パソコンを自作しました。

 私のパソコンの主な用途は、

   1.翻訳原稿作成
   2.写真の画像処理
   3.レコードのCD化
   4.ホームページ作成

である。今までのパソコンの CPU は Celeron 1GHz で、これでほとんどの操作に支障はないのだが、レコードのCD化のために、リッピングの後、ディスプレイ画面にウェーブを表示して音を再生すると、CPU の処理能力を超えるせいか音飛びが生じ、その際に強烈なクリックノイズが発生する。

 私はレコードの針音ノイズ除去のためにSSW社の 「Soundit!] というソフトを使用し、信号ビットが1個ずつ見えるまでにウェーブ波形を拡大し、針音ノイズを手動で除去している。この方法を採用することで、針音ノイズ以外の音質に全く影響を与えることがなく、雑音のない静かなCDを作成することができるのだ。この操作のために私はヘッドフォーンを使用して、家族に信号処理音が聞こえないようにしているのだが、上記の音飛びに伴って発生するクリックノイズには耐え難い。この操作に使用しているソフトメーカーにも機器メーカーにも相談したのだが、どちらも PC の処理能力の限界ですと答えられ、いよいよPCの買い換えに迫られた。

 そこで電気屋で最近のメーカー製PCの機能を調べてみると、クロック周波数が2GHzを超えるPCはすべて動画処理用のもの、ビデオキャプチャが搭載されディスプレイは横長で価格はいずれも20万円を超えている。テレビをほとんど見ることなく、ましてやテレビ画像を録画しない我々にとって、最近のパソコンは全く魅力がない。そんなモデルに20万円も投ずることなどは論外である。

 約半年ほど前から、大阪市内のパソコン組み立てショップに通って、パソコン自作の下調べを始めた。パソコン自作書も数冊購入し、勉強も始めた。その結果判った結論は次の通りである。

          パソコンの自作はきわめて簡単だ。

 「電源付きケース、CPU,メモリ、マザーボード、ハードディスク、CD/DVDドライブ、フロッピードライブ」を購入し、それぞれを取り付け、約20カ所の電源・信号コネクタを間違いなく接続すれば、パソコンは勝手に動く。道具は「ねじ回し」「ラジオペンチ」だけでよく、半田ごてなどは全く不要。(組み立て中に気がついたが、我々には拡大鏡が必要だ。)

 去る4月20日、いよいよ意を決して「ツクモ電機店」に行き、美人女性店員さんのアテンドを受けて、次の部品を購入した。 支払総額は、ケースの宅急便代を入れて105千円であった。ディスプレイは前のものを転用することとした。

   ケース        アルミニューム製、350w電源搭載のもの。
   CPU         Pentium4 2.8GHz (リテールのプレスコット)
   メモリ         DD400 512MB x 2個
   マザーボード    GIGABYTE製   GA-81G1000 Pro-G
   DVD/CDドライブ LG社(韓国)バルク  (DVD-RAMも使える)
   HD          (手持ちのIBM製品、 7100rpm)  80GB
   フロッピードライブ  ミツミ製品
   OS         Windows XP OEM 版

 21日の午後から組み立てを開始した。初めてのことだからゆっくり作業を進め、翌22日の午前中に組み立てが完了し、電源スイッチを入れると一発でディスプレイが表示を開始した。早速OSのインストールであるが、これはすでに経験済みであるから全く問題なし。かくして、22日の午後3時過ぎにはパソコンは順調に動き出した。

 23日には各種ソフトのインストールと、設定およびデータの移行を始め、午後3時頃にはインターネット・メールも何ら問題なく接続できて、予定・期待通りに自作パソコンは稼働を始めた。

 この自作パソコンの性能は知る人ぞ知るであるが、レーシング・サーキットで走るレーシングカー並とはいわないまでも、市販の高級スポーツカー並の性能を持っている。音飛びの問題は全く解消した。日常的にはまさに過剰性能機である。東京の銀座通り、大坂市内の御堂筋でスポーツカーを走らせているようなものである。

 なぜ、過剰性能を持っているパソコンを作ったのか?

    75歳近くになっても、スポーツカーは運転したいものですよ。
                                           [2004.4.30]
                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。