浮山遠望


第16話

灯台、桟橋、
 そして港湾-[大港]

【2011年6月15日】


            灯台、桟橋、そして港湾 -【 大港-1】
                    -- 青島造船所の概要 --

1.前書き

 大港はドイツ語の ”Grosser Hafen" を直訳したもの。1900年に都市計画を策定した後、独逸は膠州湾にある青島を軍事拠点及び貿易港として建設することとし、まず小港を1901年に開港すると共に、同年大港の建設に着手し1906年に完成した。

                                       (図16-1) 大港完成図
 大港の防波堤は異形ともいうべき円形の北防波堤と、第1埠頭を兼ねた南防波堤からなる。

 北防波堤の形状は、沖合の岩礁を利用して造船所を設置すると共に、冬期の季節風を防ぐために設計されたのであろう。その全長は4600メートルであった。港湾の開口部は南西に向いている。

 南防波堤は全長1100メートル、幅は100メートルで、第1埠頭を兼ねており、鉄道引込線が1本、倉庫が4棟あった。

 第2埠頭は全長1200メートル、幅は100メートルで、鉄道引込線は2本あり、倉庫が3棟あった。

この第1埠頭・第2埠を合わせて、6000トン旧の船舶12隻を同時に係留することができた。

 大港の南に隣接して船渠港があり、ここには曳船、艀船、浚渫船が停泊するほか、港湾建設・維持に必要な用具を製作する工場    
があった。
                               【付図:膠州湾事情(工藤謙著:有斐閣1914発行)より】


 これだけ近代的な港湾を、取り立てて建設用重機もなかった19世紀初頭の青島で、独逸はどのような工法で建設したのであろうか。大港の防波堤・埠頭は、石組みとコンクリートを組み合わせて建設したと考えられる。
 なお、港湾建設の記録写真はほとんど入手出来なかった。漸く入手出来た数少ない写真を基に、大港建設の工程、及び各埠頭の形状を見ることとする。

 (本編の港湾諸情報は、高知大学名誉教授瀬戸武彦様の論文「ドイツによる青島経営」から引用させて頂いた。)


2.人海戦術で構築された大港

 大港の建設に当たり、独逸は大量の中国人労働者を、宿舎を準備して雇用したようだ。現在と異なり、建設重機は全くなかっただろうから、一体どのようにしてあの防波堤や埠頭を建設したあのであろうか。
                                   (図 16-2)  中国人労働者と建設資材 



   大港建設の一現場であろうか。数十人の労働者、右手には
    丸太を組んだ櫓とチェーン・ブロックがある。


   手前には鋼材がありリベットの頭が見える。その近くには
    木材が置かれている。沖に見える資材は鋼材か、それとも
    木材か。

   大港の岸壁箇所はかつては砂浜であったらしい。




                                     (図 16-3)  港湾労働者の宿営


   この写真の原題は ”Lager der Dockarbeiter" である。

   労働者の行列は、手前から奥へ向かっているようだ。
    その行列の先にある左側の建物群が宿営なのであろうか


   建設用重機がほとんどなかった当時、大港を建設した
    のは中国人労働者の労働力であったといえる。


   中国人港湾労働者の集合写真はこの他にもある




3.埠頭は石造かコンクリートか?
                                      (図 16-4)  建設中の埠頭 




   建設中の港湾の写真だが、岸壁に矢板が打ち込んである
    ように見受けられる。これが矢板とすればこの構築物は
    コンクリート製であろうか。
    だが、一体どのようにして矢板を打ち込んだのであろう。

   この構築物の幅から考えると、これは埠頭ではなく防波堤
    かもしれない。


   




