ストランドホテル

第14話

灯台、桟橋、そして港湾-[旧港]

【2011年5月25日】


            灯台、桟橋、そして港湾 -【旧港】

1.前書き

 1897年、独逸は青島(旧膠澳)に無血上陸し、翌1898年、清国政府との間に独清条約を締結し、青島及び膠州湾一帯を租借し、青島-済南間の鉄道(膠済鉄道)敷設権、及び鉄道沿線の鉱山採掘権を取得した。取得した各種利権を早急に実現するために、独逸はまず鉄道敷設に重点をおき、独逸本国からハインリッヒ皇子夫妻の臨席を仰いで1899年に起工式を開いた。鉄道工事資材の搬入や工事技術者の来訪のための船舶、更に青島防衛のための軍艦など、港のなかった当時の青島では、独逸本国からの船舶のほとんど全てが青島湾及びその沖合に停泊したものと思われる。
 
                                      1914年当時の青島港湾設備 (図 14-1)

 独逸は、膠州湾の租借後間もない1898年9月に租借地全体を関税自由地域としたが、清国ではこの当時からジャンク船による沿岸交易が盛んに行われていたから、 これに伴って多数のジャンク船が青島に来航することを、当然予想しておかなければならなかっただろう。

 しかも、青島ー済南間の鉄道建設が完成すれば、中国内陸部の各種産品が青島を経由して大量に輸出されることになるだろうし、それらの貨物を積み出すための大型港湾の早急な建設は、独逸にとって避けることのできない課題であった。

 青島の都市建設、膠済鉄道の敷設、並びに港湾建設という巨大な開発工事を同時並行的に進めるという難しい課題を、独逸は右の(図 14-1)に示すように、青島湾を港とする旧港、大鮑島地区西部の小港、更にその北側に大港と、3カ所の港湾設備を1899年から1906年の7年間で建設してしまったのだ。

 しかも、それぞれの港に鉄道引込線(緑色)を敷設、清国税関(赤色)を設置したことから見ても、独逸は清国内陸部との貿易の急速な拡大を意図していたようだ。

 以下に右図を参照しながら、独逸がどのような順序で港湾建設を進めたのか、入手出来た各種記録写真を基に、その足取りを辿ってみることとする。

 これらの経緯に関しては高知大学名誉教授瀬戸武彦先生の研究論文(青島めぐるドイツと日本--ドイツによる経営)で的確・簡潔に記述されているので、この研究を参考にさせて頂いた。
  【付図:膠州湾事情(工藤謙著:有斐閣1914発行)より】 


2.旧港の中心--小青島灯台

 独逸が青島を占領した直後(1897年)、小青島(独逸名:アルコナ島)には灯台がなかった。その翌年清国との間に独清条約が締結され、独逸は青島の都市開発、防衛などで大量の艦船が青島湾に投錨することとなる。無線通信設備が艦船に設置されていなかった当時としては、陸地との連絡のための信号山上の信号所の設置、夜間艦船の衝突回避のための小青島の灯台の設置は緊急であったに違いない。特に1899年には独逸本国よりハインリッヒ皇子夫妻が青島に来訪されることもあって、皇子夫妻の安全確保のために、この年までに信号所及び小青島灯台は設置されていたと考えるのは当然であろう。
 小青島灯台は、旧港とも呼ばれた青島湾の中心的存在であった。

                                   1898年頃の小青島(旧加藤島) (図 14-2)


   灯台のない小青島。(独逸名:アルコナ島、日本名:加藤島)

   小青島を陸側から撮影した写真で、影年は1898年頃と
    思われる。灯台はこの頃にはまだ建設されていなかった。

   だが、この頃にはジャンク船を含む各種船舶が既に青島湾内に
    多数停泊していたことが判る。





                                                    
                                     灯台が設置された小青 (図 14-3)



   小青島に設置された灯台は石造、高さは15.5メートル、塔の形状
    は8角形であったことが 知られている。ただし設置年は不詳。    

   遅くとも1899年頃であったろうか。

   この灯台の光源は石油ランプであったのだろうか。






 ある研究者は、小青島灯台は1900年に建設されたとしているが、私見としては上述の理由により、灯台建設は独逸の青島租借直後で1898年前後と推定する。


3.青島桟橋

 独逸が青島を租借した初期、独逸は清国が建造した桟橋を利用した。この桟橋は独逸名では「イルチス橋」日本名では「海軍桟橋」と呼ばれていた。
 独逸は、租借後早い時期に桟橋の南端を約100メートル延長し、船舶の貨物積み卸しに使用した。ただこの桟橋式埠頭は独逸艦船の使用目的を満足するものではなかったようだ。             

                                     独逸により延長された桟橋 (図 14-4



   延長した桟橋。桟橋の先端にはクレーンがかすかに見える。
   市街の開発はまだ進んでいないように見受けられる。

   画面右手には衙門営舎が見える。

   青島湾内には、様々の船舶が混雑した状態で停泊していることが
    写されている。




 この桟橋は専ら独逸軍用に使用されたと思われるが、他の埠頭が完成するまでの期間、この桟橋から、あるいはジャンクを使用して海岸から、商品の輸出入が行われたかもしれない。青島駅からここまで延長している鉄道引込線も、軍用と同時に貿易用に敷設されたのかもしれない。

 独逸は膠州湾の租借後間もない1898年9月に租借地全体を関税自由地域としたが、翌1899年に清国の税関を設置する協約を結んだ。この協約に基づく税関がどこに設置されたのか明確な記述は見つからないが、第1次世界大戦時、大阪朝日新聞社が独逸の作成した地図に基づいて「青島防備明細図」と題して発行した地図の中で、青島桟橋の付近に「税関」の位置を記載している。その概要の位置は(図 14-1)に赤字で示している。この地図が作成されたのは1914年であるので、1899年に設置されたとする税関と年代的には隔たりがあるが、私見としては小港や大港が構築される以前の清国税関としては、この位置がふさわしいと思う。


4.ヤーメン桟橋

 清国が青島(膠澳)に衙門営舎を築いた際、青島桟橋と共に、営舎の付近に更に1カ所の桟橋を設置した。この桟橋は独逸租借中にも独逸によって使用され、「ヤーメン橋」と呼ばれていたようだ。この桟橋の位置は(図 14-1)において、青島湾の右寄りに小さい赤矢印で示している。

 独逸租借の初期、旧清国衙門営舎は独逸仮総督府として使用されていたので、この桟橋は専ら上級将兵の上陸用に利用されていたとか。
                                   小青島灯台とヤーメン桟橋 (図 14-5)

  この桟橋は工事未完のまま何時までも使用されていた。5個の橋梁
   ブロックは
まるでこの桟橋のシンボルでもあるかのように
   後年になって撮影された写真にも写っている。



  1930年頃の日本統治時代の地図を見ると、この桟橋は「蝸牛橋」と
   名付けられている。

  弟の記憶では、青島第二小学校の教室の窓からこの蝸牛橋がよく見え
  たそうだ。






                       【 本編は第15話に続く。】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。