広西路(ユーハイム)


第15話

灯台、桟橋、そして港湾-[小港]

【2011年6月 5日】


            灯台、桟橋、そして港湾 -【 小港 】

1.前書き

 小港はドイツ語の ”Kleiner Hafen" を直訳したもので、1901年に完工したと記録されている。唯、どのような目的で小港を建設したのか何時から建設を開始したのかは記録が見つからなかった。

 独逸が1898年に作成した第1次青島都市計画には、実は港湾が配置されていなかった。当時の鉄道線路の敷設計画と対比して考えると、独逸は初期には青島湾を港にする考えを持っていたのではないかとも思われる。しかし、青島桟橋付近の水深が浅く、しかも1本の桟橋では増大する貿易量に対応出来ないであろうことは容易に推察できるところで、独逸は早い機会に青島湾を貿易港として利用する考えを放棄したのではないだろうか。

 1900年に発表された青島の都市計画を見ると、小港と大港の建設計画が明瞭に示されている。

                                                     (図 15-1 建設初期の小港堤防図 
 
独逸の青島租借の初期、青島湾には独逸軍艦船に混じってジャンク船あるいは漁船が多数停泊していたことは、第14話の写真で明らかである。このことは独逸海軍の運用面からも不都合であったと思われる。そこで独逸は、大鮑島西側の沿岸に港を至急に建設することとして、一部岩礁を利用して防波堤を建造し、港内の岸壁はほとんど整備しないまま、ジャンク船や漁船をこの小港に集結し停泊させることとしたようだ。小港の建設着手は1899~1900年頃と思われる。

又、大港の建設が完工するまでの間、この小港から貿易貨物の輸出入を取り扱うことも小港を建設した目的の一つであったようで、税関が設置されていた。

なお右の(図15-1)に示す小港堤防図には、青島市内から大港へ接続する道路(冠県路)がまだ記載されていない。大港への接続道路はこの後に建設されたのであろう。

   (下線付き文字をクリックすると該当箇所に移動します。移動先から元に戻るにはIE画面左上の戻るボタンをクリックして下さい。)


2.小港建造前の写真 -- ジャンク船を集結               (図 15-2)防波堤建設前の小港   


  小港建造前と思われる写真。(図 15-1)で ① と表示した岩礁が写って
   いる。この計画図から明らかなように、独逸は急いでこの岩礁を利用
  して防波堤の一部を建造したのであろう。


  防波堤建設前の時点で、既にジャンク船が停泊している。

   写真は対岸の砂浜の位置から撮影したと思われる。





3.貿易貨物の取り扱い -- 税関の設置             (図 15-3)小港内の埠頭   

  小港の防波堤は石積み。その防波堤と埠頭の間に係留されている船舶。
       【(図 15-2)② を参照のこと。】
  埠頭にはクレーンは全くないようで、船舶のクレーンで貨物の陸揚げを
   行ったのであろう。

  (図 15-1)を見ると、埠頭の湾内側には岩礁や砂浜があるようで、
   この当時、湾内の砂浜又は岩礁は裸のまま。コンクリートなどによる
   護岸工事はまだ施工されていなかった。

 
  この後、両堤防の外側は埋め立てられ、各種施設が建造された。





                                                                                        
                                     (図 15-4)  陸揚げされた貨物 


  陸揚げされた貨物群。ここから鉄道引込線を経由して貨物は内陸部あるい
  は青島市内に輸送されたのであろう。


  この付近に清国税関が設置されていることを示す地図は数種類あるので、
  小港は一時貿易港として利用されていたことが判る。


   手前の小屋の付近に蒙古馬と思われる動物が2匹繋がれている。この当時
   独逸人は蒙古馬を交通機関として多用していたようだ。





4.完工した小港の全

                                    (図 15-5 )小港の全景


  1905年に、総督府山(観海山)から撮影された小港の
  全景。この頃になると、防波堤も良く整備されている。


  港内手前の岸壁にジャンク船の帆柱が微かに見える。
  沿岸交易のジャンク船や漁船が停泊しているのであろ
  う。


  手前に見える建物は大鮑島地区の建物であるが、何
   に使用されたのであるかは不明。








5.独り言

 我が家は小港に近い中国人街の邱県路にあった。小港までは歩いて5分。日曜日になると、市場二路にあった中国人経営の釣り道具屋へ行き、ごかいを購入して大急ぎで小港へ、そして兄弟で魚釣りをしたものだ。

 傾斜岸壁からハゼが良く釣れた。たまには黒鯛がかかった。防波堤の石組みの間からはあぶらめを狙った。

 小港は我々兄弟の釣り堀であった。

                       【 本編は第16話に続く。】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。