ルチアーノ・パヴァロッティさん、

有り難う。


 1976年(昭和51年)、私は「無線と実験」誌上でイタリアのテナー歌手 「パヴァロッティ」 が歌う「ナポリ歌唱集」が推薦レコードであることを読んで、何気なくそれを買ったことが私とパヴァロッティとの最初の出会いとなった。彼の歌声は輝くばかりに澄みきって、声量は天に突き刺さるばかり。レコードのジャケットにみられる彼の体型はなかなかスマートで、40歳前後の若さに満ちあふれていた。彼が歌う「オーソレミオ」を初めて聞いて鮮烈な衝撃を受けたことを今も思い出す。

 それから程なく、私はカラヤンの指揮による「ラ・ボエーム」を購入した。この曲は確かテープ録音で、出演者はいうまでもなくパヴァロッティとミレッラ・フレーニである。その第1幕でパヴァロッティが演ずるロドルフォが「なんて冷たい小さな手」 と歌うアリアを聴いて思わず心が震えた。これに続いてフレーニが演ずるミミが「私の名はミミ」というアリアを聴くに及んで、「ああ、オペラはなんと楽しいものなのか」 としみじみ感じた。

 パヴァロッティはデビューから数年後に大きな転機を迎えた。それは偉大なソプラノ歌手であるジョーン・サザランドとその夫君で指揮者であるリチャード・ボニングとの出会いである。ベルカントオペラの復興を目指していたサザランドとボニングはパヴァロッティを抜擢し、その後三人は、ドニゼッティやベッリーニのオペラのレコードを次々と録音した。
 1977年から6年、私はオーストラリアの現地法人責任者として赴任した。この頃にも、パヴァロッティはオーストラリア出身のサザランドとボニングとともにオーストラリアへ演奏旅行によくきたが、テレビのインタービューでパヴァロッティはサザランドからベルカント唱法の発声法を学んだと語っていた。

 ボニング・サザランド・パヴァロッティが録音したオペラの中で、私がもっとも愛聴したのはドニゼッティの名作「ランメルモールのルチア」 である。このオペラは悲劇作品であるが、ドニゼッティの作品の中でもこの曲には美しい旋律が特に多い。中でもサザランドの歌う 「苦しい涙を流せ」、パヴァロッティの歌う 「我が祖先の墓よ」は涙なしには聞けないほどで、パヴァロッティのおかげで私はイタリアオペラにすっかり魅せられてしまった。

 今私の手元には、パヴァロッティが歌ったオペラの全曲盤が10セット以上ある。彼の歌は頭で聴くのではなく心で聴く歌だと私は思っている。彼のオペラを聴くとどうしてもそのオペラに感情移入してしまう。「お涙ちょうだい」 なのである。我ながら恥ずかしい。だから人前で、私はパヴァロッティのオペラファンだとは口に出さない。密かに、一人でヘッドフォンを頭にかけて、オペラの進行に伴って時には喜び、時には悲しんでいるのである。私は 「ベルカント・オペラのおたく」 状態なのである。

 ここ10年ほど、パヴァロッティは、世界各地で数千人の聴衆を前にして、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴとともに 「三大テノールコンサート」を開いていた。このコンサートはオペラの歴史を変えたという。マイクを前にして広大なアリーナでこの三人がオペラを歌うことで聴衆は熱狂した。それもよいのだ。このコンサートのライブCD も私は勿論もっており、それも聴いて楽しい。

 だが、なんといっても私にオペラを聴く楽しみ、特にドニゼッティとベッリーニのオペラを聴く楽しみを教えてくれたのは、パヴァロッティさん、あなたなのだ。

 2007年9月6日早朝、あなたの訃報が世界を駆けめぐった。あなたの死を、世界中の人が悲しんだ。その葬儀にはイタリアの首相をはじめとして、5万人もの人が参列したという。
 私は、ある時はスマートで、ある時は巨体であったあなたの面影を心に思い浮かべながら、一人であなたの冥福を祈る。 パヴァロッティさん、有り難う。
                                     [2007.11.11]


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。