匯泉角(元会前岬砲台)


 第20話

 青島の要塞

【2011年7月 25日】

                        青 島 の 要 塞

1.前書き

 独逸は青島を清国から租借した理由の一つは青島を独逸東洋艦隊の根拠地にすることであった。そのために、独逸本国では青島を所管する官庁は植民地省ではなく海軍省であり、歴代の青島総督は全て海軍軍人であった。初代総督クルト・ローゼンダールは、軍事基地建設のみに集中し経済や都市整備などを無視したとして僅か1年で交代させられ、2代目総督オットー・イェシュケの代になって漸く植民地都市の建設が進んだ。

 だが、独逸による青島の軍事化や要塞建設がどのように進んだに関しては、記録や写真がほとんど入手出来なかった。そこで、日独戦役開始前の日本側の諸資料、及び戦役終結後の記録写真を基に、独逸の要塞建設の進行状況を推察することとする。


2.青島における独逸の防御設備

 青島における独逸防御要塞設備の建設は、次の3段階に分かれるのではないかと、私(兄)は密かに推察する。

 ①初代総督ローゼンダールの在任期間はわずか1年であるがその間にローゼンダールは軍事基地を集中的に建設したという。
  しかし、彼の軍事施設建設の跡をたどると、イルチス兵舎及びモルトケ兵舎以外には軍事施設の建設実績、あるいは記録写
  真が見当たらない。
  おそらく彼が実行したことは上記兵舎の建設以外に、秘密裏に、低地にある海防用砲台として団島・台西鎮・ヤーメン(衙
  門)・会前岬に口径15センチメートルのカノン砲を装備し、永久砲台の基礎を作ったのだろう。

 ②第4代総督トゥルッペルの統治下の1905年に大港が完工し、大型起重機が設置された。これによって口径15センチ以上の
  据え付け型大型火砲の船からの陸揚げが可能となって、ビスマルク、イルチス山上の永久砲台の構築、及び会前岬の掩蓋設
  置などが開始されたのではないか。

                            青島における要塞設備配置図 (図 20-1)






  (出典:大日本戦史第5巻)













 ③第1次大戦開戦後、第5代総督M=ヴァルデックは日本との戦火に備えて、急遽1万人余の中国人労働者を動員し、第1次防
  衛線として5箇所のコンクリート製の永久堡塁を急造した。又その第1次防衛線の外側、海泊河口から湛山にかけて、何層
  もの防衛用鉄条網を敷設した。
  更に第1次防衛線の内側に臨時砲台を構築し、この当時青島にあった約80門の野砲重砲と青島湾内に停泊していた小型艦船
  の大砲を取り外してこの臨時砲台に設置した。
                   (第③項の記述は、「欧州戦争実記--青島陥落」に拠る。)


3.堡塁の建設

 堡塁とは、歩兵が機関銃等により侵入者を撃退するために構築された、石組み又はコンクリートで作られた楕円形状の掩蓋を有する擁壁のことである。擁壁には銃眼があり、ここから主として機関銃を掃射して侵攻軍を撃退する。日本側の資料によれば、1堡塁には1中隊の兵員(約200名)が任務に当たり、機関銃及び小口径のカノン砲が装備されたようだ。

                                      海岸堡塁 (図 20-2)


  この写真は海岸堡塁の掩蔽擁壁を示す
  この台東鎮堡塁は日独戦役の開戦間際に構築された。


  永久堡塁は5箇所あったが、これとは別に台東鎮には掩蔽の
   ない直線状の擁壁(散兵壕)で構成された台東鎮堡塁があっ
  た。



      (出典:日独戦史写真帳)


                               海岸堡塁の前面に敷設された鉄条網 (図20-3)




  海岸堡塁から小湛山堡塁まで、独逸軍は日本軍の攻撃に備えて
   何層もの鉄条網を連続して敷設した。

  この写真は海岸堡塁前面に敷設した鉄条網である。

      (出典:日独戦役記念写真帳)




4.大型火器の輸送

 口径15センチメートル以上の大型火器を船から積み下ろすには、砲身の重量が重いために大型の起重機が必要であったようだ。大型起重機で積み下ろした砲身を要塞までどのように運んだのか。これらの状況を示す写真が見つかった。
                                             起重機と砲身 (図 20-4)



