青島体育場正面

第24話

青島における建築

【2011年9月25日】

                       青島における建築
                       --緑の山と赤い屋根--

1.前書き

 「緑の山と赤い屋根」

 これは青島を訪れる人が異口同音に口にする感嘆符である。しかし、青島の建物が総て優美で美しいわけではない。寧ろ、個々の建物は平々凡々であり、ひたすら堅固で地味ですらある。それにも拘わらず青島の風景を見た人がその美しさに打たれるのは、寒村で不毛な丘陵地であった青島を緑の山々に変え、明るくて美しい市街を作り出そうとした独逸膠墺政府の執念の成果であったといえよう。   (都市計画・植林計画については第5話~第13話を参照頂きたい。)

 青島租借開始の翌年1898年に、独逸膠墺政府は「市街建築に関する建築仮取締規則」を公布した。その第一条は次の通り一般的な建築の基準を定めている。
       --総て建築物は衛生、交通、堅牢及び耐火に関する要求に合致せしめるべし。
         建築物の全外観は当該市区の体裁に適応せしむべし。--
 この根本原則に基づいて、建物の細部の点にまで、かなり行き届いた規定が定められている。

① 建築物の位置に関して
  青島区(ドイツ人地区)では、街路に面する建物の正面は建築敷地線上にあるか、またはこれと平行でなければならない。
  大鮑島区(中国人地区)でも、街路に面する建物の正面は建築敷地線と平行でなければならない。
  別荘区では、建物のいかなる部分も敷地線及び隣接境界線より4メートルの間隔を保つべき事。

② 建物の面積(建坪率)に関して
  青島区内の建物面積は宅地総面積の10分の6(60%)以内。
  大鮑島区内の建物面積は宅地総面積の4分の3(75%)以内。
  別荘区内の建物面積は,普通10分の2(20%)以内。

③ 建物の高さに関して
  青島区内の物正面の高さは全面の街路の幅を限度ととして18メートル以内で、人の常住するところは3階建て以内。
  大鮑島区及び別荘区の建物は2階建て以内。
      (この項は「青島二年:泉對信之助著」に準拠した。)

 この規則は、独逸租借期間中、厳密に守られた。

 広い車道、車道の両側には街路樹の立ち並ぶ歩道、その歩道に沿って整然と建てられた建物。その屋根は赤瓦で葺かれ、周囲の山の緑の中に美しく映える。青島の都市美は、独逸人が母国から遠く離れた異国の地に作り上げた人工美なのだが、その人工美はやがて青島の自然美として、周囲の環境に美しく溶け込んでいった。
  
 青島の都市美の中に,いくつかのモニュメントとも言うべき建物が独逸人によって建造された。それらの建物の一部を以下に紹介する。 (以下の写真は主に「Tsingtau Souvenir, Verlag von ADOLF HAUPT, Tsingtau」から掲載した。)


2.代表的な青島の建物                        (図 24-1) 独逸総督府

① 独逸総督府  竣工 1906年

  この建物はEの字の形をしたネオバッロク建築で、
  間口82メートル、両翼の奥行き42メートルの規模
  である。

  建物の表壁は花崗岩が用いられている。

  所在地:Diedrichs Weg(沂水路)
  1906年竣工

  後々も青島市の行政府として使用された。



                                     (図 24-2) 独逸総督官邸

② 独逸総督官邸

  官邸の1階部分は2階分吹抜構造で、1階は応接室、
  遊戯室、大広間と接客中心で構成され、2階は居間、
  寝室からなる私的空間を構成している。

  外観は大きな寄棟を中心に大小の屋根を組み合わせ
  て、荒々しい石の仕上げが壁面を飾っている。

  1907年竣工

  後に、迎賓館として利用された。



                                      (図24-3)膠墺郵便局

③ 膠墺郵便局                    

  早い時期に竣工した膠墺政府建築物の一つで、写真
  手前の三階建て建築物。
  初期の建築物であるので、壁面に花崗岩などによる
  装飾がないのが特長。

  所在地:Prinz Heinrich Strasse(広西路)
  1901年竣工






                                      (図 24-4) 総督学校

④ 総督学校

  3階建て12教室280人収容の、総督府が経営する
  中国人向け教育施設。

  1階部分の壁面は花崗岩で仕上げられている。

  左手奥には独逸総督府が見られる。

  所在地:Prinz Heinrich Strasse(広西路)
  1907年竣工。

  後に青島日本第二小学校となった。


                                      (図 24-5 独亜銀行)

⑤ 独亜銀行(Deutsch-Asiatische Bank)

