匯泉酒家
旧ストランドホテル)

第25話

青島の海水浴場

【2011年10月10日】

                         青島の海水浴場


1.前書き

 レジャーとして海水浴が一般市民に広がったのは、ヨーロッパですら18世紀の終わり頃で、日本での海水浴は、記録によると1872年(明治5年)にフランスから来た法律家ブスケが片瀬海岸で泳いだのが始めであるとの事だ。
 独逸が青島の租借を開始したのは1898年であるから、当時寒村であった青島の海岸では、漁に携わる者以外が泳ぐなどということは全くなかったであろう。
 
 独逸人は匯泉湾を初めて見て、素晴らしい海水浴場になると考えたに違いない。この湾を "Augusta Victoria Bucht" と名付けて開発を始めた。以下、入手できた写真により、"Augusta Victoria Bucht" の海水浴場としての推移を見ることとする。

 なお、この海浜は日本統治時代の初期には「旭浜」後に「忠の海」と呼ばれた。


2.開発前の "Augusta Victoria Bucht" (匯泉湾)
                                (図 25-1)開発前の "Augusta Victoria Bucht"


  手前に見える建物は、魚山山麓に建設中の初代総督官邸である。
  この官邸は1899年に完成しているので、この写真が撮影された
  のは1898年頃のことであろう。

  海浜には脱衣所などの建物は全く見あたらない。地図によると
   海浜の奥の方には河口があり、砂州状態であったようだ。

  海浜には全く何もない。




3.1903年頃の "Augusta Victoria Bucht"
                                (図 25-2)1903年頃の "Augusta Victoria Bucht"

  1903年頃の”Augusta Victoria Bucht"。海浜にバンガローが見え
  るようになった。

  その背後の奥の方には工事中と思われる ”Strand Hotel" が見え
  る。背後手前の建物は用途不明。

   "Augusta Victoria Bucht"は1903年に海水浴場として提供され
  た。
Strand Hotelは1904年に完成しているので、この写真は
  1903~1904年頃に撮影されたと思われる。

 



                                    (図 25-3)海岸に憩う婦人達

 (図 25-2)と同時期に撮影されたと思われる、海浜で憩う婦人達。
  バンガローの数はそれほど多いように見受けられない。


  この当時、婦人達はまだ肌をあらわにして海水浴する風習はなかっ
  たのか。或いは夏以外の季節に撮影されたのか。


  このように整備された砂浜は中国では珍しく、中国各地の租界に
  いた欧州人が、次第にこの海浜へ訪れるようになった。





                                  (図25-4)海浜から魚山を見る

  前図より数年後と思われる、海浜から魚山を見る風景。

  魚山には初代総督官邸が見えるので、この写真は次代
  総督官邸が完成した1907年以前の撮影と思われる。






4.1910年過ぎの "Augusta Victoria Bucht"
                                 (図 25-5)1910年過ぎの ”Augusta Victoria Bucht"



  (図25-2)に比べると、手前のバンガローは同じかと思われる
   が、全体として戸数が増え写真奥の方にのびている。

   写真手前及び奥の方に、植樹した木々が青々と生長しているこ
   とも、(図25-3)との大きな違いである。

  Strand Hotel が完成した姿で写っている。当時はこの付近から
   東の地区を別荘区と呼んでいた。





5.あとがき

 今から百年前の海水浴は、実に贅沢なレジャーであったに違いない。一般軍人と思われる独逸人がこの海浜で泳いでる写真を目にすることは全くなかった。この海浜は、上級官吏・将校とその家族、或いは上海、北京、天津などからの欧米人避暑客が、優雅に・静かに夏を過ごす場所であったようだ。

① 海岸までの交通手段は、自動車もバスもない時代であるから、青島区からこの海浜まで少なくとも1キロメートルを歩くか
  馬車・人力車に乗るかである。当時としては、たぶん海浜のすぐ裏にあるストランドホテルに宿泊し、そこから100メート
  ルほど歩いて海岸に出たのであろう。このホテルでバンガローを借りたのかも知れない。
② 脱衣所(海の家)は誰の所有であったのか。おそらく、ストランドホテルの所有か、又は諸官庁の所有であったのだろう。
③ 脱衣所には、当然ながら照明設備はなく、天窓か磨りガラス窓による採光だけであったから、脱衣が済めばすぐ外に出たに
  違いない。日の入り時刻までには海浜を離れるのが、当時の海水浴であっただろう。
④ 当時の婦人はおそらく海水着を着て肌を露わにすることはなく、着衣のままバンガローのテラスやテントの下、或いはパラ
  ソルをさしてビーチ・チェアで時を過ごしたのであろう。


6.独り言

 1938年、我々の父親は"インディアン” ブランドのサイドカーを購入した。当時としては、最高級の米国製オートバイであった。夏になると、父親はこのサイドカーに我々兄弟を乗せて、我が家から約4キロメートル離れた ”忠の海” 海水浴場に連れて行ってくれた。我が家はバンガローを借りていたようで、何時も薄暗いバンガローの中で着替えを済ませると、すぐ海浜へ出て泳いだものだった。海浜の砂が赤かったのが強く印象に残っている。

 夏が終わりに近づくと、1センチメートルほどの小さいクラゲが出てきて、これに刺されると痛かった。

 この頃でも、「忠の海」海浜はそれほど混雑していなかったように思う。


                       【 本編はこれで終わり】


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。