敷き詰めローラーで圧し固めて施工するもので、砕石舗装とも言われる。)
         瀬戸先生、有難うございました。                
                                 平成23年4月25日


 
                       【本編はこれで終わり】
 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。