 独逸・アジア銀行の建物はネオ・ルネッサンス様式
 で、円柱・アーチ・コーナーストーンを組み合わせ
 た重厚な壁面となっている。


 所在地:Kaiser Wilhelm Ufer(太平路)
 1906年竣工。

 後に、日本総領事館となった。





                                   (図 24-6)青島福音教会(時計台)

⑥ 青島福音教会(時計台)

 設計競技の一位作品に基づいて建設された教会。
 壁面は平滑な漆喰仕上げだが、荒々しい表面をもつ
 自由な石張りは、この教会の外観に絵画的な効果を
 与えているといわれる。

 尖塔にある時計が有名で、後に時計台と呼ばれた。

 所在地:Bismark Strasse (江蘇路)
 1910年竣工



                                     (図 24-7) 海員会

⑦海員会館(Seemannshaus)

 独逸海軍下士官及び水兵向けに設けられた保養施設。
 
 全体として民家風の様式で片側に塔を配した構成と
 なっている。

 所在地:Kronprinz Strasse (湖北路)
 1902年竣工

 後に、日本居留民団として使用された。





                                     (図 24-8)領事館通り

⑧ 領事館通り

 総督府前から東北に走る Diedrichs Weg は各国の
 領事館が建ち並んでおり、領事館通りと呼ばれる程
 壮麗な建物が見られる。

 特に山側の建物は個性のある石垣に上に個性のある
 建物が建てられているので、背景の観象山の緑と対
 比してさながら絵画のように美しい。

 所在地:Diedrichs Weg (沂水路)
 1907~1910年頃


(注:ここまでの写真は"Tsingtau Souvenior" より)

                                    (図 24-9)独逸人居住区
⑨ 独逸人居住区

 独逸人住宅街は、規定により建坪率を低く定めら
 れており、敷地内に樹木を植えるところが多い。

 この写真の場合、植樹が行われた直後のため、緑陰
 の中の赤い屋根という風景には至っていない。
 だが数年後にはこの付近は緑の多い住宅地となった
 ようだ。

 所在地:Albert Strasse (安徽路)
  他に Hohenlohe Weg (徳県路)
     Irene Strasse  (湖南路) 等が
  独逸人住宅街である。



                                    (図24-10)中国人居住区
⑩ 中国人居住区

 中国人居住区の「大鮑島区」では、写真に見られる
 とおり隣り合う建物の間には空間がほとんど無い。

 規則により、中国人居住区における建物は2階建てで
 その建坪率は75%以内であるので、これを達成する
 ためにこの地区の建物には総て中庭(里院)があった。

 この写真の路名は Syfang Strasse (四方路)で、
 歩道には街路樹がない。中国人居住区の歩道には
 街路樹がないのが一般であったようだ。
 勿論、里院の中にも植樹はされていなかった。



3.独り言

 我々兄弟の住家は、父親が中国人相手の小貿易商であったので、日本統治時代に開発された小港近辺の中国人街の中にあった。この近辺の中国人建物は、大鮑島区の中国人建物と同様に、四角の建物の中に中庭(里院)を持つ、いわば2階建て長屋であったが、我が家はその四角の建物を総て使用し、四角形の二辺をほぼ倉庫に、他の二辺の1階部分を業務用に,2階を住居用に使用していた。

 我々は広西路の東端にある青島日本第二小学校に通学した。通学距離は片道で2.5キロメートルあったが、当時はバス通学などというものはなく、殆どの日本人小学生は片道1キロメートルほどの距離を歩いて通学したものである。

 家を出て暫く中国人街を進む。やがて、独逸統治時代からメインストリートの一つであった山東路を南に進む。山東路の中程で石畳の徳県路の坂道を登り切り、安徽路に挟まれた谷公園を見ながら更に徳県路を進むと、旧独逸総督府の前に出る。総督府の前をやや斜めに東行すると、旧独逸人住宅街を過ぎて第二小学校の裏門に至る。

 帰路は、その時の気分で福音教会の横を通ったり、回り道をして沂水路の領事館街をへて独逸総督府の前へ出たり、上で紹介した青島のモニュメント的建物のかたわらを、当時は何とも思わずに家路へ向かった。
 
 今にして思えば、変化に富んだ贅沢な通学路であった。広西路の建物から独逸人の少女が顔を出したり、白系ロシア人の経営するパン屋で昼食を買ったり、ささやかではあるが思い出深い通学路でもあった。

 中国人は、最後まで我々子供に対して寛容であり、我々が通学路を一人で歩いていても、危険や不安を感ずることは全くなかった。多謝。

                       【 本編はこれで終わり】



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。