音楽サイトを独立、全曲をMP3で !

2008年4月2日

 昨年(平成19年)5月、パソコンをより高性能にすべく、作り直した。その際に、OSをウィンドウズXPからビスタにに切り替えた。ところが、なんと何と、MIDI形式でアップロードしたかなりの曲が音抜けとなっているではないか。私はピアノ曲以外は複数の音色を使用しているのだが、ウィンドウズビスタの音色マップは、一般基準である「GS」 形式の音色マップに対応していないのか、一部の音色がビスタ上では再生されないのだ。
 約半年ほどは、ビスタの利用者は多くないと自分で勝手に決めて、音抜けの対策を放置していた。しかし、何とも気持ちが落ち着かない。今年に入ってから、Nifty に相談したところ、2GB も容量のあるウェブサイトを低廉な料金で利用できるとアドバイスを受け、ついに現在アップロードしている約100曲の音楽をすべてMP3形式に変換することを決意した。

 「決意」とは大げさな」 とおもわれるかもしれない。MIDI形式の曲をMP3形式に変換するには、MIDI形式で入力した音楽データを音源により音をださせ、それをWAV形式で録音したのち、さらにMP3形式に変換するのである。新たに曲をアップロードするのであれば、この手間はさほどのことはないのだが、100曲を越える曲の変換となると、まず気が重くなる。

 定年後の人生だから時間には不自由しないが、一方で動作が鈍くなっているのも無視できない。約2ヶ月、根気よく変換作業を進めて、やっと4月2日に新しい音楽サイトを立ち上げることができた。この機会にということで、「スタイルシート」 という私にとっては新しい技法を一部で取り入れて行間隔を広げたので、多少はサイトの体裁もよくなったのではないかと考えている。

 75歳を過ぎると「後期高齢者」という分類に入れられ、少しずつ世の中から追い出されそうになっているが、第2次大戦後の日本経済の発展は我々世代の努力によるもの、との密かな自負もある。自分なりに新しいもにに挑戦し、今しばらく後期の高齢人生を楽しく暮らしたい。

 MIDI形式では聴感上の理由でできなかった多編成の楽曲も、MP3ならアップロードできるかもしれない。MP3に挑戦する気力を持ったのはウィンドウズビスタの音抜けが原因であるが、ビスタは後期高齢者のやる気を奮い起こしてくれたのであるから、この際、マイクロソフト社にお礼を申し上げるべきか。

 私のサイトの音質が多少ともよくなったと思って頂ければ有り難いことである。
 新しい音楽サイトの URL は次の通りである。
                  http://tad.music.coocan.jp/
    
                                          [2008.4.2 記]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。