54広場彫像「5月の風」


第18話

青島で製作された
 <浮きドック>

【2011年7月 5日】


            青島で製作された ” 浮きドック ”


 大港の北防波堤の先端にある造船所は、おそらく当時の東アジアでは最大の起重機と” 浮きドック ”を所有していた。中でも浮きドックは駆逐艦程度の艦船まで修理できる能力を持っていたことが写真から窺われ、これだけの大きな構造物をどのようにして独逸が青島で所有できたのかが、長らくの疑問であった。

 最近になり、この浮きドックの製作過程を示す写真が入手出来、その結果、この浮きドックは大港の北防波堤の途中にある岩礁の砂浜で1年以上の時間を掛けて組み立てられたことが判った。現在ではこの浮きドックの存在すら忘れ去られているので、独逸の大港建設の記録の一部として、ここに紹介することとする。

                              中型船舶を収容できる” 浮きドック ” (図 18-1)




   このドックの寸法諸元の記録はないが、人物と
    対比すると、ドック側壁の海面上の高さは20メ
    ートル近く、ドックの底面の横幅は30メートル
    前後はあったであろうと推定される。










                               砂浜上に展開された浮きドックの部品 (図 18-2)





   浮きドックの部品は、船舶輸送で許される限り
    の寸法で独逸本国で製作され、青島に航送され
    たのであろう。


   この写真は浮きドックの底面の組み立てが開始
    された状態を撮影したものと思われるが、人物
    と比較して、ドックのサイズを想像してほしい。






                                組み上がった浮きドックの底面 (図 18-3)



    浮きドックの浮力を確保する底部ができ
     あがった写真であろうか。


    溶接装置と思われる機材が見当たらない
     のが不思議である。

    リベットで組み立てたのか、それともボルト
     で締め付けたのであろうか。








                                 浮きドックの側壁がほぼ完成 (図 18-4)



    ドックの側壁がほぼ完成したと思われる。

   簡便なクレーンが見えるだけで、それ以外に
    大型の重機は見当たらない。よくもこれだけ
    の巨大な構造物を組み上げたものと感心する。

  
   周囲には砂浜と雑草、そして何やら簡単な建物
    が見えるだけだ。






                                進水直前の浮きドック (図 18-5)


   海岸近くまでせり出した浮きドックの本体。

    これだけ巨大の構造物をどのようにして海岸
    まで押し出したのであろうか。











                                  進水直後の浮きドック (図 18-6)



   進水直後の浮きドック。海岸と浮きドックの
    間に水煙りが立っているように見受けられ
    るが、気のせいか。

   浮きドック製作の全工程を通じて、写真で見る
    限り中国人労働者の姿が見受けられない。
    独逸人技術者だけで製作されたものと思われる。







                         南防波堤を背景に浮きドック (図 18-7)



 背景に見える防波堤は
  第1埠頭を兼ねる
  南防波堤。


  画面左手に第2埠頭の
  先端が見える。



                              (出典:写真通信・青島陥落号)


◆後書

 この浮きドックの製作に関する各工程の写真は、あちこちに散在していた。100年前の青島における浮きドックの製造工程など、歴史的に見てそれほど意味はないのか、独逸ではこれらの写真を纏めて保管・管理しようとしなかったようである。だが独逸が青島を租借していた頃、この浮きドックの存在は、青島の軍港及び貿易港としての港湾機能を維持する上で極めて大きな意義を持っていたに違いない。

 私(兄)個人としては、この浮きドックの存在を弟が収集した絵葉書(図 17-6)で初めて知って、この浮きドックがどこで製造されたのかをまず知りたくなった。次に、これらの写真を断片的に見つけてこの浮きドックが青島で製造されたことが判ったのだが、この浮きドックを組み立てた海岸が青島のどこであるのかがなかなか特定できなかった。最後に(図 18-7) を見つけることができて、ようやくこの砂浜が北防波堤の先端にある造船所の近傍であることが判った次第である。

 この浮きドックは1904年頃に製造が開始され1905年に進水が行われたことが、写真に記録されていた。時は明治37~8年、日露戦争の直後である。日本では、軍艦を外国から大金を投じて購入していた頃だ。
 その頃に独逸は、母国を遙かに離れた青島の海岸で、このような巨大な構築物を1年がかりで組み立てていたのである。独逸の当時の技術力に、改めて驚嘆せざるを得ない。

                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。