基督教堂時計台)
第1話

青島への船旅
                  

 平成2265日から12日まで、我々兄弟の二人はオリエントフェリー「ユートピア号」に乗船して青島へ旅行して来た。

 兄(Tad)は80歳、弟(Aki)は78歳で共に青島生まれ、青島は我らの故郷である。兄は小学校4年までを青島で過ごし、昭和16年に進学のため日本の祖父母の下に帰ってきた。弟は青島中学校へ入学した昭和20年に敗戦を迎え、昭和21年に家族全員が天津経由で日本へ引き揚げて来た。

 日本へ引き揚げてきた後、両親は貧困の中、我々を大学まで進学させてくれた。両親の苦労に対して、我々はただただ感謝あるのみである。大学卒業後それぞれに仕事に就き、無我夢中で30年余を過ごしたが、二人とも望郷の念やみがたく、まず弟が昭和56年に、兄は平成5年に青島を訪れた。それ以降は二人で旅行しようと言うこととなり、船旅2回、飛行機旅2回と飽きもせず青島へ旅行した。最近になり、二人とも加齢を感じて、これが最後の青島帰国と言うことで、今回の旅行となったのである。

 何故、我々は船旅を選んだのか。

 我々の両親は、大正9年に、本店が大阪市西区本田にあった小さな貿易商の青島出張所を開設すべく、神戸から門司を経由し23日の船旅で青島へ赴いた。父親は徒手空拳で中国人商人を相手に商売を切り開き、当時の民間貿易商としてはかなりの成果を上げていたのだが、我々はついぞ父親から事業展開の苦労話を聞いたことがない。今にして思えば、何故その苦労話を聞いてやらなかったのかと申し訳なく、かつ、残念でたまらない。両親の苦労を偲ぶ意味で、約90年前に両親が初めて青島に向かった足跡を辿るべく、最後にあえて船旅を選んだのだ。







 船は65日の正午に下関港を出帆した。海面はまるで鏡のよう
浪もなく、これまでの船旅で最
も平穏な2日間であった。
 翌日午後3時頃、青島沖合の潮
連島を右手に見るあたりで、突然
船は停止した。説明によると青島
港に濃霧がかかり、1時間ほど動
けないというのだ。
                      (写真:潮連島)
                             

                     






 やがて船は徐々に動き出した。船の左手に見え出した大公島と小公
も霧の中で霞んでいた。これらの島々は湛山海水浴場からよく見え
るのだが、
外海に面するこの海水浴場は波が荒いので幼い我々がここ
で泳ぐことはほと
んど無かった。
                (写真:霧に霞む大公島と小公島)











 ここまで来ると船の右手に労山がくっきりと望めるのだが、今回
は深い霧の
ため、山頂部分しかよく見えなかった。
 労山は青島市街から遠く離れた場所にあり、幼い頃には名前を聞
く以外、その山麓に行くこともなかった。山容は峨々として花崗岩
からなる山肌には樹木もまばらである。

                  (写真:霧に浮かぶ労山)






 船が更に進むと右手に浮山が見えだした。霧はやや薄くなり、陸地
の風景が徐々に見えだした。
驚いたことに、浮山の山麓は青島新市街
の高層ビル群ですっかり埋
め尽くされているではないか。

 我々の幼い頃、この地域には畑
と松林しかなく、中学生が遠足や
狩りで足を伸ばすこともあって
も、小学生や一般人がこの地を訪れる
ことはまず無かった。


 我々が戦後初めて青島を訪れた1990年前後には、この浮山地区の
都市開発は緒についたばかりであったから、青島はこの20年の間に生
まれ変わったと言える。

               (写真:高層ビルに囲まれた浮山)






 船は更に青島旧市街の太平路沖に達した。ここから見える風景とし
て、かつては基督教会の尖塔が最も高い建造物であったのだが、今で
は他の高い建物の陰に隠れて、ある位置から辛うじてその尖塔をのぞ
き見ることが出来るだけであった。
               (写真:沖合より見た太平路付近)








 ほぼ同じ方向から1940年頃に撮
影された写真と比較してみよう。
教会より高い建物は何もない。
 この風景こそが、我々の記憶の中にある太平路の原風景なのだ。
              (写真:桟橋から見た太平路付近)


 戦前は、青島に居住していた日本人が日本内地から青島に戻って来
た時、この教会の尖塔を船から眺めて「ああ青島に戻った」と実感し
たのだそうだ。今、その人達が太平路付近の風景を船から目にしたら、
どんな感慨を持つことであろうか。








 船はこの後、団島沖で方向を転換しいよいよ青島大港に入港するの
だが、その直前にかつて我々がこの付近に住んでいた小港の沖合を通
過した。

 この付近の住宅はつい5年ほど前までは2階建ての家々が並んでい
たのだが、今では高層アパート建築群に建て替えられてしまった。
小さく見える小港の防波堤が、辛うじて昔の面影を偲ばせるだけで
ある。
                 (小港沖から見た青島風景)




 潮連島付近から青島大港埠頭に接岸するまでの1時間、沖合から青島を眺めながら、我々の故郷である青島は、もはや記憶の中にしか存在しなくなったことをつくづく感じさせられた。


 旅行記とは、本来その旅行を通じて見聞した事柄を記録するものであろう。


 
だが、我々は今回の青島旅行を続けている間に、変わりゆく青島の歴史をそこで生活した者の実感からの郷土史として書き残したいと感じだした。そして又、青島はどのように形成されたのかを、それぞれの時期にそこで生活した人の生活実感に即して記録したいとも感じだした。

 
ドイツが青島に上陸した1900年頃から写真撮影による各種の青島の姿が、新聞報道あるいは絵はがきとして、今も市中で販売されあるいは図書館に保存されている。民間出版社が発行した案内記や個人の旅行紀行文などが、これまた市中で入手可能であり図書館にも保存されている。このような写真や記録は、実は学者の青島都市形成に関する研究論文に余り採用されていない。

 弟は過去30年間、1900年代前半の青島に関係する写真、絵はがき、地図、案内書、紀行文さらには戦記などを、古書店を回り図書館を訪れて入手してきた。そのように苦労して弟が収集した旧い青島に関連する資料を頼りに、デリケートな政治問題には触れることなく、兄が郷土史的なスタイルで青島の都市形成に関する「青島物語」を逐次発表して行くこととする。思い上がりかもしれないが、我々80歳代の者が、青島での生活経験を有し、ある程度正確な記憶を発表できる最後の世代であると思うから。
                                         (2010.12月記)

                                               ――つづく――



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。