ラフカディオーハーン

-- 詩 論
 --

私の翻訳詩について

 ラフカディオ・ハーンが1896年から1903年にかけて東京帝国大学で行った詩論に関する講義を、受講生が逐語的に記録した英文講義ノートの一部が1904年にまず出版された。その後もハーンの詩論の講義ノートは断片的に逐次出版されたが、1938年、これらの講義ノートが纏めて北星堂書店から「詩論(On Poetry)] として出版された。
 戦後昭和48年(1973年)に、北星堂書店は戦前に出版された「詩論(第3版)」を復刻出版したが、私はそれを古書店で最近入手した。
 私が学んだ旧制富山高等学校は、ラフカディオ・ハーンの蔵書を彼の死後に家族から譲り受け、図書室を新たに設け「ヘルン文庫」として大事に管理してきた。だから、ハーンの名前は私にとっては懐かしい響きを持っており、僅か500円でこの本が店頭に並んでいるのを見ては、買わずにおられなかったのである。

 ハーンの詩論は「Naked Poetry (飾りのない詩)」という表題から始まる。

 冒頭ハーンは、「Poetry 」という言葉について「些か恣意的かもしれないが」自分の定義を受け入れてほしいと、受講生に次のように述べている。



 詩とは、真の詩とは、何よりも深く精神を揺すり、心を動かすように構成された韻文(Verse)であると私は考える。換言すれば、それは感情の詩(Poetry of Feeling)である。これが文字通り「Poetry」の意味である。全く韻文ではないある種の散文(Prose)を読んで、それが素晴らしい詩であると感ずることがあるのは、正にこの故である。このようなある種の散文が詩であると感じられることは、日本詩人によって認識されていると聞いている。
 ともかく、その日本詩人達は、完全な詩(Poem) とは、その文章を読んだ後で、読んだことそのものではなく、何かしらが心に残り、暗示され、心を揺するものだという。従って、簡単な用語でこの条件を満たしている外国語の韻文 (Verse)についても、諸君はその美しさを十分に感ずることが出来るだろう。難解な用語を使用した詩はこの際問題外である。簡単な英語が使用されている韻文は、ある種の情緒的な詩を感ずるのに最適な媒体であると言える。
 ここで私は「飾りのない詩」の一例として、短くはあるが極めて有名な韻文、いかなる飾りも施されていない詩を紹介する。ここには一シラブルからなる数個の韻があるが、その韻がなくてもこれは依然として素晴らしい詩であると言えよう。この詩は日本の詩(和歌・俳句のことか?)の精神と極めてよく似ていると思う。諸君が読んで判断してほしい。

          A Memory                  想い出

       Four ducks on a pond,           池の面には 四匹のあひる
       A grass-bank beyond,           彼方には 緑の岸辺
       A blue sky of spring,            春の空 青く澄み
       White clouds on the wing;         白い雲 かろく漂う;
       What a little thing             何と 小さなことか
       To remember for years −−−       何時までも 想い出すとは −−−
       To rember with tears !           涙して 想い出すとは!

 これは特に何と言うことのない詩だ、最後の一行を見るまでは。だが最後の一行に来ると、突然ある種の情景が諸君の胸に衝撃をもって迫り、諸君はこの詩を理解できるであろう。これは放浪者の望郷の念であり、他の記憶が暗黒に消えて行く中で、この想い出は幼少期の記憶の中に輝く一事象である。この詩は有名であり実際素晴らしい。ただこの詩には何の技巧もなく、まるで歌(Song) のように単純だ。
                                          [ 翻訳:Tad ]


 私は英詩に惹かれ、私の感性にあうものを、下手ながら翻訳し自分のホームページに掲載してきた。だが、そのような作業の中で、私は常に大きな疑問を胸に抱いていた。それは詩脚のことも知らず、韻についてもほとんど知識のない私が、ただ英語を日本語に置き換えるだけで、英詩を日本語の詩に翻訳したことになるのか、と言う疑問である。

 英詩鑑賞・解釈について解説する研究書は数多く発行されている。私はこの種の刊行物を十数冊古書店で購入している(この種の本は通常の書店では全く販売されていない)が、多くの研究書はまず冒頭に英詩の韻律に関して多くのページを割いている。これら研究書の中で、私は小川和夫著「英詩饗宴ーー詩の味わい方」(南雲堂刊行)をよく開く。この研究書は21編の英詩を236ページの中で、韻律分析(Scansion) に止まらず、母音分析、子音分析など詳細を究める。
 中でもトーマス・グレイの「金魚鉢で溺死した愛猫の死を悼む」の解説は、詩形の詳細な分析は勿論のこと、擬英雄詩で書かれたこの詩の背景となる諸文学作品を詳細に紹介しており、何度読んでも味わい深く楽しめる。

 ただ、英詩を翻訳するのに、詩形の分析、音韻分析、さらには関連文献分析まで必要ということになれば、到底私の力の及ぶところではない。このことが、私が英詩の翻訳を進めるに当たっての懸念であった。
 しかし、最近になりハーンの詩論「Naked Poetry (飾りのない詩)」を読んで、英語で書かれた原詩を日本語に翻訳する場合、音韻分析がなくても原詩の美しさや詩情(Poesy)を多少でも伝えられるような翻訳が出来れば、それはそれで許されるのではないかと自らを納得させることが出来た。

 ハーンが東京帝国大学でこの詩論を講義したのは、日本での英学が緒に就いたばかりの時代であったのだろう。またハーンが東京帝国大学で詩論を講義した1900年頃は、島崎藤村が日本で最初の近代詩集といわれる「若菜集」を発刊した頃であり、ハーンは近代詩の洗礼をほとんど受けていない日本の学生を前にして、まずは英詩の鑑賞方法の第一歩を講義したのであろう。

 そうした配慮によると思われるハーンの講義のお蔭で、私は安心してこれまでのスタイルで英詩の翻訳を続けることとする。旧制富山高等学校を卒業してから60年、私は改めてラフカディオ・ハーンから英詩鑑賞方法を学ぶことが出来た。これもヘルン文庫のお蔭かと、有り難く感じている。
                                         [ 2010年11月 記]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。