カトリック教会

第2話

青島都市形成に関する
参考文献
                  
             青島都市形成に関する研究論文、紀行文など



1.独逸・日本の租借・占領に関する研究論文の紹介


 青島における日本人社会の存在は、中国人として受け入れた存在ではなく、無理やり割り込んできた存在であった。中国人は随分苦々しい思いで日本人社会を見ていたのであろう。当時我々は子供であったとはいえ、今となればその事を申し訳なく思う。

 独逸・日本の青島における租借・占領状態は、青島を中心にした山東半島の都市形成、社会・経済の発展に対してどのような影響を与えたのであろうか。独逸・日本の存在は単に労働や地下資源の収奪のためだけであったのか。あるいは1945年の日本の敗戦後、中国自身による山東省経済・社会の展開に何らかの影響を与えたのだろうか。

 学者でも専門家でもない我々が、このような問題に発言する資格は全くないし、そのつもりもない。だが、我々は青島に関する資料を収集し、あるいはこの物語を纏める段階で、下記の諸論文に着目した。それら論文の著者の中には在日中国人研究者もおられ、その方々の論文は邦文で記述されているのが有り難い。


(1)欒 玉璽 著  青島の都市形成史:1897-1945 -市場経済の形成と展開-
                         A5版 364頁  定価 7,140円  思文閣出版刊

 この本の内容については、我々が述べるよりも出版社自身による下記の内容紹介文で推測頂きたい。

     青島がドイツ・日本との間に持った経済関係や、その関係が築かれた歴史的要因、青島の経済発展の過程や特徴、
     さらに青島が全中国へ与えた影響を解明。日中両国の広範な資料を用いることにより、詳細かつ中立的・客観的な
     立場での考察を試みる。

 この論文は大変高価なため、簡単に誰もが購入して読むわけには行かないが、幸いにしてインターネット上に同じ研究者による下記論文が邦文のPDFで掲載されているので、これをご覧頂けたらと思う。
  ・ドイツ・日本の青島進出とインフラ整備 (1897~1945年を中心に)      (PDF)
  ・山東省の経済発展と沿岸都市の煙台・青島・威海 (1880~1945年を中心に)  (PDF)


(2)瀬戸武彦著  青島から来た兵士たち  -第一次大戦とドイツ兵俘虜の実像-
                        B6版  194頁   定価1,600円   同学社刊

 この論文の前半は、独逸が青島を占領・租借し、第一次大戦で日本に敗れるまでの歴史を豊富な写真と共に紹介している。この著書の「第一章 ドイツによる青島占領」「第二章 ドイツによる青島の建設」が、下記のウェブサイトで紹介されている。
  ・チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 (2)ドイツと青島   (ウェブサイト)


(3)立岡裕士   ドイツ山東植民地及び青島の概要     (ウェブサイト)
                     鳴戸教育大学付属図書館特別展「敗者へのいたわり」より

 このウェブサイトでは、青島の都市形成を、ドイツ占領期と日本占領期に分けて、主として地理的な観点から豊富な図版で紹介するもので、ウェブサイトから閲覧できる。


(4)張 玉玲   独日の植民地支配と近代都市青島の誕生  PDF)

 在日中国研究者により日本語で発表された論文である。著者は独・日による青島の植民地支配を振り返った上で、両国による青島占領の背景・目的と植民地支配の特長、及び中国側の反応という三つの側面から比較し、青島が歩いた近代化の道程と共に、受動的・能動的な外来文化受容の系譜を探ったもの。


(5)高 瑩瑩   青島社会と中国人商人の文化的役割    (PDF)

 ドイツ占領下の青島においてドイツは商業上の利益を優先したために、中国内の商人はこれを発展のチャンスととらえ、各地から青島に店舗を開設した。この論文は、ドイツ総督府による中国人商人団体の結成の経緯・歴史及びその文化的役割について論ずるもので、邦文でウェブサイトから閲覧できる。
 中国人商人は青島の租借地の歴史において中国人の柱となり、後の日本占領期の日本・中国の商業活動にも大きく影響を与えたと言われる。筆者は在日中国研究者である。


