八大関別荘

第22話

青島の電力事情

【2011年8月20日】

                       青島の電力事情



1.前書き

 世界各国に電力設備が設置され、家庭に電気が供給されだしたのは1880年頃からのことである。だが青島は、この時期に少し遅れて独逸による租借が始まったので、都市開発が先行し、民生用電気の普及は進まなかった様だ。

 青島における電力設備の設置・普及状況は必ずしも詳らかでない。しかも、研究者によって、青島における電力事情に関する記述が異なる。それらを取りまとめて、独逸租借時における青島の電力事情を眺めてみることとする。


2.青島の発電設備                                   青島発電所 (図 22-1)


 1989年に独逸民間人(徳商)が現在の北京路と天津路の交差点付近に、50馬力のディーゼルエンジン発電機2台を設置した。発電能力は75KWであったと言うが、この電力が何に使用されたかは記述がない。(”青島城市的形成” に拠る。)

 その後発電事業は独逸政府の直轄下で運営されることとなり、1900年に青島鉄道駅舎に近い広州路に発電所が建設された。初期の発電機による出力がどれほどであったかは記録がないが、1933年(昭和8年)に発行された「青島案内」によると、日独戦役直後、稼働中の発電機の出力は600KWで、800KWの発電機が増設中であったという。

                         (写真出典:日独戦役記念写真帳より)



3.電気の利用状況

① 1903年以前
   1903年以前は、電力供給能力が少なかった為か、電気は工場と埠頭にのみ供給され、街灯には石油ランプが使われてい
   たと記録されている。電気が家庭用に供給されることはなかった。(欒 玉璽氏の研究ノートより)
   この当時は大港はまだ完成していなかったので、電気は青島桟橋、或いは小港及びこれらに隣接する工作施設に供給され
   ていたのであろう。

② 1903年以降
   欒 玉璽氏の研究ノートに拠ると、1903年以降、発電能力は増え、電気は工場、港湾埠頭及び街灯の全てに提供された
   と記している。しかし、電気が一般家庭に供給されたとの記述はなく、最大600KWの能力は主に工場・港湾埠頭、及び
   軍・官用、並びに ”街灯用” に限って供給されたのであろう。
   しかし、埠頭にある造船所の養成工教室の照明は石油ランプであった。(図 16-11)参照

4.街灯の設置状況

 街灯が青島の主要な道路に設置されたことに関連して、「青島城市的形成」の著者 “宋 連威“ 氏はその著書の中で次のように述べている。

     独逸が広州路に最初の発電所を建設して以来、電気が独逸によって広汎に利用された。当時主要な道路沿いに鋳鉄製
     の電柱と街灯が建てられた。街灯のデザインは優美で見た目に美しく、青島の道路景色の一部になっていた。
     毎日夜のとばりが下りると共に橙黄色の街灯が明るく輝き、青島に夜間の都市美を添えた。道路沿いの街路樹に夜風
     がそよそよと吹き、虫の鳴き声が聞こえるとき、青島の湾岸には浪漫的な情趣が付け加わって、あこがれと物思いの
     気分が呼び起こされるのだ。

 ただ、街灯は主要な道路に設置されただけで、一般道路に広く設置されたことを示す写真は見当たらなかった。その街灯は、今日の常識と異なり、道路の中央に設置されている例が多かった。

                                       太平路の街灯 (図22-2)



    太平路(Kaiser Wilhelm Ufer)の街灯。この街灯は歩道上に立て
     られている。


    この交差点の向かい側、Zentral Hotelの前に、鉄製の電柱が立て
     られている。


    この街灯により、湾岸(画面右側)には”浪漫的な情趣”が付け加わっ
     たのだ。


                                        広西路の街灯 (図 22-3)



    広西路(Prinz Heine Strasse)の街灯。道路の中央、手前と奥に
     街灯が立っている。


    道路左手前の建物は独逸郵政局舎。

    道路右側の歩道には電信柱が立っている。この頃既に独逸は電話を
     敷設していたが、電話は交換手を必要とする磁石式であった。
     電話線は1回線ごとに2本の電線が使用され、ケーブルは使用されて
     いなかった。




                                        蘭山路の街灯 (図 22-4)



    蘭山路(Hohenzollern Strasse)の街灯。道路の中央に街灯が立って
    いる。これは広西路とともに、青島区の重要道路の一つであった。


   画面奥に青島駅舎が見える。

   この頃、馬車は走っているが、自動車は全く見られない。





                                      中山路北段の街灯 (図 22-5)

   中山路北段(Shantung Strasse)の街灯が画面中程の道路中央に黒く
   見える。
   この画面では鋳鉄製の電柱に興味が引かれる。ただ、電柱付近の建物
   に電気が引き込まれているとは見受けられない。

  なお、この場所は中山路が徳県路と交差するところで、この坂を
   下って前方に進むと、大窯溝 (後の青島市場)に至る。








5.あとがき

 1900年頃までに、日本では既に20万灯の電灯に電気が供給されていた。これに対して青島では、記録及び写真から見ても独逸の租借期間中は街灯を除き、民生照明用に電力が供給されていなかったと判断される。
 
 独逸総督府は日独戦役直前の1914年に「青島要塞に関する覚書」を作成し、青島の防衛情勢に関する分析・評価を行っている。その中の付属資料として「青島在住の中国人技能労働者」という統計があり、この統計には「機械工、鍛冶工、煉瓦工、汽船操縦士、汽船機関士」その他の職種分類と分類ごとの中国人技能労働者数が記録されているのだが、「電気工」に関しては分類も人数も掲載されていない。

 この統計から見ても、独逸租借期間中、青島には軍・官用及び民生用を含めた中国人電気技術者の必要性が無かったことが明らかで、青島における電力供給は、他の都市インフラ整備項目と比較して極めて遅れていたものと推察される。
   (この所論については「浅田進史氏:日独青島戦争における独逸総督府の防衛計画」の史料を参照させて頂いた。)



                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。