水 族 館


第17話

灯台、桟橋、そして港湾-[大港-2]

【2011年6月25日】


            灯台、桟橋、そして港湾 -【 大港-2】


1.船渠港

 埠頭には埠頭を維持管理するための各種工作船が必要である。又、大港に入港する船舶を埠頭に接岸させるための曳船や、貨物の沖積みに使用される艀船も必要である。その様な各種小型船舶を係留する埠頭を、大港では船渠港と呼び、第1埠頭の南側に構築されていた。
                                      船渠港の情景 (図 17-1)

    大港の干潮時水深は10メートルであると言われるが、どの
    ようにして港内を浚渫したのかが疑問であった。


   この写真の中央に浚渫船と思われる工作船が見える。これで
    疑問は解消した。浚渫船は造船所で作ったのか。


   写真左奥には独逸艦隊の旗艦が見られ、その手前には第1埠頭
    の防波堤がかすかに認められる。


   写真右奥には造船所の大型起重機の姿が見える。

    (出典:高知大学名誉教授瀬戸武彦先生より)


2.埠頭情景

 1900年頃の大港では多くの中国人労務者が埠頭荷役業務に従事しており、一部馬車による貨物の輸送もあったようだが、大部分は港湾荷役労働者の手によって行われていた。それは独逸統治期間だけではなく、日本占領期においてもほとんど同じように行われていた。

                                     港湾労働者の一情景 (図 17-2)  

   1900年代初期はまだ清王朝下にあったので、労働者も
    弁髪で旗袍(チーパオ:裾スリットの入った長い上着)
    を着て労働している人もいたようだ。


   前面に置いてある荷物は、リュックサックのように背中
    に背負うもののようだ。奥の方では肩に荷物を載せて運ん
    でいるようである。


   それにしても何と大勢の荷役労働者が埠頭にいることか。







                                    荷馬車による荷物の運送 (図17-3)
   

    大型荷物は、船のクレーンを使って一旦埠頭に下ろし、
    それを櫓に吊したチェーンブロックを使って荷馬車に
    載せ、1頭又は2頭の馬に曳かせる事も見られた。
   
   しかし1940年頃まで、中国人労働者が大八車(地排車)
   に荷物を積んで運搬していた。







3.税関
                                      青島税関 (図 17-4)


   青島税関は独逸の所管施設ではなく、清国の管理下に
    あったようだ。

   余談になるが、出入国を管理する事務所についての記述が
    どの文献に見当たらない。当時は出入国管理という行政
    事務はなかったのであろうか。
    それとも船内で処理されたのであろうか。

   どの埠頭の写真にも、一般人が自由に出入りしている
    ように見られる。




4.石炭の積み込み

 1940年頃までの船舶・軍艦は、そのほとんどの全てが石炭を燃料とし、もうもうとした黒煙を吐いて航海していた。寄港地での石炭の積み込みは、それらの船舶にとって航海を続ける上で最重要な仕事の一つであった。青島港ではどのようにして石炭の積み込みが行われていたのであろうか。

                                   独逸軍艦への石炭積み込み (図 17-5)





  独逸軍艦は、大港北防波堤の先端にある造船所を係留岸壁
  とし、そこで石炭を積み込んでいたようだ。

  埠頭上に山積みされた石炭、それを二人でもっこを担いで
  艦内に搬入している中国人労働者。

  画面奥には浮きドックが見えている。




                                   一般船舶への石炭積み込み (図 17-6)

  第1埠頭、第2埠頭には一般人の来往や貨物の積載が行わ
  れるので、埠頭上に石炭を山積みにするわけには行かなかっ
  たのだろう。
岸壁の反対側の舷側から石炭を搬入していた
  ようだ。


  中国人労働者が、艀船に積み込まれた石炭を、篭に入れて
  肩に担いで、船舶に搬入している情景が撮影されている。


   中国人港湾労働者の営々とした労働によって、青島に
   入出港する船舶の燃料が補給されていたのだ。






5.浮きドック

 大港造船所に設置された浮きドックは、青島に駐留した独逸海軍の船舶ばかりでなく、一般船舶の維持・補修に大いに役立ったようだ。この浮きドックを独逸がどのように製作したかは、資料を整備して次話で取り上げることとする。

                                  造船所に設置された浮きドック (図 17-7)



   この写真は、青島で営業していた独逸の百貨店マックス・
    グリルが作成した絵葉書による。


   ドックの下部にいる人物の大きさと対比すると、このドッ
    クの高さは海面上で約20メートルほどあったようだ。







6.後書き

 青島で生活していた日本人にとって、青島大港は彼等を日本に繋ぐ重要な拠点であった。神戸・門司・仁川・大連などとの間には毎日の如く日本の汽船が往来し、大勢の人々、大量の貨物が移動していたのである。

 我々の父親は、大阪に本店のある小さな貿易商の青島支店長として約30年青島で中国商人を顧客として商売していた。父親は、ほぼ毎年1回、日本へ帰国していた。青島に戻るときは、何時もなにがしかの土産を我々に買って来てくれた。それを楽しみにして、我々は父親の帰りをよく大港まで出迎えに行った。

 汽船が埠頭に接岸しても、すぐにボイラーの火を落とすわけではないようで、煙突からは石炭の黒い煙が出ている。風向きによっては煙突からの煤煙が、容赦なく出迎えている我々に向かって流れてくる。家へ帰ると母親は、煤煙で薄汚れている我々の顔や服を見ては、嬉しいやら情けなさそうな顔をして、父親や我々を迎えてくれたものだった。


                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。