徳県路の石畳

第23話

青島における独逸人と中国人

【2011年9月 5日】

                   青島における独逸人と中国人



1.前書き

 独逸膠墺政府は、青島の都市開発にあたり租借地内の中国人所有の土地を強制的に買収し、青島の中心となる青島区内では中国人の住居建設を許可しなかった。裕福な中国人に限って大鮑島区での営業と住居を許可したが、土地を強制的に買収された一般中国人は、生活環境の低い台東鎮及び台西鎮に強制移住させられたのである。

 しかしながら膠墺政府は、青島区内で西欧人が雇用する中国人並びに技能を有する常傭労働者に限っては青島区内での居住を認めていた。(ただし中国人自身の名義による住居を所有できたかどうかは不明である。)優秀な中国人には、独逸人の技術を習得させるため、高等学校や職業学校、更には徒弟教育も行っていた。

 又、膠墺政府は青島の都市開発、各種の施設建設のため、山東省各地などから大量の中国人労働者を招き入れ、台東鎮などで居住させていた。更に、中国人による警官及び兵士を採用していた。

 一方で、下青島村にあった中国人の建物は1905年頃までは強制移住されなかったようで、ここでは中国人が日常的に生活し商業活動を行っていた。

 このようにある条件の下で、独逸人と中国人は案外と自由に接近して生活し交流していたようであり、これらの状況を示す記録写真を以下に紹介する。


2.下青島村における独逸人と中国人の交流

 青島区の建設が完成に近づく1905年頃まで、下青島村の建物は強制移住されなかったようで、それまでの間中国人はここに居住しており、独逸人もこれらの建物を公私で利用していた。
 下青島村にあった衙門営舎を独逸政府は総督府仮政庁として使用していたが、中国人は比較的自由に衙門営舎の独逸軍に接近していたようである。

                                          膠墺衙門営舎の門前風景 (図 23-1) 


  独逸膠墺政府は総督府庁建物が完成するまで、中国衙門営舎を
  仮政庁として使用していた。


  その庁舎門前に整列する独逸軍を、中国人の大人・子供が自由に
  眺めている。


  右手前で手篭を持っている少女は、饅頭(まんとう)売りかも知れ
  ない。






                                 路上に整列する独逸兵と中国人 (図 23-2)


   路上に整列する独逸兵と、それを眺める中国人。

  中国人の多くは弁髪で、旗袍(チーパオ:裾にスリットの入っ
  た長い上着)
を着ている。

  中国人は石材の上に立っていることから、この付近に建物か
   道路工事が程なく建造されたのであろう。

  撮影場所・時期は不明だが、付近に樹木が植えられている
   ことから、1905年に近い頃かと思われる。


                                    独逸兵と民間人の交流 (図 23-3)




  この写真がどのような独逸兵と中国人の交流の機会である
   のか、説明文はない。

  独逸兵と中国人の大人・子供が、飲物を前にを前にして自由に
  交流しているように思われる







3.一般中国人労働者

 独逸膠墺政府は、青島の都市開発、軍事施設・港湾建設のために大量の中国人労働者を主に山東省各地から招き入れた。これら労働者は山東苦力(さんとうくーりー)とも呼ばれ、よく働く労働者として評価されたようだが、住居・待遇の面では、技能労働者に比して、低く取り扱われていた。一般労働者の写真は殆ど撮影されていない。港湾建設労働者の写真を掲載する。

                                    港湾建設労働者群 (図 23-4)




   港湾労働者群の中央に2名の独逸人が写っている。この当時、
   殆どの労働者は弁髪である。


   これら労働者の住居は台東鎮並びに台西鎮であるとされてい
   るが、埠頭建設労働者の宿舎は、埠頭の近くに提供されてい
   たのかも知れない。

   第16話の「港湾労働者の宿営 (図 16-3)」を参照のこと。




4.中国人に対する各種教育

 独逸膠墺政府は、優秀な中国人に職業教育や高等教育を行った。大港に建設された造船所に職業学校があったことは、第16話で紹介しているので、「造船所の養成工(図 16-11)」を参照頂きたい。
 最初の高等教育施設の写真は次の通りである。
                                      独華高等学校 (図 23-5)




  1900年、独逸膠墺政府は信号山の南麓に独華高等学校を建設し
  翌年開校した。
  学生には宿舎が提供されたかも知れない。

  この学校はその後狭隘となったので、1905年に石造の新校舎
   を建設した。この新校舎は、後年日本人小学校として利用
   されることとなった。






                                  青島における最初の製パン所 (図 23-6)


   この写真の原題は(Die erste Deutsche Bäckerei)とあり、
   建物から推察すると、下青島村の中国家屋を利用して開業
   した、最初の民間独逸人による製パン所であったと思われ
   る。


   独逸人の右端に、中国人少年が写っている。彼はおそらく
   中国人パン職人の徒弟第1号であろう


  日独戦役後、この中の何人かが捕虜として日本に移り、
   やがて独逸の製パン技術を日本に伝えたかも知れない。




5.中国人の兵士・警察官

 独逸膠墺政府は、中国人の兵士及び警察官を養成し、それぞれの業務に従事させていたようだ。この点については、研究者の著書・論文にも指摘されていないが、それぞれ写真記録が残されている。

                                   独逸軍指揮下の中国人兵士 (図 23-7)




   独逸兵の指揮の下で射撃練習を行う中国人兵士。

  中国人兵士は野砲の操練も実施していた






                                   独逸膠墺政府の中国人警察官 (図 23-8

  独逸膠墺政府指揮下の中国人警察官。

  彼等は拳銃を携行していないようだが、それぞれにサーベル
   を携行していた。


  皮長靴或いはゲートルを着用し、腰ベルトにサーベルを吊下
   げており、なかなか格好が良い。


  帽子の代わりに布で頭を捲いているのは、たぶん、弁髪の
   せいであろう。
肩のベルトは用途不明。

  背景の建物が石造であることから、この写真は1905年まで
  に撮影されたのであろう。




5.あとがき

 日独戦役が始まる直前の1913年、青島の人口は中国人が53,212人、軍人を除く独逸人は1,855人、日本人を含むその他外国人は531人であった。独逸軍人を含めても約4,000人の独逸人が5万人以上の中国人と共に青島を主要貿易都市に発展させるには、武力的な支配関係だけでは成功するはずはなかったであろう。
  (この数字は、高知大学名誉教授の著書「青島から来た兵士達」を参照させて頂いた。)

 記録として残された写真から見ると、独逸人と中国人が案外と自由な関係で交流していたようであり、その期間中に中国人が独逸から習得した各種の技術が、その後の青島の発展に必ずや寄与したものと考える。


                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。