3台目のパソコンを自作

-- 
近  況 --

弟と二人の友を失って

 2010年と2011年に、私は末弟と二人の友を失い、耐えがたくも寂しい年の連続であった。その痛みは今も続いている。つい最近まで気分が鬱々として、何事にも積極的に取り組む気になれなかった。数編の英詩を取り上げてアップロードしているのだが、いずれもが死に絡んだものばかり。

 そんな矢先に、5年ほど使っていた ”Gateway” のパソコンが不調になってきた。起動はするのだが、ウィンドウズ7が立ち上がったところで動かなくなるのだ。多分マザーボードの調子が悪くなったのだろう。

 そこで気分一新のために、パソコンを自作することとした。これで自作パソコンは3台目となる。予算は5万円程度として、インターネット関連の雑誌を頼りにパソコンの設計を始めた。その経緯を紹介しよう。



 最近の自作パソコンは、3次元ゲームなど、大量のデータを処理できるように、高速化が進んでいる。私の場合、ゲームあるいはビデオにはなどはさらさら関心がなく、音楽処理、画像処理が主な目的であるから、これに沿った範囲で、そこそこ高速なマシンを作りたい。今更、外観を気にする年齢でもないから、ケースは実用的なものでよいが、拡張性だけは確保したい。そこで次のような構成を考え、基本的にはアマゾンからの通信販売で購入することとした。

 ・CPU Intel  Core i5 2500k
   高速処理用としてCore i7 シリーズのCPUがあるが、これは私の要求から見ると過剰性能である。そこで
   i5 シリーズの中から最速のCPUを選んだ。価格は約16,000円であった。

 ・メモリー  Elixir DDR3 4GB x 2
   実用的に、8GBあれば十分であろう。国産メーカー品は価格が高いので、台湾 Nanya社製の Elixir を
   購入した。価格は4,000円弱であった。

 ・マザーボード  Gigabyte GA-Z68A-D3H-B3
   マザーボードはどれを選んだらよいのかわからないほど、各社から様々な製品が発売されている。選択の
   基準は、グラフィック機能を持ったチップセット "Intel Z68” を搭載していること、USB3 を搭載してい
   ること、ディスプレイ接続端子として D-Sub、DVI-D、HDMI の各ポートを備えていることが主な点で
   あった。価格は10,000円弱で、よいものが手に入ったと思う。

 ・電源  玄人志向製 KRPW-SS600W/85+
   電源もいろいろな製品が発売されているが、600wの能力があり適当な価格ということで、「玄人志向」
   の製品を選んだ。価格は5000円強であった。この製品は製品保証はあるのだが、技術サービスはない。

 ・ケース Zalman製 Z9 Plus
   ケースもバライエティに富んだ商品群が販売されている。選択基準は、冷却性能に優れていること、組み
   立てが手軽にできること、冷却ファンが多くついていることであったが、この製品はその要求を満足して
   いる。何よりも冷却ファンが4個ついているのでありがたい。鋼鉄製のケースであるが、外観もそこそこ
   悪くない。価格は5,000円強で、冷却ファンを別途に買えば、4個で5,000円ほどかかることを思えば、フ
   ァンを含んだこの製品価格には大満足であった。
   後で気がついたのだが、この製品は韓国製、なかなかよくできている。温度センサーがついていて、自分
   が指定するケース内の位置の温度を測定でき、それがパネルに表示され、しかもファンのコントロールも
   できるのである。

 ・ハードディスク  Seagate ST3500413AS 500GB
   タイの洪水前に購入したHDがあったので、これを使用した。価格は4,000円前後であったように思う。今
   これを買えばかなり高くついたと思う。

 以上の構成でそれぞれの部品を発注し組み立てに着手したのが4月30日、翌日にはウィンドウズ7の64bit版をインストールし終えて、何の問題もなく動きだし、その後現在に至っている。

 今から50年前、アマチュア無線局を開局したときは、送信機・受信機ともに ”CQ" というアマチュア無線誌をを頼りに設計し、ジャンクショップへ行って部品を購入し、半田ごてや各種の金属工具を使い、何日もかけて送受信機のケースを作り、部品の配線を行ったものであったが、今ではプラスねじドライバーとラヂオペンチがあれば、3時間もかからずにパソコン1台を組上げることができる。

 今回のパソコン自作に当たって82歳となる私が懸念したことは、手先が震えて組み立てができないかということであったが、幸い手先が震えるようなことは全くなく、数年先に4台目のパソコンを組み立てる際の自信となった。



 このパソコンの自作で、私の鬱々としていた気分はいささかではあるが晴れてきた。これを契機としてこれからの余生を、気力を持って生きてゆきたい。

 私がこれから勉強したいことは、かつてのゼミの教官であった大阪大学横山教授から昭和27年に教えていただいたミクロ経済学(当時はこの言葉はなく、経済数学といっていた)を 始めからやる直すことである。そのためには少なくとも線形代数と微積分を学び直す必要があるが、何とかしてそれにも取り組みたい。

 後は、その目標を達成するまで、私の寿命が続くことをひたすら願うばかりである。
                                         [ 2012年5月 記]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    青島物語   に移る。
                    トップページ に移る。