Ervin Nyiregyházi と リスト


不思議な ”TELEFUNKEN” レコード

 今から約30年前、昭和56年頃、私は現地法人の責任者としてオーストラリアのシドニーに駐在していた。クラシック曲が好きな私は、シドニー市内のレコード店を回っている間にある事に気がついた。それというのは、オーストラリアではレコードを自国内でプレスする事はほとんど無い代わりに、世界中のレコードが輸入販売されており、日本では見る事もできないような珍品レコードが販売されているのである。

 そのようなわけで、私は珍しいレコードを何枚も購入したが、その中にドイツ ”TELEFUNKEN" から発売された ”Ervin Nyiregyházi spielt  Liszt” Ervin Nyiregyházi がリストを演奏)というレコードがあった。レコードジャケットの中でこのレコード制作者は ”名前の読み方も分からないピアニスト” について、英語とドイツ語で5ページにわたって細々と書き連ねているのだ。
 
 まずは買う事とし、帰宅してプレイヤーでこのレコードを一聴したが、レコードの半面の録音状態は極めて劣悪で、とても聴くに耐えない。暫くこのレコードはお蔵入りとなったのだが、ある日、5ページのこのレコードジャケットを読んでびっくり、改めてこのレコードに聴き入ったのである。



Ervin Nyiregyházi との劇的な出会い

 このレコードの制作者「Gregor Benko(グレゴー・ベンコ)」が、1973年、サンフランシスコにある国際ピアノアーカイブ事務所を訪問したときの事、そこの事務所長がベンコにあるカセットテープを聴いてくれと言うのだ。そのテープは、どう読んだらよいのか分からない「Ervin Nyiregyházi」という名のピアニストの演奏を録音したもので、たっての求めにベンコはそのカセットテープを聴いた。
 ベンコによれば、Nyiregyházi の演奏は一つの啓示であったという。そのテープの録音は余りにも貧弱であったが、これの演奏はホフマンやホロヴィッツを凌ぐ力強い音量を持っているのに驚愕した。ベンコ自身、19世紀のピアニストの演奏スタイルに関して本の上では何度も読んで知っているつもりであったが、19世紀の演奏技法を完全にマスターしたピアニストをこれまで見た事も聞いた事もない。だが、このピアニストの演奏は正に昔のピアニストが演奏した「ロマンティック・スタイル」そのものと言うのだ。
 その後、ベンコはこのテープをニューヨークに持ち帰り、アリシア・デ・ラローチャやホルヘ・ボレットなどに聴いて貰ったが、誰しもが Nyiregyházi の演奏に驚嘆し称賛したのだそうだ。あるピアノ批評家はこのテープを聴いて「私は正真正銘の19世紀のピアニストがこの20世紀に生きているなんて、夢想だにしなかった。」と叫んだとか。


Ervin Nyiregyházi の経歴

 「Ervin Nyiregyházi」は1903年にブダペストで生まれた。彼は音楽的に言って幼児から神童であったとの事で、2歳の時玩具ピアノで父親が歌う歌の調性を言い当てたとか、また3歳で既に絶対音感を持っていたようで、親戚の人が彼に「口をすぼめてラと言ってご覧」と言ったところ、彼は「その音はラじゃないよ、ファだよ」と言ったとか、逸話には事欠かなかったそうだ。
 6歳の時、彼はブダペスト音楽アカデミーに正式に入学し、元リストの学生であったイストバン・トーマンからピアノを学んだ。12歳の時、母親に連れられてベルリンに転宅した。間もなく、リサイタルを開いたり、あるいはベルリンフィルとピアノ協奏曲を競演したとの事である。13歳の頃から、彼はリストの曲に熱中した。この頃、彼は元リストの学生であったスコットランド人のフレデリック・ラモンドからピアノの授業を受け,リストの楽曲について彼から多くを学んだ。
 17歳の頃まで、 Nyiregyházi は主にドイツ及びスカンジナビア各国で演奏活動を続けたが、17歳でアメリカに渡り、カーネギーホールで演奏会を開き、大絶賛を受けた。1920年代の初期、彼のリスト演奏はニューヨークの聴衆に広く受け入れられた。彼はニューヨークに居を定める事とした。
 1925年頃、彼はマネジメント事務所と契約金の問題で折り合いがつかなくなり,訴訟を起こしたが敗訴する。この事件をきっかけに、ニューヨークの他のマネジメント事務所は彼の演奏会を引き受けなくなった。いつの間にか彼は聴衆から忘れられた。1950年頃までは、欧州やアメリカの各地でぽつぽつと演奏会を開いたが、やがてロサンジェルスに引きこももり、その後はほとんど聴衆の前に出なくなり、経済的に惨めな生活を余儀なくされた。
 彼の結婚生活も不幸であった。彼は何度も結婚している。最後の結婚相手の病気治療費を稼ぐためにサンフランシスコで演奏会を開いたのだが、そこで録音されたのが冒頭に紹介したカセットテープであったのだ。


Nyiregyházi の演奏スタイル

 1974年にベンコは Nyiregyházi と接触し、彼の演奏の正式録音を提案し承諾を受けた。演奏曲目は
  夜想曲 "夢の中に”、”バラード2番”、 巡礼の年 ”哀れならずや”、 ”別れ”
の4曲で、これが TELEFUNKEN から発売されたレコードの半面を占めている。レコードの他の半面は1973年にカセットに録音された演奏で「二つの伝説」よりの2曲がプレスされているが、この録音の音質は悪い。

  さて、ベンコはこのレコードのジャケット解説の最後に、次のように述べている。

 Nyiregyházi の人間としての成長、及び演奏スタイルの形成は主観的な音楽時代の最後に展開したものだ。その後彼が迎え生きてきた今の時代は、最も厳格な客観的な音楽の時代であり、彼の音楽に対する観点と理念は過去のものとなって消失しつつあるのだ。
 今日、多くの聴衆は偉大なロマンティック時代の作曲者の作品に含まれている情感を感じたり理解する事は出来なくなっている。そうした中で、Nyiregyházi の異常なまでに抒情的な歌唱的音色、想像を絶する程の壮大な超人間的感覚、信じられないほどのダイナミックレンジ、極端に特異的な演奏方法は、過去の偉大な作曲家と直接的にコミュニケートする機会を与えてくれたのであった。


◆おわりに

 以上長々とこのレコードが制作されるまでの由来を、お読み頂いたわけであるが、原文の長さはこんなものではない。
 悲しいかなプロではない私の耳には、このレコードを何度聴き直しても、ベンコが述べる点が実のところはよく理解できないのだ。

 どなたか、このレコードを聴いてロマンチック時代のリスト作品の演奏上の特質についてご教示頂けるのであれば、レコードをお貸ししますのでメールでご連絡下さい。
                                       [2009.6.7 記]
                                        
                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。