児童公園(旧青島神社石段)

第11話

独逸租借時の上水道

【2011年4月25日】

                      独逸租借時の上水道


1.前書き

 100年前の青島の住環境は、率直に言って、極めて不潔であった。井戸は屋外に設置され屋根もない。便所はほとんど存在しない。雨が降れば汚水は地下にしみこむ。そうした環境の中、ドイツは青島に理想的な近代都市を建設しようとしたのである。それには、清潔で安全な住環境の構築が不可欠だ。
 このような次第で、独逸にとって上水道システムの敷設は青島経営の第1の緊急且つ重要な課題であった。

 ただ、独逸の上水道敷設の経緯を示す写真は、わずか1枚しか入手できなかった。そこで主に「青島二年」の著者泉對信之助の筆を借りて、まず、青島における上水道工事の軌跡を訪ねることとする。


2.水源地の確保

 独逸は青島租借の当初、都市計画に対応して約160カ所の井戸を掘削し、これにポンプを取り付け、汚物の混入を防ぐ装置を設けて、当面する緊急事態に対応することとした。しかしこのように新たに掘削した井戸も、到底長くは使用できなかった。何よりも、青島の地盤は花崗岩などからできあがった岩盤であるので、湧水量が少なく、海岸に近い井戸は塩分が含まれている。岩盤の隙間からは地表の汚水が地下水脈にしみこみ不潔である。このため、生水を飲んでコレラ等に罹病する者も少なくなかった。
 更に市街は次第に開発が進み人口も増加するが、これに伴って水需要も増加の一途を辿った。

 そこで独逸は、1898年、青島の東北部にある海泊河の川底に6カ所の深い井戸を掘り、地下8メートルの伏流水を汲み上げた後一カ所の集合井戸に集め、これをポンプで観象山麓にある貯水池に送水し、主として青島区に給水した。この工事は1902年に完工し、これによって青島区の施設・住居は日量600立方メートルの飲料水の供給を得ることになった。

 しかしながら、海泊河の水は硬水で含塩分も多い。一方で、青島の市街開発は一層進展し、大港も完成に近付き、一般市民のみならず旅客や出入船舶の水需要も増大する一方である。加えて、当初水道給水計画外に置かれていた大鮑島や台東鎮・台西鎮など中国人が多く居住する地区で多発する流行病の発生は、独逸人の衛生管理面での大きな脅威となったことから、これらの地区への水道の供給開始を含め、給水量の拡張工事は今や避けることのできない必要性に迫られてきた。

 そこで独逸は、青島の東北12キロメートルにある張村河と李村河の合流点に深さ10メートルの井戸を掘削して地下の伏流水を汲み上げ一旦集合井戸に集めることとした。同時に、1日6,000立方メートルの送水能力を持つポンプ所を造り、送水管をモルトケ山(貯水山・若鶴山)まで敷設し、2,000立方メートルの貯水能力を持つ貯水池をモルトケ山頂に建設した。その上で、集合井戸の水をポンプでモルトケ山貯水池に送水して貯水し、そこから青島各区に給水することとした。
 この工事は1907年に着工されたが、完工するまでに3年以上を要したと言われる。その後1911年から1913年にかけて、独逸は李村水源地における井戸の掘削を継続し、最終的には13本の井戸を稼働するに到った。

 市内の配水系統は環状排水網を採用しているが、これは青島の地形の特長である高低の起伏地形に対して有効な方式であり、給水量を有機的に調整し、青島の発展に余裕を持たせることを可能にした。


3.水道技術と衛生管理

 独逸は李村水源地からモルトケ山上の貯水池に至る送水管として、独逸本国から長さ30尺(約10メートル)の鍛接鋼管を輸入して使用した。当時、送水管は長さ3~4メートルの鋳鉄製が一般的であったから、抗張力の点からも、また接合部を減らすことができる点からも、鍛接鋼管の採用は送水系統の維持・補修にとって大変有利であった。
 引き続いて、青島市内の全ての道路予定地の地下に給水管を埋設し、併せて下水管も埋設した後、道路を建設したのである。

                                      給水管埋設の状況  (11-1図)

   青島の主要道路である廣西路において、上水用の給水管を埋設
   している写真。この種の写真は、この掲載写真を除くと、1枚も
   見出すことができなかった。これはきわめて貴重な資料である。

   写真内中央部右側にやや黒く見える3階建ての建物は、膠澳郵便
   局である。

   撮影時期は1905年前後であると推察される。

        【 出典:人民美術出版社発行 "青島旧影" 】




 驚くべき事は、李村水源地とモルトケ山貯水池に電話線を用いて貯水量自動表示器を設置したことである。貯水池はモルトケ山鞍部にあって地中埋設されているため、手動で水量を計量することは実際的ではない。電気的に自動表示される水源地と貯水池の水量を知ることによってポンプ運転の参考に供するのみならず、水道庁本部においても刻々の貯水量を居ながらに知ることができて、給水総合管理が可能となったのである。
 更に送水管には2キロメートルごとに連絡用の電話機が設置されており、故障時には現場から本部へ迅速な通報が可能となった。

 独逸は青島における屋内水道配管に鉛管を使用することを1901年から絶対禁止することを決定し、独逸本国から管内外面に亜鉛メッキ処理したガス管を輸入し使用した。これは鉛管を流れる水道水に溶け出した鉛分が多少とも人体に有害であるとの理由によるものである。この鉛有毒説はこの頃(大正10年代)には定説ではなかったので、当時の日本では鉛管が屋内配管用として一般的に使用されていたから、この一点を見ても独逸人の衛生管理の厳しさに驚かされる。
 又、水源地と総督府病院において毎日2回水質検査を行って黴菌検査と化学検査を実施するなど、衛生管理も怠りなかった。


4.あとがき

 独逸は青島の都市開発の初期から、衛生管理のため青島全域に上水道を敷設したとの所論が広く述べられているが、「青島二年」の筆者泉對信之助によると、中国人居住区である大鮑島地区には1907年頃まで上水道は敷設されていなかった。

 これは極めて重要な指摘であって、他の研究者からはこのような指摘はない。泉對信之助は1921年(大正10年)に日本からの派遣官僚として青島民政署に約2年勤務した。彼の仕事上の立場を考慮するとき、彼のこの指摘には100%の信頼を置いても良いのではないかと考える。


独りごと

 幼い頃、我が家で母親は我々兄弟に水道水を生で飲むことを禁じ、その代わりに何時も「湯冷まし(涼開水)」が食卓におかれていた。これは青島の水道が硬水であるからと聞かされていた。家では言いつけに従って湯冷ましを飲んでいたものの、学校では水道の蛇口から生水をがぶがぶと飲んでいたが、腹を下したことはなかったように記憶している。


                        【本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。