人民政府(元独逸総督府)

第10話

総督府と総督官邸

【2011年4月5日】


                       総督府と総督官邸

1.前書き


 独逸が青島を清朝から租借してから、第一次世界大戦で日英連合軍に敗れて租借権を手放すまでの期間は約17年であった。この間に総督に任命された人物の氏名と在任期間、およびそれぞれの功績・評価は次の通りである。(日数は概算)

   初代 クルト・ローゼンダール   Kurt Rosendahl       11ヶ月10日 軍事施設投資偏重で更迭
   二代 オットー・F・P・イェシケ  Otto F.P. Jäschke    1年11ヶ月20日 任期中に死去、記念碑建設
   三代 マックス・ロールマン    Max Rollmann        5ヶ月10日 前総督の残務処理
   四代 オスカー・トゥルッペル   Oskar Truppel      10年2ヶ月10日 総督官邸過剰投資で減給、辞職
   五代 アルフレート・M=バルデック Alfred Meyer-Waldeck 3年2ヶ月20日 日英連合軍と対戦、敗戦の将

 五代に亘る総督の中で、記念碑を建立されその功績を評価されたのは、在任期間2年足らずの第二代イェシケのみである。これは彼が近代都市としての青島の10年計画を策定したことが評価されての事であろう。

 一方、第四代トゥルッペルは、在任期間10年を超え実質的に青島を近代都市として建設した功労者であるにもかかわらず、壮麗高額な総督官邸を自らのために造ったとして減給され、それを不満として彼は職を辞したとのことである。
 私は、故国から離れた東洋の一角で、前任者から託された近代都市建設の任を、計画以上の近代都市として青島を建設した彼の功績は、本来イェシケより高く評価されてもよかったのではないかと思う。

 都市としての青島が後世に誇り得る名建築として、トゥルッペル在任中に設計され完工されたものとしては、総督府と総督官邸があげられる。その建設の推移を、僅かではある入手出来た記録写真で振り返ってみる。


2.仮総督府 ー 旧衙門営舎

 昭和8年版「青島案内」によれば、独逸初代総督ローゼンダール、第二代総督イェシュケは、中国が沿岸防備のために建造した衙門営舎で宿泊・執務しており、1898年に青島を訪れた独逸皇子ハインリッヒ夫妻も、暫くここに仮寓したとのことだ。
 なお衙門営舎は、1910年後も除去されることなく使用されていたことが、各種の地図、写真から推察される。


                                衙門営舎に立つハインリッヒ皇子夫妻 (図 10-1) 


   衙門営舎は中々立派な建物であったようだ。営舎全容は
   (図 7-1)を参照すると明らかなように、何棟もの建物か
    ら構成されている。

   この写真がどの建物であるかは不明だが、門構えや柱の
    装飾から見ると、兵舎の域を超えているようだ。

            撮影時期:1898年






2.総督府
                                                総督府地図 (図 10-2)
 独逸総督府は、総督府山(現観海山)の南麓、青島湾を見下ろす丘の上に1903年着工、1906年に完工した。この建物はネオ・バロック建築の構成を持ち、間口82.3メートル、両翼41.6メートルのE字型をしている。

 この建築物と周囲の地形及び道路配置をよく見ると、総督府建物を扇の要として、あたかも放射状の庭園が、山手から海岸に向かって広がっているかのように見受けられる。実際に総督府の高層階から青島湾を眺めれば、庭園に替わって壮大な都市美と海岸美が眼前に広がってみえたに違いない。

 トゥルッペル第四代総督は、自分の執務室から季節ごとに移り変わる壮大な風景を楽しんだことであろう。


① 建設中の総督府
                                  建設中の総督府 (図 10-3)



   写真中央右寄りに、建設中の総督府の足場が見える。

  この写真は観海山(総督府山)から見下ろして撮影した
  と思われるが、完成した総督府上層階から、ほぼこれと
  同じ青島湾風景が見えたはずである。




② 建設直後の総督府
                                  建設直後の総督府 (図 10-4)


  建設直後の総督府で、建物周囲の造園が全く見られない。
   これが建物完成と言われる1906年の姿であろう。

  この総督府建設に必要とした建設費は85万マルクであっ
  たと言われる。







③ 造園が整備された総督府
                                  造園整備後の総督府 (図 10-5)


   建物前後の造園が整備された総督府の全景

   (図 10-1)で示した地図とほぼ同じ前庭ができあがっ
   ている。


  沂水路の建物群や、信号山上に微かに見える無線信号
  用アンテナから考えて、この写真は1909年以降に撮影
  されたと思われる。(あるいは、この頃に実用化された
  飛行機から撮影されたのかもしれない。)


 尚、前庭の景観は、現在のそれとは随分異なる。




3.初代総督官邸

 我々がよく知っている総督官邸が建設される前の1899年、魚山(現小魚山)の南麓に最初の総督官邸が建設され、約7年間使用されていたことは、ほとんど知られていない。
                                   建設中の第一次総督官邸 (図 10-6)


   初代総督官邸は、魚山南麓、匯泉海岸を見下ろす
    あたりに建設された。

   山麓を削り平らにして建物を建設している様子が
    よく撮影されている。







                                         完工した初代総督官邸 (図 10-7)


  第4代青島総督オスカー・トゥルッペルは1901年に
   着任した。


  トゥルッペルがこの初代総督官邸に起居した約7年
   の間、1903年には総督府に着工、1905年には第二
  代総督府官邸の建設に着工している。

  この建物は、第二代総督官邸の建設後、除却された
   ものと思われる。





4.第二代総督官邸

                            
建設中の第二代総督官邸 -1 (図 10-8)




  
第二代総督官邸は1905年に信号山の南麓で建設が
   開始された。


  ここは青島湾を見下ろす風光明媚な場所である。









                               建設中の第二代総督官邸 -2 (図 10-9)




   前図の反対方向からやや接近して撮影した、建
   設中の第二代総督官邸。


  この写真から、建物の基礎工事の一部に煉瓦が
   使用されていること、及び中国人労働者が多く
  働いていたことが判る。








                                        完成直後の第二代総督官邸 (図 10-10)


   第二代総督官邸は1907年に完工した。道路は
   一応できあがっているが周囲の庭園は未整備。
   この段階での建築費が100万マルクを要したと言
   われるから、総督府の工事費85万マルクと較べて
   如何に贅沢な工事であったかがよくわかる。










                                     庭園整備後の第二代総督官邸 (図 10-11)

  総督官邸建造後、内装の充実、上下水道の整備、庭
  園・遊歩道の整備等の工事が追加され、この総督官
  邸の総工事費は200万マルクを遙かに超えたと言わ
  れる。

   しかしこの建物は、ドイツ・日本の歴代総督や司令
  官の宿舎となったほか、中国国民党政府高官、中国
  共産党幹部がここに宿泊したことが記録されている。


  東アジア現代史の舞台裏で、この建物は語られざる
  歴史の何ページかを記録しているのかもしれない。



                           
 【 本編はこれで終わり】
 


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。