旧制高等学校物語-1

白線帽子、詰襟服、黒マントの起源は?

 

 旧制高校卒業生徒の高齢化と共に、旧制高等学校は正に歴史から消えなんとしている。我々卒業生が少々の努力をしても旧制高校生達の風俗・文化は忘却の彼方に消滅するだろう。そこで、僅かに生き延びている我々が、その風俗を文字として記録に残したいと思い、旧制高校生の三種の神器とも言うべき白線帽子、詰襟服、そして黒マントが着用されるに至った経緯を、少しでも史実に照らして遡ってみることとした。


1.明治初期の学制変遷と「二条の白線帽」

 明治2年、維新政府は徳川政府が経営していた3学問所
を、それぞれ大学本校、大学南校、大学東校として新出発
させた。各藩は15歳から21歳までの選ばれた秀才を給費
学生として東京に留学させた。これらの学生は「貢進生」
と呼ばれ、彼らの間から明治の教育を支えた指導者が輩出
したという。
 明治初期の学生は貢進生と一部の氏族以外はだいたい貧
乏で生活も楽ではなく、服装も小倉袴、紺絣、紺足袋、麻
裏草履、まれに鳥打帽というものであった。しかし学生の
身分は必ずしも明確でなく、上級氏族出身者は帯刀も許さ
れて素行の悪いものも多く、遊郭や矢場に出入りするとい
う風紀の低下が問題となった。
                                  旧制富山高等学校の白線帽子

 明治10年、東京大学と東京大学予備門(第一高等学校の前身)が設立された。東京大学予備門は東京大学の予科であり、同じ敷地内にあった。だがこの時期にも学生の風紀紊乱は依然として続いていたようで、明治17年頃、学生の綱紀粛正の為に制服・制帽を制定しようと言うことになった。ただ和服中心であった当時の学生は資力の点で洋服に切り替えることは無理だろうから、まずは帽子だけでも制定しようと言うことになったのである。

 当時は洋行帰りの関係者はハイカラ派が有力であったので、英国ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の学帽を折衷した「角帽」が制帽として採用され、大学学生も予備門学生も「角帽」を制帽として被った。
 明治19年に「帝国大学令」が公布され、従来東京大学と呼ばれていた大学が「帝国大学」と改称され、予備門と分離された。予備門は暫く「東京大学予備門」の名称を保持し、「帝国大学」の学生と区分する為に角帽に「一条の白線」を引いたのである。
 明治19年には「中学校令」が同時に公布されており、これによりやがて「予備門」は廃止され「第一高等中学校」の設立となった。その高等中学校には修学3年の予科と修学2年の本科があった。高等中学校への移行とともに制帽は「角帽」から「丸帽」に改められ、本科生は丸帽に「二条の白線」を、予科生は「一条の白線」を引くこととなった。

 明治27年に「高等学校令」が公布された。「第一高等中学校」は予科を廃止し本科の修業年を3年とし、校名を「第一高等学校」と改称した。制帽は「丸帽白線二条」をそのままとし、校章として「橄欖の葉」を採用したのである。
 この第一高等学校で制帽として採用された「丸帽二条の白線」が、その後設立された各地の高等学校でも採用された。ただし、第三高等学校は三条の白線を、第四高等学校は四条の白線を採用した。四高は大正8年に白線を四条から二条に変更した。
                           (資料:明治44年4月17日付報知新聞、その他)


2.明治初期の学生服の歴史

 明治期の学生制服は東京大学・同予備門の他に、工部省工学寮
や札幌農学校、及び学習院が制定しているが、他の学校に影響を
及ぼしたのは、東京帝国大学が明治19年に採用した制服であると
言われている。
 その制服は詰襟型ボタン留めのもので、生地は羅紗やサージ、
生地の色は当時の軍服に倣って黒色または紺色、夏服は白または
霜降りであった。






                                    昭和7年 富山高校青冥寮委員



 明治22年、東京の村田堂は学生服の製造・販売を開始した。しかし
当時はまだ着物が主流の時代であり、高価な学生服は明治〜大正初期
ごろまでは都市部を除いて余り普及していなかったようで、古い高等
学校生活の写真を見ると、絣着物に小倉袴、時には羽織をまとい、白
線帽をかぶり高下駄を履き、教科書は風呂敷に包んで闊歩するという
スタイルが一般であった。
 生徒は朴歯の高下駄を好み、学生服を着ている場合でも履物は高下駄というスタイルが最後の高校生まで続いていた。旧制高等学校の校舎は
殆どが木造で、板張りの廊下を歩く下駄の音があちらこちらでカラコロ
と鳴り響いていた。
         (資料:ウィキペディア及び村田堂ホームページ)



                                    昭和10年 富山高校青冥寮委員

3.黒マントの歴史は?




 高校生に愛用された黒マントは、残念ながらその出自が
明らかでない。明治30年代にマントを着用している第一高
等中学生の写真はあるのだが、その由来を示す記録は見当
たらない。



                                富山高校生がマント姿でファイアストーム

 マントはフランス語であるが、明治期には陸軍を除き、日本教育界のフランスとのつながりは見いだせない。ひょっとして、制帽の制定で角帽子がイギリスから輸入されたときに、イギリスのアカデミック・ドレスのガウンが形を変えてマントとして日本に入ったのであろうかと、私は苦し紛れに想像したこともあった。


 
 ところが「青島物語−続編」の写真を収集・整理して
いる間に、大正時代になると日本陸軍の制服・制帽が明
治時代のそれとすっかり様変わりになり、将校の冬用
オーバーコートとして「外套」と「マント」の2種類が
採用され、本人の好みでどちらかを着ていることが判っ
たのである。(明治45年に制式軍服が大幅に変更。)
このマントは「将校マント」とも呼ばれたようだ。





                                    大正3年、中国青島で撮影された日本陸軍将校

 その「将校マント」が、何故高等学校生徒の間で着用されるようになったのか、よくわからない。だが、ほぼ間違いなく、旧制高等学校生徒はこの「将校マント」のゆったりした着心地を気に入り、カーキ色の生地を黒色の生地に変え、「将校マント」とほぼ同じデザインのままで愛用するようになったのだろう。もしそうだとすると、旧制高等学校生徒がマントを着用しだしたのは大正年代の初期からであろうと推察される。

 その後昭和25年に旧制高等学校制度が廃止されるまで、晴れの日も雨の日も雪の日も、高等学校生はマントを羽織りあるいは肩にかけて町中を闊歩したのだ。それは大正初期から昭和25年まで約40年の長いようで短い、旧制高等学校生徒のマント愛用の日々であった。

 私は旧制富山高等学校を最後に卒業した生徒であった。卒業の日まで、マントは常に私の肩にもあった。

 (ここに掲載した写真は、陸軍の写真1枚を除き、全て旧制富山高等学校の同窓会誌より借用した。)
                                            おわり


                  【 2012年11月 日 記す 】

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    青島物語   に移る。
                    トップページ に移る。