新 水 族 館

第4話

独逸占領前・占領後の
青島

2011年2月2日

                    独逸占領前・占領後の青島


1.まえがき

 青島地区が正式に「青島」と呼ばれるまで、この地区は「膠澳(こうおう)」と呼ばれていた。このページで展開する物語は、青島が膠澳と呼ばれていた頃の「青島物語」である。


2.19世紀中頃の膠澳(独逸占領前)

 1840年、英国はアヘン戦争を初めとして中国への侵略を進めていた。同年8月、英国は山東半島を回って北上し天津へ向かってきたので、清国政府としては海上防衛体系の強化が国防上の急務となったのだが、国力の衰微と清国政府の無力のため、中国の沿海部は外国列強の砲門の下に置かれることになった。
 同じ頃、中国は国内の争乱にも悩まされた。1858年、山東省曹州府で「捻軍」(太平天国と同時期に清に反抗した華北の武装勢力)が蜂起したのだ。1861年頃まで、捻軍の勢力は大規模となり、即墨を始め膠澳の大地には捻軍の旗がはためいたとのことだ。
 
 1858年、中国は英国・仏国との間に天津条約を締結し、山東省登州(現煙台)を通商港として開放することとなった。翌年には山東省の沿海部に、貿易税の徴収を管理する機関として6カ所の厘税局が設置された。
その厘税局の一つが即墨の金家口厘税局であり、その下部に青島口分局、女姑口分局が設けられた。「青島」という地名が公的文書に記載されたのはこれが初めてであり、同時にこれは、膠澳(青島)が外国貿易に関わっていたことを示す記録でもある。

 1892年、清政府は登州鎮総司令官章高元に命じて、約2000名の兵を統率して膠澳(青島)に移駐し、膠澳の防衛に当たらせることとした。


          膠澳 (現青島)遠望

     画面右に清兵営舎、左に民間人集落が見える。独逸軍占領
     以前の膠澳が傾斜地であったことが判る。
     画面中央に見える屈曲した道は即墨に至るとか。
     この写真には天后宮、総司令衙門は写っていない。


      (写真は高知大学名誉教授瀬戸武彦様ご提供)





          膠澳の清国兵士

    この写真はウェブ上で「青島の兵士」として掲載されていた。
    弁髪で腰に弾薬倉を帯び、
一応洋式風の軍服を着用した清国兵
    が、小銃を4挺ずつ組み合わせ、銃剣をそれぞれ小銃にかけて、
    小休止していると思われる情景。
    

   この写真は誰が撮影したのだろうか。類似の写真を全く見たこと
    もない、営舎内の清国兵を写した貴重な記録写真である。










 章高元が膠澳に移駐したとき、膠澳には僅か3~400戸の人家があっただけだ。天后宮の付近には上・下青島村の2村があった。この地区には風台嶺(現青島山)と大石頭山(現信号山)があって全体として傾斜地であった。山々の間に季節性の河が流れており、その下流は青島湾に流れ込んでいた。この河は青島河と呼ばれ、上・下青島村はこの河の両岸にあった。
  (青島河については、文末の補注を参照のこと)


           上青島村の情景

    上青島村の情景を示す数少ない貴重な写真。
     家は木と土で建てられ、屋根はわら葺きであったらしい。

    木々が疎らにしか植えられていない事に注目を。

      (写真は高知大学名誉教授瀬戸武彦様ご提供)









 青島湾の地形と、青島湾の南にある小青島の存在によって、青島湾は強い風波を和らげてくれる所から、この湾は古くから漁民にとって漁船を係留するのに格好の地であった。青島河口から北へ100メートルほど上がった地点に当時木橋が建設されており、青島河の両岸を繋いでいた。満潮時の水面上昇を利用して、漁船は河を遡って橋のたもとに係船できたとのことだ。

 「青島城市的形成」(第2話参照)は、天后宮付近の情景を次のように描写している。

    海岸に打ち寄せる波、沖合には漁船の帆が点々、山からの清らかな流れ、緑に繁る樹影、河畔の石の上で笑い
    ながら洗濯をする女性達、木橋の周りで走り遊ぶ子供達など、青島湾周辺の景色はまさに絵の如く、訪れる人
    を陶然とさせた。




           天后宮正面

    天后宮は18世紀末に建造された道教の寺院である。
     毎年春になると近郷の漁民が集まって“祭海之日”を
    盛大に祝い、海上安全を祈願した。
    独逸が膠澳を青島として都市開発を行った際も、
     天后宮はそのまま
残された。

     (写真は高知大学名誉教授瀬戸武彦様ご提供)








 伝えによると、総司令官章高元が膠澳に入ったとき、彼は橋上で馬にまたがり、背面に青山を見、南には大海を望み、足下に河がさらさらと流れる風景を見て、この地は正に天与の宝とも言うべき美しい場所であると感じた。そこで章高元は青島河口の西側、天后宮の東側に鎮守府衙門を建築して、青島湾岸の最良の地点にその官署を設けることにしたとのことだ。



