廻瀾閣(旧海軍桟橋)


第13話 独逸の青島植林事業


【2011年5月 15日】

                      独逸の青島植林事業


1.前書き
 
 今日我々の記憶する青島は、青島湾から眺める緑の色濃い観海山(総督府山)や信号山と、それら山々の麓に立ち並ぶ赤屋根の家々が織りなした、絵のように美しい風景であろう。4月ともなれば、我々は旭公園の桜並木を散策して陽春を心ゆくまで満喫し、5月には青島の主な街路樹であったアカシアの白い花と甘酸っぱい香りに、過ぎゆく晩春を惜しんだものだ。

 だが独逸が初めてその足を踏み入れた19世紀末の青島は、労山山脈が海中に突出した一先端であって、地盤は岩盤そのものであり、ともかく山々には樹木がなかった。この地に住む中国人は、調理にまた暖房に、その少ない樹木を集めて何としても燃料にせざるを得ない。草木はますます地表から減って行く。これらの結果として、当時の青島では僅かばかりの地表にもはや保水力がなくなり、雨降れば表土は流されて岩盤はますます露出し、草木の広がる余裕は全くなくなっていた。

                                  総督府山(観海山)とその前面の丘陵 (図 13-1)

     一部道路予定地が整備され、後方には建物が建築中
      の総督府山の前面の丘陵。


     山のかなりの部分は禿げ山で、前面の丘陵地には
      草木も生えていない。


    手前左側にある柴は、燃料用として右側にいる人物
     が販売しているのかもしれない。


    更に手前には建築用と思われる木材がおかれている。



 その様な苛酷な自然環境の中、独逸はその租借期間17年の間に、禿げ山を緑したたる美山に変えてしまった。青島租借期間における独逸の業績は色々列挙できるが、その中で特筆大書すべき項目の一つに、青島の山々の植林事業が挙げられるであろう。この植林事業は、青島租借開始の翌年1898年から着手されたのだ。

 以下、「青島二年」の著者「泉對信之助」の記録を基に、独逸の青島における植林経営の一端を紹介する。


2.植林に適した土地の造成

 地骨・岩骨が露出している青島の地盤を、どのようにすれば植物を植えるのに適した土地に改良できるか。独逸はこの難題に挑戦するために、険峻な勾配地では岩石を切り取り、あるいは掘削工事を行った。岩石に穴を開け、岩石と岩石との間は盛り土をした。傾斜地には石を積み上げて階段を造り降雨の際に土砂が流れるのを防いだ。風化した花崗岩の砂地には草種をまいて、将来の風化に際して土砂が流れるのを防いだ。
 中でも最も困難であったのは、崩れ谷の裂け目における無数の砂防工事であった。これらの裂け目は一雨ごとに土砂が流れて原型がなくなる。そこでこのような場所には石を積み重ね、柵を打ち込んでそこに苗木を植えた。植えた苗木が枯れないように、多くの中国人労働者が朝に夜に石油缶や土壺に水を充たし、それを山腹まで担いで運び、植樹した苗木に潅水したのである。彼等のその苦労たるや、筆舌に尽くせなかったとか。


3.植林に適した樹種の選択

 青島にはほとんど樹木が生えていなかったので、植林に適した樹種は全く判らなかった。そこで独逸は世界各地から植林に用いる樹木を取り寄せ、これを新たに設置した29,5万坪の広大な植物園で、各種の喬木・灌木・花卉を試植した。(この植物園はその後「旭公園」と呼ばれ、市民の憩いの場所となった。)
                                   荒れ地に試植中の中国人労働者 (図 13-2)


     草も生えていない荒れ地に木苗を試植している
       中国人労働者。


     所々に独逸人監督者が立っている。

     試植地は植物園(後年の旭公園)であろうか。


       (青島今昔記念写真帳より




 丘陵地に適した植物は何か、街路樹には何がよいか、庭園にはどのような花卉がふさわしいか、独逸はその租借期間中に実に650種類の植物を試植した。
 さらに独逸は、菜園、果樹園、工業用植物(煙草、綿など)等も試植したが、後年、これらの幾つかは山東地方の特産品になったものもあったという。
 独逸租借の後期、青島における主な樹相は、針葉樹では日本産の黒松、落葉松、中国産の赤松、闊葉樹では独逸産のアカシア(正確にはにせアカシア)、中国産のはんの木、櫟等であった。
                                  根付いてきたと思われる植物 (図 13-3)


     試植数年後の植物園であろう。

     黒松の試植であろうか。ススキと思われる雑草が
       豊かに地表を覆っている。


     これらの松の苗が、やがて青島各地に植林されていっ
       たのであろう。後年、
黒松・赤松が青島郊外の主要
       な林を形成していた。
      

       (青島今昔記念写真帳より



4.強烈な虫害とその対策

 1900年、試植した松に大量の虫害が発生した。懸賞で虫害の駆除法を募集したが格別の名案もない。そこでやむを得ず大量の中国労働者を動員して、害虫の卵あるいは毛虫を何十万匹と手で駆除した。ところがやがて奥地からその毛虫の成虫である蛾が大量に来襲するにいたって、独逸政府は打つ手もなく、松を全面的に伐採することまで議論したという。
 ところが、闊葉樹にはこの毛虫や蛾が襲来しないことを発見した。しかも針葉樹と闊葉樹を交互に間隔を置いて植樹すると、松に対するこの虫害が防げることも発見し、ここにおいて独逸は欧州からアカシアを移入し、青島市内や山林に大量に植樹したのである。(想い出深い青島のアカシアが害虫対策のために選定されたとは!)
 さらに他種の蛾が楊柳に来襲することが判り、独逸は青島市域内における楊柳を全て伐採することを1907年に決定した。中国固有の楊柳が青島市内ではほとんど見あたらなかったのはこの理由によるのであろうか。