                                     (図 16-5)  石組みの第1埠頭岸壁 

  この写真は次図の岸壁の拡大写真である。この写真から第1埠頭の
  岸壁は定型に切り出された石材による石組みであることが判る。


   これら2枚の写真以外には、埠頭・防波堤の構造を明瞭に示す
    写真は見あたらなかった。

   おそらく、石組みにより埠頭の岸壁を造り、埠頭頂部は第2
    埠頭写真(図16-7)に見る如く、コンクリートを打っている
    のではないだろうか。


   防波堤はコンクリート製なのかもしれない



4.第1埠頭
                                     (図 16-6)  大港落成式 



   写真の原題は ”Einweihung des Hafens"。
   湾口と埠頭の位置関係から見て、第1埠頭と思われる。

   威儀正しく整列した独逸将兵、その前に接岸しようと
    する独逸軍艦。青島大港の落成式である。

   この当時の第4代独逸青島総督トゥルッペルは青島大港の
   落成に際して、さぞや得意満面であったに違いない。





5.第2埠頭

                                            (図 16-7) 第2埠頭北側の情景 

   これは第2埠頭北側のの情景であろう。歩行者の影の方向
    から見て埠頭の先端は画面奥の方向に湾口を向いていると
    思われる。

   
   埠頭頂部は平滑で、コンクリートが打ってあると思われる。

   鉄道引込線が複線になっているが、倉庫を隔てた反対側の
    埠頭にも鉄道引込線があったようだ。

   ここまで二頭立て馬車が入り込んでいるのが愉快だ。





                                      (図 16-8)  第2埠頭南側の情景 

   対岸に船舶が係留されているところから、対岸は第1埠頭で
    こちらは第2埠頭の南側と思われる。

   船と対岸の間に、港湾の開口部が見えることからもこの埠頭
    は第2埠頭と思われる。

    鉄道引込線が認められる。


   繋船柱(ボラード)に腰を下ろしている人物の情景が、いかに
    も港らしい。






6.造船所
                                     (図 16-9)  造船所と大型起重機 



   北防波堤の先端には造船所が配置されており、大型起重機も
    ここに設置されている。湾口から湾内を望む情景。

   独逸軍艦はここに係留していたようだ。

   4本煙突の軍艦名は何であろうか。
       (シャルンホルスト?)





                                      (図16-10)  大型起重機      


    湾口から見て造船所の奥の方にこの大型起重機が設置され
    ていた。人影と見比べると、この起重機の巨大さが判る。

    この起重機により、軍用の大型施設の積み下ろしが可能と
    なった。荷重能力は150tonであった。


   独逸軍の砲台施設も、この起重機の設置により本格的に
    展開したと思われる


   画面奥の方に、北防波堤が見える。







                 青島造船所の概要

 上記の原稿を作成し終えたところへ、弟から「青島研究資料:青島軍政署編:大正5年発行」という資料が送られてきた。この資料の中に、独逸が中国人向け教科書として1914年に作成した「膠州租借地の発展とその中国内陸部との関係についての回顧」という項目の日本語訳があり、独逸の青島経営に関して36ページで紹介されている。その中に「青島造船所」の一項があるので、その概要を紹介する。

① 造船所建設の目的
  1900年始めより、独逸巡洋艦隊付属の船舶を修理する。

② 造船所の設置
  最初外湾の沿岸に設置されたが、規模が小さかったので、1905年、大港に16,000トンの浮きドック及び150トンの起重機
  が備え付けられたのを機に、現在地に移設された。

③ 造船所の設備
  各種資材及び重要物運搬のために、構内の各工場間に軌道を敷設する。
  中央配熱所にボイラーを設置し、工場並びに工場内埠頭・浮きドックに係留する船舶に暖房用の蒸気を供給する。
  設備としては、各種金属工作機械の他、木工及び填毛作業を行う。場内各所に電灯を設置する。

④ 造船所の作業者
  造船所で勤務する作業者は職工(技能を有する労働者)と労働者に区分され、1914年現在で職工は123名に過ぎないが労働
  者は1300~1800名である。

⑤ 事務員の養成
  造船所は事務員として中国人に特別の教育を施して、各種事務室で製図・筆記・及び計算事務に従事させた。事務員は
  52名である。

⑥ 職工の教育                               (図 16-11) 造船所の養成工
  1902年に職工養成所を設置し、15~18歳の青年に対して
  4年間の授業年限でドイツ語及び中国語を朝晩に教育し、
  昼間は作業に従事して技術を習得させ、この年限を終了
  したものに対して卒業試験を行い、合格者には卒業証書を
  交付する。在学中は全員職工養成所の宿舎に収容される。
  
  これまでの入学生は合計634名で、この中約300名が
  造船所に就職し、その他は各地の工業に従事している。

        (写真原題:Werft Lehrlinge)


⑦ 造船所の通用語
  職工の大部分は教育によってドイツ語に精通しているので、軍艦の修繕に従事する海軍の兵士は職工とドイツ語で会話する
  ことができる。

⑧ 造船所の事業
  造船所は独逸の艦船及び商船を修繕するほか、これまでに約30隻の小型船舶(曳き船、艀船、及び高速用小艇)を新造し
  た。現在、10隻を建造中である。
  更に清国向けに砲艦「武風」を建造した。これは蒸気快速艇で、最大馬力は600馬力、航速は15海里で、1910年に清国側
  に引き渡された。
                                                   以上

                       【 本編は第17話に続く。】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。