海水浴場(忠の海)

第5話

独逸による青島の都市開発 -- 1898~1900


 【 2011年2月15日】
                  
             独逸による青島の都市開発の推移 ー 1898年から1900年頃まで

1.前書き

 青島という地名は、元々上・下青島村という小さな集落の名称であって、現在の「青島」は清時代には「膠澳」と呼ばれていた。この地域が独逸の租借地になった翌年の1899年10月12日、独逸本国政府は「膠州湾租借地の新市名を“青島”と呼ぶ」ことを公布した。これにより “青島“ が市名として新たに使用されるようになったのである。
 これからの「青島物語」は、新しく生まれた「青島」 について、その歴史的展開の足跡を辿ることとする。

 独逸は租借地であった膠州湾地域を ”das Kiautschou-Gebiet” と呼んでいた。ところが膠州の中国語発音は “Jiaochou” である。何故「膠」の発音が ”Jiao” でなく “Kiau” となったのだろうか。これは山東方言では「膠」を ”Kiau" と呼んでいたからだと思われる。
 普通話(標準中国語)では「行く」に当たる語を「去 (qu チュイ)」と発音するが、青島の老人は「去(ku キュイ)」と今でも発音することを、これまでの青島旅行で確認している。「チ」や「ジ」を語頭に持つ一部の単語が、山東方言では「キ」と発音される。我々が幼かった頃は、この山東方言で中国語を覚えたのだ。後に小学校で中国語会話を習ったとき、兄は得意げに山東方言でしゃべって先生に笑われたことを想い出す。

                       --- お断り ---

 青島の都市開発に関しては、実はほとんど記録がない。研究者が色々論文を発表しておられるが、それらには政治記録・経済統計記録に基づいた正確な分析が行われているものの、青島の都市形成に関する歴史記録としての記述が少ないのが実情である。

 そこで、我々兄弟がこれから纏める「青島物語」は、研究者の論文に目を通しつつ、これまで研究者が余り収集しなかった写真・図版を探し出し、それらを元にして青島の都市形成の歴史の再構築を試みようとするものである。
 ただし、記述の考証は不十分であり、正確性を問われると自信があるとは言えない。あくまでも、素人が書いた歴史物語として、軽くお読み頂くようお願いする。



2.青島都市開発の推移  ---  1898年から1900年頃まで

 独逸は1897年11月に中国膠澳(青島)を無血占領し、翌98年3月に清独条約を結び、膠州湾一帯を99年間、清国から租借することとなった。独逸はこれより30年も前から膠州湾地区を地理的・軍事的に調査していたので、条約締結後直ちに「青島を独逸東洋艦隊の母港とすると共に、青島が独逸本国にとって経済・貿易の面で貢献し、かつ健康的で快適、模範的な植民地を建設すること」を方針とし、下図に示す「第一次青島都市開発計画」を発表したのである。

 なお独逸政府は、1898年、十分な港湾設備も備わっていない青島を自由貿易都市として宣言した。


1898年第一次青島建設計画図

 この地図には港の計画が表示されていない。鉄道 (赤線で表示)は西寄りに湾曲し、終点は青島桟橋に近く配置されている。桟橋の荷揚げ貨物をここで貨車に搭載することを考えていたのであろうか。
 1900年以降、実際の青島都市開発は、この第1次計画とは違った形で展開されることになる。

                        (1898年第一次青島建設計画。西部地区の道路延伸計画は後に変更された)(図 5-1)

  ①大鮑島(Tapautao)
  後に中国人居住区となる大鮑島の地名は表記されて
  いるが、道路計画はまだ出来ていなかったようだ。

  
 ②総督府山(Gouvernement Berg)
  総督府建物と共に山名が表記されている。中心部の
  道路計画は、その後の計画にも蹈襲されたようだ。

 ③信号山(Signal Berg)
  1898年現在で、信号山山頂に信号所は構築されて
  いたと思われる。

 ④上青島村(Tsingtau Dorf)
  この時期には、まだ上青島村はまだ移住されていな
  かった模様だ


 ⑤下青島村(Tsingtau Stadt)
  天后宮、衙門などがあったためか、下青島村は町
  (Stadt)と表記されている。







・清国兵営、一般民家の利用

 1898年、独逸海軍大臣ティルビッツは青島の最高責任者としてクルト・ローゼンダールを第1代総督に任命した。ローゼンダールの職務は独逸東洋艦隊母港の建設と、植民地貿易都市の建設であった。しかし着任後、彼が当面した最大の課題の一つは約2000人に及ぶ独逸将兵及び建設に従事する独逸民間人の宿舎と食料の確保であったに違いない。彼はこの問題解決のため、まず旧清国兵営の利用、及び青島村にある一般家屋の借り上げを行ったと想定される。一部にバラック宿舎も建設したようだ。
 独逸軍は上陸後、不潔な一般民家を間もなく焼き払ったとする論文もあるが、独逸将兵の宿舎が不足な状態で、宿舎の代替建物となりうる一般民家や清国兵営を、全て直ちに焼却処分することはなかったと思われる。





      清国兵営を利用したと思われる写真 (図 5-2)

   どの旧清国兵営であるかは不明だが、独逸兵が下着姿で撮影されて
    いる。独逸兵はおそらく約2年間、旧清国兵営で生活したのだろう。

   












      清国兵営の横にバラック建築中か  ( 図 5-3)