            鎮守府衙門

     この写真は独逸海軍が膠澳を占領した後に撮影された
      もので、旗竿には独逸海軍の旗が掲げられている。
     膠澳の都市開発と共に、この鎮守府衙門を含め全ての
     清国兵営・軍事施設は撤去された。

      (写真は高知大学名誉教授瀬戸武彦様ご提供)








 引き続いて、兵営と砲台の建築が始まった。八関山の東で現在の中国海洋大学北部が嵩武中営の跡地、魚山の東で同じ中国海洋大学南部が廣武中営の跡地、現在の青島市公安局が嵩武前営の跡地、台西鎮の屠畜場が廣武前営の跡地、また団島と青島山に砲台を構築したとのことだ。
 1893年には清兵軍物資の積み卸しのために、鎮守府衙門西側の沿岸に埠頭を構築した。これが後の青島桟橋の前身である。その後、一般貨物の積み卸しもここで行われるようになり、ここに東海関(税関)が設立された。

 このように僅か3~400戸の漁村に2000名の兵士が加わったことで、この地区の生活様式が変わり、市場が形成されて商取引が増加した。特に旧暦五日と十日には鎮守府衙門の北、天后宮の東側の場所に大市が立ち、近郷の集落から売る人や買う人が大勢集まって大変賑わったという。



3.19世紀末の膠澳 (独逸による膠澳の占領)

 1897年11月14日、独逸海軍は膠澳を無血占領した。この時の情景を「青島城市的形成」は次のように記している。

    1897年11月14日、伝えによれば、この日、海霧は濃く低くたれ、もうもうとした白い霧は平穏な膠州湾を
    重々しく蔽っていた。人々は何時もと同じように生活のために走り回っていた。漁民は錨を上げ出漁の準備
    中、婦人達は食事の準備中、商店の店員達は店舗の前に重い木板をおろしており、街角には「香油餜子」
   (現在の油条:揚げ菓子)を売る呼び声が聞こえていた。一切がこのように純朴で誠実であり、全ては忙しく
    はあるが安全であった。突然、海面上に大きな音が3度鳴り響き、4隻の巨大な物体が青島湾の前面の海に
    現れ、ゆっくりと海岸に向かって近づいてきた。

 この日の早朝、独逸海軍陸戦隊720名の将兵は借地し演習するとの名目で、清廷の同意を得ないまま膠州湾に強行上陸した。その後、独逸軍は突然清国兵士に対して武器を向けた。これよれり先、清国章高元司令官は清廷から「妄りに戦端を開くことを許さず」との指令を既に受領していたので、三千の清兵は一度も槍を振るわず弾丸も発射せず慌てて滄口に退却し、手を拱いたまま膠州湾南岸を独逸に渡したのだ。

 この後、清国と独逸との間に政治折衝が重ねられた結果、1898年に両国の間で膠澳租借条約が締結され、独逸が膠州湾地域を99年間清国から租借することになった。だがこの間の経緯の詳細については、この「青島物語」では触れないことにする。

 ただ、独逸が膠澳に上陸した直後のいくつかの貴重な写真を入手出来たので、それらを以下に紹介する。




      膠澳上陸後、凱歌を吹奏する独逸海軍

     独逸海軍軍楽隊は、膠澳に無血上陸後、その成功を
      祝して上陸地で凱歌を吹奏したと言う。



          ”青島今昔記念写真帳“より












       清国兵舎に入った独逸海軍将兵

     独逸は膠澳における清国軍事施設を無傷で手に入れた。
      それらの軍事施設を視察する独逸将兵。



      (写真は高知大学名誉教授瀬戸武彦様ご提供)












         海岸から上陸する独逸兵達

    港が完成するまでの間、独逸兵達は海岸のジャンクの間を
     縫って上陸した。
     物資などはジャンクを使って荷揚げしたのかもしれない。



          ”青島今昔記念写真帳“より






                       【 本編はこれで終わり 】


  (補注1)本編を纏めるに当たっては「青島城市的形成(宋 連威著)」を参照した。




  (補注2)  青島河の存在を示す地図

 これまで、青島河と思われる河川の存在を示す地図は見あたらなかった。ところが、弟が収集した諸資料の中から、青島河の存在を示す地図が見つかった。図中に赤矢印で示す線が青島河である。地図が圧縮表示されているので、見にくい点が残念。

 この地図は「大阪朝日新聞 大正3年9月10日 第11711号附録日独戦局地図」の一部で、よくもまあ、我が弟がこのような資料まで買い集めたものと、改めて感じ入った次第。

 それにしても、地図上で青島河の存在とその位置を確認できてよかったと思っている。



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。