旧制高等学校物語-2

蛮カラの今昔

 

1.私にとっての最初の「蛮カラ」は?

 中学時代から、できれば私は(旧制)高等学校へ進学したいと思っていた。だが私の中学は創立後10年余りを過ぎたばかりの新設(旧制)中等学校で、高等学校へ進学した先輩は殆どいなかった。だから、高等学校生がどのような人であるのか、どのような服装であるのか、具体的には全く判らず、ただ「蛮カラな服装を着た学生」という程度の印象しか持っていなかった。
  ところが敗戦の翌年である昭和21年の始めに、私は旧制富山高等学校生徒である林昌一氏(20回理3)と全く偶然の機会に親しくさせて頂くこととなった。当時の私は中学4年生。お会いするとき、林先輩は何時も学生服の上に黒マント着用で高下駄を履き、パイプたばこを燻らせ、レコードを小脇に抱えて音楽評論を私に語るのであった。私が富山高等学校を受験し、合格した後音楽部に入ったのは正に林先輩の影響であるのだが、林先輩から受けた「蛮カラ」の印象は、特に「弊衣破帽」ということではなく「外見は粗野ではあるが内容は豊かな教養を有する知識人」と言うことであった。


2.青冥寮第二寮(学生寮) ―― 強烈な「蛮カラ」集団

 昭和22年4月、私は中学4年から全く僥倖にも旧制富山高等学校に入学した。「笈を負うて」という言葉があるが、当時の私は僅かばかりの衣類を「行李」に入れ布団袋と共に高山線の手荷物(チッキと呼んだ)で、富山高等学校の学生寮である青冥寮第二寮あてに発送した。
 第二寮に着いて12畳の一室に4名が入居、自己紹介の後夕食を済ませた頃に全員に呼び出しがかかり、寮歌演習が始まったのだが、寮歌を指導する先輩の服装・容貌の「蛮カラ」さと、何よりも長々と歌詞を伸ばして歌う寮歌の歌唱法に私は度肝を抜かれてしまった。
 翌日、寮運営に当たる先輩の寮委員を紹介された
がその全委員各位が右の写真である。中央の長髪・
和装の方が全寮委員長の徳照 眸氏(21回文1)で、
正に「蛮カラ」の典型とも言うべき方であった。入
寮式ということで委員長室に呼び出され、蝋燭の灯
火の下でまずは委員長の荘重な訓辞の後、毛筆で宣
誓署名をした。その後近くの墓地へ行き肝試しをし
たように思うのだが、これについての記憶は定かで
ない。

 寮委員全員の服装は正に「弊衣」とも言うべきで
あろうが、これは敗戦直後のことで新しい衣服なぞ
どこにも売られて居らず、誰しも買う金もなかった
というのが実情であった。吾々は10日に一度銭湯       昭和22年当時の青冥寮第二寮の運営委員
に行ければ良い方で、洗濯しようにも石けんはなく、
思うに当時、寮生全員は不潔が過ぎて汚臭を発していたに違いない。昭和21〜22年頃の青冥寮第二寮は、敗戦直後の極貧生活に根付いた「強烈な蛮カラ集団」の巣窟であった。

 当時富山市にはアメリカ軍が進駐して来ており、時折市内で進駐軍家族が買い物に来ているのを見ることがあった。ある日のこと大和百貨店に行きエレベーターに乗ったところ、そこで進駐軍の家族と相乗りになったのだが、その家族が吾々を見るなり「オー ユー ダーティー ボーイズ!」(まあ、汚い子供たち!)と言ったときは、さすがの吾々も少なからずがっかりしたことを記憶している。


3.「蛮カラ」の語源は?

 私は「蛮カラ」の語源に興味を持ち、辞書やインターネットで調べてみた。ほぼ共通していえる定義は次の通りである。

  ――バンカラとは『野蛮』と『ハイカラ』から成る合成語で蛮カラとも書く。バンカラは同じ時期に
  流行した「西洋かぶれ」を意味する俗語『ハイカラ』の対語として生まれたものである。典型的な様
  式としては弊衣破帽がある。これは、ボロ学生服・マント・破れた学帽・高下駄、腰に手拭い、など
  を特徴とするスタイルで、第一高等学校を中心とした旧制高等学校の生徒が流行の発端である。
   こうした風貌や気質が後に硬派な番長をイメージし、「番カラ」という表記も使われる。――

 私はこの定義に二つの疑問を持っていた。その一つは「蛮カラ」という言葉は自然発生ではなく、誰かの造語ではないかということ、第二に「弊衣破帽」が典型的な様式とされているが、「蛮カラ」とははたして外形基準だけを示す言葉として発生したのだろうか、ということであった。
 そこでさらに調べていたところ、次のインターネット画面に出会った。

   ――「蛮カラ」は明治の末に生まれた言葉らしく、蔵原惟郭(これひろ)という人物がその第1号
   と言われている。蔵原惟郭氏はアメリカで教育を受けたのに「近世式でない様態」(羽織・袴)だっ
   たので「東京の社交界では、彼に蛮カラの形容詞をはじめて与えて、ハイカラと対照せしめた」と
   いう記述が、明治41年(1908)6月号の「太陽」という雑誌に掲載されているのだそうだ。――

 蔵原惟郭は文久元年(1861)に熊本県で生まれ、熊本洋学校、同志社洋学校を卒業後、米国、英国に留学した。帰国後、熊本県・岐阜県で洋学校・中学校の校長を勤めた。明治33年(1900)に上京して政友会創立に参加し、明治41年から7年間代議士となった。藤原惟郭が「蛮カラ」と呼ばれたのはこの代議士時代に符合する。

 雑誌「太陽」の掲載記事から見て、「蛮カラ」というのは人物の外形とともに内面をも指す用語として使われていたと思われる。私が「蛮カラ人」を「外見は粗野ではあるが内容は豊かな教養を有する知識人」と考えていたのもあながち誤りでないと判り、いささか満足している次第。
 ちなみに、蔵原惟郭は評論家「蔵原惟人」の父君であった。


4.現在の「蛮カラ」は?

 現在の「蛮カラ」は専ら外形的な「弊衣破帽」を指すが、その様な学生姿を関西で見ることはまず無い。しかし岩手県盛岡第一高校の「蛮カラ応援団」は夙に有名
で、右の写真はある年夏の高校野球岩手県予選の応援
風景である。実は、甲子園で開かれる高校野球では、
春・夏共にいまだ「蛮カラ応援団」が出場した事はな
いそうだ。どうやら太鼓を叩いての応援が高校野球連
盟で禁止されているのだとか。もし盛岡一高が地区予
選を通過したらどうなるのか。同高の甲子園での応援
風景を見たいものだ。

 写真を見ると、彼らは単に弊衣破帽を着用している
だけではなく、質実剛健ですばらしい学生諸君と見受
けられて、心強いではないか。 
 盛岡第一高校の諸君、頑張れ!                  盛岡第一高校の応援風景
                     おわり
                    
                                 盛岡第一高校応援団の写真は
                                 「杜の都スポーツ Morispo!」
                                 のご好意で掲載いたしました。
                                


                  【 2012年12月 記 】

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    青島物語   に移る。
                    トップページ に移る。