ジョーン・サザランドの死を悼む
                  

 10月10日、オーストラリア出身の偉大なるオペラ歌手「ジョーン・サザランド」が自宅のあるスイスで亡くなったと新聞は報じた。

 先になくなったマリア・カラスと共にベルカント唱法を復活し、ベッリーニ、ドニゼッティ及びロッシーニのベルカント・オペラを、夫君リチャード・ボニングの指揮の下、故ルチアーノ・パヴァロッティ等と共に復活させ、それらの多くをデッカレーベルで録音したジョーン・サザランド。彼女の力強く美しい声と、難しい装飾歌唱を軽々と歌いこなしたその実力は、欧米各地の演奏会で高く評価され、賞賛を以て受け入れられた。

 私は1977年から6年間、オーストラリアのシドニーで、現地法人の責任者として駐在していた。この頃サザランドは、毎年夏になるとヨーロッパからオーストラリアに戻り、テレビであるいはオペラホールで演奏会を開いた。その機会にオペラに触れ、やがてサザランドのベルカント歌唱の虜となり、彼女のレコードを正に手当たり次第に収集した。中でも彼女の歌うドニゼッティの「ランメルモールのルチア」やベッリーニの「ノルマ」「清教徒」などを聞くと、今でも切なさに胸が締め付けられる思いがする。

 だが、そのサザランドは日本では全く不当に評価されていた。日本では独逸オペラがいわゆる評論家の間で高く受け入れられ、ベルカントオペラなどイタリアオペラを聴くことを余り快しとしない雰囲気があるように思える。そのせいか、イタリアオペラのレコード集は日本では余り見受けられないようだし、その流れとして、サザランドも余り歓迎されないのであろうかと、つい僻んで考えてしまう。

 1979年、サザランドは英国国王からデイム・コマンダーの爵位を与えられた。更に1991年にはメリット勲章を授与された。その他にオーストラリア、アメリカから数々の賞をを与えられている。

 サザランドは、ベルカント唱法、ベルカントオペラの美しさに対して私の目を開いてくれた,偉大なコロラチュラ・ソプラノ歌手であった。彼女の歌を聴く時、私はオーストラリアで過ごした6年間のあれこれを楽しく想い出す。私ははや80歳を過ぎ、余生も後それほどは長くないだろう。だが、生きている間、私はサザランドのレコードを聴き、"La Stupenda”と賞賛された彼女の“途方もなく素晴らしい”歌唱を楽しむこととしよう。

 有難うございました、「ジョーン・サザランド」さん。 ご冥福を心からお祈りします。
                                     
                                            [2010.10.12 記]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。