中山公園池(元第一公園)


第21話

青島の中国人居住区

【2011年8月 5日】

                      青島の中国人居住区



1.前書き

 独逸が青島を清国から租借した後、最初に手をつけたのは土地問題であった。軍事施設の設置・都市計画の展開を進める上で、土地の買収は最重要な課題であるが、そのために正確な土地の測量と共に「膠州土地法」を公布して、土地価格の騰貴を防ぐかたわら、中国人集落の買収を実行したのである。
 このようにして独逸が買収した土地で写真記録が残っているのは、上青島村、下青島村、そして大鮑島村である。これらの集落が独逸によってどのように変遷したか、その後を辿ってみたい。あわせて独逸が用意した中国人向け居住区の写真を見ることとする。


2.上青島村

 上青島村は信号山南山麓にあり、全体的に貧しい農村であったようだ。村内に清国軍の兵舎があり、この兵舎はしばらくの間独逸軍によって宿舎として利用されたが、それ以外の民家は1900年頃までにはドイツによって土地を買収され建物は撤去され、住民は強制移住されたと思われる。
 なお、この付近には総督官邸が建設されたが、大部分は空地で残された。
                                   信号山を望む上青島村(図21-1)

  この写真は1899年頃に撮影されたのであろう。信号山頂には
   既にドイツによって信号望楼が建設されている。

  左手前の民家の壁は石組みである。この村の建物の壁は殆どが
   石組みであったようだ。









                                  民家撤去後の上青島村 (図21-2)
   民家が撤去された後の上青島村の情景。

   この写真は1901年に発行された絵はがきによるもの。
   それから考えると、上青島村は1900年頃には兵舎を除き殆ど
    の民家は撤去されたものと思われる


   信号山頂の信号望楼の形状がこの2枚の写真で殆ど同じように
    見えるので、(図21-2)は(図21-1)とほぼ同じ位置から
    撮影されたのであろう。




3.下青島村

 下青島村はドイツの地図では「町(Stadt)]とも表記されていたように、清国の営舎や比較的裕福な中国人によってしっかりした民家が建てられたいたので、村内のかなりの家々は1905年頃までは撤去されず使用されていたようで、独逸によって使用された建物もあった。
 1905年頃には、天后宮と衙門営舎以外の下青島村の建物は全て撤去され、住民は強制移住されたと思われる。

 この地区は青島における独逸人居住地区及び行政、商業の中心地区(青島区)としてめざましい展開を遂げた。
                                            (第7話~第10話参照)

                                    下青島村の遠望 (図21-3)




   青島村の遠望だが、この写真には天后宮が見えない。
   おそらく写真右奥にあるのであろう


  比較的立派な建物が軒を連ねて建っている

  下青島村にあった清国衙門営舎は独逸総督府として1906年まで
   使用された。




                                      下青島村の商店街 (図21-4




  下青島村の商店街の寸描。中国人とともに、独逸兵が撮影され
   ている。


  これらの建物は1905年頃まで残っていたのではないか。
  よく見ると、屋根は藁と瓦とで葺かれている。






                                   下青島村にあった独逸郵便局 (図21-5)



   天后宮の近くにあった、独逸郵便局。入り口の左側壁に鷲印の
   独逸国章が掲げられている。


   1901年に膠墺郵便局が落成しているので、それまでの間、
    郵便業務はこの建物で運用されていたのであろう。


   なおこの郵便局の前の道路は、独逸によって「郵便通り
    (Post-Strasse)」と呼ばれていた。





                                清国人の民家前を行く独逸騎馬輸送隊 (図21-6)



   この写真には、奥の方には独逸によって建てられた建物があ
   り、写真左側には中国人の民家がまだ残っている。
   街灯と思われる柱が立っている。街路名は不詳。

   写真が撮影された時期は1903-5年頃であろうか。
  これ以降、左側の中国人建物は撤去されたと思われる。







4.大鮑島村

 大鮑島村一帯は、独逸の都市計画によって裕福な中国人の住居及び商業地区として開発された。
 大鮑島区に住む事を認められなかった中国人たちは土地を売って他地区(主に台東鎮、後には台西鎮)に移住させられた。

                                    大鮑島村の風景寸描 (図21-7)

