魯迅公園門(元海浜公園門)

第12話

独逸租借時の下水道

【2011年5月 5日】

               独逸租借時の下水道

1.前書き

 全ての研究者が青島の下水道の素晴らしさを讃えている。「青島二年」の著者泉對信之助の叙述を借りれば、次の通りである。

    青島市は当初から一定の理想の元に計画された市街である。同時に下水道も一定の理想の元に計画されたものであろう。
   独逸は占領の始めに、既に将来における市街の拡張計画をいかに採るべきかを決定すると共に、下水道もこれに適応する
   計画を立てたのである。それ故に、市街がいかなる程度に発展し拡張しても、首尾一貫した下水道が構築できるし、でき
   たのである。

 水道工事と同じく、下水道工事の進捗を物語る写真は、残念ながら1枚も見あたらなかった。以下、主として泉對信之助の筆を借りて、青島における独逸の下水道工事の足跡を辿ることとする。
   (その後有り難いことに、廣西路における給水管埋設工事の写真が1点見つかった。「第11話」参照。)

 
2. 将来を見越した下水道計画

青島の下水道は、下水道そのものとしては規模も小さいしそれほどのものでもない。ただその方式と測量・工事方法は独逸本国のいずれの都市も及ぶべからざる特色を有しているという。
 独逸人の計画した図面によって調査すると、1916年までに建設された青島の区域は、彼等が実現しようとして図りつつあった大青島の規模の三分の一にしか過ぎない。換言すれば、現在青島に構築されている下水道システムは、何らの修正をも必要とすることなく、当時の約3倍の区域を有する将来の大青島にそのまま適用できるのは、実に独逸人が下水道構築に当たり、将来を見越した用意周到な計画を建てたからに他ならないのだ。


3.青島の下水道の特色

 青島の下水道の特色はその完全な暗渠方式にある。全ての道路の地下には水道管と下水道管が埋設されている。下水道は、青島区では主として汚水と雨水を分離して排出する方式が採用され、その他の地区では汚水と雨水が混合して排出されている。何のために分離方式と混合方式が採用されたのは判らないが。

 青島の下水道の次の特色は、汚水管の勾配方式である。独逸人は下水道を構築するに当たり、その全長の5分の3を通じて、1000分の1の等傾斜を一貫して採用した。下水管はその地形に従い、汚水の自然に流れる方向に従って4カ所の下水ポンプ所に集合している。各ポンプ所は電力ポンプを使って広島町(現広州路)ポンプ所に汚水を送り出し、広島町ポンプ所では強力なポンプを使用して汚水を屠畜所付近の高台に押し上げ、そこからは自然重力により、団島の更に先にある遊内山岬(現在名不詳)の先端に敷設した干潮面下の排水溝から海中に放流するものである。ここで放流された汚水は潮流の関係上、再び陸地に戻ってくることはない。

 等傾斜勾配による下水道工事の困難は想像に難くない。その工事の難中の難は広島町(広州路) 下水ポンプ所から遊内山岬の排出口までの工事であったろう。両者の距離は約4,000メートル、その間に、あるいは崩れ谷を横断するために高架の上に水渠を設けた。あるいは岩盤を掘削した。さらには窪地を隔てて団島へ汚水管を敷設するため、コンクリートの防波堤を建設し、その内部に下水道を敷設した。このようにしてこの全区間で1000分の1の等傾斜を保持したのである。その努力、その技術、ただただ舌を巻くの他はない。

 独逸人は、下水道に使用する陶管にも意を払った。青島で使用された下水道用陶管は全て独逸本国製であって、その品質は堅牢、釉薬の不十分なものはほとんどない。管の長さは1メートルあり日本製のものより40センチメートルほど長いので、接合部分をそれだけ減ずることができる。しかも管の接合部には挿口も受口も螺旋を有しているので、陶管敷設後には接合部が固着される。その細心精緻には驚嘆する他はない。

 最後に指摘すべき点は、汚水量レベルを通知する装置である。(水道管と同様、電話回線を使用したのであろう)第1段階は汚水池にある量の汚水が溜まると、その量が配水ポンプの運転者に通知され、運転者は直ちに汚水ポンプを作動させる。第2段階として、汚水量は水道部にも通知されるので、汚水ポンプ運転者が万が一にも汚水ポンプの操作を怠った場合でも、水道部の方から運転者に対して指示ができる。

 このように、青島の下水道は、その工事の困難な点において、その設備の完全なる点において、真に東洋一と称しうる価値はあるのである。


4.後書き

 独逸は青島占領直後から、青島の非衛生的な生活環境に悩まされてきた。独逸人自身、占領直後には、地中に穴を深く掘って排泄物を埋めたり、あるいは中国人にくみ取り処理をさせたようである。

 独逸人は1902年から下水道建設に着手したことが記録されているが、それは上水道の工事と同様、独逸人の居住区である青島区に工事が行われたのであって、大鮑島区の下水道工事は1907年以降となったのではないか。
 独逸は青島区の下水道工事には理想を追求して分離方式を採用したのだが、この方式では工事期間が長く、建設費もかさむことを知って、大鮑島その他の地区の下水道工事には混合方式を採用したのであろう。勿論、それはそれで下水道として立派に機能したのだ。

 今から100年以前に建設された下水道システムが、ほとんど何の手直しを必要とせず、1945年頃までの青島の下水道需要をまかなったことに、80年前の泉對信之助氏ならずとも、独逸人の長期都市計画の緻密さと実行への執念に感嘆せざるを得ない。


独りごと

 青島で生まれ育った我々兄弟にとって、生まれたときから便所は洋式水洗トイレットであった。亡兄は本が好きで、便所に本を持ち込んでは、トイレットの便座に座り込んで長々と本を読んでいた。兄の読書を待ちくたびれて我慢ができなくなると、我々は便所の扉をたたいて、兄に開門を迫ったものだった。
 敗戦後日本に引き揚げてきて、和式便所の臭さにしばらくは堪えられなかったことを覚えている。それもはや70年前のことになった。


                       【本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。