ベートーベンとマンドリン

●ターンアバウト・レーベル

 今から25年ほど前、私はオーストラリアのシドニーで約6年間、現地法人の責任者として駐在していた。

 当時のオーストラリアの人口は約12百万人、日本の人口の1/10程度であった。クラシックレコード産業はオーストラリアで国内生産するだけの規模でなかったのであろうか、どのレコードショップの店頭でも欧米でプレスされたレコードが在庫のほとんど全てであった。

 店頭には様々なレーベルのレコードが並んでおり、日本では見たこともないようなレーベルを数多く見ることができ、私は興味に任せてマイナーなレコードを色々と購入したものだ。

 そうしたマイナーなレーベルの一つに「ターンアバウト」があった。このレーベルはアメリカのあるレコード会社のものだが、現在ではインターネットで色々検索しても、会社の存在を示すサイトは全くヒットしない。おそらく、CD時代を迎え、早くに会社を閉鎖したのであろう。

 この「ターンアバウト」レーベルの特長は、マイナーな演奏家を中心にレコードをプレスしたり、大手が取りあげないようなマイナーな作品をマイナーな演奏家でレコード化するという、一風変わった制作方針をとっていたことだ。

 例えば、アルフレード・ブレンデルが有名になりフィリップスレコードで活躍する以前は、彼のレコードが数多くターンアバウトからリリースされていたのである。
 あるいは、無名な演奏家によるモーツァルトの「ディベルティメント全集」がリリースされたりもしていた。


●ベートーベンが作曲したマンドリン曲

 そのようなレコードの中に「ベートーベン作曲 マンドリンとハープシコードのための作品集」(TV 34110S)というのがある。このレコードの解説によると、ベートーベンのマンドリン曲は1798年以前に作曲されたもので4曲の楽譜が現存するが、これ以外に数曲のマンドリン曲が失われたことが知られているとか。
 ベートーベンの初期作品であるせいか、この曲については「クラシック音楽作品名辞典(三省堂刊)」にも取りあげられていない。これらはベートーベンのよほどマイナー曲なのであろうか。

 レコードに録音されているベートーベンのマンドリン曲は次の通りである。
 Sonatina  in C minor,   Adagio in E flat,   Sonatina in C,   Andante con Variazioni in D, 
 
 このレコードを聴いてみても、ベートーベンらしさをほとんど感ずることができない。解説も
  They are simple in texture and devoid of emotional tension and structural complication.
    (これらの曲の構造は簡単で、感情的な緊張や複雑な構成に欠けている。)
 と記しているほどだ。しかしこれらの曲はバロック風の大変に美しいメロディーで、私の耳には快く響く。

 私はこの曲をレコードの雑音を除去してCD化した。このレコードあるいはCD共に、ひょっとすると日本に存在する唯一のベートーベンのマンドリン曲の録音かもしれない。


●「ドン・ジョバンニ」とマンドリン−−−ベルリオーズの嘆き

 この解説によると、ビバルディはマンドリンをオーケストラ楽器やソロ楽器として取りあげた熱心な作曲家であったが、他にもヘンデルがオラトリオの中でマンドリンを使っている。サリエリもオペラでマンドリンを使った。

 モーツァルトはオペラ「ドン・ジョバンニ」の中でマンドリンを使い、イタリア語のせりふの中でも「マンドリン」という言葉を使ったが、あいにくドイツには当時マンドリンという言葉も楽器もなかったので「ツィター」と訳したところ、マンドリンと違ってツィターを小脇に抱えて演奏できないので、どうしたものかと舞台演出家は頭を抱えたとか。

 後年、ベルリオーズがパリで「ドン・ジョバンニ」を指揮することになり、楽譜とイタリア語のせりふに忠実にマンドリンを舞台に上げようとしたが、フランスには曲中のカンツォネッタの伴奏ができるマンドリン演奏家があいにく見つからず、ベルリオーズを大いに嘆げかせたと、この解説は記している。


●マイナーだが想い出の多い楽器

 マンドリンはイタリアで愛用されている楽器であるが、なぜかヨーロッパではクラシック楽器とは認識されなかったマイナーな楽器であるとのことだ。演奏曲もポピュラー曲が多いようだ。

 しかし、私にとってこの楽器は想い出深い。

 約60年前、私が旧制富山高等学校で音楽部活動に熱を上げていた頃、先輩にYさんというマンドリンの名手がおられた。春秋に開催されるされる音楽会で、Y先輩を中心にしてマンドリン独奏や合奏が演奏されたが、Y先輩はいつも「マンドリンはクラシック楽器ではないからプログラムに載せないでほしい」といっておられた。

 だが先輩の名演奏を幕間の間奏曲にするにはあまりにももったいないので、マンドリン演奏はプログラムの重要な演目の一つとして取りあげてきた。
 熱心な人がいて、どこからかマンドラ(低音用マンドリン)を借りてきて合奏に加わり、あるいは原譜にないコントラバスを持ち込んで合奏に深みを加えるなど、マンドリン演奏には自薦・他薦の演奏家がいつもにぎやかに参加していた。

 昔に戻って、一度、Y先輩のマンドリン演奏を聴いてみたいものであるが、先輩も私も80歳から遠くない年齢になってしまった。Y先輩がご壮健であられることを切に祈る。
                                          [2005.6.10]


 訂正  (2006.4)

 上記で、ベートーベンが作曲したマンドリン曲が「クラシック音楽作品名辞典(三省堂刊)」に掲載されていないと書いたが、これは誤りで、同辞典には4曲とも掲載されている。

 このことは、マンドリン奏者久松祥三様からのご指摘で、お礼申し上げる次第である。なお、久松様は積極的にマンドリン演奏活動を展開し、ご自身でマンドリン演奏のCDを製作販売しておられる。

 その活動のご様子は、久松様のホームページに紹介されているので、関心のある向きは下記のホームページを訪問してください。

                   http://hisamatsu.org/


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。