   この写真も兵営名は不詳だが、門前にくつろいだ姿の独逸兵士が写っ
   ている。その前には建築資材が置かれ、兵営の左側には建築中のバラ
   ックが見える。












       ストランド ホテルの看板 (図 5-4)


   煉瓦造りの比較的ましな青島村の建物が借り上げられ、ホテル代わり
   に 使用されたと思われる写真。看板に「ストランドホテル」と書いて
   ある。 将校、あるいは民間人が利用したのであろう。


   屋根は藁葺きで、壁の一部には石が使用されている。






・信号所の設置

 無線通信技術がなかった当時、軍艦と陸地陣営、あるいは船舶相互間の通信連絡手段は、伝令、手旗信号、信号旗の掲揚であった。艦船と陸上との連絡のため、独逸軍は信号所を青島占領後直ちに設置したと思われるが、1899年、ハインリッヒ皇太子夫妻が山東鉄道の起工式に参加した際の記録写真には、既に信号山上の信号所が撮影されている。





          信号所(信号山山頂) (図 5-5)

   この写真には、望楼と信号旗掲揚柱が写っているが、無線通信用の
    アンテナや、電力線は写っていない。


   無線通信が軍事用に使用されたのは、これから5~6年後である。










      ハインリッヒ皇太子夫妻が現地を視察 (図 5-6)

   1899年、ハインリッヒ皇太子夫妻は青島を訪れ、山東鉄道の起工式に
    臨席した。この写真は皇太子夫妻が現地視察した際の写真で、背景に
    信号山と信号所が移っている。


   この時既に道路予定地の開発は行われているが、整備された道路とは
    とても言えない。






・不満足な荷揚げ・上陸態勢

 独逸が青島を租借した当時、既に青島桟橋は存在していた。しかし、周辺の水深不足か、桟橋の強度不足か、あるいは陸揚げする軍事施設・建築資材が大量であったせいかは不明だが、桟橋によらず海岸線の砂浜で貨物が荷揚げされ、人員が上陸していたことを示す写真が保存されている。これらの写真から見て、当時の青島では大型艦船が直接に接岸できる港の建造が強く望まれたことであろう。




       青島桟橋 (海軍桟橋) (図 5-7)

   1898年頃に撮影された青島桟橋である。桟橋の先端部に
    
簡易なクレーンが認められる。
   海岸は岩礁又は砂浜で水深は浅かったので、大型船の桟橋
    接岸は出来なかったと思われる。

   写真の手前に、下青島村の集落が見える。









       砂浜海岸での荷揚げ情景 (図 5-8)

    海岸の砂浜から荷揚げしている情景だが、人物の大きさと、
     散在する荷物のサイズを比較すると、かなりの大型貨物も
     青島湾沖の船舶からジャンクに荷下ろしされ、海岸まで
     ジャンクで運んで砂浜で荷揚げされたことが判る。

     手前には建造中と思われるジャンクがある。











       海岸から上陸する独逸将兵 (図 5-9)

    独逸将兵が、ジャンクを使って砂浜から上陸している情景。
    兵士が楽器を抱えているところから、おそらく軍艦から
     上陸した軍楽隊であろう。


    この頃には、エンジンを装備した小型船艇(後に、日本海
     軍はランチ又は内火艇と呼んだ)はまだ存在しなかった。








・独逸将兵のための兵営建設

 青島に上陸した独逸兵にとって、当地の生活環境は極めて劣悪であった。宿舎の不備はいうに及ばず、地盤が岩盤のために井戸を掘っても十分な水量が確保できずしかも硬水であり飲用に不適、衛生的な肉食材料の入手困難、下水処理施設は皆無であった。このために独逸占領後の1898年10月からの1年半の間に約40名の将兵がコレラなどの伝染病で死亡したという。
                                       
 ローゼンダール総督は独逸将兵のための兵営建設に最重点を置いたと思われる。兵営建設のための道路予定地の開発や水源確保のための井戸の採掘も行ったであろう。記録によればイルティス兵営は1899年に完成、ビスマルク兵営は1903年に完工している。


        イルティス兵営 (図 5-10)

   1899年、太平山の南麓に建設された。建物は東西に約110メー
    トルの長さで正面は海に面し、地下1階、地上2階建てあった。


       (日独戦役記念写真帳より)




   
ビスマルク兵営 (図5-11)

 1903年に完工した広大な兵営である。敷地の
 両側に兵舎が、中央奥にホールが建てられ

 物群の中央に練兵場が配置されている。


    (日独戦役記念写真帳より)



 この広大なイルティス兵営が僅か1年前後で完工したとは信じられない思いであるが、これは初代総督ローゼンダールが、独逸兵士を当時の劣悪な生活環境から解放するために集中的に兵営建設に注力した結果であろう。彼の在任期間、それ以外に目に見える完工工事はほとんど無かった。
 このためか独逸本国は、ローゼンダールが海軍基地建設のみに集中し経済や都市などの整備を無視したとして、僅か1年で彼を更迭したのである。

 ローゼンダールの統治時代にどのような軍事施設が構築されたか、記録・写真は入手出来なかった。軍事施設以外に考えられる工事は、小港 (Kleiner Hafen)の築港に着手したことであろう。本格的な青島の都市開発は、第2代以降の青島総督の手に委ねられたと言える。

                        【本編はこれで終わり】  



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。