 この写真の原題は
     「藁屋根村の大鮑島(Mattendorf Tapautau)」
 と記されている。

   見るからに農村風景である。写真左手の家は、壁代わりに
   アンペラが掛けられているようだ。


  この地区の開発は1905年頃には大分進んでいたので、おそらく
   1900年代の初頭に撮影された写真であろう。

  大鮑島の中国人建物は、一旦、全て撤去されたと思われる。


                                    開発途中の大鮑島区 (図21-8

  建物と農地が入り組んでいる大鮑島区。電柱は立っているが、
   道路の開発は進んで居らず、当然、上下水道の敷設も進んで
   いないと思われる
これは1905年以前の情景。

  写真左側奥の方向に煉瓦工場と思われる煙突が立っている。
  この写真は青島区の境界から北向きに撮影されたのであろう。



                                     四方路の街頭風景 (図21-9)
  四方路(独名:Syfang Strasse)は、上図(図 21-8)に比
   較して道路は整備されており、道路中央に下水用と思われる
   マンホールがある。


  建物は道路に面して平行に建てられているが、建物と建物の
   間には殆ど空き地がないのが中国人地区建物の特長である。


  四方路は大鮑島区内を東西に走る道路で、写真奥に見える山は
   観象山であろう。


  写真の撮影時期は1905年~1910年の前半であると思う。



                                     維県路の街頭風景 (図21-10)
  維県路(独名:Weishen Strasse)は大鮑島区内を南北に走る
  道路である。道路には下水用 と思われるマンホールがある。

   写真手前側
敷石で 舗装されているところから、この写真は
  徳県路と維県路の交差点から北向きに撮影されたのであろう。


  道路には電柱が立っているが、電柱から各住宅への引き込み
   電線が見られない。おそらく、この時代、まだ各家庭では電気
   が使用されていなかったのであろう。

  道路中程より奥には露天市があるように見受けられる。

  この写真も上の写真と同じ時期に撮影されたのであろう。


5.台東鎮と台西鎮

 1900年6月、独逸膠墺政府は青島(膠墺)を9箇所に区分した。それは「青島、大鮑島、小泥洼、孟家溝、小鮑島、楊家村、台東鎮、掃箒灘、会前」であるが、独逸は青島・大鮑島の中国人の所有地を買収し、布告により青島区には原則として中国人の居住を禁止し、大鮑島区は裕福な中国人の商業・居住区域と定めた。更に1901年には小泥洼、孟家溝、小鮑島、会前、海泊の中国人の土地を買収し、中国人のこの地区からの強制移動を布告した。
 独逸膠墺政府は台東鎮を開発し彼らの居住区と定めた。更にこの後、膠墺政府は小泥洼の一部を開発して台西鎮と名付け、この地区も中国人の居住地区として定めた。
  (この項は、「宋 連威著:青島城市的形成」に準拠して纏めた。)

① 台東鎮                                              台東鎮地図 (図21-11)
  

   台東鎮は楊家村の一部を全く計画的に開発した住居区である。ここに居住する中国人
   は青島各区から強制的に土地を買収され強制移転された人々が中心であるが、一部
   青島外からの商人も居住・営業を許されたらしい。







                                      台東鎮住宅情景 (図21-12)



  台東鎮の住宅は、地図から推察されるように、道幅は狭く、家々は隣り
   合って建てられていた。建物は煉瓦造りであった。


  この写真から見ると、道路は勿論舗装されて居らず、上下水道とも敷設
   されていなかったようだ。

  


② 台西鎮
                                          台西鎮地図 (図21-13)


  台西鎮は、独逸が青島の西部にある小泥洼に計画的に開発した中国人向け居住区で
  ある。この地区は、青島区から強制移転させられた中国人と、青島開発の為に各地
  から流入した中国人労働者向けの居住区だったようだ。







                                      台西鎮住宅情景 (図21-14)

   この写真には電柱が写っているが、この時期に台西鎮の住宅用に
    電力が供給されたとは思われない。

   道路は整備されて居らず、従って上下水道が敷設されていたとは
    考えられない。


   地区の面積は台東鎮より狭く、生活環境も決して良くなかったよ
   うだ。


    (写真出典:日独戦役記念写真帳より)


6.あとがき

 独逸はその租借期間中に、荒蕪地であった青島を短期間の間に近代的な都市として開発した。又、中国各地の都市から有力な商人を引き入れて、商業都市としての展開にも成功した。更に優秀な中国人に対して独逸の技術を継承させた。

 しかし、青島開発の主戦力となった一般中国人労働者に対しては狭隘な居住区を与えただけで、やや劣悪な環境の中で彼等を生活させた事実は否定できない。

 一般中国人が台東鎮、台西鎮以外の地域で居住し生活出来るようになったのは、日独戦役以後のことになるのだ。


                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。