5.政令による草木伐採の禁止
 
 長らく、中国人は自生している樹木を伐採して燃料としてきた。当時彼等は植林・造林の必要性に対して全く無知であった。従って、独逸が折角植林した樹木の苗を抜いて燃料にするという事件も少なからず発生した。
 そこで独逸は1898年5月、樹木保護に関する警察令を公布し、樹木の伐採損傷や雑草の採集を禁じ、違反者に対しては罰金か懲役に処することとした。更に1899年5月には、山林保護に関する規則を公布して、青島各区内の山林にある植林区域内に立ち入り、これらの山にある通路以外の場所で騎行し、または種類の如何を問わず畜類を放走させること禁じ、違反者に対しては罰金を科することとした。(独逸人による兎狩の禁止が主目的であったのだろう。)
 一方で独逸は中国人に対して、造林希望者に対しては苗木を低廉で分譲した。林業学校を設立して林業の教育を行い、この学校に試植場を付設した。


6.植林事業の成果

 植林の効果は苗木を植えだしてから4~5年で漸く現れ始めた。砂防のために積み重ねた石の間には一雨ごとに土が溜まって来る。そこにまた木や草を植えたので、土地は次第に固くなった。植樹した草木によって保水力が増えた結果岩石の風化も進み土砂が増えてきた。以前であれば10時間程度で流れ去った雨水も、この頃には4~5日は保水できるようになった。
 独逸は植林の範囲を次の3区域とした。第1は青島市街及びその付近の山系である。第2は李村河、張村河、白沙河等の水源地方である。第3は山東鉄道沿線における植林である。
 山東鉄道沿線にある50有余の駅はほとんどアカシアか楊柳の林の中に立てられている。鉄道沿線の両側には、アカシアまたは楊柳が並木のように植えられている。これらは旅行客の目を喜ばすばかりか、夏は暑さを避け、冬は寒風を遮るのに役立ったとのことだ。
 1910年頃からの青島市街の写真には、青々とした樹林が背景に写るようになってきた。

 このように青島における植林・造林事業の成果は独逸山林学の卒業論文であり、それは独逸魂の一顕現であったと言えよう。


7.後書き

 独逸による青島の都市開発に伴って、数千~数万の中国人労働者が青島に流入した。これらの住居をどのように準備するかが大きな問題となったが、それ以上に問題となったのは、表だってどの学者も議論していないが、彼等の生活のための燃料をどのように調達したかと言うことであったはずである。

 19世紀末、青島の周辺には燃料供給源となる山林が存在していなかったことは、既に見てきたとおりである。しかも独逸総督府は、青島市域内における草木の伐採を固く禁じた。その様な環境の中へ流入した数万の労働者はどのようにして燃料を調達したのであろうか。以下に私見を申し述べる。
 
① 租借地の外から薪を持ち込んだ。
 青島開発の初期には、流入労働者も比較的少なかったであろうから、彼等の必要とする燃料は、租借地域の外側から青島に搬入され、売買された薪であったと思われる。この点については、「青島物語第6話」で、煉瓦工場(大窯溝)の近くに薪や柴を売る露店市場ができあがり、この地域は「劈柴院(薪売り場)」と呼ばれるようになったことを紹介したが、この露店市場での薪売買は2~3年は続いたのではないであろうか。だが流入を続ける労働者向けの燃料用として、奥地からの薪供給は量的に見て続くはずがなかったものと思われる。

② 山東鉄道沿線の炭坑からの石炭が薪に取って代わった。
 独逸は山東鉄道の敷設と鉄道沿線の炭坑開発に尽力した。その一つの坊子炭坑で採掘された石炭が、1902年に最初の採炭列車で青島駅に到着し、官民の大歓迎を受けたと、高知大学名誉教授瀬戸武彦先生の著作に紹介されている。
 更に瀬戸先生によれば、青島において独逸総督府は1905年に「煙突掃除強制二関スル規則施行細則」を公布し、主としてドイツ人が居住する青島区の建物にのみ煙突掃除が義務づけられたと述べておられる。これにより、1905年以前から独逸人住居における燃料として石炭が使用されていたことは明らかである。

 最初の採炭列車が青島に到着した1902年以降、おそらく中国人も石炭を家庭燃料として使用しだしたのであろう。そしてその事が大量に流入した中国人労働者の燃料問題を解決したのであろう。
 極言すれば、炭坑の開発が青島の都市開発を可能にしたのかもしれないし、独逸総督府の植林事業を成功に導くのに役立ったのかもしれない。


◆ひとりごと

 青島の我が家の燃料は全て石炭であった。石炭を着火するにはある程度火力のある点け木が必要である。だが、青島に薪はなかった。では点け木に何を使ったのか。それは、地元の中国人が拾い集め販売していた「乾燥した松かさと松葉」であった。独逸が植樹した松が、後年、このような形で燃料として役に立ったとは、彼等は思いもしなかったことであろう。


                       【本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。