(6)欒 玉璽 著  山東省の経済発展と沿岸都市の煙台・青島・威海 --1860年~1937年を中心に--  (PDF)

 19世紀末から20世紀初頭における山東省及び、山西省・河北省・河南省を含めた後背地の貿易経済の発展と、貿易の出入口である煙台・青島・威海の各都市との関係を、鉄道という物流システムの展開を軸にして詳細に分析した論文。
 論文は日本語で書かれておりPDFで入手出来るので、一読をお奨めする。


(7)浅田進史   日独青島戦争におけるドイツ総督府の防衛計画「青島要塞計画に関する覚書」   (PDF)
                ---植民地社会における総力戦への道---

 膠墺総督府が海軍省宛に作成した報告書の中に日独青島戦争関連の資料があり、その中の一つがこの覚書で、本文37ページ、付属資料14点からなる。浅田の論文は、日独青島戦争における膠墺総督府の防衛計画、防衛陣地の構築、実際にの戦闘の経緯について研究するにあたり、この覚書が一次史料として優れた価値を有するものとして、その概要を紹介している。



2.独逸・日本の占領・租借に関する諸文献の紹介


 以上に紹介した論文・著書は学問的な研究で、我々の狙いとする郷土史的な青島紹介には些か内容が固すぎる。独逸・日本の占領・租借期の青島の都市形成に関して、郷土史的・生活史的な観点から取り上げた出版物を探していたところ、次の5点が目にとまった。
 我々の「青島物語」では、主としてこれらの文献に基づいて青島の都市形成の歴史を取り上げ、想い出の場所を紹介して行くこととする。


(1)山東案内 昭和8年版、昭和14年版    編集兼発行人 小島平八  発行所 日華社

 この案内書には、主として日本占領期における青島の行政組織、経済活動、教育機関、娯楽場、遊覧地などが紹介されており、我々が忘れかけていた青島の日常生活に繋がる建物・場所とその歴史的背景が記録されている。これぞ正に、我々の「青島物語」にとっては宝箱とも言うべき重要な資料である。弟が古書店を探して購入した1冊だ。
 尚、この案内書の昭和15年版が発行されていることが古書店のリストを検索して判った。


(2)泉對信之助  青島二年  発行所 帝国地方行政学会

 この本は、内務省官僚であったと思われる筆者が日本租借期における青島行政官僚として赴任した大正10年から11年にかけての2年間に見聞した、いわば紀行文である。
 本書の前半は、独逸による青島の都市形成の歴史を、行政官僚の視点から資料を参照し、あるいは地元関係者からの聞き取りなどで集めた情報を紀行文風にまとめたもので、読んでいて参考になり面白い。これも我々の「青島物語」で参照させて頂くこととした。本書は弟が名古屋市立鶴舞中央図書館の蔵書の中から発見しコピーしたものである。


(3)宋 連威 著  青島城市的形成 発行所 青島出版社

 この本は中国語で書かれた「青島の都市形成」に関する論文で1998年に出版された。内容は青島の都市形成を歴史的に詳述しており、更に主要な建物については図版とその設計・構造が詳細に説明されている。
 ただ、文中でしばしば次のような記述に出会う。

  「徳国人在加強城市建設的同時、也進一歩加緊了資源的略奪、而且他們的建設始終没有離開略奪服
   務的主題。」
   (独逸人は都市の建設を強化すると同時に、資源の略奪を強力に進めた。しかも彼等の建設は略奪
   遂行というテーマから終始離れることはなかった。)

  「由於占領的目的就是為了侵略和略奪山東及中国資源、這種略奪包括了財力、物力和人力資源、所以
   日商在侵略占領期大量建設工廠和商業設施。」
  (占領の目的は山東及び青島の資源を侵略し略奪することであった、この略奪には財力、物資、及び
   人的資源が含まれていた。そこで日本商人は侵略占領期間中に大量の工場及び商業施設を建設した
   のである。)

