◆旧制富山高等学校 ---- 第二校歌誕生の経緯


 わが旧制富山高等学校には、校歌が2曲あった。校歌を2曲持つ旧制高等学校は、富山高等学校を措いて他には1校もなかったであろう。
 以下に、旧制富山高等学校における校歌制定の経緯を紹介する。

 旧制富山高等学校は、大正12年に公立7年生の高等学校として設立認可され、大正13年に尋常科生徒80名、大正14年に高等科生徒80名がそれぞれ初めて入学した。
 設立当初は自前の校舎とてなく、近くの小学校の一隅を借用して勉強が行われたという。

 新校舎の建設は大正13年に開始され大正14年には一部完成したので、小学校に間借りしていた生徒たちは新校舎に移って授業を受けたが、学校全体の建築は昭和2年にまで及んだ。

 学校設備の完成が日を追って近づき、昭和3年秋に開校式を開催する運びとなったが、このとき現在、実は生徒たちが共に声高らかに歌うべき校歌がなかった。そこで学校当局は校歌を制定することとなり、昭和2年春、まず生徒たちに対して校歌の懸賞募集を行ったのである。

 この校歌募集に対して5篇の応募があり、一等当選者は当時文科3年生徒渡邊年應であった。学校当局はその応募作品全篇を携えて、当時新潟県糸魚川に居住しておられた斯道の大家相馬御風氏を訪れ、これらを参考にして新たに校歌の作成を乞い、その結果、富山高等学校第一校歌の歌詞を得たのである。

 その際に相馬御風氏から、生徒応募作品中の一等作品は非常に優れた歌詞であるから、これを何らかの形で作曲して生徒に歌わせてはとのご推奨があった。そこで学校当局はこの作品を第二校歌として採用することを決定し、当時学習院教授であられた小松耕輔氏に、これら2曲を校歌として作曲されるよう委嘱したのである。

 かくして昭和2年7月8日、富山高等学校の校歌が正式に制定された。

 昭和3年10月17日、いよいよ富山高等学校の開校の祝典が開催された。この年には、4年前に尋常科第1回生として入学した生徒たちが初めて高等科に進学した年でもあった。開校式の冒頭、生徒たちは声高らかに第一校歌を歌ったと富山高校10年史に記録されている。

 生徒たちによって作詞された第二校歌は、実は余り歌われることがなかった。しかしその雄大な詩想とおおらかな曲想を愛する生徒たちは、この歌を歌い継いだ。中でも高い演奏水準を誇る富山高等学校音楽部は、演奏会の始めに必ずこの第二校歌を斉唱したものだ。

 以下に第二校歌の歌詞を紹介するが、当時20才になったばかりの青年がこれほど雄大な詩をよく作ったものと、しみじみ感じさせられる。


        旧制富山高等学校第二校歌   作詞:渡邊年應   作曲:小松耕輔


             見放(さ)くれば  窮(きわ)みなし
             神江の水      太刀の山脈(やまなみ)
             そがもとに     直ぐなる者
                大いなれ天地(あめつち)の如(ごと)
                大いなれ天地の如
                   ああわれ等 ああわれ等


             有磯海(ありそうみ) 湧き立てば
             巖(いわ)も砕くる   越のわだつみ
             そがもとに       直ぐなる者
                力あれわだつみの如
                力あれわだつみの如
                   ああわれ等 ああわれ等


             大空を         仰ぎ見よ
             不壊(ふえ)の真理(まこと)に  澄めるシリアス
             そがもとに       直ぐなる者
                光あれシリアスが如
                光あれシリアスが如
                   ああわれ等 ああわれ等
                     



 この第二校歌は壮大でおおらかに作曲されている。ご関心のある向きは、下に現れるボタンの中から横向き三角をクリックすると、小松氏のピアノ伴奏曲に合わせてトランペットの演奏が3番までお聴き頂ける。


                  


 なお、渡邊年應(第1回文甲)は実に詩才の豊かな人で、以下の寮歌・応援歌の歌詞を作詞しており、学校設立から昭和25年に旧制富山高等学校が閉校となるまで、これらの歌は後輩たちの間で歌われてきた。

  若き生命に(大正15年)    饗宴の歌(大正15年)    応援行進歌(大正15年)
  羽檄は飛んで(昭和2年)    凱歌(昭和2年)        柔道部部歌(昭和2年)

 渡邊年應は日中戦争に従軍中、昭和13年10月、中国湖北省で戦死した。享年僅かに30才であった。詩才豊かな先輩を若くして失い、我々後輩は、先輩の作詞した校歌・寮歌を今なお高唱して先輩を偲んでいる。                                                                               (2004年11月記)



                

                プロローグ  に戻る。
                想い出の詩 に移る。
                想い出の音楽 に移る。
                トップページ  に移る。