廻瀾閣と高層建築

第26話

うるわしき都市
   ”青島”

【2011年10月30日】


                   うるわしき都市 ”青島”


1.前書き

 1898年、独逸は清国政府との間に膠澳地区の租借条約を締結すると共に、それまで岩肌の露わな荒蕪地であった青島の都市計画を先ず策定し、次いで道路の建設、植林、建物建設、上下水道の敷設に着手した。1898年当時の風景として(図 7-1)を参照願いたい。その後14年ほどの間に、独逸は人工都市としての青島の都市建設・整備を終わり、この頃には植林が功を奏して、青島は緑の環境の中に赤い屋根の建物がゆったりと立ち並ぶ、おそらく東洋で最もうるわしい都市の一つに発展した。

 これまで25話にわたり青島の都市形成の足取りを主に写真で辿ってきたが、その集大成として、当時としては珍しい青島の俯瞰写真を見てもらいたい。そして岩肌の丘陵地を、何らの土木機械もなかった当時、僅か14年ほどでこれほどうるわしい都市にまで建設・整備した独逸の構想力と実行力、そしてそれを支えた中国人労働者の労苦を改めて評価したい。



2.飛行機から見た青島中心部

 1910年頃、独逸は独逸帝国航空隊を設置し、主として偵察を目的としてアルバトロス、フオッカー等の飛行機を軍用機として採用した。おそらく1912年頃には、青島にも軍用飛行機としてルンプラー型が1機配備されていた。この飛行機が撮影した青島中心部の俯瞰写真を紹介する。

                        (図 26-1) 青島中心部の俯瞰写真



① 写真の中央部に独逸膠澳総督府が見える。その全面に四角の前庭があり、その前方には都市美のために設計されたと思われる
 ウィルヘルム街 (青島路)が上下に走っている。青島路の全長は300メーターほどであろうか。
 青島路の手前の左側にプリンツ・ハインリッヒホテルが、右側に徳華銀行(後に日本総領事館)が見える。

② 総督府の前の道路の右側には領事館街とも呼ばれたディードリクス街(沂水路)が、左側がホーエンローエ通(徳県路)が
 ある。徳県路には一部に官公署の建物があるが、大部分は一般住宅地であった。

③ 総督府前庭の手前側にはイレーネ街(湖南路)が左右に走っている。湖南路には一部に官公署があるが多くは住宅地であっ
 た。

④湖南路の手前側、 青島路を左右に横断しているのはプリンツ・ハインリッヒ街(広西路)である。この道路には独逸膠澳郵便
 局やその他の官公署、独逸商社などが立ち並んでいた。

⑤ 広西路や湖南路を縦に横切る形でアルベルト街(安徽路)が走っている。(写真の左側)
 安徽路は途中で崩れ谷を利用して作られた公園(谷公園)を挟んでおり、この両側は住宅地であった。

⑥ 独逸膠澳総督府の背後は観海山があり、殆ど住宅地であった。観海山のやや右手にある大型建物は独逸膠澳総督府病院(後
 に 青島病院) である。沂水路と交わって、右側で上下に走っている道路(一部)はビスマルク街(江蘇路)である。

⑦ 写真左上隅の部分は大鮑島区と呼ばれる中国人地区である。この地区には建物が建ち並んでいるが、青島区と異なり、植林は
  殆ど見られない。



3.飛行機から見た魚山方面
                      (図-2) 青島区東部、魚山方面の俯瞰写真


青島区から東の地区は、独逸租借時には軍事施設が多く建設されていた。丘陵地全体に木々が植栽され、以前の荒蕪地とは全く風景が変わってしまっている。

① 画面中央に見える大きな建物はビスマルク兵営である。

② その手前には射撃場や貯水場があったと記録されている。海岸近くには各種の修理工場が有り、その背後にはヤーメン砲台が
  あった。

③ 海岸沿いの道路はアウグスト・ビクトリア街(莱陽路)で、後年この海岸沿いの岩場に海浜公園(魯迅公園)が建設された。
  海岸岩場の切れた右端はアウグスト・ビクトリア海岸(後の忠の海)である。

④ 忠の海の左手の丘が魚山であり、後年ここに中国の手によって小魚山公園が建設された。

⑤ 海岸左側に桟橋が見えるが、これはヤーメン桟橋(蝸牛桟橋)である。この付近は現在では海軍博物館となっている。

⑥ 写真手前の建物が何であるか、地図には記載されていない。おそらく、軍事的施設であろう。現在は、ここから小青島(旧加
 藤島)まで、陸続きで道路が建設されている。



5.あとがき

 この物語の第5話で触れたように、独逸は1897年に青島に上陸し占領した。その翌年、独逸は清国との間に膠澳租借条約を締結し、青島を租借地として支配することが始まったのである。独逸が青島を租借した目的は「青島を独逸東洋艦隊の母港とすると共に、青島が独逸本国にとって経済・貿易の面で貢献し、かつ健康的で快適、模範的な植民地を建設すること」であり、この目的に沿って約10年の間に青島を軍事都市としてして、また経済都市として建設することに成功した。

 ただ、当初独逸が目的としていた、青島が独逸本国の経済・貿易の発展に貢献したかどうかと言う点では、消極的・否定的な見解を持つ学者が少なくないようだ。

 1914年の第1次世界大戦により、日本は独逸と青島で戦うことになり、日英連合軍が青島を攻略し、独逸はこの地の租借権を失った。この租借権を日本は独逸から継承することとなるのだが、このことが日本と中国との関係を大きく悪化させる契機となったことを知る人は、今の日本には少ない事が残念だ。

 だが、うるわしい青島は残った。日独間の戦闘にもかかわらず、青島中心部は殆ど無傷で残った。日本の支配期間中も、その後の中国による青島解放後も、都市としての青島が独逸時代の面影を残していたのだ。
 青島訪問の都度、吾々兄弟は自分たちの故郷として「うるわしき都市 ”青島”」が今なお残っていることを、嬉しく懐かしく感じているのである。


     これをもって「青島物語」を一応終わることとする。しばらく資料を整理した上で、1914年以降の
     青島の歴史を郷土史として、引き続き発表する予定である。



6.独り言

 (図 26-1)に示される青島中心部は、吾々兄弟の小学校・中学校を通じての通学路であった。写真左上から中央にかけて丸く屈曲している徳県路を進むと総督府の前に出る。総督府の前庭を斜めに横切り、湖南路に出て5分ほど歩くと、青島日本第2小学校の裏門に到着する。さらに10分歩くと青島日本中学校の正面に出る。
 帰路は安徽路にある谷公園でよく遊んで帰った。沂水路の各国領事館は石垣の上に立てられており、石垣の前の広い歩道の街路樹はアカシアで、晩春には甘酸っぱい香りを漂わせるアカシアの白い花がこぼれんばかりに咲き誇っていた。その香りを嗅ぎながら回り道して帰ったことも楽しい想い出の一つだ。

                    いま振り返れば、贅沢な通学路であった。
               


 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。