 この種の表現に関わらず、記述内容は案外と正確且つ公平であり、前項に紹介した学術論文には記載されていない青島の都市形成の歴史が多く記載されているので、我々の「青島物語」では主に歴史的記述部分を参照させて頂くこととした。本書は兄が青島へ旅行した際に地元の書店で購入した。


(4)全調査 東アジア近代の都市と建築  藤森照信・汪 坦 監修    大和建設(株)発行  私家本

 この本は東アジアにおける近代建築と都市形成を都市別に詳細に記録したもの。建築に関しては写真を掲載して、建物の新旧名称、設計者、竣工年、所在地などが簡潔に紹介されている。都市については、地図を参照しながら都市形成の経緯がわかりやすく記述されており、都市形成の年表編集に当たって大変参考になった。弟が愛知県図書館で本書を発見、データを集めた。


(5)青島研究資料   青島軍政所 編集   非売品         (発行年:大正5年9月)

 この研究資料は、軍政所附武官が、独逸租借時代の社会・経済の情勢を紹介するものである。併せて、独逸商業会議所報告、山東鉄道会社営業報告、並びに独逸が中国人向け教科書として1914年に作成した「膠州租借地の発展とその中国内陸部との関係についての回顧」という項目の日本語訳があり、独逸の青島経営に関して紹介されている。

(6)TSINGTAU SOUVENIR (Alubum with 50 views)  Verlag von ADOLF HAUPT, Tsingtau

 これは、独逸租借時に青島の出版社「アドルフ ハウプト」から出版された記念写真帳で、当時の青島の50枚の写真が掲載されている。これらの写真と同じ写真が、絵はがきとして或いは記録写真として流布されているが、おそらくこの記念写真帳が元になっているのであろう。この写真帳は高知大学名誉教授瀬戸武彦先生からご提供頂いた。



3.各種戦記、紀行文、各種絵葉


 第一次世界大戦では戦記報道に初めて写真が使われた。従って青島における独逸と日本の戦場風景の写真が戦記物として随分発行され、今でも図書館や古書店の店頭で見ることが出来る。当時の風俗・風景写真、及び一部の戦場写真はこの「青島物語」で使用させて頂くこととする。

   ・日独戦役記念写真帳  編集:三船秋香   発行:青島 三船写真館  発行年:初版 大正4年4月
   ・青島今昔記念写真帖  編集:仙波子之吉  発行:青島 博文堂書店  発行年:初版 大正6年12月
   ・日独戦史写真帳    編纂:参謀本部   発行:東京 偕行社    発行年 : 初版 大正5年12月
   ・写真通信・青島陥落号 編集・発行   東京   大正写真通信社   発行年    大正3年12月

 第一次世界大戦後、日本人による中国紀行文は多く発行されているが、青島や膠州湾に関する紀行文は余り多くない。それらの中の1冊で「黄砂と桜」(安西篤子著)は、どちらかという自伝的小説で、大会社幹部社員の青島における生活を紹介する作品として興味深い。これも「青島物語」の中で、青島における一部日本人の風俗として取り上げて見たいと思っている。
 1900年から1945年の間に、独逸と日本から多種多様な青島の風景絵葉書が発行された。弟は古書店でこれらを買いあさった。これらの絵葉書は我々の「青島物語」にとっては宝の山であり、適宜利用して青島の郷土史に彩りを添えたい。

 ” Wikimedia ” の中を注意深く探ったところ、日本側の記録では見出せなかった青島の初期の写真があることが判った。
  このサイトでは、掲載している写真の再使用について次のように述べている。

                        Reusing content outside Wikimedia

 This page is intended for those who wish to reuse material (text and/or graphics) from the Wikimedia projects — on their own website, in print, or otherwise. It focuses on Commons as this is explicitly a collection of reusable media.
 The Wikimedia Foundation owns almost none of the content on Wikimedia sites — it is owned by the individual creators. However, almost all may be freely reused without individual permission according to the terms of the particular license under which it was contributed to the project, but some licenses may require that the original creator be attributed. You do not need to obtain a specific statement of permission from the licensor .

 この記述に従い我々のウェブサイトでは、” Wikimedia “ から借用した写真については、その出所を明記しない。

                                           ( 2011.1月 記)



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。