   この大型起重機は1905年から稼働を開始したことが知られている。

   向かい側の船から、大砲の砲身を積み下ろしているところ。橋脚と見比べて、砲身の大きさを想像
    して頂きたい。


   この写真は絵葉書として当時の青島で販売されていた。






                                    砲身を運んでいる中国人労働者 (図 20-5)
  1本の砲身を運搬するために、一体何人の中国人労働者が従事しているの
   であろうか。

  大型トラックやトレーラーがなかった当時の青島で、大型砲身を運搬する
   唯一の方法は、このような大量の人力による曳行運搬であった。

  この砲身は会前(匯泉)岬砲台へ運搬中と思われる。

  プリンツ・ハインリッヒ・ホテルや独華銀行が遠望される。ただ総督府
  庁舎が完成していないところから、この写真は1905年頃に撮影されたと
  思われる。



5.永久砲台

 永久砲台はコンクリート製の擁壁で構築され、掩蔽はない。ただし、会前岬にあった砲台だけは鉄製の回転掩蓋が施されていた。搭載されている火器は口径15センチメートル以上のカノン砲(直射砲)又は榴弾砲であった。
 独逸側から永久砲台の写真は全く見当たらず、日本側からの写真は砲撃で破壊された要塞の写真が多い。その中から、青島永久砲台の特徴を示す写真を幾つか選ぶこととする。
                                   ビスマルク北砲台 (図 20-6)
① ビスマルク北砲台



 ビスマルク山には北砲台と南砲台とがあった。北砲台には
 口径15センチメートルのカノン砲が2基が設置されていた。


 カノン砲とは別名直射砲とも呼ばれ、目標を直接狙い、
 砲身は低い仰角で弾丸を発射する。貫通力が大である。



     (出典:日独戦史写真帳)



                                  ビスマルク南砲台 (図 20-7)
② ビスマルク南砲台


 ビスマルク南砲台には、青島で最大口径(28センチメートル)
 の榴弾砲が4基設置されていた。


 榴弾砲は爆発力の強い火薬を使用し、放物線状の弾道で目標
 を狙うもので、砲身の仰角は大きく、破壊力はカノン砲より
 も大きいといわれる。



     (出典:日独戦役記念写真帳)



                                 イルチス北砲台全景 (図 20-8)
③イルチス北砲台



  イルチス北砲台の全景写真。コンクリートでできた大きな
   掩蔽が見えるが、砲座の位置が不明。この砲座は日本の
   砲撃により破壊されたが、おそらく掩蔽の手前側にあった
   のだろう。


  ここには22センチメートルのカノン砲が2基設置されて
   いた。


    (出典:日独戦役記念写真帳)


                                   会前岬砲台 (図 20-9)
④会前(匯泉)岬砲台

 会前岬(灰泉岬とも表記される。)には口径24センチメートル
 のカノン砲が2基、及び掩蓋の中で操作される口径15センチメ
 ートルのカノン砲が3基設置されていた。


 写真に示す砲は掩蓋の中で操作される口径15センチメートル
 のカノン砲である。この掩蓋も、独逸で作られ青島まで船で
 運ばれ、起重機で陸揚げされたのだろう。








6.兵員の交代
                                  帰国独逸軍将兵の送別風景 (図 20-10)



 青島租借期間中、独逸は毎年2月に兵員の約半数を
 任務から解放して、兵員輸送船で本国へ帰国させて
 いた。
 平時における青島の兵員数は約2000名であったか
 ら、2年間の勤務を終えた兵員約1000名が埠頭に
 整列し、交代兵員と入れ替えに盛大な見送りを受け
 て帰国の途についた。






7.独り言

 青島における独逸要塞は、20世紀初頭のアジア植民地の中では最も強力に武装化されていたと思われる。何故これだけの武装が必要であったのか我々としては知りようもないが、当初独逸は海防を中心とした青島防衛を考えていたようだ。

 1930年代以降、会前岬(会泉岬・会姓岬とも呼んでいた)砲台は、砲身と掩蓋を残したまま観光地となっていた。我々が小学生の頃、ここには中国人の街頭写真屋が店を並べていた。といってもリンゴ箱程度のサイズの箱にレンズをつけ、客が来るとレンズキャップを手で外して(シャッターなどはないのである)箱の中にある印画紙(フィルムではない)に写真を撮り、箱の中に置いてある現像液で印画紙を現像、現像を終えた白黒反転している印画紙を箱から取り出しレンズの前に置いて再び撮影し、白黒を再反転させた2枚目の印画紙を現像して客に渡すという、見たことのある人でなければ想像も信用もできない方法で、写真撮影を商売にしていた。

 今の基準で言えばとても写真と言えないようなぼやっとした画質であったが、カメラが普及していない当時としては、立派な記念写真であった。私も何枚かその記念写真を撮ったように覚えているのだが、家族が敗戦で引き揚げてくるときに全部青島に残してきてしまった。


                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。